エスペラント語の修正版として開発された人工言語、国際補助語です。

Derivado per afixi. (Mediata derivado.) 接辞を用いた派生(間接的派生法)


Kontre ke en la derivado per dezinenci (o nemediata derivado), suficas soldar dezinenco a radiko, quale ni vidis, por obtenar vorto kompleta, en la derivado per afixi (o mediata derivado), on devas unesme adjuntar e soldar a la radiko afixo od afixi, ante pozar la dezinenco an la fino dil toto.
すでに見てきたように、形式語尾(直接的派生法)を用いた派生においては、語根に対して形式語尾を付けることで十分であるのだが、それに対して、完全な単語を得るために接辞を用いた派生(間接的派生法)においては、全ての語尾に対して形式語尾を置く前に、まず語根に対して接辞を添えなければならないのである。
Ex. : arki-duk(o), para-pluv(o), pian-ist(o), distil-eri(o); bo-frat-in(o), retro-ag-iv-es(o).
例):「arkiduko」=「arki-duk(o)」(大公)、「pianisto」=「pian-ist(o)」(ピアニスト)、「bofratino」=「 bo-frat-in(o)」((婚姻による)義姉,義妹)、「retroagiveso」=「retro-ag-iv-es(o)」(反応性、遡及性)
La sufixi insertesas inter la radiko e la dezinenco segun l'ordino en qua li aplikesas ica ad ita;
接尾辞は、これをあれに応用する際の配列にしたがって、語根と形式語尾の間に挿入される。
to signifikas, ke singla de oli modifikas ta, qua preiras lu, ed aplikesas a lu quale a simpla radiko :
これは、各々の接尾辞が先行するものを修飾し、単純な語根に対するように、各々の接尾辞がそれに適応されるということを意味する。
lum-iz-iv-eso = eso (qualeso di) iv (to quo povas) iz (provizar per) lum(o).
「lum-iz-iv-eso」=eso(性質) + iv(能力) + iz(供給する) + lum(o)(光)=光を供給することができる性質=点灯能力性)
Praktike on sequas l'ordino progresanta dil kompozo : lumizar, lumiziva, lumiziveso = kapableso lumizar, France : pouvoir éclairant *1.
実際に、構成語句の進捗順序は、「lumizar」(明るくする)、「lumiziva」(照らすことができる), 「lumiziveso = kapableso lumizar」(明るくするための能力をもつ性質)となる。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

イド語文法編(4)

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます