エスペラント語の修正版として開発された人工言語、国際補助語です。

Prefixi. 接頭辞


anti-. — Ta prefixo esis l'objekto di la sequanta decido 883 (Progreso, VI, 113) :
「anti-」 この接頭辞は、決定883に従ったものである。(「Progreso」誌第6巻113頁)
« On repulsas anti- kom prefixo generale aplikebla *1, ed adoptas ol kom prefixo rezervenda a la ciencala e teknikala terminaro. » *2.
『一般的に適用できる接頭辞として「anti-」は排除されているが、科学的技術的な専門用語に対する保留すべき接頭辞としては採用されている。』
Ol signifikas kontre, qua expresas la sama ideo en la linguo komuna :
その意味は、通常の言語の中の同じ概念を表している「kontre」(に対して,…に向かって,…に反して)である。
kontreveneno, kontrefebra, kontreverma *3.
「kontreveneno」(抗毒素)、「kontrefebra」(解熱性の)、「kontreverma」(虫よけの)

arki-. — Ta prefixo, pasable internaciona (Greka origine), signifikas : en eminenta grado; ol do sempre indikas grado supera : arkianjelo, arkiduko, arkidiakono, e. c. (Progreso, III, 419. — Decido 649.)
「anti-」。この接頭辞は、かなり国際的(語源はギリシア語)なもので、「高位の段階の〜」という意味を持つ。したがって、これは常に上位の程度を示す:「arkianjelo」(大天使)、「arkiduko」(大公)、「arkidiakono」(高位の助祭)など。(「Progreso」誌第3巻419頁)
auto-. — Quale anti-, ta prefixo repulsesis « kom prefixo generale aplikebla, ed adoptesis kom prefixo rezervenda a la ciencala e teknikala terminaro *4.
「auto-」。「anti」のように、この接頭辞は『一般的に適用できる接頭辞としては排除されているが、科学的技術的な専門用語に対する保留すべき接頭辞としては採用されている。』
bi-. — Ta ciencal o teknikala prefixo « signifikas ofte « dufoye », sed anke « duopla », « du kune » dicas Sro COUTURAT (Progreso, III, 3); ol esas impozata da l'internacioneso; e pluse ol esas tre oportuna por supresar la dusencesi »;
「bi-」、この科学技術的な接頭辞は『「二度の」や「二倍の」や「二個ともに」を意味している。クーチュラ氏は「これは国際性によって強いられており、さらに、二義性を抑えるために便利である」と言っている(「Progreso」誌第3巻3頁);
se on uzus, exemple, du (vice bi-) en biplani, bicikli, on hezitus omnafoye, kande on parolus pri du plani, du cikli.
もし、仮に「biplani」(複葉機=主翼が2枚ある飛行機)「bicikli」(自転車)で(「bi-」の代わりに)「du」を使うならば、「du plani」「du cikli」と言う時、躊躇してしまう。
— Ex. : biciklo, bipedo, bipeda, bilingua, bidenta, bikonkava, bikonvexa, bimanua, e. c.
例):「biciklo」(自転車)、「bipedo」(二足)、「bipeda」(二足の」、「bilingua」(2言語の)、「bidenta」(二歯の)、「bikonkava」(両凹(おう)の)、「bikonvexa」(両凸(とつ)の)、「bimanua」(2つの手を持つ)など。
bo-. — Ta prefixo, Franca per beau- (pron. : bo) esas heredita de Esperanto senkonteste.
「bo」。「peau-」(発音が「bo」)をもちいた接頭辞は、異議なくエスペラントから受け継いだ。
Ol indikas : parenteso per mariajo : bopatrulo = patrulo di la spozino (relate elua spozo); bofratulo = fratulo di la spozino (relate elua spozo). Ta prefixo quik adoptesis.
この接続詞は、婚姻による血縁関係を示している。:「bopatrulo」(配偶者の父,義父。妻の夫の関係);「bofratulo」(義理の兄弟。妻の夫の関係)。この接頭辞は速やかに採用された。
La parenteso per rimariajo indikesas, segun la kazi, per la prefixo mi-(V. ta prefixo), o per l'adjektivo stifa (stief D., step E.).
再婚による親戚関係は、場合によって、接頭辞「mi-」(「mi-」の項参照)や、形容詞「stifa」(ドイツ語「stief」、英語「step-」)を用いて示している。
Mea stifa frato esas ta, qua divenis mea frato per rimariajo di mea patrulo kun lua matro, o di mea matro kun lua patrulo.
「mea stifa frato」とは、私の父が当事者の母との再婚によって、あるいは、私の母が当事者の父との再婚によって、私の兄弟となったということである。
Fakte ta stifa frato (homulo o homino) havas altra patrulo ed altra matro kam me, do nula sango-parenteso kun me.
実際に、その「stifa frato」(男女の義理の兄弟姉妹)は、私のとは違う父と母をもっているので、私とは血縁関係はない。
Mea stifa patrulo esas la spozo di mea matro rimariajinta su kun ilu, ma tote ne mea patrulo.
「mea stifa patrulo」とは、私の母が再婚して夫となった人のことで、私の父親ではない。
Mea stifa matro esas la spozo di mea patrulo rimariajinta su kun elu, ma tote ne mea matro.
「mea stifa matro」は、私の父が再婚によってその妻となった人のことで、わたしの母親ではない。
Mea stifa onklulo esas la spozo di mea onklino rimariajinta su kun ilu, ma tote ne mea onklulo (Progreso, IV, 105. — Decido, 745).
「mea stifa onklulo」(義理の叔父)とは、私の叔母が再婚によってその夫になった人のことで、私の(血縁の)叔父ではない(「Progreso」詩第4巻105頁。決定745)
des-. — Ta prefixo internaciona indikas la kontreajo dil koncepto expresata sen olu.
「des-」。この国際的な接頭辞は、この接頭辞なし表現された概念の正反対を示している。
Exemple : desobedio, deshonoro, desavantajo, deshonesta, desfacila, desbona *5, desinfektar, desorganizar, desamar esas la kontreaji di : obedio, honoro, avantajo, honesta, facila, bona, infektar, organizar, amar.
例。:「desobedio(不服従)」「deshonoro(不名誉)」「desavantajo(不利な立場)」「deshonesta(不正直な)」「desfacila(困難な)」「desbona(悪い)」「desinfektar(消毒する)」「desorganizar(混乱させる)」「desamar(愛するのをやめる)」``は、(それぞれ)「obedio(従順)」「honoro(名誉)」「avantajo(有利な立場)」「honesta(正直な)」「facila(簡単な)」「bona(良い)」「infektar(汚染する)」「organizar(団結する)」「amar(愛する)」の反対語である。
On devas dicernar e distingar sorgoze la vorti kontrea, formacata per des-, de la vorti kontredicanta (simpla nego), formacata per ne- : neafabla, neutila, neobedio.
「des-」を用いて作られた反対語と、「ne-」を用いて作られた否定する語(単純否定)を、慎重に認識し区別しなければならない。
Por certe facar la dicerno (e pose la distingo per des- o ne-) suficas questionar su kad existas mezo inter la du extremaji; se ta mezo existas, l'extremaji esas kontrea, lore oportas uzar des-; se ta mezo ne existas, lore oportas uzar ne-.
確実に識別するために(その後で「des-」「ne-」を用いた区別)、この2つの対極の中間は存在するのかを自問すれば十分事足りる。すなわち、もしその中間が存在すれば、それらは反対語であって、その時は「des-」を使うことが必要である。もし、その中間がなければ、その時、「ne-」を使う必要がある。
Ex. : afabla e desafabla, pro la mezo : neafabla; obediar e desobediar, pro la mezo : neobediar *6; richa e desricha (se on ne uzas povra), pro la mezo : nericha.
例):中間があるので、「afabla(愛想のよい)」と「desafabla(粗野な)」。「neafabla(愛想がない)」;中間があるので、「obediar(服従する)」と「desobediar(背く)」。「neobediar(服従しない)」;中間があるので、「richa(豊かな)」と(もし「povra(貧しい)」を使わなければ)「desricha(貧しい)」。「nericha(豊かでない)」
Ta persono esas nericha; tamen ol ne esas povra (desricha), nam ol posedas mikra domeno ek qua ol vivas.
その人は豊かでない、しかし彼は貧しくはない。なぜなら彼は生活している小さな領地を持っているからだ。
Nultempe uzez : despovar, desdormar, desvolar, desexistar, desesar, desmovar, desvivo, desposedo, deshavanta, e. c., pro ke la vorti ed altri analoga povas nur equivalar simpla nego : ne povar, e. c.
決して、(次のものは)使ってはならない。「despovar」「desdormar」「desvolar」「desexistar」「desesar」「desmovar」「desvivo」「desposedo」「deshavanta」など。なぜなら、これらの語彙や類似語は、単純否定に相当するしかないからである。「ne povar」など。
Multa kontreaji esas expresata en Ido (quale en nia lingui) da radiko specala.
多くの反対語は、(我々の諸言語と同様に)特別な語根によってイド語では表現されている。
Exemple : jorno, nokto; lumo, tenebro; komencar, finar; audacar, timar; ganar, perdar; laborar, ociar; bona, mala; dextre, sinistre; supere, infre; alte, base; plu, min; ante, pos; avan, dop, e. c.
例):「jorno(昼)」と「nokto(夜)」;「lumo(光)」と「tenebro(闇)」;「komencar(始まる)」と「finar(終わる)」;「audacar(覚悟する)」と「timar(怖気づく)」;「ganar(獲得する)」と「perdar(失う)」;「laborar(働く)」と「ociar(暇である)」;「bona(良い)」と「mala(悪い)」;「dextre(右)」と「sinistre(左)」;「supere(上方)」と「infre(下方)」;「alte(高く)」と「base(低く)」;「plu(より一層)」と「min(より少なく)」;「ante(以前に)」と「pos(後に)」;「avan(前に)」と「dop(後ろに)」など。
La motivi esas :
その理由は、次の通り。
1e ke la opozeso en ula kazi ne esas evidenta *7;
‖佝罎明確でない場合がある。
2e ke serio kelke longa de kontreaji unike per des- esus vere netolerebla *8 ;
◆des-」を用いただけの反対語のすこし長い語彙は、実際的には許容されない。
3e ke la uzo dil prefixo des- povas ulkaze produktar grava detrimenti *9(9);
接頭辞「des-」の使用は、大きな損害をもたらす場合もある。
4e ke lu donas vorti tote nejusta ulkaze e ne aceptebla da la cienci *10.
ぁdes-」反対語は、学問的に受け入れがたく、正しくない語彙をもたらすことがある。
Nultempe uzez des kom radiko, ma kontre (kontree, kontrea, kontreajo).
「des-」を語根として用いるべきではないが、「kontre」はよい(「kontree(それどころか)」、「kontrea(反対の)」、「kontreajo(反対)」)
Des- adoptesis per la decido 251-252 pos longa e tote fundamentala diskutado en Progreso, III, 19, 92, 150, 215, 216, 282, 283, 284, 285, 287, 343, 344, 345, 483, 544, 618, dum qua on komparis ad olu por la sama rolo : mal-, non-, an-.
「des-」は「」誌第3巻(19、92、150、215、216、282、283、284、285、287、343、344、345、483、544、618の各頁)での長く基礎的な議論の末に、決定251-252によって採用された。この期間、「des-」は同じ役割をもつ「mal-」「non-」「an-」と比較された。
— Mal- esis repulsata pro ke ol sustenesas nur da kelka Franca vorti, kontre ke des- sustenesas da centi de vorti internaciona *11 e pro ke mal esas la tre konocata radiko mal(a), kontreajo di bona.
「mal-」が排除されたのは、この接頭辞が幾つかのフランス語彙の支持語彙だけだったからである。一方、「des-」は数百の国際的語彙による支持語彙があったためだった。また、「mai-」は、「bona」の反対語の語根「mal(a)」として認識されていたためである。
Tala vorti quala esas en Esp. malbona, malfermi, malligi, malsupre, malsupreniri, e. c., e. c., esas etimologie ne justa e pluse groteska.
エスペラントにある「malbona」「malfermi」「malligi」「malsupre」「malsupreniri」などのような語彙はご語源學的に正しくなく、グロテスクでもある。
dis-. — Ta prefixo Greka e Latina origine, nun pasable internaciona, indikas : separo, disperso, dis-semo, name ol signifikas per su « hike ed ibe ».
「dis-」。この接頭辞はギリシア・ラテン語由来であり、現在は無難な国際的なであるが、分離、拡散、散布を示している。いわゆる、それは「あちらこちら」を意味している。
Ex. : disdonar, disdon(ad)o = ago donar hike ed ibe, donar parto ad ica, parto ad ita (France distribuer) *12(12) dissendar = sendar hike ed ibe; dispozar = pozar hike ed ibe, aranjar en diversa loki, manieri, sur diversa plasi *13.
例):「disdonar」「disdon(ad)o」=あちらこちらに与える行為、あれやこれに部分を与えること(分配する)(フランス語「distribuer」)。「dispozar」=あちらこちらに置く、様々な場所うや、方法で、様々な位置に配列すること。
ex-. — Ta prefixo, Latina origine, nun internaciona, signifikas : esinta..., qua havis antee la profesiono di..., la ofico di...
「ex-」。このラテン語由来の接頭辞は、現在は国際的なものだが、意味は、「昔の〜」、「以前に〜の職業、職務を持っていた」である。
Ex. : exoficiro, exprezidero, exnobelo, ex-vicerejo, exadvokato.
例):「exoficiro(元将校)」、「exprezidero(元議長)」、「exnobelo(元貴族)」、「ex-vicerejo(元総督)」、「exadvokato(元弁護士)」
Quik adoptita, ica prefixo nultempe esis kontestata.
この接頭辞は何の議論もなく速やかに採用された。
ge-. — Ta prefixo, Germana, uzesas por indikar « la ensemblo di la du sexui » *14 :
「ge-」。この接頭語は、ドイツ語由来で、『2つの性の調和体』を示す。
la gepatri = la patrulo e la patrino (matro); la gespozi = la spozulo e la spozino; mea geonkli = mea onklulo e mea onklino o mea onkluli e mea onlkini (segun la kazo); vua geavi = vua avulo e vua avino o vua avuli e vua avini (segun la kazo).
「la gepatri」=父親と母親(両親);「la gespozi」=夫と妻(夫婦);「mea geonkli」=私の叔父と叔母あるいは(場合によっては)私の叔父達、叔母達;「vua geavi」=あなたの祖父と祖母あるいは(場合によって)あなたの祖父たちと祖母たち。
Patri, spozi, onkli, avi ne esus tam preciza, pro ke per su li ne indikas plu multe enti maskula kam enti femina.
「patri」「spozi」「onkli」「avi」は、それぞれが女性よりも男性をより多く示しているものでないので、正確ではないかもしれない。
Same frati esas min preciza kam gefrati, quale montras ica exemplo : kad vu havas frati, siorino? — Yes, me havas gefrati : du fratuli ed un fratino.
同様に、「frati」は、次のような例が示しているように、「gefrati」よりも正確ではない。「 kad vu havas frati, siorino?」(あなたには兄弟がいますか?) — 「Yes, me havas gefrati」(はい、兄弟姉妹がいます) :「du fratuli ed un fratino」(二人の兄弟と姉妹が一人です)。
Ta prefixo esas komoda; l'exempli supera montras lo. Ma on devas evitar sorgoze trouzar o misuzar olu (Videz, en l'unesma parto, la chapitro di la substantivi, precipue la du alinei finala).
この接頭辞は便利である。上の例はそのことを示している。しかし、それを乱用したり誤用したりすることを注意深く、避けなければならない。
mi-. — Ta prefixo internaciona quik adoptesis. Ol signifikas : duime.
「mi-」。この国際的接頭辞は速やかに採用された。意味は、半分。
Ex. : lasez la pordo miapertita; kun miklozita okuli; il parolis mivoce; laboro mifacita; mimortinta pro (o de) koldeso; pos mihoro.
例):「lasez la pordo miapertita」(半開きのドアを放置せよ);「kun miklozita okuli」(半開きの目で);「laboro mifacita」(やりかけの仕事);「mimortinta pro (o de) koldeso」(寒さで死にかけた);「pos mihoro」(30分後)
Per rezulto di rimariajo povas existar mifrati o stifa frati (Vid. bo-).
「Per rezulto di rimariajo povas existar mifrati o stifa frati」(再婚の結果で、義理の兄弟が存在しうる)(「bo-」の項を参照のこと)
L'unesmi esas ti qui havas o la sama patrulo o la sama patrino. La duesmi esas la filii quin havas de sua unesma mariajo vua stifa patrulo o patrino.
前者(mifrati)は同じ父や母を持っている兄弟のことである。後者(stifa frati)は最初の結婚で、義理の父や母をもつ兄弟のことである。(訳注:この定義によると、「mifrati」とは実の兄弟のこと。「stifa frati」は義理の兄弟が適切だろう)
Fakte nek li, nek la stifa patrulo esas parenta kun vu.
事実上、彼らも義理の父もあなたとは(血縁)関係はない。
Do mi-patrulo nek mipatrino (o mimatro) povas existar, nek anke mifilio, en Ido, pro ke li ne existas en la naturo; e nun kande stifa adoptesis, li ne plus darfas uzesar.
したがって「mi-patrulo」や「mipatrino (o mimatro)」や「mifilio」もイド語では存在しない。なぜなら彼らは本来は存在しないからである。「stifa」が採用された今は、それらはもはや使われることはない。
mis-. — Ta prefixo esas Germana : miss ed Angla : mis *15.
「mis-」。この接頭辞はドイツ語の「miss」であり、英語の「mis」である。
Ol quik adjuntesis dal Komitato ipsa di la Delegitaro, dum lua kunsidi « por expresar : erore, nejuste » :
これは、「間違って、正しくない」を表現するために、代表団の委員会自体、委員同席のもとで、速やかに採用された。:
misaudar, miskomprenar, misuzar, miskantar, mispronuncar, misduktar, misguidar, misfacar, e. c.
「misaudar」(聞き違える)、「miskomprenar」(誤解する)、「misuzar」(誤用する)、「miskantar」(歌い間違える)、「mispronuncar」(発音を誤る)、「misduktar」(間違った方向に導く)、「misguidar」(間違って案内する)、「misfacar」(間違って行う)など。
On remarkez, ke esas difero inter misaudar e audar male o malaudar.
「misaudar」と「audar male」「malaudar」(十分に聞こえない)との相違に注意してください。
Ulu qua esas preske surda, o quan la sono preske ne atingas, ica maleaudas o mal-audas.
ほとんど聞こえない人、音がほとんど聞き取れない人は、「maleaudas」「mal-audas」(十分に聞こえない)のである。
Ma ulu qua audas boto, kande me dicas poto (od inverse), ica misaudas. Konseque, male (o mal uzata kom prefixo) ne esas sinonima kun mis-.
しかし、わたしが「poto」と言ったのに、「boto」と聞こえたなら(その逆もあり)、これは「misaudas」聞き間違えである。したがって、「male」(接頭辞として使われる「mal」)は「mis-」と同義ではない。
Komprenende mis ne darfas plear la rolo di radiko. Do ne dicez mise, ma erore, nejuste o male, segun l'ideo.
もちろん、「mis」は語根の役割はない。したがって、概念によって、「erore」「nejuste」「male」のように、「mise」とは言えない。
ne-. — Ta vorto ne esas prefixo nature, nam ol esas negal adverbo.
「ne-」。この語句は、否定の副詞であるので、本来の接頭辞ではない。
Ma ol uzesas quale prefixo, kom elemento neganta relate la vorto a qua on unionas lu :
しかし、結合する語句に関係して否定の要素として接頭辞のように使われている。:
neposibla, nevera, nejusta, neyusta, nevidebla, nekohere, neprecizeso, nevideblaji, e. c.
「neposibla」(不可能な)、「nevera」(虚偽の)。「nejusta」(不当な)、「neyusta」(不公平な)、「nevidebla」(不可視の)、「nekohere」(一貫性無く)、「neprecizeso」(あいまいさ)、「nevideblaji」(見えないもの)、など。
Ne konfundez ne- a des- od a sen- (prepoziciono).
「ne-」を「des-」や「sen-」と混同してはいけない。(前置詞)
Ne- indikas simple nego, des- kontreso, sen- manko :
「ne-」は単純に否定をしてしているもので、「des-」は反対性、「sen-」は不足を示しているのである。
nericha, desricha = povra; nebela, desbela = leda; senbarba, senkapa, senarma, senpova.
「nericha」(豊かでない)、「desricha = povra」(貧しい)、;「nebela」(美しくない)、「desbela = leda」(醜い);「senbarba」(ひげのない)、「senkapa」(頭部のない)、「senarma」(武器のない)、「senpova」(無能の)。
Konseque, senutila, senplena *16, vice neutila, neplena esus absurda, e nearma, nebarba, nekapa, nepora, vice senarma, senbarba, senkapa, senpova esus egale absurda.
したがって、「neutila」「neplena」の代わりの「senutila」「senplena」は不合理かもしれず。同様に「senarma」「senbarba」「senkapa」「senpova」の代わりの「nearma」「nebarba」「nekapa」「nepora」も不合理かもしれない。
Ne konfundez senmova = qua esas sen movo, a nemovebla = qua ne esas movebla, quan on ne povas movar; sendube dicas, ke ne existas dubo pri..., nedubeble : ke on ne povas dubar, ke lo dicata ne esas dubebla.
「senmova」(動きがないこと)と「nemovebla」(可動ではないこと=動かすことができないこと)を混同してはならない。;「sendube」とは「〜について疑いが存在しない」ことを言うが、「nedubeble」とは、「疑うことができない」「言及されたことが疑いようがない」ことになる。
La vorti kompozita per sen- opozesas kom simpla negi al derivaji havanta la sufixo -oz (qua egalesas kun) : senanma, sendolora fakte esas la negi di anmoza, doloroza.
「sen-」を用いた合成語は、単純否定として接尾辞「-oz」(「kun」に相当する)をもつ派生語に対する対義語になる。:「senanma」「sendolora」は実際上、「anmoza(魂[感情]のこもった)」「doloroza(痛ましい)」の否定になる。
sen- = -los Germana, -less Angla.
「sen-」は、ドイツ語の「-los」、英語の「-less」である。
par-. — Ta prefixo venas de la Latina e novlatina lingui : par-, per-.
「par-」。この接頭辞はラテン語とロマンス語に由来している。「par-」「per-」
Ol adoptesis per la decido 309 « por indikar la perfekta fino o kompletigo di ula ago » :
これは決定309によって『ある行為の完全な終了あるいは仕上げを示すために』採用された。
parlernar = lernar komplete; parlektar = lektar komplete, til la fino (dil libro) *17; parvenar = venar til la fino, atingar la skopo *18; parkurar = kurar de la komenco til la fino (dil voyo) *19.
「parlernar」=習得する;「parlektar」=本の最後まで、完読する;「parvenar」=最後まで行く、目的にいたる;「parkurar」=(道の)初めから最後まで完走する。
para-. — Ta prefixo cience internaciona adoptesis per la decido 105 « por indikar shirmilo kontre- » :
「para-」。この科学的な国際的接頭辞は、『〜に対する防御を示すために』決定105で採用された。
parafalo, paralumo, parafulmino, parafairo, paracintilo, parapluvo, parasuno, paravento, paragrelo, parapolvo, paramoskito, e. c.
「parafalo」(パラシュート)、「paralumo」((ランプの)シェード;(窓の)ブラインド)、「parafulmino」(避雷針)、「parafairo」(火よけついたて)、「paracintilo」(火花よけ)、「parapluvo」(雨よけ,雨傘)、「parasuno」(日除け)、「paravento」(風よけ)、「paragrelo」(雹よけ)、「parapolvo」(ホコリよけ)、「paramoskito」(蚊よけ)、など。
pre-. — Ta prefixo Latina e nun internaciona quik adoptesis.
「pre-」。このラテン語の接頭辞(現在は国際的な接頭辞)は、速やかに採用された。
Kun formo plu kurta e plu internaciona ol remplasas ante e havas la sama senco por la vorto a qua on unionas lu.
より短く、より国際的な形態を伴った「pre-」は、「ante」と似ているので、「ante」と結合した単語と同じ意味を持つ。
Previdar = ante-vidar (o : vidar antee); predicar = ante-dicar (o : dicar antee); prematura = matura ante la tempo, la sezono; prepozar, prehiere, prenomo, prehistorio, predankar, preirar *20, prejudiko, preavo, preonklo.
「previdar」=「ante-vidar、 vidar antee」(予見する);「predicar」=「ante-dicar、 dicar antee」(予言する;「prematura」=「matura ante la tempo, la sezono」(時期尚早の);「prepozar」(前に置く)、「prehiere」(一昨日)、「prenomo」(個人名,(姓に対して)名)、「prehistorio」(先史時代)、「predankar」(前もって感謝する=よろしくお願いする)、「preirar」(前方を行く)、「prejudiko」(予想)、「preavo」(曾祖父母)、「preonklo」(父母のおじ(おば)、大おじ(おば))。
pseudo-. — Ta prefixo adoptesis unanime dal Akademio per la decido 1629 « kom prefixo internacione konocata e ja uzata en Ido, kun la senco : ne-vera, ne-reala.
「pseudo-」。この接頭辞は『国際的に知られており、また《本当でない、現実でない》という意味で、すでにイド語でも使われている』(決定1629)をもってアカデミーによって満場一致で採用された。
Ex. : pseudo-profeto, pseudorepublikisto, pseudofilozofo, pseudoamiko, pseudocienco, pseudomartiro, pseudolinguisto, pseudonobelo, pseudoinventero, e. c.
例):「pseudo-profeto」(偽預言者)、「pseudorepublikisto」(偽共和主義者)、「pseudofilozofo」(偽哲学者)、「pseudoamiko」(偽りの友達)、「pseudocienco」(疑似科学)、「pseudomartiro」(偽の受難者)、「pseudolinguisto」(偽の言語学者)、「pseudonobelo」(偽貴族)、「pseudoinventero」(偽発明家)、など。
quadri-. — Ta ciencala prefixo signifikas : « qua havas quar... ».
「quadri-」。この科学的接頭辞は、「四の〜をもつ〜」を意味する。
Exempli : quadripedo, quadrimanuo, quadripeda, quadrimanua; quadriangulo, quadriangula.
例):「quadripedo」(四足獣)、「quadrimanuo」(四手類)、「quadripeda」(四足の)、「quadrimanua」(四手類の);「quadriangulo」(四角形)、「quadriangula」(四角形の)。
retro-. — Ta prefixo Latina, nun internaciona, esas quaze adverbo per sua senco; ol quik adoptesis por indikar la ago inversa di ta quan indikas sen olu la vorto fundamentala :
「retro-」。ラテン語の接頭辞であり、現在は国際的的接頭辞となっている「retro-」は、その意味からあたかも副詞のようである。その接頭辞のない基本的な語句の逆の行為を示すために、速やかに採用された。
retrocedar = cedar ad ulu to quon ol cedabis a ni; retroirar = irar ad-dope, desavance; retropulsar = irigar desavance per pulso; retrovenar = venar per iro inversa al loko de ube on departabis.
「retrocedar」=人が我々に譲ったことを誰かに譲ること(戻す、返還する);「retroirar」=後退させる;「retropulsar」=押し戻す;「retrovenar」=出発したところから、その場所に逆に戻ること。戻ってくる。
Ex. : me livis la hemo ye duadek kloki e retrovenis en lu ye duadek e tri quarimi.
例): 「me livis la hemo ye duadek kloki e retrovenis en lu ye duadek e tri quarimi」(私は20時に家を出て、20時45分に戻ってきた)。
— Retroagiva = qua povas agar, efikar pri kozi antea, pri lo pasinta : la lego ne havas efekto retroagiva.
「retroagiva」=(以前のことや過去の事柄について行為したり、効果をもたらすことができる〜):「la lego ne havas efekto retroagiva.」(法律には過去を取り戻す効力はない)
Pro sua senco intime adverbala, retro darfas uzesar izolite, kom adverbo : Retroe! ne plus avancez : esas danjero.
「retro」は副詞的な意味あいが濃いため、独立して副詞として使われることもある。「Retroe! ne plus avancez: esas danjero.」(戻れ!これ以上、進むな。危険なんだ。)
ri-. — Ta prefixo, Angla sone, Italiana forme e sone, indikas nur ago quan on iteras, iteris, od iteros. Ol devas ne konfundar a retro-.
「ri-」。この接頭辞は、音素的には英語、形態と音素ではイタリア語だが、過去、現在、未来に繰り返される行為を示すものである。「retro-」と混同すべきではない。
Rihavar, ridicar, rifacar, riagar, riskribar, rilektar = havar, dicar, facar, agar, skribar, lektar itere.
「rihavar」(取り戻す)、「ridicar」(繰り返して言う)、「rifacar」(繰り返して作る)、「riagar」(繰り返して行う)、「riskribar」(繰り返して書く)、「rilektar」(繰り返し読む)
Nun me riesas kontenta, pro ke me rihavas mea perdita pekunio.
「Nun me riesas kontenta, pro ke me rihavas mea perdita pekunio」(なくしたお金を取り戻したので、私は、今は再び、満足している)
Ta prefixo unesme adoptita kun la formo re chanjis pose la formo a l'Italiana ri, por evitar konfundi en multa radiki internaciona qui komencas per re, ma en qui ta silabo ne havas senco di itero : rebel, recev, refuz, regard, regret, reklam, rekolt, e. c.
最初は「re」の形を伴って採用された接頭辞は後日、イタリア語の「ri」に変更された。それは、「re」で始まる多くの国際的語根(これは「再び」という意味のない音節だったが)との混同をさけるためだった。「rebel」(反乱)、「recev」(受領)、「refuz」(拒絶)、「regard」(注目)、「regret」(後悔)、「reklam」(広告)、「rekolt」(収穫)(訳注:「」の中は国際的語根で、()の中はその意味を示す)
(Decidi, 647 ed 648).
(決定647、648)
Esperanto preferas erore alterar re a ri ed uzar re- kun duopla senco.
エスペラントは、間違って、むしろ「re」を「ri」に変更し、二重の意味を伴う「re-」を使うことをすることを好んでいる。(訳注:エスペラントでは、上記の「re」のついた国際的語根の方を「ri」に変更してしまった)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

イド語文法編(4)

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます