エスペラント語の修正版として開発された人工言語、国際補助語です。

Sufixi. ((ik-yun) 接尾辞 その3(ik-yun)


-ik-. — Internaciona, ta sufixo adoptesis per la decido 566 kun ica senco : malada per :
「-ik-」。国際的な、この接尾辞は、「〜で病気の」という意味で、決定566によって採用された。
kolerika, koleriko; ftiziika, ftiziiko; leprika, lepriko; skrofulika, skrofuliko; hidropsika, hidropsiko; pestika, pestiko; alkoholika, alkoholiko; kordiika, kordiiko, e. c.
「kolerika」(コレラの)、「koleriko」(コレラ患者);「ftiziika」(肺病の)、「ftiziiko」(肺病患者);「leprika」(ハンセン病の)、「lepriko」(ハンセン病患者);「skrofulika」(瘰癧(るいれき)病の)、「skrofuliko」(瘰癧(るいれき)病患者);「hidropsika」(水腫の)、「hidropsiko」(水腫病患者)、「pestika」(ペストの)、「pestiko」(ペスト病患者);「alkoholika」(アル中の)、「alkoholiko」(アル中患者);「kordiika」(心臓病の)、「kordiiko」(心臓病患者)など。
La sufixo oz (videz ica) ne povas expresar juste ta ideo. Exemple, kordioza, kordiozo nule dicus, ke la persono esas malada ye la kordio.
接尾辞「oz」は正しく、この概念を表現することができない。例えば、「kordioza」「kordiozo」は、人間が心臓での病気であると、言えないだろう。
Fakte omna homo esas kordioza, quale ol esas racionoza; ma, fortunoze, omna homo ne esas kordiika, ne sufras de la kordio.
実際に、全ての人間は道理をわきまえている(racionoza)いるように、心情深い(kordioza)のである。しかし、幸いにも、全ての人間は心臓病(kordiika)ではなく、心臓病に冒されてはない。
La gibozo ne sufras (ordinare) de sua gibo; ol ne esas gibiko.
せむし(猫背)は(本来的に)自らのコブに苦しんでいるのはない。それは、せむし病ではない。
-il-. — Finalo dil vorto utensilo, ta sufixo quik adoptesis.
「-il-」。「utensilo」(用具)という単語の語尾であり、この接尾辞は速やかに採用された。
Soldita a verbal radiko, ol donas substantivi signifikanta : instrumento por... Ex. : pektilo, brosilo, entravilo, razilo, fotografilo, telegrafilo, telefonilo, e. c. *1.
動詞的語根に付いて、「〜のための道具」という意味の名詞になる。例):「pektilo」(櫛)、「brosilo」(ブラシ)、「entravilo」(足かせ)、「razilo」(ひげ剃り器)、「fotografilo」(カメラ)、「telegrafilo」(電信機)、「telefonilo」(電話機)など。
Nultempe uzez ilo kom vorto izolita, ma selektez inter : aparato, instrumento, utensilo, mashino, e. c. segun la kazi.
「ilo」を独立した単語として使ってはいけない。「aparato」「instrumento」「utensilo」「mashino」の中から選びなさい。
Pro la neprecizeso di ta sufixo, on uzas radiki specala, vice olu, kande on volas indikar objekto preciza.
その接尾辞の不正確さがあるため、正確な対象を提示したい時には、「ilo」の代わりに、特別な語根を使うのである。

Exemple, kultelo, hakilo, serpo, siklo, sabro, e. c. esas tranchili; konseque tranchilo ne nomizus ica plu reale kam ita.
例えば、「kultelo」(ナイフ)、「hakilo」(斧)、「serpo」(鎌)、「siklo」(小鎌)、「sabro」(サーベル)などは切る道具である。従って「tranchilo」(切る道具)は実際のところ、それより他に、命名できないであろう。
Same : fusilo, karabino, revolvero, kanono, esas pafili; se do vu saciesus da pafilo por nomizar un de oli, on tote ne savus exakte pri qua vu parolas.
同じく、「fusilo」(小銃)、「karabino」(カービン銃)、「revolvero」(リボルバー(回転式連発拳銃))、「kanono」(大砲)は、発射する道具である。したがって、それらの一つを命名するために「pafilo」で満足していたならば、あなたが何について言っているのか正確に分からないかもしれない。
Se traktesas pri mashino on devas uzar prefere la vorto « mashino » ipsa : skribmashino *2, sutmashino, stebmashino, drashmashino, e. c.
もし、機械について扱うならば、むしろ「mashino」という単語自体を使うべきである。「skribmashino」(タイプライター)、「sutmashino」(縫合機)、「stebmashino」(縫合機)、「drashmashino」(打穀機)など。
-il- indikas instrumento (o implemento) : on brosas per brosilo, on pektas per pektilo; ma –er indikas aganto : remorkero remorkas per su ipsa.
「-il-」は、道具(あるは用具)を示す。「on brosas per brosilo」(ブラシでブラッシングをする)、「on pektas per pektilo」(櫛で髪をとかす)。しかし「-er」は行為者を示す。「remorkero remorkas per su ipsa」(牽引する人は自分で牽引する)
-in-. — Sufixo Latina (eroina, heroina), Franca (héroïne, Albertine, Pauline), Italiana (eroina), Hispana (heroina), Germana (Heldin, Lehrerin), Rusa (grafinja).
「-in-」。これは、ラテン語(eroina,heroina)、フランス語(héroïne, Albertine, Pauline)、イタリア語(eroina)、スペイン語(heroina)、ドイツ語(Heldin, Lehrerin)、ロシア語(графиня = grafinja)の接尾辞である。
Ol quik adoptesis por indikar la ento femina : rejino, heroino, profesorino, instruktistino, docistino, baronino, e. c. *3.
この接尾辞は、女性(雌)の存在を示すために採用された。「rejino」(女王)、「heroino」(女の英雄)、「profesorino」(女の教授)、「instruktistino」(女性教師)、「docistino」(女性教師)、「baronino」(女男爵)など。
Pro ke la sexuo devas indikesar per -ul (m.) od -in (f.) nur kande to esas necesa, on ne adjuntas –in a radiki expresanta per su la femineso : Amazono, Parco, megero, subreto, matrono, primadono.
性は、必要なときのみ、「-ul」(男性)、「-in」(女性)を用いて示さなければならないので、語根自体が女性を表しているものには「-in」を付けない。「Amazono」(アマゾン(女戦士))、「Parco」(パルカ(運命の三女神の各々))、「megero」(意地悪女)、「subreto」(侍女)、「matrono」(既婚婦人)、「primadono」(プリマドンナ)。
Pro quo on indikus per sufixo la femineso ja nature indikata da la radiko?
語根によって本来的に示されている女性性質を何故、接尾辞を用いて示すのだろうか?
Ma feino esas uzebla, pro ke on darfus tote logike dicar feulo (feo maskula).
しかし、「feino」は利用できる。なぜなら、「feulo」(男性の妖精)は論理的に言うことができるからだ。
On adoptis matro apud patrino (Dec., 662) pro ca motivi : etimologie la radiko matr esas tam internaciona kam la radiko patr; historie la nociono matr esas adminime tam anciena kam ta di patr; fiziologie ed etike la relato inter matro e filio tote ne esas identa al relato existanta inter patrulo (patro maskula) e filio *4.
「patrino」の近くに「matro」を採用したのは次のような理由があった(決定662)。語源学的に語根「matr」は語根「patr」と同じように国際的であり、歴史的にも「matr」という概念は「patr」の概念と少なくとも古いのである。また哲学的、倫理的にも母と子の関係は父と子との間に存在する関係と同一ではないからである。
-ind-. — Ta sufixo esis riestablisata dal Komitato ipsa dil Delegitaro *5.
「-ind-」。この接尾辞は代表団の委員会自身によって復帰させられた。
Ol juntesas a verbal radiki kun la senco : « qua meritas esar ...ata » : aminda, estiminda, kredinda, respektinda = qua meritas esar amata, estimata, kredata, respektata.
「〜されるに値する」という意味を伴い、動詞的語根に付く。:「aminda」(愛すべき)、「estiminda」(尊重すべき)、「kredind」(信ずべき)、「respektinda」(尊敬すべき)
Evidente ta sufixo povas ofte esar remplasigata per end, nam « on devas » estimar la homi estiminda, kredar la homi kredinda, e. c. Ma lua senco esas plu restriktita e plu preciza.
明らかに、この接尾辞はしばしば「per」と取って代わることができるが、尊敬する価値のある人たちを尊敬しなければならないし、信ずる価値のある人たちを信じなければならないからである。しかし。その意味はもっと限定され、正確である。
Kom vorto izolita ne uzez inda, indeso, ma digna, digneso.
独立した単語として「 inda」「indeso」を使ってはならず、「digna」「digneso」としなさい。
Remarkez bone, ke em, er, iv (videz ica) havas senco aktiva, ma ebl, end, ind senco pasiva. Do la tri lasta ne darfas aplikesar a verbi netransitiva.
「em」「er」「iv」は能動的な意味であるが、「ebl」「end」「ind」は受動的な意味である。したがって、最後の3つは、自動詞には応用できない。
Ma, se la verbo esas mixita (trans. e netrans. : variar, chanjar) ol recevas ebl o iv segun l'ideo expresenda : variiva o variebla; chanjiva o chanjebla : ta formo esas variiva o variebla; mea sentimenti esas nun tote nechanjiva o chanjebla.
しかし、動詞が複合されているならば(他動詞かつ自動詞の場合、「variar」(変化する、変える)、「chanjar」(変える、変わる))、表現すべき概念に従って「eble」あるいは「iv」を受ける。「variiva」(変化可能な)、「variebla」(変化され得る);「chanjiva」(変え得る)、「chanjebla」(変えられ得る)。 「mea sentimenti esas nun tote nechanjiva o chanjebla」(私の感情は今や、変えることができないが、変えられることは可能だ)
-ism-. — Ta sufixo internaciona quik adoptesis por indikar doktrino, partiso, sistemo :
「-ism-」。この国際的接尾辞は教義、党派、体系を示すために速やかに採用された。
Kristanismo *6, Katolikismo, Luterismo, Kalvinismo, Protestantismo, Mahomedismo, pozitivismo, imperialismo, kapitalismo, empirikismo, Epikurismo, stoikismo, socialismo *7, turismo *8, skeptikismo, asketismo, e.c.
「Kristanismo」(キリスト教)、「Katolikismo」(カトリシズム)、「Luterismo」(ルター派)、「Kalvinismo」(カルヴィン派)、「Protestantismo」(プロテスタント)、「Mahomedismo」(イスラム教)、「pozitivismo」(実証主義)、「imperialismo」(帝国主義)、「kapitalismo」(資本主義)、「empirikismo」(経験主義)、「Epikurismo」(快楽主義)、「stoikismo」(禁欲主義)、「socialismo」(社会主義)、「turismo」(観光事業)、「skeptikismo」(懐疑論)、「asketismo」(禁欲主義)など。
-ist-. — Ta sufixo internaciona quik adoptesis por indikar « la homo qua profesione okupas su pri... »:
「-ist-」。この国際的な接尾辞は「〜について職業的に従事している人」を示すために、速やかに採用された。
artisto, pianisto, flutisto, kantisto, muzikisto, komercisto, telegrafisto, policisto, misionisto, ciencisto, e. c. *9.
「artisto」(アーティスト)、「pianisto」(ピアニスト)、「flutisto」(フルート奏者)、「kantisto」(歌手)、「muzikisto」(音楽家)、「komercisto」(商人)、「telegrafisto」(電信技手)、「policisto」(警察官)、「misionisto」(宣教師)、「ciencisto」(科学者)など。
Per extenso, qua trovesas en nia lingui, ta sufixo indikas adepto o adherinto di partiso, skolo (doktrino) *10;
諸言語に見つかる拡張を用いると、この接尾辞は党派、学説(教義)の信奉者、仲間を示す。
socialisto, materialisto, idealisto, e. c.;
「socialisto」(社会主義者)、「materialisto」(実利主義者)、「idealisto」(理想主義者)など。
ecepte se la radiko dil vorto en -ism ja posedas ta senco : Kristano, skeptiko, mistiko, katoliko, protestanto, e. c.
「-ism」のつく語彙の語根がその意味を持っていない場合を除く。「Kristano」(キリスト教徒)、「skeptiko」(無神論者)、「mistiko」(神秘主義者)、「katoliko」(カトリック信者)、「protestanto」(プロテスタント信者)など。
Por distingar la vendisto de la produktisto, on uzas (se to esas necesa od utila) -vendisto por l'unesma e -ifisto por la duesma (vid. -if) :
生産者から販売者を区別するために、(もし、必要であるか、役に立つならば)、販売者には「-vendisto」を使い、生産者には「-ifisto」を使う(「-if」を参照せよ)
shu-ifisto (lu fabrikas), shu-vendisto (lu vendas); od on precizigas altre : flor(vend)isto, flor(kultiv)isto.
「shu-ifisto」(靴を作る靴屋、靴職人)、「shu-vendisto」(靴を売る)。別の方法でも明確化できる。「flor(vend)isto」(花屋、花を売る人)、「flor(kultiv)isto」(耕作して花を作る人、花屋)
Kompreneble on uzas -er (studiita) ne -ist, se la praktikanto ne esas vere profesionano : fotografero, biciklero, dansero, peskero, e. c. (ne profesione); fotografisto, biciklisto (kurista), dansisto, peskisto (profesione).
もしも、その業を職業的に行っている人でなければ、もちろん、「-ist」ではなく、(すでに研究した)「-er」を用いる。「fotografero」(アマチュア写真家)、「biciklero」(アマチュアのサイクリスト)、「dansero」(アマチュアのダンサー)、「peskero」(釣り人)など、これらは職業としてではない)。(一方で)「fotografisto」(プロの写真家)、「biciklisto (kurista)」(自転車走者)、「dansisto」(プロのダンサー)、「peskisto (profesione)」(職業的な漁師)
-iv-. — Ta sufixo (internaciona en la formi if, iv) quik adoptesis.
「-iv-」。(「if」「iv」という形態での国際的な)この接尾辞は速やかに採用された。
Ol soldesas a radiki verbala e signifikas : kapabla..., povanta...
この接尾辞は動詞的語根に付いて、 「〜する力のある」「〜できる」という意味になる。
Ex. : instruktiva (libro) *11; nutriva, nutrivo; konsolaciva (paroli); sentiva *12, konduktivo *13; rezistiva (qualeso); responsiva (qua povas responsar) *14; mortiva (omna mortivi), e. c.
例):「instruktiva」(教える力がある=教訓的な)(本);「nutriva」(養う力のある=栄養の)、「nutrivo」(栄養);「konsolaciva」(慰める力のある(発言)=励ましの言葉);「sentiva」(感じる力のある=感度の良い)、「konduktivo」(伝導体);「rezistiva (qualeso)」(抵抗する力のある性質);「responsiva」(応答する力のある)
La qualeso abstraktita devas esar expresata per la soldo di -es al sufixo -iv, do : iveso.
この抽象的な性質は、接尾辞「-iv」に「-es」を付けることによって説明されなければならない。
Ex. : konduktiveso (F. conductibilité), rezistiveso(F. capacité de résistance, résistivité), responsiveso (F. responsabilité); mortiveso (F. mortalité, le fait d'être mortel, mortiva); ne-mortiveso (F. immortalité).
例):「konduktiveso」(電気伝導性、(仏)conductibilité)、「rezistiveso」(抵抗容量、(仏)capacité de résistance, résistivité)、「responsiveso」(責任、(仏)responsabilité)、「mortiveso」(死にうるもの、(仏)mortalité, le fait d'être mortel)「mortiva」(死にうるものの);「ne-mortiveso」(不死、(仏)immortalité)
Nultempe uzez iva, ivo, o iveso kom izolita vorti.
独立した単語として「iva」「ivo」「iveso」は、決して使用してはいけない。
Dicez : povanta, kapabla...; povo, kapableso... Ex. : la povo, la kapableso lumizar esas : lumiziveso (Vid. -iz) *15.
「povanta...」「kapabla...」「povo」「kapableso」と言いなさい。例):「la povo, la kapableso lumizar esas : lumiziveso...」(光るための能力は、力は「lumiziveso」(発光性)である)(「-iz」を参照せよ)
-iz-. — Ta sufixo Greka, Latina, internaciona (ed ankore nun tre produktanta) quik adoptesis.
「-iz-」。ギリシャ語、ラテン語の国際的な接尾辞(今も産出している)は、すみやかに採用された。
Ol soldesas a radiki kun la senco : provizar, garnisar, indutar, impregnar per...
この接尾辞は、 「供給する」「〜を備える」「覆う」「〜で浸される」という意味で、語根に付く。
Ex. : armizar, lumizar, limitizar, regulizar = provizar per armi, lumo, limito, regulo;
例):「armizar = provizar per armi」(武器を備える=武装する)、「lumizar = provizar per lumo」(光を供給する=明るくなる)、「limitizar = provizar per limito」(限界を備える=制限する)、「regulizar = provizar per regulo」(規則を備える=規定する)
kolorizar, stukizar = indutar per koloro, stuko;
「kolorizar = indutar per koloro」(色を供給する=色を塗る)、「stukizar = indutar per stuko」(漆喰を塗る)
salizar, sulfizar = provizar od impregnar per salo, sulfo : karni salizita o sulfizita koruptesas min rapide; vu ne salizis nek piprizis ta supo.
「salizar = provizar od impregnar per salo」(塩で浸す、塩で処理する)、「sulfizar = provizar od impregnar per sulfo」(硫黄で処理する):「vu ne salizis nek piprizis ta supo」(あなたはそのスープに塩も胡椒も入れなかった)
La substantivi armizo, alkoholizo, elektrizo havas aktiva senco.
「armizo」「alkoholizo」「elektrizo」という名詞は、能動的な意味を持つ。
Se on volas la senco pasiva, on adjuntas es a iz, do izeso : armizeso, alkoholizeso, elektrizeso = la fakto esar od esir armizata, alkoholizata, elektrizata *16.
もし、受動的な意味にしたければ、「iz」に「es」をつけて「izes」にする。:「armizeso」(武装化されること)、「alkoholizeso」(アルコール化されること)、「elektrizeso」(電気が供給されること)
Kom radiko uzez : provizar, garnisar, impregnar, e. c., segun la senci expresenda, ma nultempe izar od izeso.
語根としては「provizar」「garnisar」「impregnar」などを使いなさい。表現すべき意味に従って、使うが、「izar」とか「izeso」を決して使ってはいけない。
Ne konfundez saligar, saligo (kemio) a salizar, salizo. L'unesma esas F. salifier e la duesma saler.
「saligar」「saligo」を「salizar」「salizo」と混同してはいけない。前者は、「塩にする」であり、後者は「塩をかける」である。
Karno esas salizebla ma ne saligebla (F. salifiable).
肉は塩をかけることができるが、塩にすることはできない。
-oz-. — Latina ed internaciona (en la os, ous, eux (euse), e. c.) ta sufixo quik adoptesis.
「-oz-」。ラテン語と国際的な接尾辞(「os」「ous」「eux (euse)」など)は、速やかに採用された、
On soldas lu a nomala radiki kun la senco : qua havas...
「〜を持つ」という意味を伴って、名詞的語根に付く。
Ex. : kurajoza = qua havas kurajo; kalkoza (tereno, aquo) = qua havas kalko; poroza = qua havas pori; glorioza, danjeroza (konduto) = qua havas glorio, danjero; vigoroza = qua havas vigoro *17.
例):「kurajoza」(勇気を持っている〜、勇敢な);「kalkoza (tereno, aquo)」(石灰の多い(土地、水));「poroza」(小穴を持つ、多孔性の);「glorioza」(誉多い);「danjeroza (konduto)」(物騒な(態度));「vigoroza」(活気のある)
Quale omna adjektivi, le formacata per la sufixo -oz darfas esar substantivigata direte : ambiciozo, kurajozo, e. c.
すベての形容詞と同様に、接尾辞「-oz」を用いてつくられたものは、直接に名詞化してもよい。「ambiciozo」(野心のあること)、「kurajozo」(勇敢であること)
La difero inter -anta e -oza esas ke l'unesma expresas ago kun ideo tempala, kontre ke la duesma expresas qualeso sen ul ideo tempala.
「-anta」と「-oza」の違いは、前者が時間的な概念を伴った行為を表現しているのに対して、後者は時間的概念のない性質を表現していることにある。
Exemple, la viro amoroza ne sempre esas amoranta; same persono favoroza (ad ulu od ulo) ne esas kontinue favoranta.
例えば、「la viro amoroza」(多情な男)はいつも恋愛をしており、同じように、(誰かに)「favoroza」(好意の多い)人は、恒常的に好意を持っているわけではない。
La difero inter -oz e -iz esas, ke l'unesma expresas ulo naturala, e la duesma expresas ulo artificala.
「-oz」と「-iz」の違いは、前者が自然な事物を表現しているのに対して、後者は人為的な事物を表現していることにある。
Exemple, tereno sabloza nature kontenas sablo; ma korto sablizita havas sablo nur artifice, per laboro qua kovris lu ye sablo.
例えば、「tereno sabloza」(砂地)は自然に「sablo」(砂)を含んでいるのに対して、「korto sablizita」(砂地にした中庭)は、砂で覆う作業で、人工的に砂地になったのである。
-ul-. — Adoptita per la decido 1090, pos tote fundamentala studiado dil questiono.
「-ul-」。疑問に対する基本的な研究の後に、決定1090によって採用された。
Yen la texto di la decido : « On adoptas la sufixo -ul por indikar maskula sexuo (decido, 714 : V, 65). »
「男性を示すために、接尾辞「-ul」が採用された」(決定714、第5巻65頁)という文書がある。
Specala noto dicas : « Komprenende, ico ne exkluzas la formaco di kompozaji quale porkomaskulo; ma pork-ulo esas equivalanta e plu kurta. La sufixo -ul ya esas abreviuro di (mask)ulo, quale -in esas abreviuro di (fem)ino. »
特別な注釈には、『もちろん、これは「porkomaskulo」のような合成語の形態を排除していない。しかし、「pork-ulo」(オス豚)が等しく、より短い。接尾辞「-ul」は、「-in」が女性の略語であるように、すでに男性の略語である。』とある。
La decido pri ul esabis preirata da ica (1089) : « On decidas definitive, ke la substantivi generale signifikez nedeterminita sexuo (decido, 714 : V, 65). Exempli : avulo, patrulo, onklulo, fratulo, kuzulo, siorulo; bovulo, katulo, hundulo; finkulo, sturnulo; luciulo, karpulo, tenkulo, perkulo; leonulo, panterulo, tigrulo, hienulo, e. c., e. c. » *18.
これについての決定は、決定1089に先行している。『名詞は一般的に不確定の性を意味すべきである(決定714、第5巻65頁)と定義的に決定されている。例として、「avulo」「patrulo」「onklulo」「fratulo」「kuzulo」「siorulo」;「bovulo」「katulo」「hundulo」;「finkulo」「sturnulo」;「luciulo」「karpulo」「tenkulo」「perkulo」;「leonulo」「panterulo」「tigrulo」「hienulo」など。
Komprenende ulo ne darfas uzesar sola, quale ino uzesas sola (vice femino) dal Esperantisti.
エスペランティストによって(feminoの代わりに)「ino」が単独で使われているように、もちろん、それぞれ単独で使ってはならない。
-um-. — Ta sufixo, quan Ido konservis de Esperanto, havas nedeterminita signifiko.
「-um-」。イド語がエスペラントから維持してきた接尾辞で、不確定な意味を持っている。
Ol esas inter la sufixi similajo di ye inter la prepozicioni.
これは接尾辞の中にあって、前置詞「ye」に類似したものである。
Ol formacas (en mikra nombro) derivaji, di qui la senco havas relato nedefinita kun l'ideo expresata dal prima radiko.
これは、元の語根によって表さられた概念を伴っており、その意味は不確定の関係を持っている(極小数の)派生語を形成する。
La ligilo qua restas inter li helpas kelke la memorado, ma, kande on ne savas la senco di la derivajo, nur la lexiko povas furnisar lu certe.
それらの中に残っているつながりは、いくらか記憶の助けになるものの、派生語の意味を知らない時は、辞書のみがその意味を提供できる。
Ex. : kolumo = parto di kamizo (vesto) qua cirkondas la kolo;
例):「kolumo」=首を囲むシャツ(服)の部分、襟(えり);
bordumo = to quo garnisas bordo :la tablo havas kupra bordumo;
「bordumo」=縁を備えること、縁取り。「la tablo havas kupra bordumo」(そのテーブルは銅製の縁取りがある)
foliumar = turnar la folii (di libro) haltante tempope por lektar;
「foliumar」=読むために、本のページを時々、休みながら、めくる=本をめくる。
formikumar = agitar su, movar grandanombre quale formiki;
「formikumar」=アリのように、大量にかき乱したり、動いたりする。ひしめく。群がる。
krucumar = dispozar, aranjar krucoforme : krucumar sua brakii.;la voyi interkrucumas ye ta punto.
「krucumar」=十字の形態で配列したり、整理したりする。交差させる。「krucumar sua brakii」(手を組む)。「la voyi interkrucumas ye ta punto」(その道は、その地点でお互いに交差する)。
Per la decido 1556 (Mondo, marto 1922, pag. 68) « On decidas, ke derivaji per -um darfas formacesar nur dal Akademio » (Mondo, X, 54).
決定1556(「Mondo」誌、1922年5月号、68頁)によると、『「-um」を用いた派生語はアカデミーによってのみ作られる、と決定された』(「Mondo」誌、第5巻54頁)
Dicesas en noto : « La Akademio ne indikis til nun -um, quale l'altra sufixi definita, kom uzebla segunvole. Precize pro ke ol esas nek definita nek definebla e pro ke lua derivaji konseque povas interdiferar, ol postulas aparta kompetenteso. — Komprenende la supra decido ne interdiktas la propozo di vorti formacita per -um; ma la definitiva decido apartenas al Akademio. »
注釈には、『アカデミーは現在まで、定義された別の接尾辞のように、自由に使用可能なものとして、示してこなかった。正確に言えば、これは定義もされず、定義できるものでもないからであり、また、その派生語はそれぞれ相違しているので、特別の資格を要求しなかった。もちろん、その上位の決定は、「-um」を用いて作られた単語の要請を禁止していない。しかし最終的な決定は、アカデミーに属する。
-un-. — Ta radiko darfas uzesar, dicas la « Grammaire Complète », p. 71, por indikar un elemento : sabluno, greluno *19. « Kande la elemento havas nula unajo naturala, on uzas prefere peco : monetpeco, sukropeco ».
「-un-」。この語根は、ひとつの要素を示すために使われる。:「sabluno」(砂粒)、「greluno」(雹つぶ)。「Grammaire Complète(完全文法)」(71頁)は、『その要素には自然な何の単位もない時は、むしろ「peco」(断片、一塊)を使う。「monetpeco」(コインひと塊)、「sukropeco」(砂糖ひと塊)。』
Kompreneble nulo interdiktas (tote kontree) : aven-grano, hordeo-grano, frumento-grano e tale pri la cetera cereali (maizo-grano, sekalgrano, rizograno, e. c.).
もちろん、(全く逆に)、「aven-grano」(カラスムギの粒)、「hordeo-grano」(オオムギの粒)、「frumento-grano」(小麦の粒)ということは禁止されておらず、その他の穀物についても同様である。(「maizo-grano」(トウモロコシの粒)、「sekalgrano」(ライ麦の粒)、「rizograno」(米粒)など)
Vice nivuno esas preferebla nivo-floko.
「nivuno」の代わりに、むしろ「nivo-floko」(雪の薄片)のほうがいい。
-ur-. — Ta sufixo Latina e nun pasable internaciona quik adoptesis.
「-ur-」。現在も国際的に通用する、このラテン語の接尾辞は、速やかに採用された。
Ol soldesas al radiko por distingar (kande to esas necesa) la produkturo dil ago de la ago ipsa, expresata dal verbo.
この接尾辞は、(必要ならば)動詞で表現された行為自体から、行為の産物を区別するために、語根に付く。
Ex. : konstrukturo, pikturo, skulturo, desegnuro, kalquuro, imprimuro, fotografuro, suturo, solvuro, imituro, aperturo, fenduro, bavuro, inventuro, skriburo, e. c., la kozo obtenita per konstruktir, piktir, skultir, e. c.
例):「konstrukturo」(建物)、「pikturo」(絵画)、「skulturo」(彫刻)、「desegnuro」(素描)、「kalquuro」(透写図)、「imprimuro」(印刷物)、「fotografuro」((撮った)写真)、「suturo」(縫合したもの)、「solvuro」(溶解物、解答)、「imituro」(模倣品)、「aperturo」(隙間)、「fenduro」(割れ目)、「bavuro」(よだれ)、「inventuro」(発明品)、「skriburo」(書いたもの)、など。
Ni dicis : kozo obtenita per la ago, nam produkturo existas nur pos obtenir olu.
行為によて獲得された事物、と私たちは言ったが、それは産物は獲得した後にのみ、存在するからだ。
Pri Ido qua esas produktita (ne produktata o produktota) me darfas dicar, ke ol esas solvuro.
(産出しているのでも、将来に産出するのでもなく)産出されたイド語については、「solvuro」((問題を解決した)解答)と言っても良い。
Ma pri problemo, di qua me serchas la solvo (quale solvor lu) me ne uzos la vorto solvuro.
しかし、私が今、(それを解こうとしている)答を捜している問題については、「solvuro」という単語は使えない。
Se me uzus solvuro, la senco esus altra; to signifikus, ke la problemo esas nun solvita (ne solvenda) e ke me serchas la « solvuro » en mea paperi, exemple.
もし、「solvuro」を使えば、別の意味になってしまうかもしれない。その意味は、(解かれるべき問題ではないが、その)問題は今、解かれた状態であって、私は今、その解答を(例えば、書類の中から)探している、というものになる。
Remarkez ke -uro povas venar o rezultar mem de verbo netransitiva.
留意すべきことは、「-uro」は自動詞動詞に由来し、その結果であり得るということである。
Nam de la fakto, ke la ago di tal verbo ne atingas direte ula persono o kozo, nule konsequas, ke ta verbo ne produktas ulo, ke ol ne donas produkturo.
なぜなら、そのような動詞の行為は直接に人や物を到達しないし、何も帰着しないし、その動詞は何も産出せず、産物ももたらさない事実からくるからである。
Exemple, la verbo netransitiva « abortar » certe ne atingas ulu od ulo; la ago « abortar » ne pasas a persono od a kozo, quale « frapar ».
例えば、自動詞『abortar』(流産する)は確かに、何ものにも到達しない。『abortar』(流産する)行為は、『frapar』(叩く)のようには、人も事物も通過しない。
Ma tamen, kad ol ne donas produkturo?
しかしながら、それは産物をもたらすのだろうか?
Kad ol ne donas ulo nova, til lore ne existinta : aborturo?
その時までに存在していない『aborturo』、すなわち何らかの新しいものを、もたらすのだろうか?
Same, on ne dicas « emersar » ulu, o « emersar » ulo.
同じく、「emersar ulu」とか「emersar ulo」とは言わない。(訳注):『emersar』((水中,暗闇などから)出てくる)』という意味。
Ma, kad de la ago « emersar » ne rezultas emersuro?
しかし、『emersar』という行為から、『emersuro』が帰結していないだろうか?
Ex. : Multa insuli esas emersuri ek l'oceano; li produktesis o subite da tertremo, o lente da madrepori.
例):「Multa insuli esas emersuri ek l'oceano」(多くの島は、海洋からの出てきたものである);島は地震によって突然、産出されたり、あるいは、サンゴによってゆっくりと産出されたのであった。
Koncerne la difero inter -ajo e -uro, la questiono konsistas en preexisto o ne-preexisto di la kozo konsiderata.
「-ajo」と「-uro」の相違に関しての論点には、考慮された事物が前もって存在していたものなのか、後天的に存在するものなのか、が含まれている。
Tam longe kam domo, procedo, exemple, ne esas konstruktita, li ne existas.
家や、工程であるかぎり、例えば、(それらは以前には)建築されていないし、それらは存在しない。
Li do ne preexistas relate lia konstrukteso od inventeso, quale la kozi sendata, qui preexistas relate lia sendeso *20.
故に、その建設されること、発明されることに関しては、先天的に存在してない。例えば、「送付される」事物は、送付されるに関係しては、前もって存在しているのである。
La domo, la procedo esas do konstrukturo, inventuro; ma la kozi sendata, qui preexistis, esas sendajo.
家、工程は、「konstrukturo」(建築物)であり、「inventuro」(発明品)である。しかし、送付された事物は、あらかじめ存在しているので、「sendajo」(荷物)である。
Objekto trovita, deskovrita existas ante la ago trovar, deskovrar olu, do : trovajo, deskovrajo : montrez vua deskovrajo.
見つけられた物、発見された物は、見つける行為、発見する行為の前に存在しているのであるから、「trovajo」「deskovrajo」となる。「montrez vua deskovrajo」(あなたの発見したものを見せなさい)
Vino ed aquo mixita en un hotelo ne esas mixajo, ma mixuro.
「Vino ed aquo mixita en un hotelo ne esas mixajo, ma mixuro」(あるホテルのぶどう酒と水の混じり物は、「mixajo」ではなく、「mixuro」である)
Advere la du liquidi, vino ed aquo, preexistis, ma separite, aparte, e la triesma liguido obtenita ne preexistis : ol naskis de la mixo, ol esas lua produkturo, do mixuro.
確かに、葡萄酒と水という二つの液体は前もって存在してるが、別々に分けられている。得られた第三の液体はあらかじめ存在していない。それは混ぜることで生成しており、生成物なので、「mixuro」(混合物)なのである。
En mult okazioni la rezulto di la ago ne distingesas reale del ago ipsa : dekreto, parolo, diskurso, pretendo, abandono, aserto, afirmo, e. c.
多く場合、行為の結果は実際のところ、行為自体と区別されない。:「dekreto」(命令)、「parolo」(発言)、「diskurso」(演説)、「pretendo」(要求)、「abandono」(断念)、「aserto」(主張)、「afirmo」(断言)など。
Lore la sufixo -ur evidente ne esas uzenda.
この時、接尾辞「-ur」は明らかに使うべきでない。
Ta sufixo existas nur por la kazi en qui la produkturo esas evidenta e distingenda, quale en pikturo, skulturo, imprimuro, imituro, fotografuro, kopiuro, e. c. qui certe esas altro kam lia modelo od objekto :
この接尾辞は、原型や物体がはっきりと異なっている「pikturo」(絵画)、「skulturo」(彫刻)、「imprimuro」(印刷物)、「imituro」(模倣品)、「fotografuro」(写真)、「kopiuro」(複写)などのように、その産物が明確で識別すべきである場合においてのみ、存在するのである。
piktajo, skultajo (persono, kozo, e. c.), imprimajo (to quo imprimesas) imitajo, kopiajo (to quo imitesas, kopiesas), fotografajo (to quo fotografesas) *21 e qui esas anke altro kam la ago : pikt(ad)o, skult(ad)o, imprim(ad)o, imit(ad)o, e. c.
「piktajo」(描く対象)、「skultajo」(彫刻する対象、人や物など)、「imprimajo」(印刷される対象)、「imitajo」(模造される対象)、「kopiajo」(複写される対象)、「fotografajo」(写真を撮る対象):これらは行為とはまた違う、「pikt(ad)o」(絵を描くこと)、「skult(ad)o」(彫刻すること)、「imprim(ad)o」(印刷すること)、「imit(ad)o」(模造すること)。
Esas notenda, ke la kompozaji (longa e pezoza) -antaj, -intaj; -ataj, -itaj ne povus remplasar - uro, pro ke li ne expresus l'ideo.
(長くて重い)構成の「-antaj」「-intaj」「-ataj」「-itaj」は「-uro」と置き換えることは出来ないだろう。それは(行為の産物という)その概念を表していないからである。
Exemple, fendantajo, fendintajo o fendatajo, fenditajo ne equivalas fenduro = marko, traso, lineo produktita da la fendo, rezultanta de olu.
例えば、「fendantajo」(裂いているもの)「fendintajo」(裂いたもの)「fendatajo」(裂かれるもの)「fenditajo」(裂かれたもの)は「fenduro」と同価値ではない。「fenduro」とは、裂くことによって生成された、その結果のマークや跡や線である。
-uy-. — Anke konservita de Esperanto, ta sufixo darfas konsideresar kom abreviuro di etuyo.
「-uy-」。この接尾辞もエスペラントから残ってきたものであり、「etuyo」の短縮形とみなされている。
Ol soldesas a radiki neverbala por formacar substantivi signifikanta : recipiento, etuyo, buxo, e. c. :
これは、容器やケースや箱などを意味する名詞を作るために非動詞的な語根に付く。
inkuyo = mikra vazo, botelo por inko;
「inkuyo」=インクのための小さな器、ビン。インク入れ。
sukruyo = vazo por sukro;
「sukruyo」=砂糖のための器、砂糖入れ。
supuyo = vazo en qua on pozas la supo;
「supuyo」=スープを入れる器。
kafeuyo = boxo por la kafeo-grani o la kafeo muelita;
「kafeuyo」=コーヒー豆や焙煎したコーヒーを入れる箱。
teuyo = buxo por la tefolii *22;
「teuyo」=お茶の葉の箱。
tabakuyo = mikra buxo por tabakpulvero, Fr. : tabatière.
「tabakuyo」=タバコの粉の小さな箱。(仏語)「tabatière」
Dicernez uy de ier (Vid. ica) : sigaruyo = etuyo por cigari; sigariero = kurta tubo por fumar sigaro.
「ier」から「uy」を見分けなさい。(「ier」を参照せよ):「sigaruyo」(タバコの容器);「sigariero」(タバコを吸うための短いパイプ)
Kom radiko ne uzez uyo, quale l'Esperantisti, ma selektez inter etuyo, gaino, buxo, vazo, kesto, recipiento, e. c.
エスペランティストのように、「uyo」を語根として使ってはいけない。しかし、「etuyo」(容器)、「gaino」(鞘)、「buxo」(箱)、「vazo」(器)、「kesto」(ケース)、「recipiento」(容器)の中から選択しなさい。
-yun-. — La radiko yun uzesas kom sufixo por la « yuni » l'infanti dil bestii :
「-yun-」。接尾辞「-yun-」は、動物の若いもの「yuni」のための接尾辞として、使われる。
bovyuno = yuno di la bova speco; bovyunulo = yuna bovulo; bovyunino = yuna bovino; hanyuno, porkoyuno, katyuno, leonyuno, e. c.
「bovyuno」=牛の種類の若いもの、若い牛。「bovyunulo」=若い牡牛。「bovyunino」=若い雌牛。「hanyuno」(若い鶏」。「porkoyuno」(若い豚)。「katyuno」(若い猫)。「leonyuno」(若いライオン)。
Por la homa genituro, quale on ja savas, nur filio, infanto, puero esas uzenda, e kun indiko pri la sexuo : filiulo, filiino; infantulo, infantino; puerulo, puerino.
すでに知っているように、人間の世代では、「filio」「infanto」「puero」だけを使うべきである。その性については、「filiulo」「filiino」、「infantulo」「infantino」、「puerulo」「puerino」で示される。
Ultre yun la radiki es, ig e ag *23 uzesas kom sufixo.
「yun」に加えて、語根「es」「ig」「ag」が接尾辞として使われている。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

イド語文法編(4)

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます