エスペラント語の修正版として開発された人工言語、国際補助語です。

Genro e maskulismo.(Apendico 3-ma.) 文法的性と男性主義(補遺2)

Maxim ofte la genro indikesas, en la lingui posedanta olu, da gramatikal formo partikulara, ma ulfoye, mem en ta lingui, ol esas expresata dal vortordino, altradice dal nomo ipsa dil anmoza ento (ex. : F. père, mère; oncle, tante; boeuf, vache, cheval, jument).
(文法的)性をもつ諸言語の中ではおおよそ、性は特殊な文法的な形態によって示されているものの、その言語の中でさえも、性は単語の慣例、言い換えれば、生き物の名称自体によって表されているのである。(例えば、フランス語では「père」(父)「mère」(母)、「oncle」(叔父)「tante」(叔母)、「boeuf」(牡牛)「vache」(雌牛)、「cheval」(雄馬)「jument」(雌馬))
Sioro A. MEILLET lo remarkigis en sua kurso pri Gramatiko generala, che la Sorbonne. Il anke memorigis, ke multa lingui ignoras la genro.
A・メイエ氏は一般文法についての自らの講座(パリ大学=ソルボンヌ)の中で、そのことに注目していた。彼は、多くの言語が(文法的)性を無視しているとも、記している。
Exemple, la Angla posedas lu nur en la pronomi he, she, it. La genro ne existas en la grupo (Finno-ugriana), en la Turka.
例えば、英語では人称代名詞「he」「she」「it」の中にのみ、性がある。フィン・ウゴル語や、トルコ語には性はない。
Ula lingui perdis lu, qui lu posedis, exemple la lingui Iraniana, l'Armeniana, qua ne mem havas feminal sufixo por formacar rej-ino, me supozas *1.
元々は性を持っていたが消失してしまった言語もある、例えば、推察すると、女王という言葉を作るための女性接尾辞さえないイラン(ペルシャ)語、アルメニア語である。
« Do, konkluzas Sioro MEILLET, la genro gramatikala nule esas universala e necesa kategorio... ».
『ゆえに、メイエ氏は、文法的性は決して普遍的なものでもなく、必要なカテゴリーでもないと、結論を下した…』
« L'Europani tendencas atribuar a la genro tro granda importo, pro ke en lia lingui l'artiklo konstante akompanas la substantivo e memorigas lua genro (ecepte en E.). » *2.
『欧州人たちは文法的性を、自らの諸言語おいて冠詞が頻繁に名詞に付随して、その性を想起させるので(英語は除く)、とても重要なものだと捉える傾向がある』と。
En Indo-Europana, la genro ne indikesas en la substantivo, ma en l'adjektivo : la substantivo posedas nur genro latenta (pater, mater havas simila formo) quan revelas l'adjektivo akompananta (bonus, bona) *3. Do nur l'akordo indikas la genro.
インド・ヨーロッパ語族では、性は名詞の中ではなく形容詞の中で示される。つまり、(bonusやbona)という付随する形容詞が示す名詞が潜在的な性のみを持っている(ラテン語の「pater」「mater」は単純な形態)。ゆえに、その一致が性を示しているのである。
« La klasifiko dil genro maxim konocata da ni, ma ne la maxim importanta, esas la sexuo. Ol uzesas preske nur en la min multa lingui, nome le Indo-Europana e le Semidala. Ol esas do multe min importanta kam semblas a ni kom Europani. Mem en ta lingui ol aplikesas nur a parto di la nomi, a la nomi di l'enti sexuoza; e mem por multa animali on ne distingas maskulo e femino, adminime per chanjo di formo.
『よく知ってはいるが、最も重要でない性(ジェンダー)の分類は、生物的な性別(セックス)である。これは、少数の言語だけで(いわゆるインド・ヨーロッパ語族とセム語族で独占的に)使われているだけである。ゆえに、これは欧州人として我々がおもっているよりも、重要なものではない。その諸言語の中でさえも、名称の部分あるいは、性のある存在に、利用されているだけである。多くの動物にとっては、少なくとも語の形態の変化を用いての雄と雌の区別はない。
Exemple en la Franca, por indikar la sexuo en : elefanto, hieno, strucho, buvrelo, skarabeo, heliko, e. c., e. c., on koaktesas adjuntar sive « maskula », sive « femina ».
例えば、フランス語では、象、ハイエナ、ダチョウ、ウソ(鳥)、カブトムシ、カタツムリなどの中ではオス・メスの区別を示すために、「雄の」や「雌の」を敢えて付け加えられる。
Tale ke, se on kontus, on trovus, ke nur ecepte la genro esas markizita, mem en la Franca.
そのために、もしそれに含めるならば、フランス語では性は例外的にだけ特徴づけされることが、分かるだろう。
Semblis a ni esar utila memorigar, kun la susteno di linguistikal autoritato :
言語学者の権威の根拠もあいまって、(次のことを)知っていることは、我々にとって役に立つことである。
1e ke la genro gramatikala nule esas universala e necesa kategorio;
(庫‥な性は決して普遍的でもなく必要なカテゴリーでもない。
2e ke la klasifiko dil sexuo esas multe min importanta kam semblas ad ni.
∪己的な性の区別は、我々が思っているよりも重要なことではない。
Pos agir ico, esos plu facil ad ni expozar la procedo di Ido por la genro, o plu juste por la sexuo e konocigar olua motivi.
これを知っていれば、文法的性についてのイド語の手順を明らかにすることがより簡単になり、生物的性の区別とその根拠を明らかにすることも、より正しくできるであろう。
Unesme la questiono dil maskulalo o feminalo povas koncernar en Ido nur la nomi di enti anmoza pri qui on volas indikar la sexuo.
まず第一にイド語では、文法的男性なのか、文法的女性なのかに関する疑問は、生物的性の区別を示そうとする存在の名称だけに関わってくるのである。
Or, maxim ofte, esas nek necesa, nek mem utila indikar olu.
しかしながら、ほとんどの場合、それを示すことは必要でもなく、役に立つこともない。
De ico konsequas : la dezinenco -o dil substantivo suficas tam bone por la enti anmoza kam por la kozi.
このことから、名詞の形式語尾「-o」だけで、その存在には充分である、という結論になる。
Nula specal dezinenco esas necesa por l'uni o por l'altri.
各々のために特別な形式語尾はまったく必要ではない。
On ya ne povas vidar animalo en vorto indikanta kozo.
事物を示す単語の中に動物をまったく見ることは出来ない。
Konseque, pro quo ni havus du dezinenci, kande un suficas?
結論。我々には、一つで充分であるのに、なぜ二つの形式語尾があるのだろうか?(必要ではないのだ)
Altra konsequo : substantivo di ento anmoza qua havas nul specal marko di sexuo ne esas plu multe maskula kam femina, ol indikas nur la speco, quale F. enfant, conjoint e mem homme, qui ne implikas plu multe un sexuo kam l'altra, quale bous Greka, bos Latina e mem agnus en l'antiqua Latina, ube on dicis agnus femina por F. agnelle, ante dicar agna *4.
別の結論。性区別のための特別の印のない生物の名詞は、女性よりも男性の方が少ない。それは、フランス語「enfant」「conjoint」「homme」のように種類のみを示しているのである。それらは、「bous」(ギリシャ語)、「bos」(ラテン語)、「agnus」(古典ラテン語)のように、それぞれ、それ以上の意味を含んでない。古典ラテン語では(フランス語の「agnelle」として)「agnus femina」(雌の子羊)といったり、「agna」とも言っていた。
Ne sen fundamental studiado di la questiono Ido adoptis sua nuna sistemo por la enti anmoza.
この疑問の基本的な研究なくしては、イド語は、生物のために、現在の体系を採用しなかっただろう。
Nam ol heredabis de Esperanto la eroro pri maskulismo, qua konfundas implicite la nomo di speco kun ta dil maskulo *5 e formacas la feminalo ek ta lasta.
なぜならば、それは男性主義についての間違いをエスペラントから引き継いでいるからである。それは、男性(雄性)の名称と、種類の名称を混同しており、男性(雄性)の名称から女性(雌性)名称を創りだしているからある。
Ica procedo stranja « evas de ta prehistoriala tempi, en qui la homulo dominacis per la violento e teroro lua kompatinda kompanino, o plu juste lua sklavino » remarkigis Sioro COUTURAT *6.
この奇妙な手順は『大昔のものである。その時代には、男性が暴力と恐怖を用いて、哀れな同伴者(女性)、もっと正確に言えば女奴隷を支配していたのだ』とクーチュラ氏は喝破していた。
Ni liberigas ni en Ido, de ta tiranatra prejudiko e de ta obsedanta konsidero di la genri, qua imprimis a nia omna lingui neefacebla karaktero *7.
私たちはイド語で、この専制的な偏見や、文法的性の考え方(消すことが出来ない特徴を全ての諸言語に刻印しているもの)から、自らを解放するのである。
Nam ni repetas lo ed insistas pri lo : la nova sistemo ne tendencas impozar a ni la konstanta e penoza distingo di la genri e konseque la selekto inter -ul e -in, ma, inverse, dispensar ni de ta neutila e jenanta konsidero o selekto, en omna kazi en qui ol ne esas necesa ed esencala.
何度でも繰り返して主張しよう。なぜなら、新しい(言語)体系は、文法的性の不変で面倒くさい区別を(したがって「-ul」と「-in」の選択を)我々に強いるものではないが、逆に、必要でもなく本質的でもない全ての事柄において、無駄で邪魔な配慮もしくは選択から我々を免責してくれるのだ。
La linguistiko montras, ke l'evoluciono di la lingui tendencas sempre simpligar la gramatikala kategorii : or inter li la minim necesa ed esencala esas certe ta di la genro.
言語学が示していることは、諸言語の発展は文法的な範疇を常に単純化する傾向にあるということである。しかしながら、それらの中で、文法的性の範疇は確かに、最小限の必要で本質的であろう。
Nu, Ido anticipas nun la rezultajo finala di ca evoluciono, ed atingis per un stroko la sola solvo logikala e definitiva.
ところでイド語は現在、この発展の最終的結果を予想し、一撃をもって論理的で決定的な唯一の解決法に到達した。
Ico konstitucas granda pazo ad avane en l'evoluciono di la lingui, e decidigiva avantajo por nia linguo kompare a la ceteri, natural od artificala *8.
これは諸言語の発展の中で前進する大きな一歩を期するものであり、他の自然言語や人工言語と比較しても、我々の言語にとって決定的な有利な立場をもたらすものである。
Ni bone remarkez, ke la konservo dil maskulismo en Ido esabus kontrea al principo dil unasenceso.
イド語における男性主義の維持は、一義性の原則に反するかもしれないことに、よく注意しよう。
Nam, se homo opozesas a homino, to venas evidente de ke ol havas du senci : 1e homa ento. 2e homa ento maskula.
なぜなら、もし「homo」が「homino」に対比されるならば、それは明らかに、それ(homo)が二つの意味を持つことに由来するからである。すなわち、 嵜佑箸いβ減漾廖↓◆崔棒の人という存在」である。
Ta du senci, de ube ol recevas li? Certe ne de la dezinenco -o, simpla karakterizivo di la substantivo e quan ni ritrovas en hom-in-o (homo femina) *9.
この二つの意味はどこから理解されるのか? 形式語尾「-o」、「hom-in-o」(女性の人)の中で見つかる名詞の単純な特徴からでないことは、確かであろう。
Pro ke nul altra marko uzesis por homo (kontraste a hom-in-o), la kauzo esas evidente, ke on donas a homo la du senci supere indikita por la radiko hom; on do konseque atribuas reale du valori ad ica : ol reprezentas samtempe la homo speco e la homo maskulo, ek qua on facas homino.
(「hom-in-o」に対比して)「homo」には他に何の印も使われていないので、その根拠は明確に、語根「hom」として上記で示された二つの意味を「homo」に与えたことである。
Do tal procedo esas nekontesteble la maskulismo en sua kompleta nelogikaleso.
故に、このような手続きは、明らかに完全な非論理的で男性主義なのである。
Esperanto havas lu, ed Ido havus lu ankore (sen la sufixo -ul dil maskuli) por omna nomi di enti anmoza.
生物の全ての名称として、エスペラントにはその手続きがあり、そして(男性の接尾辞「-ul」がなくとも)イド語にも、それがある。
Altraparte ka la raciono komuna ne dicas ke, se la radiko ne povas sen adjunto, expresar la ento femina, ol ne povas plu multe, sen adjunto, expresar la ento maskula.
一方、もし語根が付加語なしに女性(雌性)的実体を表現できないならば、その語根は付加語なくして男性(雄性)的実体さえも表現出来ないということを、一般的には言えないのだろうか。
Pluse, homo signifikante homo maskula, kad on ne darfas dicar, ke on obtenas de olu « androgino, hermafrodito », kande on derivas homino de olu?
さらに、「homo」は男性(的人間)を意味しているので、「homo」から「homino」が派生する時、それから『雌雄両花のある植物、男女両性者(雌雄同体)』も得られると、言うことが出来ないのであろうか?
Nam lore on unionas lua feminal valoro a la maskulal valoro di homo.
なぜならこの時、「homo」の女性的意義と男性的意義とは統合されているからである。
Ma pro quo la du sufixi -ul e -in por markizar la sexuo, prefere kam dezinenci?
しかし、何故、生物的性の区別の印を付けるために、二つの接尾辞「-ul」「-in」の方が、形式語尾よりも、望ましいのだろうか。
Pro du motivi :
二つの理由がある。
1e Genro e sexuo, quale ni vidis, nule havas l'importo quan ni inklinesas atribuar ad oli.
,垢任妨てきたように、文法的性と生物的性は、それら(形式語尾)に配分するには、何らの重要性を持っていない。
Do esas plu racionala expresar per sufixo la sexual ideo qua adjuntesas a la radiko di speco e rezervar al dezinenci ofico plu importanta.
故に、語根に付加する生物的な性の概念を接尾辞を用いて表現することは合理的である。また、形式語尾に対して、もっと重要な役割を予約することも、合理的なことである。
Nam, se la formi gramatikala havas kom esencal skopo « indikar la rolo dil vorti en la frazo » (ka la sexuo esas rolo?), lia uzo maxim utila certe esas karakterizar la diversa speci di vorti (substantivo, adjektivo, verbo, e. c.), nam to esas l'indiko maxim utila por la « konstrukto » di la frazo e por lua kompreno quika e certa.
なぜならば、もし文法的な形態が本質的な目的として『文の中で単語の役割を示すこと』(生物的な区別が役割なのか?)であるならば、その最も役に立つ使い方は確かに単語の様々な種類(名詞、形容詞、動詞など)を特徴づけることである。なぜなら、文章の『構造』にとって、また速やかで確実な理解のために、それが最も役に立つ指標であるからである。
2e Qua dezinencin on adoptus?
△匹里茲Δ雰措宛貳を採用したらよいのだろうか?
— Nu, -a, exemple por la feminal nomi.
たとえば、女性の名称のために「-a」はどうだろうか。
— Ne pro la Latina, me pensas; nam me trovas en lu sennombra neutri plurala ed anke multa maskuli : conviva, geometra, collega, agricola, homicida, poeta, e. c. *10.
ラテン語由来ではないと私は思う。なぜなら、ラテン語の中には無数の中性形と多くの男性形も見出されるからである。「conviva」(客)、「geometra」(測量士)、「collega」(同僚)、「agricola」(農民)、「homicida」(殺人者)、「poeta」(詩人)など。
Ido multe plu preferas la dezinenco -a por l'adjektivo, pro ke ta vokalo finas la plumulto dil feminal adjektivi en la Latina, l'Italiana, e. c., e mult adjektivi en la Sueda.
イド語では、形式語尾「-a」を形容詞として使う方を、より望ましいとしている。ラテン語やイタリア語などの女性形形容詞の多くが、そしてスエーデン語の多くの形容詞が、その母音で終わっている。
Ol valoras tre certe plu multe kam -i (marko di pluralo en tanta lingui) e quan malgre co ula sistemi adoptis kom karakterizivo di adjektivo.
「-a」は、「-i」(そのような諸言語では複数形の指標詞)よりもふさわしく、形容詞の指標として採用した言語体系もある。
— Kad on ne povus adoptar o por la maskulalo?
―「o」は、文法的男性指標として採用されなかったのか?
— Co esus certe posibla. Ma, pro la dicita motivi, esas preferinda atribuar specal sufixo al nomi maskulala, quale on agas (per -in) por la nomi feminala, ed atribuar -o, kom dezinenco pure gramatikala, ad omna substantivo *11.
それは確かに可能であるかもしれない。しかし、すでに言及した理由で、女性の名称として「-in」を用いたように、男性の名称に対する特別な接尾辞を割り当てることや、純理論的に文法的な形式語尾として、すべての名詞に対して、「-o」を割り当ていることは好ましいことである。
— Ma -e por la substantivi indikanta kozo, scientie, exemple?
―しかし、例えば、「scientie」という物事を示している名詞としての「-e」は、どうなのか?
— Se me ne eroras, scientia impozesas da la Latina por la fideli di ca linguo.
ーもし間違いがなければ、「scientia」は、この言語の信頼のゆえに、ラテン語のよって義務を負わされている。
Omnakaze, substantivo esas substantivo, sive ol indikas ento anmoza, sive ol indikas kozo, e lua senco ipsa impedas omna konfundo.
ともかく、名詞は名詞であり、生物を示したり、物事をしめしたり、その意味自体は全ての混乱を妨げている。
Sive me uzos scientia, scientie o mem cienco, nulu konfundos la vorto ad ento anmoza.
私が「scientia」を使おうが、「scientie」や「cienco」を使っても、誰もその単語を生物と混同することはないだろう。
Lore pro quo du etiketi, du karakterizivi, kande un sola tote suficas?
この時、ひとつだけで充分にも関わらず、何故に二つのラベル、二つの特質があるのだろうか?
Pluse, kad la vokalo -e ne konvenas perfekte por l'adverbo?
さらに、母音「-e」は、副詞としては全くふさわしくないのだろうか?
Forte, dolce, tante konocata kom muzikal vorti, donas quik la valoro di -e e semblas adminime tam bona kam fortiter, fortim, fortemen, forti, e. c.
音楽用語として知られている「Forte」「dolce」「tante」は速やかに「-e」の有用性を与えており、少なくとも「fortiter」「fortim」「fortemen」「forti」などよりも良いように見える。
— E -u?
−「-u」は、どうだろうか?
— Quaresma vokalo (ek 5) nur por la substantivo!
−(5母音の中からの)四番目の母音は、名詞のためだけのものか!
Kad ico ne esas troa?
これはやり過ぎではないか?
Vice facar ek olu la marko di irga genro (segun ula autoro) o la signo dil akuzativo (segun altra), ka ne esus plu bona uzar -u por markizar la pronomi individuala : ulu, nulu, omnu?
母音から任意の文法的性区別の指標や、対格の指標を作るかわりに、「ulu」「nulu」「omnu」のように、それぞれの人称代名詞を特徴づけるために「-u」を使うことが、もっと良いではないか。
— Ni do lasez la dezinenci a lia vera rolo, precizigita supere.
故に、形式語尾には、上記で詳しく説明した本来の役割を任せよう。
La sexuo esas gramatikala, en ula lingui, nur misuze; ni omna sentas lo ed ofte pruvas per la vorti « maskula » e « femina », quin ni tante freque juntas al nomo di speco, vice o apud dezinenci partikulara.
生物的性の区別は、ある言語では、文法的であるが誤用しているだけだ。我々全員が、特別な形式語尾の代わりに、種類の名称に何度でも添えられる「maskula」と「femina」という単語を用いて、それを感じ、しばしば証明している。
Se ni kelke reflektos, ni asentos, ke esar maskula od esar femina ne plu multe klasifikas nomo di animalo en kategorio gramatikala kam esar yuna od esar olda.
若いとか老いているというよりも、男性であることや女性であるということの方が、文法的な範疇の中で、動物の名称を、もはやこれ以上、分類させない。もし我々がすこし、熟考するならば、そのことに同意するはずだ。
To esas nociono partikulara qua devas esar expresata per vorto partikulara, sive kompleta (maskulo, femino) sive abreviita en sufixo (-ulo, -ino).
これは、特別な語句をもちいて表現されるべき特別の知識である。その特別な語句とは、完全な「maskulo」「femino」であったり、「-ulo」「-ino」という接尾辞で略書きされたりしたものである。
Certe min racionala e min praktikala esas, por expresar ol dezinence, uzar 4 vokali ek 5, quale propozesis, precipue se li esas multe plu necesa od utila por vera kategorii gramatikala.
特にもし、それらが文法的な範疇にとって,さらに必要であり役に立つならば、提案されたように、形式語尾的に表現するために、5つの母音の中の4母音を使うことは、確かに、ほとんど合理的でも現実的でもない。
Rezume, Ido solvas la questiono dil genro ed emendas la maskulismo di nia lingui en la maniero sequanta :
要約すると、イド語は文法的性の区別の問題を解決し、次のような方法で我々の諸言語の男性主義を修正している。
1e Radiko di speco, konvenanta egale bone por la maskuli kam por la femini : elefanto (maskula o femina), homo (ento homa, sive maskula, sive femina), filio (la genitito sive maskula, sive femina) *12.
―性よりも男性の方が相応しい種類の語根。「elefanto」(象)→「maskula elefanto」(雄の象)、「femina elefanto」(雌の象)。「homo」(人)=「ento homa」(人類)→「homo maskula」(男性の人)「homo femina」(女性の人)。「filio」=「la genitito」(生まれた者=子女)→「maskula filio」(息子)「femina filio」(娘)。
2e Sufixo -ul preiranta la dezinenco ed indikanta la sexuo maskulala, se oportas enuncar olu : elefant-ulo (elefanto maskula); hom-ulo (homa ento maskula); fili-ulo (genitito maskula).
形式語尾の前に付き、男性としての性別を持つ接尾辞「-ul」。それを言い表すと、「elefant-ulo」(雄象)、「hom-ulo」(男性の人類)、「fili-ulo」(男性の子女、息子)。
3e Sufixo -in preiranta la dezinenco ed indikanta la sexuo feminala, se oportas enuncar olu : elefant-ino (elefanto femina); hom-ino (homa ento femina), fili-ino (genitito femina).
7措宛貳の前に付き、女性としての性別を持つ接尾辞「-in」。それを言い表すと、「elefant-ino」(雌象)、「hom-ino」(女性の人類)、「fili-ino」(女性の子女、娘)。
Kompreneble, se altra vorto, exemple pronomo personala, ja indikas la sexuo, la radiko di speco suficas : mea filiulo ne plus esas infanto *13; el esas sekretario *14 di ministro *15.
もちろん、他の単語が、例えば人称代名詞が、性別を示すならば、種類の語根で充分である。「mea filiulo ne plus esas infanto」(私の息子はもはや子供ではない)。「el esas sekretario di ministro」(彼女は大臣の秘書である)。
Semblas a ni, ke ta sistemo sustenesas da la raciono, e ke ol havas la merito esar tam logikala e simpla kam praktikala.
この体系は合理性によって支えられており、実践的な利点よりも、論理的で簡易的な利点をもっているように、我々にはみえる。

ベブソンのチャチャ:ボーフロン氏は印欧語の弱点を本当に良く見ております。

印欧語は名詞をクラス分けします。それは男性、女性、中性等ですね。これらのクラスの中に、男の名詞(père 等)、女の名詞(mère 等) が紛れ込んで行ったので、それら全体のクラス名を、男性、女性などとしたのです。でも『本』や『テーブル』が男性や女性になる訳ではない。
名詞をクラス分けする有名な言語がスワヒリ語を代表とするバントゥー諸語です。それでは Wikikpedia から.... 《名詞クラス》
バントゥー諸語全体の特徴でもあるが、名詞はいくつかの部類に分類され、部類ごとに特定の接頭辞が付く。その部類を名詞クラスと称する。さらにどの部類の名詞を形容するかによって形容詞が変化し、どの部類の名詞を主語あるいは目的語にするかによって動詞が変化する。このため、文脈上明らかな場合は 主語や目的語を省略できる。
Meinhof systemに則って単数と複数を別々に数えるなら、祖語には22クラスあったとされ、ほとんどのバントゥー諸語が少なくともそのうち10クラスを有している。スワヒリ語には16クラスあり、うち6クラスが単数名詞、5クラスが複数名詞、1クラスが抽象名詞、1クラスが動詞の不定詞(名詞的な扱い)、3クラスが場所を主として示す。

..... の様に、スワヒリ語には16クラスもあるのですから、印欧語に2,3クラスあっても仕方が無いですが、本質は『性』ではなく『クラス』なのです。ボーフロン氏が仰る様に名詞に『クラス分け』なんか全然必要ないんですね。フランス語を勉強する時には、名詞のクラスを2つ、ドイツ語を勉強する時には、名詞のクラスを3つ覚えねばなりません。欧州人も一部のエリートは確かに賢いですが、一般大衆が愚鈍になってしまいますのは、子供の時から詰まらない名詞のクラスを一つ一つ覚えて行かなければならないからですね。この名詞のクラス分けを失った英語が、その運用に於いて何の問題も無いのですから、欧州語は大変な重荷を背負っているのです。その点、日本語は賢いですね。

対して、動詞のクラス分けはとても必要です。自動詞と他動詞ですね。コーカサスの言語の様に動詞の三番目のクラスを持っている言語もありますが、これで情報伝達が特別有利になる訳でもありませんから、動詞の場合にはクラスが2つ、名詞と形容詞は1つが正しいのではないでしょうか?

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

イド語文法編(4)

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます