エスペラント語の修正版として開発された人工言語、国際補助語です。

Kompozado.単語合成


En Ido, quale en altra lingui, la kompozado esas l'uniono di elementi diversa en un sola vorto, qua dicesas kompozajo e prizentas signifiko komplexa.
イド語においては、他の諸言語と同様に、単語合成とは、様々な要素を、合成語という複雑な意味を表す一つの単語の中に統合することである。
Semblas, ke on povas reduktar la Ido-kompozaji al sis klasi sequanta :
イド語の合成語を次のように6つに分類することができるように思われる。
1a Substantivo kun substantivo : fer-voyo, vapor-navo, dormo-chambro, skribo-tablo, kapkuseno, e. c.
〔昌譟槎昌譟Аfer-voyo」(鉄道)、「vapor-navo」(蒸気船)、「dormo-chambro」(寝室)、「skribo-tablo」(机)、「kapkuseno」(枕)など。
2a Substantivo kun verbo : sabro-frapar, hers-agar, parto-prenar, tipo-skribar, e.c.
¬昌譟榮飴譟Аsabro-frapar」(砂をたたく)、「hers-agar」(まぐわで耕す)、「parto-prenar」(参加する)、「tipo-skribar」(タイプを打つ)など。
3a Substantivo kun adjektivo (o radiko adjektivigita) : ciel-blua, graco-plena, lenso-forma, simio-kapa, e. c. *1.
L昌譟楫鼠道譟Аciel-blua」(空色の)、「graco-plena」(恵みに満ちた)、「lenso-forma」(レンズ型の)、「simio-kapa」(猿の頭の)など。
4a Prepoziciono kun verbo : en-irar, ek-irar, preter-pasar, ad-portar, ek-pulsar,apud-pozar, e. c.
ち庵峪譟榮飴譟Аen-irar」(入る)、「ek-irar」(外出する)、「preter-pasar」(通り過ぎる)、「ad-portar」(運ぶ)、「ek-pulsar」(追い出す)、「apud-pozar」(並列する)など。
5a Prepoziciono, o vorto nombrala, kun adjektivo o substantivo : sub-mara, super-natura, inter-naciona, du-yara, dek-e-du-yara, dua-dek-yara, un-dia, cent-yara,cent-yaro, intertempo, sub-grupo, sub-genero.
チ庵峪譴△襪い録詞+形容詞あるいは名詞:「sub-mara」(海中の、海底の)、「super-natura」(超自然の)、「inter-naciona」(国際的な)、「du-yara」(2年の)、「dek-e-du-yara」(12年の)、「dua-dek-yara」(20年の)、「un-dia」(一日の)、「cent-yara」(100年の)、「cent-yaro」(100年)、「intertempo」(時間の合間)、「sub-grupo」(小グループ)、「sub-genero」(属の下位)。
6a Irga adjektivo (qual., demons., nedefin., posedala) kun radiko igita adjektivo od adverbo : granda-nombra, blu-okula, gros-kapa, ta-speca, tala-speca; sam-tempa, sam-tempe; ca-dia, ca-die; ta-kaza, ta-kaze; plur-foya, plur-foye; omna-monata, omna-monate; lua-parte, lialatere; mea-nome, e. c.
ηぐ佞侶鼠道譟楫鼠道譴砲覆辰晋貂、あるいは任意の形容詞+副詞になった語根:「granda-nombra」(大きな数の)、「blu-okula」(青い目の)、「gros-kapa」(かさばった頭の)、「ta-speca」(その種類の)、「tala-speca」(そんな種類の);「sam-tempa」(同じ時間の)、「sam-tempe」(同じ時間に);「ca-dia」(この日の)、「ca-die」(この日に);「ta-kaza」(その場合の)、「ta-kaze」(その場合に);「plur-foya」(幾度かの)、「plur-foye」(幾度も);「omna-monata」(毎月の)、「omna-monate」(毎月に);「lua-parte」(彼の部分に)、「lialatere」(それらの面で);「mea-nome」(私の名で)など。
Se l'eufonio postulas o nur konsilas lo, on lasas en l'unesma elemento la vokalo dezinenca, quan lu havas kom izolita vorto :
もし、快い響きがそのことを要求し、勧めるならば、第1要素の中では独立した単語として持っている形式語尾をそのままにする。
granda-nombra, longa-hara, omna-monate, lenso-forma, dormochambro, skribo-tablo, posto-marko, posto-karto, mondo-linguo *2.
「granda-nombra」(大きな数の)、「longa-hara」(長い髪の毛の)、「omna-monate」(毎月に)、「lenso-forma」(レンズ型の)、「dormochambro」(寝室)、「skribo-tablo」(机)、「posto-marko」(郵便切手)、「posto-karto」(郵便はがき)、「mondo-linguo」(世界言語)。
Ma, se l'eufonio permisas lo, on omisas la vokalo dezinenca en l'unesma elemento : ciel-blua, samtempe, plurfoye, aernavo, fervoyo, e. c. *3.
しかし、もし快い響きがそのことを許可するならば、第1要素の形式語尾の母音は省略される。:「ciel-blua」、「samtempe」、「plurfoye」、「aernavo」、「fervoyo」など。
Ordinare on darfas omisar la streketo, quan ni pozis inter la parti dil vorto kompozita.
通常は、合成された単語の要素の間にハイフンを省略しても良い。
Ma on uzas lu quik kande on timas, ke la dicerno di la elementi ne facesos sat facile o sat rapide : mar- aquo, filtr-etamino, kredit-institucuro, posh-horlojo.
しかし、その要素の識別が十分に容易でないか、速やかに出来ない恐れがあるときはすぐに、ハイフンを使用する。
Cetere on sempre darfas ne uzar la kompozo e dicar : aquo marala o di maro; institucuro kreditala o di kredito; etamino por filtrar; postal marko, postal karto, o marko postala, karto postala, mondal linguo or linguo mondala, e. c.
その他に、合成語を使わずに(次のように言っても良い)。 「aquo marala」あるいは「aquo di maro」(海の水);「institucuro kreditala」「institucuro di kredito」(信用の制度);「etamino por filtrar」(ろ過のための織物);「postal marko」「marko postala」(郵便切手);「postal karto」「karto postala」(郵便はがき);「mondal linguo」「linguo mondala」(世界的な言語)など。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

イド語文法編(4)

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます