エスペラント語の修正版として開発された人工言語、国際補助語です。

Sufixi. ((ed-ig) 接尾辞 その2((ed-ig)


-ed-. — Ta sufixo havas korespondanti en ée F., at I., ad S.
「-ed」。この接尾辞はフランス語の「ée」、イタリア語の「at」、スペイン語の「ad」と対応している。
Ol adoptesis per la decido 54 « por indikar la quanto qua plenigas X (la radiko) o korespondas ad X » :
これは決定54で、「X(語根)を満たしたり、Xと一致するほどの量を示すために」採用された。」
bokedo, glasedo, manuedo = quanto de manjajo, de liquido, de materio qua plenigas la boko, un glaso, un manuo : bokedo de pano, glasedo de vino, manuedo de sablo, tero, e. c.
「bokedo」「glasedo」「manuedo」=「boko(口)」「glaso(グラス)」「manuo(手)」を満たす食べ物、液体、材料の量:「bokedo de pano」(口いっぱいのパン)、「glasedo de vino」(グラス一杯分のワイン)、「manuedo de sablo, tero」(手に一杯分の砂、土の量」など。
Altra exempli : kulieredo, pladego, bruetedo, charetedo, chariotedo, kamionedo, nestedo, aguledo, pinchedo, glutedo, brakiedo, kruchedo, potedo, e. c., e. c.
他の例):「kulieredo」(スプーン一杯分)、「pladego」(大皿)、「bruetedo」(手押し車一杯)、「charetedo」(小さな馬車一杯)、「chariotedo」(ワゴン一杯)、「kamionedo」(トラックの荷台一杯)、「nestedo」((鳥などの)巣一杯)、「aguledo」(針ほどの量)、「pinchedo」(ひとつまみ)、「glutedo」(ひと呑みするほどの量)、「brakiedo」(腕で抱えるほどの量)、「kruchedo」(手付き水差しの量)、「potedo」(壷一杯)、など。
Me drinkis nur un glutedo de vino. — Il prenis ofte pinchedo di sniflotabako ek mea tabakuyo.
「Me drinkis nur un glutedo de vino」(私はぶどう酒ワイン一杯分だけ飲んだ)、「Il prenis ofte pinchedo di sniflotabako ek mea tabakuyo」(私は煙草入れから嗅ぎたばこひとつまみをしばしば、取り出した)

-eg-. — Ta sufixo, inter altri, venis che Ido de Espo. Ol uzesas por formacar augmentivi qui indikas grado supera od extrema, chanjanta la nociono. Ol juntesas a nomala ed a verbala radiki.
「-eg-」。他の接尾辞の中でも、この接尾辞はエスペラント由来である。上位の、最高の、改まった程度を示す大きさの強調を形成するために使われる。普通語根と動詞的語根に付ける。
Exempli : varmega = varma til la maxim alta grado. La aquo quan on pozas en kaserolo sur fairo por boliigar olu, esas unesme kolda, ma pose ol divenas varmeta o tepida, varma, tre varma, e varmega kande ol bolias.
例):「varmega」=最も程度の高い暑さの。「La aquo quan on pozas en kaserolo sur fairo por boliigar olu, esas unesme kolda, ma pose ol divenas varmeta o tepida, varma, tre varma, e varmega kande ol bolias.」(火にかけた鍋の水は、最初は冷たいが、生ぬるいか、ぬるくなり、暖かくなり、とても暖かくなり、そして熱くなって、その時に沸騰する)
Kruela esas min forta kam tre kruela, ma ica esas min forta kam kruelega, nam homo kruelega atingas la extrema grado.
「kruela」(残酷な)は、「tre kruela」よりも弱いが、これは「kruelega」よりも弱い(表現だ)。
Il esas ne nur tre bona, ma bonega e ciencozega.
彼は善良だけでなく、とても良い人で学識もとても深い。
Il divenis ne nur tre richa ma richega.
彼は、とても金持ちであるだけでなく、億万長者である。
Il ploris e ploregis kun singluti.
彼はむせび声をあげながら何度も大泣きした。(←彼は泣き、大泣きした、むせび声をあげながら)
Ne tro bruisez ridante : ridego ne konvenas.
笑って騒ぎ過ぎるな。大笑いはふさわしくない。
Me tante sufris, ke me kriegis pro doloro.
私は痛みのせいで叫ぶほどであった。
On ne donez ad -eg- la pejorativa senco di -ach-, e ne aplikez lu a la bestii.
「-ach-」の軽蔑的な意味を、「-eg-」に与えてはいけない。また、動物に対して応用しては行けない。
La bestii havas boko, pedi quale la homi, ma proporcione a sua grandeso e tipi.
動物には人間と同様に口や足があるが、その大きさと類型に比例している。
Same li manjas, drinkas, e. c., quale la homi; konseque esas adminime neutila uzar specala vorti por organi e funcioni quin la bestii havas komuna kun la homi *1.
同じく、彼らは人間のように食べたり飲んだりする。したがって、動物が持っている人間と共通する器官と機能のために、特別な単語を使うことは少なくとも役に立たない。
Treege, restajo Esperantala, fortunoze desaparis de che ni. Ni do ne uzez lu.
「Treege」はエスペラントの名残りだが、幸いなことに、我々の元から消え去った。われわれは、これを使うべきでない。
Dicez : Me chagrenas extreme (en maniero extrema) pro la tristiganta novajo quan vu savigas da me. E nultempe uzez ege o ega *2.
このように言いなさい。「Me chagrenas extreme (en maniero extrema) pro la tristiganta novajo quan vu savigas da me」(私はあなたから聞いた悲しいニュースのせいで悲嘆にくれている)。さらに「ege」や「ega」は使ってはならない。
-em-. — Ta sufixo soldesas a verbala radiki e signifikas : inklinita ad..., tendencanta ad... :
「-em-」。この接尾辞は、動詞的語根に付けられ、「〜したい気持ちになる」「〜する傾向の」を意味する。
agema *3, kredema = inklinita ad agar, a kredar; venjemo = homo venjema; prodigemo = homo prodigema; agemulo = viro, homulo agema; agemino = muliero, homino agema; sentemino = homino sentema.
「agema」(行動的な)、「kredema」=〜たくなる、信じたくなる、「venjemo」= 執念深い人、「prodigemo」=気前の良い人、「agemulo」=積極的な男、「agemino」=積極的な女、「sentemino」=敏感な女性。
La qualeso abstraktita qua korespondas a ta adjektivo devas esar expresata per la sufixo -es- : agemeso, kredmeso, venjemeso, sentemeso, prodigemeso *4.
その形容詞に対応する抽象的な性質は、接尾辞「-es-」を用いて表現されるべきだ。「agemeso」(仕事の虫)、「kredemeso」(軽々しく信じること)、「venjemeso」(執念深さ)、「sentemeso」(感受性)、「prodigemeso」(浪費性)
L'Esperantisti, ne uzante sua -ec- por ta vorti, duople violacas sua Fundamento netushebla : 1e pro ke, ye -ec-, la santa libro dicas « ec » indikas (abstrakte); do, sen « ec », l'abstrakteso ne indikesas; 2e pro ke, se kredema = (quale trovesas en la Fundamento) kiu havas la inklino, la kutimo kredi, kredemo = (quale en Ido) indikas ne la qualeso ipsa ma la homo, kiu havas la inklino, la kutimo kredi.
エスペランティストたちは、この語句のために「-ec-」を使わないことで、不可侵の”(エスペラントの)基礎”を二重に犯している。 -ec-」は、聖なる書物によると、「-ec-」が(抽象的に)を、示している。したがって、「-ec-」を使わずに抽象性は示されない。◆福峇霑叩廚涼罎埜つかるように)「kredema」は傾向性、信じる習慣をもつ。(イド語として)「kredemo」は特質自体ではなく、傾向、習慣をもつ人のことを示している。
Konkluze : per kredemo ed analogi la Fundamento esas violacata e la qualeso ne expresata.
結論:「kredemo」などでは、「基礎」は規則違反であり、性質は表現されないのだ。
Pro ke ol esas nur sufixo, -em- ne darfas uzesar izolite. Do nultempe uzez emo vice inklineso, tendenco.
これは接頭辞過ぎないので、「-em-」は独立して使うべきでない。したがって、「nklineso」「tendenco」の代わりに「emo」をつかってはならない。
Ni remarkigez la grosa eroro etikala quan facis Zamenhof, inkluzante en -em- du senci tante diversa kam l'inklineso e la kustumo.
我々は、「-em-」の中に傾向性と習慣というような二つの意味を含めるような、ザメンホフがなしてしまったひどい道徳的間違いに気がつくべきである。
Per la volado, homo povas frenagar, represar mem maxim forta inklineso naturala.
人間は、意志を用いて、自然な強い傾向性さえも、制御したり抑制したりできる。
Exemple on povas esar nature tre iracema, desobediema, ociema, e. c., e tamen ne iracera, desobediera, ociera (Videz la sufixo -er-).
例えば、人は自然に「iracema」(短気で)あったり、「desobediema」(不従順で)あったり、「ociema」(不精で)あったりするが、「iracera」「desobediera」「ociera」ではない(接頭辞「-er」を参照せよ)
Esas do kolosal eroro konfundar inklineso e kustumo en un sola sufixo, quale Espo; nul moralisto od etikisto povas aceptar lu.
従って、エスペラントのように、たった一つの接頭辞の中に傾向性と習慣を混同することは、ひどい間違いである。そのことを受け入れる道徳家や倫理家は、いるはずがない。
Granda difero anke inter ant e em : la homo nun almonanta povas esar nule almonema.
大きな違いは「ant」と「em」との間にもある。「la homo nun almonanta povas esar nule almonema」(今、施している人は、決して施し好きの人ではないかもしれない)
-end-. — Ta sufixo, existanta en la Latina e novlatina lingui, quik adoptesis.
「-end-」。ラテン語や新ラテン諸語に存在するもので、すみやかに採用された。
Ol soldesas a radiki verbala e signifikas : qua devas o mustas esar ...ata :
この接尾辞は、動詞的語根につけて、意味は、「〜されるべき〜、〜されるべき〜」となる。
facenda laboro = laboro qua devas o mustas esar facata;
「facenda laboro」=なされなれなければならない仕事。
letro lektenda o skribenda = letro qua devas o mustas esar skribata;
「letro lektenda o skribenda」=読むべき手紙、書くべき手紙。
sumo pagenda, problemo solvenda, korpo dissolvenda forsan ne pagesos, ne solvesos o dissolvesos;
「sumo pagenda(支払われるべき合計)」「problemo solvenda(解決されるべき問題)」「korpo dissolvenda」(分離されるべき物体)は、おそらく払われないだろうし、解決されないだろうし、分離されないだろう。
li do tote ne equivalas : sumo pagota, problemo solvota e korpo dissolvota.
したがって、「sumo pagota」(支払われる合計)、「problemo solvota」(解決されるだろう問題)、「korpo dissolvota」(分離される物体)とは、全く違う。
On pluse remarkez, ke -end- tote ne egalesas -ind- (videz ica) nam ol nule implikas merito : problemo solvenda, e forsan solvota, povas ne meritar solvo, do ne esar solvinda, nek mem solvebla.
何の価値もないので「-end-」は「-ind-」(この項、参照のこと)とは同等ではないことを、さらに気付かなければならない。「problemo solvenda」は、あるいはおそらく「solvota」(解決されるだろう)は、解決する利点がない。したがって、解決される価値もなく、解決さえも出来ないかもしれない。
Remarkez la granda difero inter : me havas nulo skribenda (nulo devas o mustas skribesar da me) e : me havas nulo por skribar = me havas nula del kozi necesa por skribar : papero, plumo, e. c.
「me havas nulo skribenda」と「me havas nulo por skribar」との大きな違いに注意せよ。前者は、私によって書かれるべきものは何もないという意味であり、後者は書くための必要なもの(神やペン)は何もないということである。
Ta sufixo darfas formacar substantivi : dividendo, multiplikendo, e. c. Ol darfas unionesar ad altra sufixo, nome aj : kredendaji, facendaji = kozi kredenda, facenda *5.
この接尾辞は、名詞を作る。「dividendo」(配当金、配当されるべきもの)、「multplikendo」(掛けられるべきもの、増加されるべきもの、被乗数)など。他の接尾辞(「aj」)と組み合わせることができる。「kredendaji」(=kozi kredenda、信頼されるべきもの)、「facendaji」=(kozi facenda、なされるべきもの)。
-er-. — Ta sufixo (moderna formo : -ier, -er, -eur F.; -iero, -aio I., ero S., eiro Port.) venas de arius Latina.
「-er-」。この接尾辞はラテン語「arius」から由来する。(近代的な形態として、フランス語の「-ier」「-er」「-eur」、イタリア語「-iero」「-aio」、スペイン語「ero」、ポルトガル語「eiro」)
Ol quik adoptesis dal Komitato di la Delegitaro por indikar la amatoro di... Ma pose la decidi 591 e 690 pluampligis lua senco.
この接尾辞は代表団の委員会によって、「〜の愛好家、素人」を示すものとして、すみやかに採用された。しかしその後、決定591と決定690が、その意味を敷衍した。
Konseque nun ol indikas : ta qua kustume o mem sur ofte okupas su pri... sen facar ek la kozo sua profesiono (Videz sufixo -ist). Quale on vidas, la amatoro inkluzesas en ta defino.
従って現在、これは、自分の職業とするのではなく、・・・について、通常あるいは頻繁に忙しい者を示している(「-ist」を参照せよ)。お分かりのように、アマチュアが、この定義に含まれる。
La sufixo -er- soldesas a radiki nomala ed a radiki verbala : biciklero (amatoro), gimnastikero, arkero, fumero, kolektero, chasero, peskero.
接尾辞「-er-」は一般的語根や動詞的語根に付けられる。「biciklero」(アマチュアの自転車乗り、サイクリスト)、「gimnastikero」(体操選手)、「arkero」(弓の射手)、「fumero」(喫煙者)、「kolektero」(収集家)、「chasero」(狩りをする人)、「peskero」(釣り人)。
— Il nultempe enoyas, pro ke esante granda lektero, fotografero ed exkursero il sempre okupesas.
「Il nultempe enoyas, pro ke esante granda lektero, fotografero ed exkursero il sempre okupesas」(彼はヘビーな読書家であり、写真家であり、旅行家として常に忙しいので、決して退屈することはない)
— Dum sep yari il esis prezidero di nia societo e nun il esas lua honor-prezidero.
「Dum sep yari il esis prezidero di nia societo e nun il esas lua honor-prezidero」(7年間、彼は私たちの団体の会長であったし、今は名誉会長である)
Ta sufixo aplikesas anke a nomi di bestii o di objekti qui esas karakterizata da specal ago kustumala : reptero, ruminero, rodero, klimero; remorkero, krozero, flotacero (Vid. sufixo - il).
この接尾辞は、習慣的で特別な行動によって特徴づけられている動物やモノの名称にも応用されている。:「reptero」(這うもの=爬虫類)、「ruminero」(反芻動物)、「rodero」(げっし動物)、「klimero」(よじ登る習性を持つ動植物、登山者)、;「remorkero」(牽引するモノ)、「krozero」(巡航するモノ、クルーザー)、「flotacero」(浮くモノ)
Per la decido 689 l'Akademio aprobis, ke la participal sufixo -ant- expresez « la nuna ago » ed ol adoptis la sufixo -er- por « la ago ne precize nuna » exemple : suskriptero *6.
決定689によってアカデミーは、分詞接尾辞「-ant-」が『現在の行為』を表現するものとして採用し、接尾辞「-er-」を「正確ではないが現在の行為」として採用した。例えば、「suskriptero」(寄付することを承諾する人)
Societo havas prezidero, ma la prezidanto di lua kunsido povas esar sive la prezidero, sive la vice-prezidero, sive altra membro.
団体には会長がいるが、会合の「prezidanto」(視界をする人)は、会長であったり、副会長であったり、他の会員であるかもしれない。
Komparez -er- a -ist- ed anke a -em- por ne uzar ica od ita neoportune.
あれやこれやと都合を考えずに使うことがないように、「-er-」と「-ist-」、また「-em-」を比較せよ。
-ero *7 darfas, kompreneble, recevar la formo adjektivala.
「-ero」はもちろん、形容詞形を受けてもよい。
Ex. : Yes, me konfesas lo, nature me esas tre iracema e venjema; ma me luktis kontre ta duopla inklineso, e me ne divenis iracera e venjara *8.
例):「Yes, me konfesas lo, nature me esas tre iracema e venjema; ma me luktis kontre ta duopla inklineso, e me ne divenis iracera e venjara」(そうだ、私は告白する。私はとても短気で執念深いことを。しかし私はこの二重の傾向性と戦って、短気でも執念深くにもならなかった)
-eri-. — Ta sufixo, internaciona, adoptesis per la decidi 594 e 1091.
「-eri-」。この国際的な接尾辞は決定594と1091によって採用された。
Ol indikas : establisuro en qua on okupas su irgamaniere (ne necese per fabrikado) pri la kozo indikata da la radiko.
この接尾辞は、その語根が示している事柄について、どんな状況でも専念している施設を示している。
Ol soldesas a radiki nomala : librerio, papererio, lakterio, od a radiki verbala : fabrikerio, imprimerio, direkterio.
名詞的語根に付く。「librerio」「papererio」「lakterio」、あるいは動詞的語根にも付く。「fabrikerio」「imprimerio」「direkterio」
Ol indikas establisuro, firmo, e. c. e distingesas de -ey, qua indikas irga loko destinata a...;
これは、施設、会社などを示しており、場所を示している「-ey」と区別される。
drinkerio = establisuro (taverno) en qua on drinkas; drinkeyo = precipue la loko ube bestii drinkas.
「drinkerio」=飲む施設、居酒屋。「drinkeyo」=特に、動物たちが飲む場所、水飲み場。
Cetere, en ...erio, povas esar ...eyo.
その他、「 ...erio」の中に、「...eyo」があるのかもしれない。
Exemple : On dicis a me, ke vu rikonstruktigas vua imprimerio. — To ne esas exakta, nam me rikonstruktigas nur l'imprimeyo ipsa; on ne tushos la cetero dil imprimerio.
例文):「On dicis a me, ke vu rikonstruktigas vua imprimerio.」(あなたは自分の印刷工場(施設)を建設しているそうですね)「 — To ne esas exakta, nam me rikonstruktigas nur l'imprimeyo ipsa; on ne tushos la cetero dil imprimerio.」(それは正確ではない。なぜなら、わたしは印刷所だけを建設しているのですから。印刷工場(施設)の他の部分には触れないでしょう」
-es-. — Ta radiko di la lingui Indo-Europana, qua donas la verbo es-ar, pleas la rolo di sufixo en la sequanta kazi :
「-es-」。動詞「es-ar」を与えているインド・ヨーロッパ諸言語の語根は、次のような場合に接尾辞の役割をしている。
1e Soldita al radiko di verbo transitiva, ol formacas pasiv-abreviuro pro ta verbo : videsar, trovesar = esar vidata, esar trovata.
‖焼飴譴慮貂に付く接尾辞は、動詞の受動態の省略形をつくる。「videsar = esar vidata」、「trovesar = esar trovata」
Konseque ol uzesas por formacar substantivi qui expresas pasiva stando, sen irga ideo tempala : instrukteso = la fakto, stando esir od esar instruktata;
従って、これは時間的概念を伴わない受動的状態を表すために使われる。
izoleso = la fakto, stando esir od esar izolata;
「izoleso」=孤立、隔離された事実、状態
konverteso = la fakto, stando esir od esar konvertata;
「konverteso」=転向、改宗された事実、状態
konvinkeso = la fakto, stando esir od esar konvinkata;
「konvinkeso」=説得された事実、状態
tenteso = la fakto, stando esir od esar tentata;
「tentation」=誘惑された事実、状態
konstrukteso = la fakto, stando esir od esar konstruktata, e. c. *9.
「konstrukteso」=建設された事実、状態
2e Soldita a nomala radiko, la sufixo es formacas substantivi, qui expresas la stando od abstraktita qualeso :
¬昌貪語根に付く。接尾辞「es」は状態や抽象的な質を表す名詞を形成する。
avareso, beleso, blindeso, maladeso, utileso = la stando esar avara, bela, blinda, malada, utila.
「avareso」=ケチな性質、「beleso」=美しさ、「blindeso」=盲目性、「maladeso」=病癖、「utileso」=有用性
Ol devas uzesar omnafoye kande on derivas de adjektivo l'abstraktita qualeso korespondanta.
これは、形容詞から対応する抽象的な性質を派生させる時はいつでも、使わなければならない。
3e Ta sufixo formacas anke verbi signifikanta : esar tala qual indikas la radiko :
この接尾辞は、その語根が示しているような〜、という意味する動詞も形成する。
utilesar = esar utila a, por...;
「utilesar」=〜の役に立っている
egalesar = esar egala a...;
「egalesar」=〜に相当する
similesar = esar simila a...;
「similesar」=〜に似ている
friponesar = esar fripona (o fripono);
「friponesar」=ならず者だ
profetesar = esar profeta (o profeto);
「profetesar」=予言者だ
hipokritesar = esar hipokrita (o hipokrito);
「hipokritesar」=偽善者だ
gastesar = esar gasta (o gasto);
「gastesar」=お客だ
hostesar = esar hosta (o hosto);
「hostesar」=主人だ
maladesar = esar malada (o malado) *10.
「maladesar」=病気だ
On tote darfus uzar es(o) mem izolita, nam ol esas radiko esence.
独立した「es(o)」を使うこともできるが、それは本質的に語根であるからである。
Ma fakte stando (de standar) remplasas lu konstante.
しかり実際のところ、「状態」が、それに取って代わっていることが多い。
Tamen nule esus nekorekta dicar : Me trovis lu en bona eso.
しかし、「Me trovis lu en bona eso」(私はそれを良い状態の中で見つけた)と、間違って言う人は誰もいない。
Same on darfus dicar : Quale vu esas? quo tote ne signifikus : quale vu existas? nam esar ne signifikas existar.
同じく次のように言えるかもしれない。「Quale vu esas?」この意味は「あなたはどうして存在するの?」ということではない。なぜなら、「esar」は存在するという意味ではないからだ。
-esk-. — Greka e Latina, ta sufixo ritrovesas en novlatina lingui.
「-esk」。このギリシア語とラテン語の接尾辞は、新ラテン諸語の中でも見られる。
On nomizas lu inkoativo, to esas montranta komenco.
これは初期と称されており、始まりを表している。
Ol quik adoptesis del reformo-plano kun la senco : komencar, kande ol juntesas a radiki verbala :
これは、始まるという意味を伴って、改良面から採用された。動詞的語根に付ける。
dormeskar = komencar dormar;
「dormeskar」=眠り始める
morteskar = komencar mortar;
「morteskar」=衰弱する。
videskar = komencar vidar;
「videskar」=見る
sideskar = komencar sidar;
「sideskar」=座る
iraceskar = komencar iracar;
「iracar」=怒り始める、怒る
emoceskar = komencar emocar.
「emoceskar」=興奮する
Pose l'Akademio per la decido 1221 remplasigis ij *11 (heredita de Esperanto) per -esk unionebla ad adjektivi kun la senco : divenar...
後に、アカデミーは決定1221で(エスペラントから受け継いだ)「ij」を、「〜になる」という意味を伴う形容詞と統合できる「-esk」に取り替えた。
Ex. : paleskar, febleskar, richeskar, vireskar, muliereskar, adulteskar, amikeskar, e. c. = divenar pala, febla, richa, vira (o viro), muliera (o muliero), amika (o amiko).
例): 「paleskar=divenar pala」(青白くなる)、「febleskar=divenar febla」(弱くなる)、「richeskar=divenar richa」(豊かになる)、「vireskar=divenar vira」(男になる)、「muliereskar=divenar muliera」(成人女性になる)、「amikeskar=divenar amika」(友達になる)
En la realeso, paleskar = komencar esar pala e tale pri la ceteri.
現実には、「paleskar」=青白くなり始め、残りもそうなる。
Do, ne existas difero esencala inter l'uzo di esk kun verbi e l'uzo di esk kun adjektivi : ol indikas : o komenco di ago, o komenco di qualeso.
故に、動詞を伴う「esk」の使い方と、形容詞を伴う「esk」の使い方の間には本質的な違いは存在しない。それは行為の初め、状態の初めを示しているからだ。
Noto relatanta la decido 1221 dicis : « la sufixo -esk uzesos do kun la verbal radiki (quale til nun) por signifikar komencar (dormeskar) e kun la nomal radiki por signifikar divenar (paleskar). L'apliko di ca regulo en la tota vortaro pruvis, ke ol genitas nula dusenceso. »
決定1221に関する註は、次のように行っている。『ゆえに接尾辞「-esk」は、始めるという意味で(今までのように)動詞的語根(例えば「dormeskar」)と、〜になるという意味で名詞的語根を伴って使われるであろう。全ての辞書でのこの規則の適用は、これは決して二義性を生じさせていないことを証明したのであった。
Por expresar l'ideo : divenar ...ata, la du formi ...ateskar e ...eskesar tote darfas konsideresar kom regulala e konseque legitima.
「divenar ...ata」(〜されるようになる)という概念を説明するために、二つの形態「...ateskar」と「...eskesar」は規則的なもの、したがって正統的だとみなされるのである。
Ex. : vidateskar, uzateskar, probateskar o : videskesar, uzeskesar, probeskesar, e. c.
例):「vidateskar」「uzateskar」「probateskar」あるいは、「videskesar」「uzeskesar」「probeskesar」など。
Ma on konsilas uzar prefere, kom plu simpla : divenar vidata, uzata, probata.
しかし、むしろ単純に「divenar vidata」「divenar uzata」「divenar probata」として使用されることが望ましい。
Se la prima verbo esas transitiva, la verbo derivita per esk esas anke transitiva, do povas havar objekto : lekteskar jurnalo.
もし主要動詞が他動詞であれば、「esk」を使った派生動詞もまた他動詞であるので、目的語を持つ。「lekteskar jurnalo」(新聞を読み始める)
Kompreneble esk ne darfas uzesar kom radiko vice komenc. Do nultempe dicez eskar, eskas, quale ul Espisti dicas eki, ekas, vice komenci, komencas.
もちろん「esk」は「komenc」の代わりのドコンとして使われるべきでない。ゆえに、エスペランティストたちが「komenci」「komencas」の代わりに「eki」「ekas」と言っているように、「eskar」「eskas」と言ってはならない。
-estr-. — Inspirita dal duesma parto dil vorti : Bürgermeister D., burgmaster E., borgomastro I., burgomaestre S., burgo-mestre Por., bourgmestre F.
「-estr-」。「Bürgermeister(独)」「burgmaster(英)」「borgomastro(伊)」「burgomaestre(西)」「burgo-mestre(仏)」などの二番目の語句からヒントを受けたもの。
Ol quik adoptesis kun la senco : chefo, mastro di...
これは、首長、主人という意味で速やかに採用された。
Ol soldesas a radiki nomala :
これは名詞的語根に付けられる:
urbestro, kastelestro, chapelestro, hotelestro(hotel-mastro), policestro, domestro, skolestro, navestro, statestro, e. c.
「urbestro」(視聴)、「kastelestro」(城主)、「chapelestro」(帽子の主)、「hotelestro(hotel-mastro)」(ホテルの主人)、「policestro」(警察署長)、「domestro」(家の主)、「skolestro」(校長)、「navestro」(船長)、「statestro」(元首)
Ol mem darfas okazione soldesar a verbal radiko : kampestro *12, manovrestro, pafestro *13, e. c.
これは場合によっては動詞的語根に付けられることもある。「kampestro」(キャンプのリーダー)、「manovrestro」(作戦行動のリーダー)、「pafestro」(射撃主)
Kom vorto izolita ne uzez estro nek estraro quale Esperantisti, ma chefo, chefaro, mastro, patrono, direktero, direktisto, e. c. segun la kazi.
エスペランティストのように独立した単語として「estro」「estaro」を使ってはならないが、場合によって「chefo」「chefaro」「mastro」「patrono」「direktero」「direktisto」となる。
-et-. — Ta sufixo trovesas en la Latina e novlatina lingui, kom diminutivo.
「-et-」。この接尾辞は指小語として、ラテン語と新ラテン諸語の中にある。
Ol quik adoptesis por indikar grado extrema di mikreso o febleso qua chanjas la nociono.
これは、最小限度と概念を改める弱さを示すために、速やかに採用された。
Ex. : dometo, rivereto; varmeta, beleta; ridetar, kantetar, saltetar, dormetar, e. c.
例):「dometo」(小屋)、「rivereto」(小川);「varmeta」(生ぬるい)、「beleta」(かわいい)、「ridetar」(微笑む)、「kantetar」(鼻歌を歌う)、「saltetar」(ぴょんぴょん飛ぶ)、「dormetar」(まどろむ)
Ta sufixo formacas anke diminutivi di afeciono : filieto, matreto, patruleto, fratuleto, fratineto, e. c. *14.
この接尾辞はまた愛情の指小語を作る。「filieto」()、「matreto」(おかあちゃん)、「patruleto」(おとうちゃん)、「fratuleto」(おにいちゃん)、「fratineto」(おねえちゃん)
-ey-. — Ta sufixo, veninta de Esperanto, quik adoptesis *15.
「-ey-」。この接尾辞は、エスペラント由来で、速やかに採用された。
Soldita a radiko nomala o verbala, lu formacas substantivi nomizanta la loko destinita (ad objekto od ago).
名詞的語根、動詞的語根に付き、(対象や行為に対して)予定された場所を命名する名詞を作る。
Ta loko esas edifico chambro, e. c., loko en la maxim generala senco, tereno di kultivado por...
その場所とは建築物であったり部屋であったりする。ごく一般的な場所。〜のために耕作される地域。
Ex. : kavaleyo = kavalostablo; boveyo = bovostablo; mutoneyo = mutonostablo; haneyo;
例);「kavaleyo」=馬小屋、「boveyo」=牛小屋、「mutoneyo」=羊小屋、「haneyo」=鶏小屋
manjeyo, dormeyo (en kolegio, hospitalo) *16;
大学や病院の「manjeyo」=食堂、「dormeyo」寝室 ;
koqueyo, laveyo, tombeyo, pregeyo (ne kirko, nek kapelo o templo, ma chambro distinita a religial exerci);
「koqueyo」=台所、「laveyo」=トイレ、「tombeyo」=墓、「pregeyo」(祈りの場)(基督教会もでチャペルでも寺院でもないが、宗教的行使とは区別される部屋)
pastureyo (senco plu ampla kam prato);
「pastureyo」=放牧場、牧場よりも余裕がある意味
viteyo, alneyo, querkeyo, ribiereyo, roziereyo, kastaniereyo *17.
「viteyo」=ぶどう園、「alneyo」=ハンノキの林、「querkeyo」=樫の林、「ribiereyo」=スグリの木の茂み、「roziereyo」=薔薇の木の茂み、「kastaniereyo」=栗の木の茂み
La senco dil derivaji povas esar precizigata da altra sufixi o radiki : parfumeyo, parfumvendeyo; aer-kuracerio. (Vid. -eri.)
この派生語の意味は、別の接尾辞や語根によって正確になるかもしれない。「parfumeyo」「parfumvendeyo」(香水店);「aer-kuracerio」(空気浄化の樹木)
Pro la signifiko kelke ne preciza di -ey en ula derivaji, uzez vorti specala, kande la senco lo necesigas : gimnazio, liceo, skolo, universitato vice lerneyo; baziliko, katedralo, kirko, kapelo, templo, vice pregeyo.
ある派生語の中には、若干「-ey」の不正確な意味があるため、その意味が必要な時は、特別な語句を使いなさい。「gimnazio」=体育館、(ドイツの)ギムナジウム、「liceo」=リセー(フランスの中学校)、「skolo」=学校;学派、「lerneyo」の代わりの「universitato」=大学;「baziliko」=(古代ローマの)バジリカ,会堂、「katedralo」=大聖堂、「kirko」=教会(建物)、「kapelo」=礼拝堂、「templo」=,寺院,神殿。「pregeyo」の代わり。
Ta sufixo devas ne uzesar kom radiko izolita.
この接尾辞は独立した語根として使ってはならない。
Selectez, segun la kazo : edifico, konstrukturo, domo, loko, agro, e. c., e ne eyo, nekomprenebla da omna profano.
場合によって選択しなさい。建物、建築物、家屋、場所、土地などは、「eyo」ではない。全ての世俗の世による不可解のもの。
Ni lasez l'Esperantisti uzar obstine sua eyo, eta, uyo, emo, ilo, ebla, ero, ano, ino, e.c.
頑固なエスペランティストたちに、「eyo」「eta」「uyo」「emo」「ilo」「ebla」「ero」「ano」「ino」などを使わせようではないか。
Per tala vorti li atingas nur konfuzeso quan la L. I. devas evitar sorgoze.
そのような語句で、彼らは、国際語が慎重に避けなければならない混乱状態に陥るだけだなのだ。
-i-. — Ta sufixo pasable internaciona adoptesis per la decido 487 por indikar « lando, regiono, domeno dependanta de... » e konseque la resortiso dil autoritato di...
「-i-」。かなり国際的なこの接尾辞は、〜に依存する国、地方、領地を示すために、決定487で、採用された。
Ex. : baronio, komtio, dukio, princio, rejio, episkopio *18, parokio, e. c.
例):「baronio」(男爵領)、「komtio」(伯爵領)」「dukio」(講釈領)、「princio」(王子領)、「rejio」(君主領)、「episkopio」(司教領)、「parokio」(教区領)
-id-. — Greka, Latina e kelke internaciona, ta sufixo quik adoptesis ma nur por indikar : homa decendanto (adminime en la komuna linguo) : Izraelido, la Semidi, la tribuo Rubenida, e. c.
「-id-」。ギリシア語、ラテン語、いくつかの国際的なもの。この接尾辞は、(少なくとも共通語で)人間の子孫を示すためにだけ速やかに採用された。:「Izraelido」(イスラエルの子孫)、「la Semidi」(セム族の子孫)、「la tribuo Rubenida」(ルベンの子孫の部族)など。
Por la homa genituro ne uzez ido izolite, ma decendanto, filio di (filiulo, filiino, gefilii, segun la kazo).
人間の子孫のためには、独立した「ido」は使わず、「decendanto di 〜」「filio di 〜」を使う。場合によっては、「filiulo di 〜」「filiino di 〜」「gefilii di 〜」。
Por la bestia genituro uzez yun (Vid. ta sufixo).
動物の子孫には「yun」を使いなさい。(接尾辞「yun」を参照せよ)
-ier-. — Ta sufixo quik adoptesis (ma en la formo yer) kun la senco : etuyo kontenanta o sustenanta la kozo indikata da la radiko;
「-ier-」。この接尾辞は、語根によって示されたモノを含んだり支えたりする入れ物という意味をもって速やかに採用された。
kandeliero = utensilo sustenanta, portanta un kandelo; plumiero = kurta stango portanta un plumo (plumoskribilo); sigariero = kurta tubo qua portas un sigaro (sigarfumilo).
「kandeliero」=一本のロウソクを支えたりする用具、燭台;「plumiero」=一本のペンを置く短い棒、ペンホルダー;「sigariero」=一本の葉巻を持つ短いパイプ。
Ne konfundez -ier a uy. (Videz ica.)
「-ier」と「uy」を混同するな(「uy」を参照せよ)
Pro analogeso (lua senco esante « qua portas »), ta sufixo uzesas por indikar la arboro o planto qua portas, produktas : pomiero, figiero, kafeiero, teiero, palmiero, roziero, fragiero, diantiero, e. c.
(〜を持つ)という意味との類似性のために、この接尾辞は〜を持つ、産する樹木、植物を示すために使われる。:「pomiero」(林檎の木)、「figiero」(無花果の木)、「kafeiero」(珈琲の木)、「teiero」(お茶の木)、「palmiero」(椰子の木)、「roziero」(薔薇の木)、「fragiero」(イチゴ)、「diantiero」(ナデシコ)など。
Ma on darfas dicar ke, se pomiero, figiero, roziero, e. c. portas, produktas pomi, figi, rozi, li esas quaze karakterizata da ici.
しかし、もし「pomiero」「figiero」「roziero」などがリンゴや無花果や薔薇の花を産するならば、前者は後者によってあたかも特徴づけられているようなものである。
To komprenigas, ke l'Akademio per la decido 592 adjuntis a l'unesma senco : « karakterizata per » (ulo extera) : kurasiero = soldato portanta kuraso, karakterizata da kuraso; lanciero = soldato portanta lanco, armizita ye lanco e quaze karakterizata da olu; rentiero = homo karakterizata da renti; miliardiero = homo karakterizata adminime da un miliardo *19.
このことで、アカデミーは決定592をもって第一義に対して「(外部の何か)〜で特徴づける」という意味を加えたことが分かる。「kurasiero」=甲冑をつけた、甲冑によって特徴付けられた兵隊(甲冑兵)、「lanciero」=槍を持っている兵隊、槍で武装した兵隊、槍によって特徴付けられた兵隊(槍騎兵)、「rentiero」=(何らかの)収益によって特徴づけられた人(年金者など)、「miliardiero」=少なくとも十億によって特徴づけられた人(億万長者)
-if-. — Ta sufixo, trovata en la Latina e novlatina lingui, quik adoptesis.
「-if-」。ラテン語と新ラテン諸語にある、この接尾辞は速やかに採用された。
Ol soldesas a radiko nomala (neverbala) por formacar netransitiva verbi qui signifikas : produktar, genitar, sekrecar :
この接尾辞は、「産出する」「(子を)生じさせる」「分泌する」という意味の自動詞を形成するために。(動詞ではなく)名詞的語根につく。
florifar, fruktifar = produktarflori, frukti;
「florifar」「fruktifar」=開花する、実がなる
sangifar = produktar sango : vunduro sangifanta tre abunde; ha! vu sangifas de la nazo;
「sangifar」=地が出る:「vunduro sangifanta tre abunde」(かなり出血している傷);「ha! vu sangifas de la nazo」(あ! 君、鼻血が出ているよ)
versifar = produktar versi;
「versifar」=誌を作る
urinifar = sekrecar, produktar urino;
「urinifar」=尿を分泌、産出する。
sudorifar; burjonifar; chapelifar, vestifar, shuifar; segifar,
「sudorifar」(発汗する);「burjonifar」(発芽する);「chapelifar」(帽子をつくる)、「vestifar」(複を作る)、「shuifar」(靴を作る);「segifar」(ノコギリでひく)
klovifar (tre diferas de klovisar, klovagar),
「klovifar」(釘を作る)(「klovizar」=釘づけする、「klovagar」(釘を打ち付ける)などとは異なる)
martelifar (altra kam martelagar, marteluzar, martelbatar) *20.
「martelifar」(=ハンマーを作る。「martelagar」(ハンマーで打つ)、「marteluzar」(ハンマーを使う)、「martelbatar」(ハンマーで打つ)とは異なる。
Kompreneble de ta verbi darfas derivar substantivi signifikanta la ago : florifo, fruktifo, sangifo, versifo, urinifo.
当然、これらの動詞から、行為を表す名詞を派生することもある。「florifo」(開花)、「fruktifo」(結実)、「sangifo」(出血)、「versifo」(詩作)、「urinifo」(放尿)
A ta sufixo on darfas unionar altra sufixi : -ey, -ist, e lore ifeyo signifikas la loko ube on facas, fabrikas, e ifisto esos ta qua fabrikas : la armifisti fabrikas la fusili en la armifeyo dil arsenalo.
この接尾辞に対して、別の接尾辞「-ey」「-ist」と組み合わせることができる。この時、「ifeyo」は作る場所を意味し、「ifisto」は作る人を意味する。「la armifisti fabrikas la fusili en la armifeyo dil arsenalo」(武器職人は兵器工場の武器製作所で銃を作っている)
On ne darfas uzar ta sufixo kom vorto izolita. Konseque dicez : facar, fabrikar, produktar, e. c., ma nultempe ifar.
この接尾辞を独立した単語として使うことはできない。したがって、「facar」「fabrikar」「produktar」などと言えるが、「ifar」とは言えない。
-ig-. — Ta sufixo (modifikuro di ag) quik adoptesis.
「-ig-」。(「-ag」の変形である)この接尾辞は速やかに採用された。
Ol trovas susteno en la Latina (ab-igo) ed en la Germana (rein-ig-en) *21.
これは、ラテン語(ab-igo)とドイツ語(rein-ig-en)ので、支持がある、
Ol soldesas a nomala ed a verbala radiki.
これは、名詞的語根と動詞的語根に付く。
Kun radiko nomala ol signifikas : donar la qualeso expresata da la radiko, igar tala quala ol dicas, transformar a...
名詞的語根を伴うと、その語根によって表現される性質を与える、それが言うような性質にさせる、〜に変形させる、という意味になる。
Ex. : fortigar = igar forta;
例):「fortigar」=強くさせる
richigar = igar richa;
「richigar」=豊かにさせる
plugrandigar = igar plu granda;
「plugrandigar」=もっと大きくさせる
virigar = igar vira (o viro), transformar (adultulo) a viro;
「virigar」=男にさせる、男に変身させる
mulierigar = igar muliera (o muliero), transformar (adultino) a muliero.
「mulierigar」=女にさせる、女に変身させる
Kompreneble de ta verbi derivas substantivi : fortigo, richigo, plugrandigo, virigo, mulierigo, e. c.
当然、これらの動詞から名詞が派生する。「fortigo」(強化)、「richigo」(豊富)、「plugrandigo」(より大きくすること)、「virigo」(男性化)、「mulierigo」(女性化)など。
Kun radiko verbala -ig- signifikas : esar kauzo, ke eventez lo dicata da la radiko :
動詞的語根が伴うと、「-ig-」は、語根によって言及されたことが生じる原因であるという意味になる。
dormigar = esar kauzo di dormo, produktar dormo : opiumo dormigas ;
「dormigar」=眠りの原因である、眠りを生じさせる。「opiumo dormigas」(アヘンは眠りを引き起こす)
vidigar ulo da ulu = igar, ke ulo videsez da ulu.
「vidigar ulo da ulu」=何か(物)が、誰か(人)によって見られるようにさせる。
Se la verbal radiko esas netransitiva (venar) la sufixo -ig- havas la senco : igar ...anta, e konseque la verbo derivita per igar havas kom objekto (komplemento direta) to quo esus la subjekto dil verbo primitiva :
もし動詞的語根が自動詞ならば、接尾辞「-ig-」は、〜であるようにさせる、という意味になり、したがって、「igar」を用いた派生動詞は、目的語(直接補語)をもつ。(その目的語は動詞の意味上の主語)
venigar = igar venanta : me venigis la mediko = me igis la mediko venar = me igis ke la mediko venis;
「venigar」=来るようにさせる:「 me venigis la mediko」=「me igis la mediko venar」=「me igis ke la mediko venis」(私はその医者が来るようにさせた=私はその医者を呼んだ)
iracigar = igar iracanta : vua sencesa kontredici iracigas lu.
「iraca」=怒らせる:「vua sencesa kontredici iracigas lu」(あなたの絶え間のない反論が、その人を怒らせた)
Kontraste, igar = igar ...ata, se la verbal radiko esas transitiva (vidar, sendar).
これに対して、「igar」=もし動詞的語根が他動詞であるならば、「igar ...ata」(〜されるようにさせる)(vidar, sendar)
Lore, la verbo derivita per igar havas kom objekto (komplemento direta) la objekto dil verbo primitiva :
その際、「igar」を用いた派生動詞は、目的語(直接補語)として、本来の動詞の目的語を持つ。
me sendigos a vu ta libro da Petrus = me igos ta libro sendata (sendesar) a vu da Petrus;
「me sendigos a vu ta libro da Petrus」=「me igos ta libro sendata (sendesar) a vu da Petrus」(私は、ペテロスがあなたに本を送るようにしてさせた=私はペテロスにあなたにその本を送ってもらった)
me vidigis mea domo da Icannes = me igis vidata (videsar) mea domo da I.;
「me vidigis mea domo da Icannes」=「me igis vidata (videsar) mea domo da I」(私は、イカネスに私の家を見させた)
me instruktigas mea filii da la skolestro = me igas instruktata (instruktesar) mea filii da la skolestro;
「me instruktigas mea filii da la skolestro」=「me igas instruktata (instruktesar) mea filii da la skolestro」(わたしは、校長が私の息子に教えるように、させる=私は、校長に私の息子を教えてもらった)
me imprimigas nova libro da mea imprimisto = me igas imprimata (imprimesar), e. c.
「me imprimigas nova libro da mea imprimisto」=「me igas imprimata (imprimesar) nova libro」(私は、自分の印刷屋に、新しい本を印刷させた)
Segun ta regulo, me manjigas mea kavalo povas signifikar nur : me igas mea kavalo manjesar, me igas ke lu esez manjata.
規則によれば、「me manjigas mea kavalo」は、「me igas mea kavalo manjesar, me igas ke lu esez manjata」(私は、自分の馬を食べさせた)という意味になる。
Se me volus dicar : me donas nutrivo a mea kavalo, me dicus : me igas mea kavalo manjar.
もし「me donas nutrivo a mea kavalo」(私は餌を自分の馬に与える)と言いたかったら、「me igas mea kavalo manjar」(私は馬に食べるようにさせる)としたほうが良い。
Se la verbal radiko esas mixita (transitiva e ne transitiva), igar kompreneble signifikas igar ...anta o igar ...ata, pro la senco ipsa dil mixita verbi *22.
もし、動詞が(他動詞と自動詞との)混在されたものであったら、混在動詞(訳注:能格動詞)の意味自体によって、「igar」は当然、「igar ...anta」であったり、「igar ...ata」という意味になる。
Ma to ne havas detrimento, quale montras l'exempli sequanta :
しかし、次のような例文が示すように、支障はない。
me komencigas la laboro = me igas la laboro komencanta o komencata;
「me komencigas la laboro」 =私は仕事を始める
me durigos la laboro da altra laboristi = me igos la la laboro durata da altra laboristi;
「me durigos la laboro da altra laboristi」=「me igos la la laboro durata da altra laboristi」(私は他の労働者たちに仕事を続けさせるだろう)
cesigez la infanti ludar = igez la infanti cesanta ludar.
「cesigez la infanti ludar」=「igez la infanti cesanta ludar」(子供らが遊ぶのをやめさせなさい)
Cetere, se to esas necesa o mem nur utila, on sempre darfas uzar explicite : igar ...anta o igar ...ata.
その他に、それが必要だったり役に立つならば、明確にするために、「igar ...anta」や「igar ...ata」を、常に使用してもよい。
On tote darfas preferar : igar ulu vidar ulo a : vidigar ulo da ulu; me igos vu konstatar la kozo a : me konstatigos da vu la kozo; e tale pri multa kazi analoga.
「vidigar ulo da ulu」よりも「igar ulu vidar ulo」の方が好ましい。多くの類似の場合も、そうである。「me konstatigos da vu la kozo」よりも「me igos vu konstatar la kozo」が好まれる。
Quale on vidis en la supera exempli, la sufixo ig uzesas kom radiko dil verbo igar :
上記で見てきたように、接尾辞「ig」は動詞「igar」の語根として使われている。
me igas vitro neruptebla = me traktas vitro (ja fabrikita) tale, ke lu divenas neruptebla, tre diferas de : me facas neruptebla vitro (o vitro neruptebla) qua signifikas : me fabrikas, e. c. (Dicernez do bone igar de facar.)
「me igas vitro neruptebla」(私はガラスを割れないようにする) = 「me traktas vitro (ja fabrikita) tale, ke lu divenas neruptebla」(私は、(すでにつくられた)ガラスを割れることがないように、取扱う)。これらは、「me facas neruptebla vitro (o vitro neruptebla)」とは、全く違う。この意味は、「私は壊れないガラスを作る」である。「facar」と「igar」を区別しなさい。
On anke vidis, ke la verbo igar darfas havar propoziciono kom objekto : me igas mea kavalo manjar aveno.
動詞「igar」は目的語として節を持つことがあることも、分かっている。「me igas mea kavalo manjar aveno」(私は自分の馬にカラスムギを食べさせた)
Quale on vidas, importas (por la justa expreso e kompreno) sequar la « normal ordino » en ta propozicioni infinitivala :
お分かりにように、(正しい表現と理解のために)不定詞(節)句の中では『普通の語順』に従うことが重要である。
Il igis Petrus ocidar Alexander = il igis Alexander ocidesar da Petrus.
「Il igis Petrus ocidar Alexander」(彼はペテルスにアレキサンダーを殺害させた)=「il igis Alexander ocidesar da Petrus」
Ne konfundez igar a koaktar od a lasar.
「igar」を「koaktar」や「lasar」と混同してはいけない。
Il igis sua spozino manjar la kordio di elua amoranto (el ne savis lo);
「Il igis sua spozino manjar la kordio di elua amoranto」(彼は自分の妻に、彼女の情夫の心臓を食べさせた〈彼女はそのことを知らなかった〉)
il koaktis sua spozino, e. c. (el ne volis, ma il impozis ad elu koakte sua volo).
「il koaktis sua spozino, e. c.」(彼は自分の妻に云々…)〈彼女は食べたくなかったが、彼女に対して彼は自らの意志を押し付けた〉
Lasez me enirar = ne impedez me enirar;
「Lasez me enirar = ne impedez me enirar」(黙って私を入らせてくれ=私が入ることを強制するな)
igez ni enirar = agez por ke ni enirez.
「igez ni enirar = agez por ke ni enirez」(私が入るようにさせよ=私が入るために、行動せよ)1
La uzo di lasar en la senco di igar esas Germanajo.
「igar」の意味で「lasar」を使うのは、ドイツ語的である。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

イド語文法編(4)

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます