エスペラント語の修正版として開発された人工言語、国際補助語です。

Konjugo-sistemo di Ido. (Apendico 6-ma.) イド語の動詞活用体系(補遺6)

Pri -r por l'infinitivo, -nt por la participo aktiva, e -t por la participo pasiva, nula kontesto esas posibla, ye la nomo dil linguistiko.
不定詞の「-r」や、能動分詞の「-nt」や、受動分詞の「-t」については、言語学からは、なんらの意義を挟むことはない、
Altraparte, ne pri oli kontestas nia adversi, ma pri s di nia modi personala, pro ke li generale prenis ta letro por la pluralo.
一方で、我々への反対者たちは、それらについて異論の述べているのではなく、人称に関する様式の「s」について異論を唱えているのである。なぜなら、彼らは一般的に複数形として、その文字「s」を取りあげていたからである。
Ni devas do montrar pro quo Ido havas s kom karakterivo di sua modi personala :
したがって、何故にイド語には人称に関する様式の性質として「s」があるのかということを示さなければなるまい。
1e Ta konsonanto esas la sol verbal litero quan ofras por l'organo internaciona kelka lingui naturala.
,海了匆察s」は、二、三の自然諸言語でも国際的な装置(文字)として提供されている動詞的な単独の文字である。
a) S, en la Greka e Latina lingui, renkontresas (artikulata) ye omna duesma personi dil singularo, se on eceptas -isti di la perfekto; la Latina lu prizentas (artikulata) anke ye l'unesma e la duesma personi dil pluralo.
a)ギリシャ語とラテン語の「s」は、完了の「-isti」を除くならば、すべての二人称単数で見られるものである。ラテン語では、複数の一人称と二人称においてもまた(明確に)提供されている。
b) Ta konsonanto renkontresas (artikulata) ye la duesma persono, ne nur dil singularo, ma anke dil pluralo en omna verbo Hispana; l'unesma persono dil pluralo anke prizentas lu (artikulata).
b)この子音はスペイン語の単数の二人称ばかりか、複数においても見られる。複数形の第一人称も、(はっきりとした)「s」を示している。
c) Ni anke trovas lu (artikulata z, ligante al vokalo sequanta), ye la duesma persono dil singularo, e ye l'unesma dil pluralo, en la verbo Franca.
c)フランス語の単数の二人称や複数の一人称においても、それがある(連続する母音に繋がる、歯切れのよい「z」)。
d) Ol esas, on darfas dicar, l'unika dezinenco dil tota Angla konjugo, en la modo personala. La homi qui su apogas sur l'Angla por postular s kom plural-marko di la L. I. devus vere ne obliviar ca lasta fakto.
d)敢えて言うならば、それは、人称法の中の、全ての英語活用体系の独特な形式語尾なのである。国際語の複数指標として「s」を要求するために英語上に根拠を置く人たちは、この事実を忘れるべきではないだろう。
Ni do vidas la Hispana ed Angla lingui ipsa, qui uzas s kom plural-marko, unionar su al lingui supere citita por apogar s kom verbal finalo.
したがって我々は、スペイン語と英語自体に、複数指標として「s」が使われ、動詞的語尾として「s」を支持するために上記で引用した諸言語に対して関連しているのが分かる。
Koram to, on bezonas linguala sentimento tre specala por konsiderar kom pure arbitriala la dezinenci -as, -is, -os, -us di Esperanto e Ido *1.
それ以前に、エスペラントとイド語の形式語尾「-as」「-is」「-os」「-us」を全くの任意的なものとしてみなすためには、特別な言語的情緒が必要とされる。
Ma, se s atribuesas al verbo, on ne povas atribuar ol pluse al pluralo : ta kumuli darfas toleresar nur en nia lingui. En la L. I. li absolute violacus la principo di l'unasenceso.
しかし、もし「s」が動詞に対して割り当てられるならば、複数形に対して更にそれを割り当てることはできない。それらの兼任は我々の(既存の)諸言語の中にだけに許されるものである。国際語においては、それらは無条件に第一義性の原則を犯すものとなるかもしれない。
2e La sisanta s, tre facile pronuncebla ed audebla, konvenas tre bone kom tala por la verbo, qua pleas rolo tante importanta en la frazo, e mem rolo plu grava kam la pluralo, se on ponderas bone la kozi.
◆屮掘次廚箸いΣ擦鮟个后s」は発音しやすく聴きやすく、文章の中で重要な役割を持っている動詞にとって相応しいものである。深く考えてみれば、複数形としての働きよりも、もっと重要な役割として相応しいのである。
3e Altraparte, pro ke la siso di la konsonanto s facile tedas, kande ol multafoye repetesas sucede, ol esabus quaze netolerebla, se on selektabus lu kom plural-marko. Nam multa substantivi intersequas plu freque kam verbi *2.
0貶、子音「s」のシー音は、何度も跡に続くと、うんざりしやすいので、もしも複数指標として選ばれるならば、許容されなかったかもしれない。なぜなら、多くの名詞は動詞よりも繰り返されるからである。
To esis un plusa motivo por lasar a s lua rolo verbala.
これが、「s」に対して動詞的な役割を推す、もうひとつの理由である。
L'Italiana montras eloquente, ke multa i intersequanta fluas sen tedar : i miei buoni amici, kontre ke le tro multa s finala di la Hispana certe detrimentas l'eufonio di ca bela linguo.
イタリア人は、連続する多くの「i」がうんざりすることもなく流れていることを、雄弁に示している。「i miei buoni amici」(私の多くの良い友人たち)。それに対して、スペイン人達の多くの語尾「s」はこの美しい言語の良い調べには確かに有害である。
Or me sempre opinionas, ke la beleso importas en la L. I., ed esas atraktilo.
しかしながら私は、美しさが国際語には重要であり、魅惑する道具であると、常々、思っている。
Ido montras, ke me ne eroris pri ca punto.
イド語は、この点について私には間違いはなかったことを、示しているのである。


On dicis, ke la finali -as, -is, -os, -us meritas la reprocho esar adminime kelke arbitriala.
語尾「-as」「-is」「-os」「-us」は若干、任意的であるということは汚点に値すると、言われていた。
Oportus remplasigar li per altra finali pure romanala, e komprenebla da un o du populi adminime.
それらを純粋にローマ風で、少なくとも一、二人の生徒たちにも分かりやすいようにするためには、別の語尾と取り替えることが必要かもしれない。
Ma on obliviis, ke por la cetera populi li ne esus min arbitriala, e forsan li esus min facile rikonocebla e memorebla.
しかし、残りの生徒たちにとっては、そのことが、さらに気まぐれで、おそらく見分けにくくなり、覚えにくくなる。そのことを忘れている。
Altraparte la finali propozita koincidus kun altra gramatikal finali, o plu juste dezinenci (-o, -a, -e, -i) e konseque esus ne konciliebla kun la sistemo di la gramatikal finali, indikanta quaze per etiketi la naturo dil vorti e lia kategorio o rolo gramatikala.
一方で、提案された語尾は他の文法的語尾、正しくは形式語尾(-o, -a, -e, -i)と重なり、したがって、語彙と文法的な特徴や役割の性質をあたかもラベルて示している文法的語尾の体系に、一致できないかもしれない。
Do la chanjo di ta verbal dezinenci necesigus la total reformo di la finali karakteriziva di Ido, qui esas tante utila kom amortisanti eufoniala, e kom indikili por la lernanti e novici, qui esas ed esos ankore dum longa yari la maxim multi.
したがって、動詞の形式語尾の変化はイド語の独特の語尾の全体的な改良を必要とする。それらは、音調の良さための緩衝材として役に立つ。(今までも、多数の年月を経ても、現在も未来も多数、存在する)学習者や初心者たちにとっての指標として役立つのだ。
Ica konsideri potente influis la Komitato dil Delegitaro pri la konservo dil finali supere citita, ed oli ne esis min konvinkanta pose che l'Akademio Idista.
これら考察は、上記で引用された語尾の維持について代表団の委員会に強く影響を与え、そしてその後も、イド語のアカデミーにおいても少なからず説得力をもっていた。
Al verbal dezinenci di Ido on reprochis esar nek naturala nek ciencala.
イド語の動詞的な形式語尾に対しては、本来的にも学問的にも非難されてはいない。
Ni darfus saciesar da ca respondo : multe plu importas, ke li esez koheranta, simpla, facile merkebla ed aplikebla.
われわれはその答えに満足させられるであろう。その形式語尾は首尾一貫しており、単純であり、覚えやすく、応用しやすいことは、とても重要である、ということだ。
Ma ni examenez la reprocho.
だが、その欠点も調べてみよう。
Pro ke ni ne savas (e kredeble anke vu, lektero) quo esas dezinenci ciencala por la konjugo, ni okupos ni nur pri le naturala.
動詞の活用にとって何が学問的な形式語尾なのかを我々は知らないので、それらの本性についてのみに、我々は専念しよう。
Do, la konjugo-sistemo di Ido ne esas naturala.
したがって、イド語の動詞活用体系は本来的ではない、という。
Se la aserto esas justa, ni certe ne trovos uli tala en la Latina ed en la Hispana, exemple, pro ke ta lingui esas nekontesteble naturala.
もし、その主張が正しければ、ラテン語やスペイン語では、例えばそれらの言語には異論のない本性があるので、そのような何かを見出すことは出来ないであろう。
On bone remarkez, ke ni examenas la verbal dezinenci nur pri la formo naturala, nule pri lia korespondo kun olti di la Latina o di la Hispana relate modo, persono o tempo.
叙法や人称や時制に関係してラテン語やスペイン語の自然な形態との対応関係についてではなく、本来的な形態についてのみで、動詞的形式語尾を考察することに、留意する必要があろう。
Se -as, -is, -os, -us (ni vidos -ez plu fore) ne esas konjugo-finali naturala, tote certe ni ne trovos li, nek en la verbo Latina, nek en la verbo Hispana.
もし、「-as」「「-is」「-os」「-us」(その他に「-ez」)は本来的な動詞活用語尾でないならば、ラテン語動詞やスペイン語動詞の中にも、それらを到底、見つけることは出来ないだろう。
Tamen, kad la Latina ne posedas, en l'unesma konjugo : am-as, stranje simila a (tu) am-as di Ido?
しかし、ラテン語の第一活用には、イド語の「am-as」と奇妙にも相似した「am-as」があるではないか。
E kad la Hispana ne havas anke (tu) am-as?
また、スペイン語にも「am-as」は存在しないのか?(ある)
Kad en altra tempi li ne posedas : amabas (L. S.), (tu) habras, amaras, habias (S.), legas, audias, amaveras (L.)?
他の時制でも、「amabas」(ラテン語、スペイン語)、「habras」「amaras」「habias」(スペイン語)、「legas」「audias」「amaveras」(ラテン語)などがあるではないか。
Do -as, agnoskez lo, esas vere final sono verbal naturala.
したがって、「-as」は本当に、動詞の本来的な語尾の音なのである(このことは認めてほしい)。
E pri -is, ka ne existas en la Latina, ye la duesma persono singulara; audis *3, capis, amabis, e. c., ed en la Hispana, ye la duesma plurala persono, kad on ne trovas : amais, amabais, amesteis, habais, habiais, amarais, temiais, temisteis, partiais, partis.
そして「-is」についても、これはラテン語の二人称単数「audis」「capis」「amabis」などにもあるし、スペイン語の二人称複数に「amais」「amabais」「amesteis」「habais」「habiais」「amarais」「temiais」「temisteis」「partiais」「partis」とある。
Do -is esas vere final sono verbal naturala.
ゆえに、「-is」は真に、本来的な動詞的語尾音である。
Nun ni videz la dezinenco -us.
さて、形式語尾「-us」を見てみよう。
La questiono esas ed esas nur : kad -us trovesas en la Latina kom final sono di konjugo, identa (sone) a la verbal dezinenci -us di Ido?
その質問とは、あるにはあるが、次のようなものだけである。すなわち、「-us」は、動詞の活用の語尾音としてラテン語の中にあるのだろうか?というものだ。イド語の動詞的形式語尾「-us」と(音声的に)同じであるもの。
Negar lo esus negar l'evidenteso ipsa.
そのことを否定することは、その証拠自体を否定することかもしれない。
Nam, de la verbo sum (esar) til la lasta di sua verbi, la Latina prizentas ta sono en omna unesma personi di la pluralo.
なぜならば、ラテン語は、最近まで動詞「sum」に由来して、複数形の全ての一人称の中で、その音を置いてきたからである。
Do -us esas vere final sono verbal naturala, pro ke on trovas lu dek foyi en omna verbo Latina.
ゆえに、「-us」は、全てのラテン語動詞の中で10回も見つかるので、本来的動詞の語尾音なのである。
Ma -os, kad on darfas dicar lu final sono verbal naturala?
しかし「-os」はどうなのか。これを本来的動詞の語尾音と言えるのであろうか?
Yes, certe; nam la finalo mus dil verbo Latina divenis mos en la Hispana, ye la sama persono, en singla tempo.
もちろん、是である。なぜならば、ラテン語の語尾「mus」がスペイン語「mos」になったからである。それは同じ人称、同じ単数時制である。
De to rezultas, ke la verbo Hispana, ecepte eroro, audigas dek e non foyi la final sono os en sua konjugo.
このことから、スペイン語の動詞では、間違った場合を除き、動詞活用での語尾音「os」は19回、聴こえる、という結果をもたらす。
Konseque la dezinenco os di Ido esas vere final sono verbal naturala.
したがって、イド語の形式語尾「os」は、本来的な語尾音である。
On forsan alegos objecione, ke ta finalo, en la Hispana, pluse markas substantivo plurala.
スペイン語では、この語尾はさらに複数形の名詞も特徴づけていると、おそらく逆に主張する人もいるだろう。
Ma kad ol agas lo en Ido?
しかし、イド語ではそれは、そのようにするのであろうか?
E juste pro ke os en la hispana renkontresas 19 foyi kom final sono en la verbi, esas eroro selektar s kom plural signo di substantivi, citante la Hispana kom susteno.
スペイン語の「os」とは動詞の語尾音として19回も出会うので、根拠としてスペイン語を引き合いに出しても、名詞の複数の指標として「s」を選択するのは間違いである。
Nam fakte la verbi, en ica linguo, prezentas os kom final sono plu ofte kam la substantivi.
なぜなら実際に、この言語(スペイン語)では動詞が、名詞に比べて、「os」を語尾音として、もっと頻繁に出しているからである。
Ma on questionas : pro quo la vokalo o kom karakterizivo dil futuro?
しかし、次のような疑問もある。母音「o」が何故、未来を表示するのだろうか?
Pro ke, se ni atribuas karakteriziva vokalo al prezento (a), altra (i) al pasinto, ne esas kontrelogika o nekoheranta atribuar anke specal vokalo (o) a la futuro.
なぜなら、もし特徴ある母音を、現在に「a」を、あるいは過去には「i」を割り当てるとするならば、未来には特別な母音「o」を割り当てることは、非論理的なことでもないし、矛盾するものでもないからである。
Facar ek ta vokalo la simbolo dil futuro en la tota konjugo ne esas plu arbitriala, ed alteras mine la Latina kam selektar (quale ula Latinisti) la partikulo pos kom signo di ta tempo, o transportar sur la finalo la acento dil infinitivo latina por facar ek lu kondicionalo :
この母音の中から動詞の活用の中の未来のシンボルを作ることは、もはや任意的なものではない。また、(あるラテン語学者のように)その時制の指標として助辞「pos」を選ぶよりも変更は少ない。あるいは、それから条件法をつくるために、語尾の上にラテン語の不定詞のアクセントを持ってくるよりも、変更は少ない。

 amarè, audirè, e. c., kande on povabus evitar omna barbarismo, uzante amarem, audirem, e. c.
「amarè」「audirè」など。「amarem」「audirem」などを使って、すべてのラテン語の蛮族語を避けることが出来た時。
Stranja maniero, vere, restar ciencoza e naturala!
科学的で本来的なものを残すためには、本当に、奇妙な方法だ。
E la dezinenco -ez dil imperativo?
また、命令法の形式語尾「-ez」は、どうか?
Unesme ni questionos, kad ol esas naturala od artificala?
まず、これが本来的であるのか、人工的なものなのかという疑問を取り上げたい。

Me opinionas, ke la Franca linguo sate pruvas lua « naturaleso » per omna duesma personi plurala di sua verbo, ed aparte di sua imperativo.
フランス語は、その動詞(とくに命令法)の二人称複数形を用いて、自らの『本来性』を十分に証明できると、私は思っている。
Ica fakto, pro ke nulo plu bona existis, igis me propozar ol vice -u di Esperanto (markizanta anke pronomi : kiu, chiu, e. c.) e qua, se me ne eroras, posedas kom apogo nur imperativo Hebrea, nekonocata da preske omni.
適当なものが何もなかったので、この事実によって、私はエスペラントの「-u」の代わりに「-ez」を提案するようになったのである。(エスペラントでは、代名詞「liu」「ĉiu」なども「-u」で特徴づけられている)。もし、私の間違いでなければ、その代名詞は、ほとんど誰も知らない、ヘブル語の命令法が根拠になっている。
Remarkez ke -ez reale apartenas al sistemo -as, -is, -os, -us (per la substituco di la febla z a la forta s).
実際的に「-ez」は「-as」「-is」「-os」「-us」の体系に属していることに、留意しなさい。(これは強い「s」に対して、弱い「z」に置き換えたもの)
Se me ne propozis -es, la kauzo esas, ke venez, rakontez, dormez, preparez, pensez, pardonez, donez, manjez, e. c., e. c., esas quik komprenata da irgu qua savas kelkete la Franca, e certe plu facile e bone kam venes, rakontes, dormes, e. c. *4.
もし、私が「-es」を提案していなければ、「venez」「rakontez」「dormez」「preparez」「pensez」「pardonez」「donez」「manjez」などは、「venes」「rakontes」「dormes」などとするよりも確かに簡単だし、フランス語をいくらか知っている人たちにも、理解しやすい。
Irge quon opinionas kontrediceri, fakto esas nekontestebla : la Franca linguo pruvas, ke -ez, por l'imperativo, esas vere verbal finalo naturala.
反対論者たちがどのような意見を持っていようとも、事実は動かしがたい。命令法としての「-ez」が本来的な動詞の語尾音であることは、フランス語が証明している。
Pri la sono, le venez a ni, rakontez ankore, e. c., esas la preske kompleta riprodukturo di F. venez à nous, racontez encore.
この語尾音について、「venez a ni」「rakontez ankore」などは、フランス語の「venez à nous」(私たちの頃へ来なさい)「racontez encore」(もう一度、話して下さい)などのほとんど完全なコピーである。
Justifikinte -as, -is, -os, -us, -ez, restas justifikenda -ir, -or dil infinitivi pasinta e futura.
「-as」「-is」「-os」「-us」「-ez」を正当化したので、過去と未来の不定詞「-ir」「-or」は正当化されるべきものとなっている。
Fakte nia kontrediceri chikanas[=shikanas] nur pri l'infinitivo futura, nam generale li ipsa uzas infinitivo pasinta *5 kun infinitivo prezenta.
実際、反対論者たちは、未来不定詞についてだけだと詭弁を弄している。なぜなら、彼ら自身は一般的に現在不定詞と共に、過去不定詞を使っているのだから。
Li anke ne kontestas pri -r kom karakterizivo dil modo infinitiva.
彼らは不定詞の叙法の特質としての「-r」についても異議を唱えていない。
Do reale kontestesas nur la vokalo simbolizanta la tempo (-i, -o) e la bezono ipsa di futura infinitivo.
ゆえに、時制の象徴となっている母音「-i」「-o」と未来不定詞の必要性のみが、議論になっているのである。
Ma, se on aceptas ke a simbolizas la prezento : amas, amar, pro quo i ne simbolizus la pasinto : amis, amir e o la futuro : amos, amor?
しかし、もし「a」が現在時制を象徴することを受け入れるならば、なぜ「i」は過去時制の象徴ではないのか。「amas」「amar」は現在、「amis」「amir」は過去、「amos」「amor」は未来。
Kad ica tri karakterizivi tempala (qui en omna modi pleas la sama rolo) esas kompliko o simpligo?
これら三つの時制の特徴は(全ての叙法の中で同じ役割を話している)、複雑化なのか、あるいは簡素化なのか?
Ka to ne esas simpla, praktikal e homogena?
これは簡素で、実践的で、均質ではないのか?
Kontraste, kad esas tala konjugo-sistemo sintezala en un parto, ed analizala en l'altra parto, quale olti di nia kontrediceri?
対照的に、我らが反対論者の主張のように、動詞の活用体系はある部分では総合的であって、別の部分では分析的なのであろうか?
Ka tal konjugo esas tre koheranta, tre homogena e tre ciencala, por parolar quale li?
このような活用体系は、彼らのように話すために、首尾一貫し、均質的であり、学問的ではないのだろうか?
Altraparte -ar, -ir en Ido semblas a me tam naturala sono verbala kam en la infinitivi Latina, Italiana, Hispana, Franca en -ire, -ir, od en l'infinitivi Germana en -ieren, ankore tante produktiva *6.
一方で、イド語の「-ar」「-ir」は、私から見れば、ラテン語やイタリア語やスペイン語やフランス語の不定詞「-ire」「-ir」よりも、あるいはドイツ語の「-ieren」不定詞よりも、動詞の本来的な音のようであり、生産的でもある。
Ma on objecionas, ke li esas prezenta en la lingui supere mencionita.
しかし、上記で言及した諸言語において、それらは現在時制だと反論する。
Me agnoskas lo; ma li restas adminime infinitivi, en Ido; e ke i simbolizas en li la pasinto, quale en
la tota konjugo, certe ne povas jenar la adepto, nek supercharjar lua memorado.
私はそれは認めよう。しかし、それらはイド語では少なくとも不定詞なのであり、また、動詞の活用全体では「i」は過去を象徴しているのである。たしかに、それらは仲間の足手まといにもならないし、記憶する負担にもならない。
Kad esus por lu plu facila memorar, ke du simbolizas la pasinto, pos la futuro, fe l'imperfekto, vell la kondicionalo, dum (pos-pozita) l'imperativo, quale en altra sistemi plu o min laborita?
多少なりとも機能している他の体系と同じように、 「du」は過去を象徴したり、「pos」は未来を、「fe」は完了を、「vell」は条件を、「dum」は命令を象徴することは、もっと記憶しやすいのであろうか?
Kad vere Ido ne darfas, kun adminime yuro tam granda e cienco egala, donar ica principo : en omna dezinenco verbala, a simbolizas la prezento, i la pasinto, o la futuro?
イド語は、少なくともそのように大きい権利と同じ科学を伴って、次のような原則を持たないのであろうか。すなわち「全ての動詞的形式語尾では、「a]は現在を、「i」は過去を、「o」は未来を象徴する」という原則を。
Kad ol esas per to min simpla o min koheranta kam altri?
それを用いれば、他のものよりも単純で矛盾のないものにはならないのだろうか?
Ma, on objecionas ankore, pro quo sis participi, kande 2 suficas a multa lingui?
しかし、多くの諸言語では二つで十分な時、なぜ分詞が6つもあるのか、という反対意見もある。
On ne dicas, kompreneble, ke pro la jus mencionita principo pri a, i, o en dezinenco verbala, la lerno e memoro pri la participi reduktesas a 2 kozi : nt participo aktiva, t participo pasiva.
もちろん、先に引用した動詞的形式語尾「a」「i」「o」についての原則のゆえに、分詞についての学習と記憶は、次の二つにまとめることができる。能動分詞「nt」と、受動分詞「t」だ。
Yen fakte la sis participi!
これが6つの分詞の実際なのだ。
On ne dicas, ke la participi futura (-ont, -ot), multe min frequa, lernesas pos la ceteri, okazione.
未来分詞(-ont, -ot)は、遥かに少ないが、時々、他のものの後に学べば良いなどとは言わない。
On ne dicas de quanta dubi, miskompreni o perifrazi liberigas ta participi.
どれほど多くの疑いや誤解や周りくどい表現が、それらの分詞から開放されるのかとは、言えない。
On ne dicas ke li genitas multega substantivi tre preciza, quin nia lingui kareas nur koakte e kun multa desavantaji.
それらは、我々の諸言語では無理に作られるような名詞でも、多くの的確な名詞を生み出す。
Ton omna on tacas por blamar mokante kun semblanta justeso e yusteso.
見せかけの適切さや正当性を使って、からかい、非難することのために、全てを沈黙する。
Ma bone ridos, qua laste ridos.
しかし最後に笑うものが笑うのである。
Yes; e kande Ido vere sucesabos, on laudos me ne propozir lu tro simpla, e ne sakrifikir la just expreso dil pensi a simpleso exajerita.
そうだ。イド語が本当に成功した暁には、単純なものを私が提案しなかったことを、そして、誇張された簡易さに対して、概念の正しい表現法を犠牲にしなかったことを、人々は賞賛するだろう。
La nuna Greka kareas omna infinitivo.
現在のギリシア語は、すべての不定詞を犠牲にしている。
Ka ni devus imitar olu?
われわれは、それを模倣すべきなのか?
No, tre certe.
断じて、違う。
La Angla e la Germana havas nur 1 personal pronomo : they, sie por la triesma persono plurala, e ni havas tri.
英語とドイツ語には一人称代名詞しかない。「they」「sie」は三人称代名詞の複数形であるが、我々には3つある。
Ka ni esas pro to blaminda? Certe no.
我々は、そのせいで非難されるのだろうか。そんなことはない。
La franca posedas nur son, sa, ses kom posedal adjektivo por la triesma persono.
フランス語には、三人称の所有形容詞として「son」「sa」「ses」を持っている。
Ka ni devus imitar lu, quale agis granda kritikero?
われわれは、大きな批判者がやっているように、それを真似なければなないのだろうか。
Ha certe no, nam ico esas ne simpleso, ma deplorinda mizero.
ああ、そんなことはない。なぜなら、それは平易ではなく、嘆かわしい窮状である。
En « Les vrais principes de la Langue Auxiliaire » me pozis la limito netranspasebla dil simpleso por ta linguo : la klara e justa expreso dil pensi.
「補助言語の真の原則」という書籍の中で、私は、この言語(イド語)のために、簡易性が見過ごしてはいけない制限を置いた。すなわち、それは、『概念の明確で正しい表現』、というものだ。


Pro quo ne havar en la tempi kompozita?
なぜ(イド語には)、複合時制はないのか?
Ca punto di nia konjugo meritas exameno aparta.
イド語の動詞活用の複合時制については、特別に試験を試して見る価値はあろう。
Unesme ni konstatez ico : Judikata dal komuna raciono, la verbo havar kom helpanto konjugala en la kompozita tempi esas absurdajo.
先ず第一に、このことを実証しよう。共通の理性によって判断されることは、複合時制の中で補助辞として動詞があることは不合理なことである。
Nam verbo, qua esence indikas la posedo, quale havar, ne darfas, mem ne povas logike divenar simpla
marko di tempo, e fakte analoga a dezinenco, por indikar l'anteeso :
なぜなら、「havar」のように、本質的に所有を示す動詞は、時制の単純な指標になることと、優先権を示すために、実際に形式語尾に類似することは、許されず、また論理的にあり得ない。
j'avais aimé (lore), j'aurai aimé (lore), o simple la pasinto :
「j'avais aimé」「j'aurai aimé」。あるいは、単純に過去。
j'ai aimé (me amis), esas neposibla komprenigar ed admisigar ta gramatikal idiotismo dal populi qui ne havas lu; or li esas nekontebla.
「j'ai aimé」は、これを持たない民族によって、文法的な慣用語法を理解したり認証することは不可能である。すなわち、引用不能である。

La L. I. qua destinesas ad omni, devas konseque evitar ta eroro (nule naturala reale, pro ke ol esas absurda); pro to Ido evitis lu.
全ての人たちのための国際言語は、この間違いを避けなければならない。(これは不合理であるので、現実的に全く本来的でない)。このため、イド語ではこれを避けたのである。
Artiklo aparinta, dum aprilo di 1910, en Progreso, expozas tre bone la questiono.
「Progreso」誌、1919年4月に登場した記事は、この疑問を上手く提示している。
Ol debesas a M. J. KOVACIC, instruktisto en St. Veit i. Jauntal (Karintia).
これは、M.J.コバーシック(ケルンテン州ザンクト・ファイトの教師)のおかげである。
Yen olu : « On propozis (no 19, p. 298) formacar la kompozita tempi di l'aktivo per la verbo havar e la pasinta participo, pro ke la lingui D. E. F. I. S. uzas kune la helpanta verbo havar.
すなわち、『動詞「havar」と過去分詞を用いた能動的な複合時制を作ることが提案された(19号298頁)。独、英、仏、伊、西の諸語には共に助動詞「havar」があるからである。
Sed (ma), kad la mencionita lingui formacas la kompozita tempi di l'aktivo tote e sen ecepto per havar?
しかし、言及された諸言語は完全にあるいは例外なく「havar」を用いて能動の複合時制を形成するのだろうか?
No, nam oli havas multa ecepti, ex. D. por mortar, vekar, venar, irar, saltar, di qui la tempi kompozita formacesas per esar.
否である。なぜなら、それらには多くの例外があるからだ。例えば、独語では「死ぬ」「目覚める」「来る」「行く」「跳ねる」の複合時制は「esar」(コピュラ)を使って作られる。
On devus do admisar en Ido ecepti qui esas, quale on savas, granda desfacileso por omna lernanto.
従って、イド語で、全ての学習者にとって、みんなが知っているように、大きな困難となる例外を認めなければならない。
Pluse, quale on devus tradukar D. Ich habe geschlafen, Wir haben uns gefreut, Du bist tapfer gewersen?
さらに、独語の「Ich habe geschlafen」「Wir haben uns gefreut」「Du bist tapfer gewersen」はどのように翻訳しなければならないのだろうか?
Frazi quale : Me havis dormita, Ni havas joyita, Tu havas brava esita, semblas certe nelogikala ad omnu.
その文は(イド語の逐語訳では)、「Me havis dormita」「Ni havas joyita」「Tu havas brava esita」となるが、これは全ての人に対して、非論理的に見える。
Sed (ma) on ne darfus uzar esar vice havar en la alegita frazi, pro ke esar esus destinota nur por formacar la tempi di la pasivo.
しかし、提示された文章の中で「havar」の代わりに「esar」を使ってはならない。なぜなら「esar」は受動態の時制を形成するためだけに、使われているからだ。
Ankore, quale on tradukus D. der gefallene Soldat, die verflossene Nacht, der verstorbene Vater?
また、独語「der gefallene Soldat」「die verflossene Nacht」「der verstorbene Vater」をどのように翻訳するのだろうか?
Dicar : la falita soldato, la pasita, la mortita patro, esus tote nelogikala!
(イド語の逐語訳では)「la falita soldato」「la pasita (nokto)」「la mortita patro」となり、全く非論理的である。
Ni videz quale altra Indogermana lingui, quin ni devas konsiderar pri ca questiono, formacas la kompozita tempi di l'aktivo.
この疑問について考慮しなければならない他のインド・ゲルマン語族(インド・ヨーロッパ語族)が能動的複合時制をどのように形成しているのかを見てみよう。
La Slava lingui formacas oli per la helpanta verbo esar e la aktiva participo, exakte kam en Ido.
スラブ語族は、イド語よりも精密に、助動詞と能動分詞をもちいて、複合時制を作っている。
Konseque Ido en la formaco di la komp.(kompozita) tempi ne agas arbitriale, sed (ma) ol apogas su sur granda parto di l'Indogermana linguaro, nome sur la Slava lingui.
従って、複合時制におけるイド語は任意的に作っているのではなく、インド・ヨーロッパ語族の一部の中で(いわゆるスラブ語族)、成り立っている。
Pluse la nuna participi esas tre aplikebla e praktikala quale atributi, kozo, quan on devas bone konsiderar ante enduktar altra konjugo!
さらに、現在の分詞は、属性のように適用しやすく実践的なものであり、それは他の活用を導入する前によく考慮されなければならないものだ。
Fine, kad on inventos plu bona, plu internaciona e min artificala konjugo, kam esas la nuna? Me dubas.
最後に、現在の活用体系よりも、より良く、もっと国際的であり、しかも不自然でない活用は、将来、創案されるのだろうか?私は疑っている。
La konjugo propozita en no 22 semblas nulkaze esar facila, precipue en la pasivo.
22号で提案された活用は、特に受動態では、まったく難しいだろう。
Ni videz nur quanta sufixi esas por ol necesa : -as, -avas,-iras, -it, -avit, -irit, -olas, -avolas, -irolas, do triople multa kam en nuna Ido!
それにとってどのような接尾辞が必要なのかを見てみよう。「-as」「-avas」「-iras」「-it」「-avit」「-irit」「-olas」「-avolas」「-irolas」など。これは、今のイド語の3倍にもなるではないか!
Mem se ta sufixi igus omna nuna analizala verbformi superflua, la konjugo esus malgre to min facila kam la nuna.
たとえ、これらの接尾辞が、すべての現在の分析的な動詞形態を余裕のあるものにしても、その活用は今の活用体系よりも、もっと難しくなるかもしれない。
Amesavolas o amesirolas ne esas plu simpla kam : esos amita o esos amota.
「Amesavolas」「amesirolas」となれば、「esos amita」「esos amota」よりも、もっと複雑だ。
E quala longa rubandatra vorti!
なんと、まあ、長いリボンのような単語であることよ!
Amesavolas ed amesirolas ankore konvenas, ma ne plus la vorti : diminutesavolas, kalumniesavolas o mem familiarigesirolas.
「amesavolas」と「amesirolas」はまだ良い方で、「diminutesavolas」「kalumniesavolas」「familiarigesirolas」という語句は、けっこうだ。
On sentas justa angoro en pronuncar tala longaji! *7.
このような長い単語を発音することは、もはや苦痛を感じるだけだ。
Kelka kritikanti anke propozas chanjar la verbal finali : -as, -is, -os, -us, -ez, dicante, ke oli ne esas sufice dicernebla.
批判者の何人かは、動詞の語尾の変更も提案している。「-as」「-is」「-os」「-us」「-ez」は区別しにくいというのだ。
Me opinionas, ke ta aserto ne esas justa.
私は、この主張は正しくないと、思う。
La finali alegita diferas inter su per la bone audebla vokali multe plu bone kam en multa nacionala lingui, exemple : en D. er lernt - lernte, wir erwachen -erwachten diferas per un litero facile misaudebla *8.
提示された語尾は、他の多くの自然言語よりも良く、聴きやすい母音を用いて、それぞれが異なっている。例えば、独語では、聞き間違いしやすい一つの文字を用いている。「er lernt - lernte」「wir erwachen -erwachten」など。
Me finas do kun la propozo : « Nia estimata Akademio konservez la nuna, facila e tre praktikala konjugo! »
わたしは次の提案で締めくくりたい。『尊敬するアカデミーは現在のものを維持せよ。簡単で実践的な活用(体系)を!』
L'artiklo esis sequata da la yena remarko :
この記事は、次のような注意点を続けている。
« Ne nur D. ed F. havas verbi qui formacas la kompozita tempi per esar vice havar, ma inter la korespondanta verbi di la du lingui, sat (pasable) multi uzas havar en un linguo ed esar en l'altra, exemple : esar, kurar, saltar, e. c.
独語と仏語だけが「havar」の代わりに「esar」を用いた複合時制を形成している動詞を持っているいるのではなく、二つの言語の符合する動詞間で、ある言語は幾分多くのものが「havar」を使っており、他の言語では「esar」を使っているのだ。例えば、 「esar」「kurar」「saltar」など。
Do ne nur l'adepti di singla linguo hezitus ofte inter esar e havar, sed (ma) la Franci ne uzus la sama helpanta verbo en la sama kazi kam la Germani.
ゆえに、単独の言語の仲間たちが「esar」と「havar」の間をためらっているだけでなく、仏語も独語と同じように同じ格で、同じ助動詞を使っていない。
Adjuntez ke, en la reflektiva verbi, la F. remplasigas absurde havar per esar, dum ke la D. uzas (logike) ankore havar : ich habe mich gewaschen = je me suis lavé : altra frequa kauzo di erori, di heziti, di miskompreni.
付け加えると、再帰動詞の中で、仏語は馬鹿げたことに「esar」を用いて「havar」に置き換えている。一方で、独語は(論理的に)「havar」を使っている。「ich habe mich gewaschen」(独)=「je me suis lavé」(仏)。これは間違い、躊躇、誤解の度重なる根拠。
Tale en ta sola punto questionesas pri la logikala karaktero di nia linguo, do pri lua vera internacioneso.
したがって、ただこの一点で、我々の言語(イド語)の論理的な特徴について、すなわち(イド語の)本当の国際性について、問われているのである

ベブソンのチャチャ:Beaufront'ens Bizantina diskutado

ボーフロン氏のゴチャゴチャを聞いていると、何でこんな些細な事に拘るのかなと思いますが、多分、当時はイド語に対して物凄い非難が殺到して、それに対抗してボーフロン氏も頑張ったのだな〜と、一寸悲しくなりますね。

i は文字も音(唇を閉じて出す音)も閉じております。閉じた時間、詰まり『過去』なんです。
a は、驚いた時に、我々は「アッ!」て言うでしょう?だから、その時、詰まり『現在』なんです。
o は文字も音(唇を開いて出す音)も開いております。だから開かれた『未来』なんです。

でも、これはボーフロン氏ではなく、天才ザメノフ氏の発見なのですね。私が最初にエスペラント語を勉強し始めた時に、ザメノフ氏は天才だと知ったのです。でも彼は天才であるが故に、全てを自分一人で仕切ってしまったのですね。『上手の手から水が漏(こぼ)れる』
ですから、エスペラント語の幾つかの穴から、貴重な水(精緻な表現力)が漏れてしまったのですね。エスペランチストから叩かれるかな? 併しながら、『蓼食う虫も好き好き』ですので、私はこの点に関して何方とも議論は致しません。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

イド語文法編(4)

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます