エスペラント語の修正版として開発された人工言語、国際補助語です。

Reguli di derivado*. Derivado per dezinenci (Nemediata derivado.) 派生の規則。形式語尾を用いた派生(直接的派生法)

En la derivado per dezinenci konsilesas departar de la verbo (se lu existas) o de la substantivo por facar l'adjektivo o la adverbo.
形式語尾を用いた派生では、形容詞や副詞を作るために、動詞や(存在するならば)名詞から主発することが推奨される。
Ma to ne esas absolute necesa, nam on povas, departante senselekte de irga ek ta vorti, ritrovar la ceteri.
しかし、それは必ずしも必要ではない。なぜなら、選別することなく、任意の語から出発していくので、残りの語を再発見できるからである。
On notez lo sequanta :
以下の項目に留意しなさい:
1e Substantivo nemediate formacita de verbo signifikas nature la ago o la stando expresata da ta verbo.
‘飴譴ら直接的に派生された名詞は当然、その動詞によって表される行為や状態を意味する。
Ex. : laboro = ago laborar; jaco = ago jacar; langoro = stando langorar; emocar = stando emocar, sento emocar.
例):「laboro」=仕事を行う行為:「jaco」=横たわる行為:「langoro」=思い悩んでいる状態;「emocar」=感動している状態、感動している感情。
Konsequo. — Inverse on darfas formacar verbo nemediate de substantivo, nur se ta substantivo expresas ago o stando.
結論。逆に、その名詞が行為や状態を表す場合に限り、名詞から直接的に動詞を形成してもよい。
Exemple, de paco on darfas formacar la verbo pacar = esar en paco, pro ke paco esas stando; ma de domo on ne darfas formacar la verbo domar, qua havus nula senco, domo expresante nek ago, nek stando *1.
例えば、「paco(平和)から動詞「pacar」(平和である)が形成されるのかもしれない。なぜなら「paco」は状態であるからだ。「domo」から動詞「domar」が形成はされない。「domar」は意味を持たないし、「domo」は行為でも状態でもない。
2e Adjektivo nemediate formacita de substantivo signifikas : qua esas (-).
¬昌譴ら直接的に形成された形容詞は、「〜の」という意味である。
Ex. : responda letro = letro qua esas respondo; ruina kastelo = kastelo qua esas ruino; ora vazo = vazo qua esas oro. (Same pri omna adjektivo di materio.)
例):「responda letro」=答えである手紙;「ruina kastelo」=廃墟である城;「ora vazo」=金である壺;(物質の全ての形容詞について同様)
Praktikal moyeno. — Por savar kad on darfas uzar adjektivo nemediate formacita de substantivo, suficas vidar, kad on darfas remplasigar lu per la substantivo en apoziciono : respondo-letro, ruino-kastelo, oro-vazo.
実際的な方法。名詞から直接的に形成された形容詞を使ってもいいのかを知るために、同格で名詞を用いて代替することができるのかを見るだけで十分だ。「respondo-letro」、「ruino-kastelo」、「oro-vazo」
Konsequi. — On darfas e devas substantivigar adjektivo per la nura chanjo di dezinenco *2.
結論。形式語尾の単なる変化を用いて形容詞を名詞化することができるし、すべきである。
L'adjektivo tale substantivigita nemediate povas signifikar nur : to quo esas... (irge quon « to » reprezentas, ento o kozo) :
このように直接的に名詞化された形容詞は、「〜であるもの(こと)」ということだけを意味する。
belo, malado = homo bela, malada; dividendo = nombro dividenda *3; plano = surfaco plana; parazito = parazita homo, bestio o planto *4.
「belo」=美しい人、「malado」=病人。「dividendo」=配分されるべき数;「plano」=平たい面、平面;「parazito」=寄生的な人、動物、植物。
Kontree, on ne darfas uzar adjektivo nemediate derivita vice genetivo (kazo dil komplemento posedala, t. e. vice la prepoziciono di) :
|一方で、属格の代わりとして、直接派生の形容詞を使うことは出来ない(所有の補語の場合、つまり、前置詞「di」の代わりとして)
se gardena urbo ya signifikas gardeno-urbo, gardena pordo ne povas signifikar pordo di gardeno (ma on darfas dicar : gardenpordo o pordo gardenala *5.
「gardena urbo」が「gardeno-urbo」(庭園都市)を意味するならば、「gardena pordo」は「庭園の門」という意味ではない(しかし、「gardenpordo」もしくは「pordo gardenala」と言うことはできる)
3e Adverbo nemediate formacita de adjektivo signifikas : en maniero (tala) *6:
7鼠道譴ら直接派生された副詞は、「(そのような)流儀で」という意味になる。
bele, rapide = en maniero bela, rapida; noktale (de l'adjektivo noktala) = en maniero noktala (noktale vestizita = per vesti di nokto) *7.
「bele, rapide」=美しい方法で、早い仕方で(=美しく、早く);「noktale」(形容詞「noktala」に由来)=夜間に関する方法で(「noktale vestizita」=夜の服装を用いて。
Inverse, de adverbo darfas venar direte nur adjektivo signifikanta : qua esas talsorta, talmaniera :
一方、副詞由来のものは、「そのような種類の〜」「そのような方法の〜」という意味する形容詞だけから由来しうる。
frua = qua eventas frue (frua veko, frua legumo); balda = qua eventas balde (balda respondo); quaza delikto = ago konsiderata quaze delikto *8.
「frua」=早くに生ずる〜(「frua veko」(早起き)、「frua legumo」(早野菜));「balda」=まもなく生ずる〜(「balda respondo」(即答);「quaza delikto」=違反のように考えられる行為。
Exemplo di vorto-familio : parolar, parolo, parola (qua esas parolo) :
単語家族の例:「parolar」(話す)、「parolo」(話すこと)、「parola」(話ることの〜):
parola promiso; parole (per parolo) : il promisis parole...
「parola promiso」(口約束);「parole (per parolo)」(話で):「il promisis parole...」(彼は〜を口約束した)
Ma tala familii esas rara. Mem importas ne opinionar, ke irga radiko povas nemediate genitar la quar speci : verbo, substantivo, adjektivo, adverbo per nura chanjo di la dezinenco.
しかし、そのような単語はまれである。いかなる語根も、形式語尾の変化だけを用いて、動詞、名詞、形容詞、副詞の四種類を直接的に生成するという見解を述べないことは重要ではない。
Precipue, verbo darfas derivesar nemediate de adjektivo nur se la radiko di ta adjektivo esas verbala.
まず第一に、動詞は、形容詞の語根が動詞的であるときでさえ、形容詞から直接的に由来しているかもしれない。
Verbo quale sanar havus nula senco :
「sanar」のような動詞は意味を持たない:
sano = ento sana, homo sana, ma ne la stando esar sana o saneso; on do devas dicar : sanesar = esar sana, e sanigar = igar sana.
「sano」=健康な生き物、健康な人、だが、健康な状態、健全性ではない。したがって、「senesar」(健康だ)、「sanigar」(健康になる)というべきである。
Pro plu forta motivo, nula verbo darfas venar nemediate de adverbo primitiva o de partikulo nevariebla, nam evidente la radiko ne esas verbala.
もっと強い理由で、本来的副詞や不変の助辞から直接的に由来する動詞は存在しない。
Verbi quale fruar, baldar, perar, circumar, transar, proximar havus nula senco.
「fruar」「baldar」「perar」「circumar」「transar」「proximar」のような動詞は、意味を持たない。
Inverse adjektivo nemediate formacita de verbo ne povas havar la senco di participo aktiva o pasiva (altre la sufixi ant, at, e. c., nule utilesus e ne havus senco).
一方で、動詞から直接的に形成される形容詞は能動あるいは受動の分詞の意味を持つことが出来ない(別に、「ant」「at」などの接尾辞は有益でもなく、意味ももたない。
Exemple, instrukta ne povas remplasar instruktanta, o instruktiva (nek mem instruktala);
例えば、「instrukta」は、「instruktanta」(教える〜)や「instruktiva」(教訓的な)とは代替できない(「instruktala」とも代替できない)
obedia ne povas, konseque ne darfas remplasar obedianta, obediema, obediera, e. c.
したがって、「obedia」は、「obedianta」(服従する〜)、「obediema」(従順な)、「obediera」(服従する人の)など

Bibliografio. 参考文献

— La precipua verki pri la Derivado esas :
派生についての主な書籍(は次の通り)
L. COUTURAT : Etude sur la Dérivation dans la Langue internationale, 1907, ma lore ne vendita, 2ma edituro (1910) e tradukuro : Studio pri la Derivado en Linguo internaciona (Paris che Delagrave).
L・クーチュラ著。「Etude sur la Dérivation dans la Langue internationale」(1907年、非売品)、第二版(1910年)。翻訳版「Studio pri la Derivado en Linguo internaciona」(国際言語における派生語についての研究)(パリ・Delagrave発行)
— Dérivation et composition dans la Langue internationale (Ido) par L. LEBASNIER, directeur d'école (Paris, che Chaix, 1912), tre klara broshuro por skolani.
「Dérivation et composition dans la Langue internationale (Ido)」(L. LEBASNIER(校長)著)(1912年、パリ、choix発行)、学生のための詳しい小冊子
— Plura artikli en Progreso Ni 8 e 10, ed un (pri l'adjektivo substantivigita) en no 38.
「Progreso」誌8巻、10巻の複数の記事、および38巻の(名詞化された形容詞)ひとつ。
De ta artikli, ni furnisas en noti extraktaji suficanta por evitar konsulto di la revuo e precipue por la maxim multi qui ne havas lu.
これらの記事由来で、この評論誌の参照を避けるために十分な引用を、特に注のない記事のために、注の中に置いている。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

イド語文法編(4)

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます