エスペラント語の修正版として開発された人工言語、国際補助語です。

Puntizado. (Apendico 8-ma.) 句読法(補遺 8)


Punto (.) uzesas por separar la frazi, t. e. expresuri di integra e kompleta pensi tote nedependanta.
(.) ピリオド(終止符)は、文章すなわち、完全な独立した思想を分離させるために使われる。
Bona precepto di stilo esas ta, quan Sro PEUS recevis de ula sua maestro : Uzez multa punti, t. e. facez kurta frazi.
ポイス氏が自分の師匠から教えられた良い文章の文体とは「多くのピリオドを使え」というものである。すなわち「短い文を書け」ということである。
En matematiko, la punto uzesas :
数学において、ピリオドは次のように使われる。すなわち、
1e en longa nombri por separar la mili, ex. : 9.365.724 plu klara kam 9365724;
‖腓な数において、1000桁を分離するために使われる。例)「9.365.724」は、「9365724」よりも分かりやすい。
2e en algebro lu havas la sama signifiko kam X *1.
代数学において、ピリオドは「X」と同じ意味を持つ。
Mayuskuli. — Okazione la punto, on devas regulizar l'uzo di la mayuskuli.
「大文字」。ときおり、大文字の使用を規定しなければならない
On uzas komencal litero mayuskula :
最初の文字を大文字にする。
1e por la propra nomi, inkluzante en ici la nomi di landi, monti, fluvii, riveri, la nomi di populi, societi od institucuri, qui nature kontenas la religii e lia praktikanti.
仝罵名詞のため使う。国、山、大きな河、川の名称や、民族、団体、公共組織や、また宗教おそびその実践者も同然、含まれる。
On lasas al derivaji di ta nomi la mayuskulo di la radiko.
その名称の派生語に対しても、語根の大文字はそのままにする。
Ex. : la Franco, la Franci, la Franca (linguo); la Kristanismo (de Kristo), la Kristani; Alpala, Alpano (de Alpi).
(例) 「la Franco」(フランス人)、「la Franci」、「la Franca」(フランス語)。「la Kristanismo (de Kristo)」(キリストのキリスト教)」、「la Kristani」(キリスト教徒)。「Alpala」(アルプス山脈の)、「Alpano」(アルプス人) (アルプス山脈からの由来)
Co evitas la dicerno a qua obligas ula lingui pri la kazo en qua on konservas la mayuskulo od on remplasigas lu per minuskulo.
これは区別をさけている。
大文字を維持するか、それを小文字に書き換えるかについての事例については、この方法は、諸言語が強いている区別を避けている。
2e por l'unesma vorto di singla frazo, e konseque, pos omna punto.
短文の最初の文字。つまりすべての終止符のあとに。
3e pro politeso, en ula kazi, en tituli. Ex. : Sioro Profesoro. En la nomo dil Rejo.
C寧さ(敬称)のため。肩書や、何らかの場合。例)「Sioro」(閣下)「Profesoro」(教授)。王さまの名前。
On atencez la skribo di kelka mayuskuli :
幾つかの大文字の書き方は注意を要する。
1e On evitez skribar I quale J, quale ofte eventas en Germania. On skribez Ido, ne Jdo.
,靴个靴丱疋ぅ銚譴乃こるように、「I」を「J」のように書くことは避けなければならない。「Jdo」ではなく、「Ido」と書きなさい。
2e On distingez, skribante, la mayuskuli K e R.
大文字の「K」と「R」を書く時は、区別しなければならない。
3e On distingez F e T : l'infra parto di T flexesas ad dextre; ta di F ad sinistre.
「F」と「T」を区別なければならない。「T」の最後の部分は左に、「F」では右になる。(訳注:フランス語、ドイツ語の筆記体の場合の説明になっている。)
Komo (,) uzesas por seperar la propozicioni qui kompozas frazo.
(,) コンマは文を組み合わせている節を分離するために使われる。
Pos la relativa pronomi, on adoptas la franca uzo di la komo (D. 1062) : On distingas du uzi tre diversa di la relativa pronomi, qui konstitucas preske du diversa senci.
関係代名詞の後のコンマのフランス語使用法を採用した(決定事項1062)。関係代名詞は二つの使用法にくべるされている。これらは少なくとも二つの意味を構成する。
La frazo : « Me ne amas la infanti, qui facas bruiso » povas havar du senci : 1e Me ne amas ti de la infanti, qui facas bruiso; 2e Me ne amas la infanti, pro ke li (konocate e generale) facas bruiso.
「Me ne amas la infanti, qui facas bruiso」は二つの意味を持つ。〇笋呂Δ襪気する子ども他たちの中の彼らを愛さない。∋笋蓮∋劼匹發燭舛嫌いだ。なぜなら、子どもたちは(一般的に)うるさくするからだ。
En l'unesma kazo, la relativo esas determinanta : il determinas la speco de infanti, quin me ne amas. En la duesma ol esas qualifikanta od explikanta : ol qualifikas generale omna infanti.
前者において、関係者は確定している。彼は私が愛さない種類の子どもたちを確定する(制限用法)(訳注:うるさくしない子どももいるはずだ)。後者の意味では、それが限定あるいは説明している。それは一般的にすべての子どもたちを限定する(非制限用法)。
On uzas la komo (avan qua) en la duesma kazo, ne en l'unesma.
後者では関係代名詞の前にコンマを使い、前者では使わない。
Altra exempli : « La homo qua lektas la jurnali devas ne kredar omno quon lu lektas. — Regardez ta homo, qua lektas jurnalo : lu audas tamen omno quon ni dicas. »
他の例文)「La homo qua lektas la jurnali devas ne kredar omno quon lu lektas」(新聞を読む人は、自分の読んだすべてを信じては行けない【禁止】)。「Regardez ta homo, qua lektas jurnalo : lu audas tamen omno quon ni dicas」(その人を見よ。彼は新聞を読んでいる。彼は我々が言っているすべてを聞いている)
« La amiko qua ne audacas dicar la verajo ne esas vera amiko. — Mea olda amiko, qua kustumis dicar la verajo, ne audacis takaze dicar ol a me. »
「La amiko qua ne audacas dicar la verajo ne esas vera amiko.」(本当のことを言わない友達は本当の友達ではない)。「Mea olda amiko, qua kustumis dicar la verajo, ne audacis takaze dicar ol a me.」(私の旧友は、いつも本当のことを言っているのだが、今回の場合、私には言わなかった)
« La unesma soldato qua vidis l'enemiki hastis avertar la generalo. — Napoléon, qua vidis l'enemiki avancar, sendis kontre li sua olda guardo. »
「La unesma soldato qua vidis l'enemiki hastis avertar la generalo」(敵を見た最初の兵士は将軍に急いで報告した)。「Napoléon, qua vidis l'enemiki avancar, sendis kontre li sua olda guardo.」(ナポレオンは、敵が進軍しているのを見たので、自分の年老いた守備隊を、彼らに対して送った)
Ica exempli sugestas utila remarko.
これらの例文は、役に立つ所見を示唆している。
Omnafoye kande la substantivo esas determinita, la qua esas nur explikanta, do postulas komo.
名詞が確定された時は毎回、「qua」節はただ説明するだけで、(その前に)コンマがつく。
Or ico eventas : 1e kande la substantivo esas propra nomo : evidente ne existas plura Napoléon, do nulo qua povus determinar lu plu komplete;
この時に起きていることは、,修量昌譴聾罵名詞である。複数のナポレオンが存在しないことは明らかなので、これ以上、確定することはない。
2e kande ol esas akompanata da determinanta adjektivo, sive demonstrativa, sive posedala : « ta homo » esas ja suficante e komplete determinita per la demonstrativo (o per la gesto, qua akompanas ol); « mea olda amiko » anke esas determinita per ica epiteti.
△修譴確定する形容詞(指示形容詞や、所有形容詞)であるときは、『その人』は、指示詞を用いて、すでに十分、完全に確定されている(あるいは、それに伴う身振りを用いて)。「mea olda amiko」(私の旧友)もまた、これらの付加形容詞で確定されたものである。
Komprenende, la regulo valoras anke, se qua esas preirita da prepoziciono : « La amiko de qua me demandis konsilo aprobis mea penso-maniero. — Mea patro, de qua me demandis konsilo, aprobis mea penso-maniero. »
もちろん、qua節の前に前置詞が付いているならば、その規則も同じである。「La amiko de qua me demandis konsilo aprobis mea penso-maniero」(私がアドバイスを求めた友人は、私の考え方に賛成した)。「Mea patro, de qua me demandis konsilo, aprobis mea penso-maniero.」(私の父は、私がアドバスを求めたのであるが、彼は私の考え方に賛成した)
En matematiko, en la nombri decimala, la integri seperesas de la decimali per komo (ne per punto, qua havas altra uzo, V. p. 217). Ex. : 3,14.
数学における、小数では、コンマを用いて整数は、小数と分離される(他の使用法のあるピリオドではない「Progreso」誌第5巻217頁)。例)「3,14」。(訳注:これとは逆に、英語圏では小数点としてピリオドが用いられている)
Punto-komo (;) uzesas por separar propozicioni o frazi gramatikale nedependanta, ma ligita per la senco.
セミコロン(;)は、文法的に自立しているが、意味上はつながりのある節や文を分離するために使われる。
Bi-punto (:) uzesas por anuncar expliko : ol dicas, ke la sequanta frazo explikas la preiranta. Ol anuncas anke citajo, ma lore sequesas da cito-hoketi.
コロン(:)は、説明を告知するために使われる。これは、続く文はその前のものを説明すると言う。コロンは引用も告知するが、この時、引用符が後に付く。
Puntaro (...) indikas interrupto di la frazo, sive da altra parolanto, sive da la parolanto ipsa, qua haltas por retenar o chanjar l'expreso di sua penso.
三点リーダ(...)は、思想表現を保留したり変更するために、他の話者が文を中断したり、話者自身が中断したりすることをを示す。
La Germani uzas vice to la Gedankenstrich (vortope : penso-streko) ma to esas mala uzado, nam la streko havas altra senco e necesa uzado. (Videz streko).
ドイツ人たちはこれの代わりに「Gedankenstrich」(逐語訳的には「penso-streko」(考え・線)=ダッシュ記号)を使うが、これは良くない方法だ。なぜなら、ダッシュは別の意味や別の使用方法があるからだ。(ダッシュの項を参照せよ)
Parentezi () uzesas por inkluzar frazo, propoziciono o vorto, qua esas aparta, e devas separesar de la cetera texto.
括弧 () は、特別であったり、別のテキストから分離しなければならない文や節や単語を囲むために使われる。
To esas generale remarko laterala, quan on insertas, e qua interruptas la rekta ordino di la penso.
これは一般的に、挿入されたり、思想の直接の順番を中断したりする所見である。
De to konsequas konsilo : on ne trouzez la parentezo, pro ke ol riskas trublar la kompreno.
このことから、次の助言となる。「括弧を多用するな。なぜなら、理解を邪魔するリスクがあるからだ」
Pro ke la parentezi esas esence destinata ad inkluzar, on darfas nultempe uzar una sen l'altra, quale on facas ofte kun la nombri.
括弧は本質的に囲むことになっているので、数字と共になされるように、お互いに、お互いがなければ決して使うべきではない。
Vice « 1) », on devas skribar, o « (1) », o simple « 1e » o 1-e (abreviuro di unesme).
「1)」の代わりに、「(1)」と書いたり、単に「1e」や「1-e」と書くべきである(これは、「第1に」の略語)
La uzado « 1) » havas grava detrimento : kande on vidas tala parentezo klozanta, on serchas spontane la parentezo apertanta, ed on ne trovas ol.
「1)」を使えば、重大な障害をもたらす。
Pluse, eventas ofte ke ta parentezo « vidva » trovesas en od apud altra vera (duopla) parentezo, e lore on havas, sive : « 1) ) », sive « )1) », du dispozuri egale absurda.
さらに、‘男やもめ’の括弧が、別個の(組となった)括弧の中や、近くで見つかることも、しばしば起きる。この時、「 1) )」となったり、「 )1)」となったりする。この二つは、間違った常識から外れたやり方である。
Do : nultempe uzez un parentezo sola!
故に、「括弧は片方だけでは、決して使うな!」となる。
Kramponi [] ed Embracili {} uzesas, en matematiko, kom parentezi di duesma o triesma grado, ex. : {...[...(...)...]...}.
角括弧 [] と 波括弧 {} は、数学で第一ランク、第二ランクの括弧として、使われる。(例) {...[...(...)...]...}
En la « prozo », on povas uzar la kramponi en simila kazo, o kom aparta parentezi.
散文の中では、類似した事例で、あるいは特別の括弧として、使用できる。
On uzas l'embracilo (unika) por korespondigar un lineo (unlatere) a plura linei (altralatere), tale :
(ひとつ)波括弧は、(一方の)一行を(別の側面の)複数行に符合させる時に用いられる。次の通り(図)。


La pinto devas turnesar ad l'unika lineo, e la branchi (la konkaveso) ad la plura linei (e ne inverse!)
(波括弧の)頂点は一つ行に向け、その枝(凹面)は複数の行に向ける(逆ではない)
Ni konsilas uzar minim ofte l'embracilo, pro ke ol komplikas e desfaciligas la kompostado.
一つ波括弧は最小限で使うことを勧めたい。なぜなら、これは組版を複雑にし、難しくするからである。
Ol esas utila nur en sinoptikala tabeli. Ol povas uzesar anke horizontale, ex. en genealogial arbori :
これは、一覧表にだけは役に立つ。水平にしても使用できる。(例)系統樹で用いる。


Streketo (-) esas ortografiala signo, e funcionas kom ligilo.
ハイフン(-)は、正書法の記号であり、つなぐものとして機能する。
Ol unionas la parti di vorto kompozita (Videz ye Kompozado).
組み合わされた単語の要素を統合する。(「単語合成」を参照せよ)
Ol indikas anke la seko di vorto de un lineo ad altra, pri qua ni quik parolas.
一行目から別の行へ、我々がすぐに語る単語の切れ目も示す。
Seko di la Vorti. [D. 485]. On admisas kompleta libereso en la seko di la vorti de lineo a lineo, ecepte ke singla parto devas kontenar vokalo, e ke la digrami o diftongi devas ne dividesar.
単語の切れ目(決定事項485)。行を渡る単語の切れ目は、自由にしてよい。ただし、次の場合を除く。一つの音節には一つの母音を含めなければならない。また、連字や二重母音は分離してはならない。
Ex. on darfas sekar tale la vorto mustar : mu-star, mus-tar, o must-ar.
たとえば、「mustar」は、次のようになるだろう。「mu-star」「mus-tar」「must-ar」
Ma neutro, mashino sekesas neutro, ma-shino, e ne ne-utro, mas-hino.
しかし、「neutro」「mashino」は、「neutro」「ma-shino」となるものの、「ne-utro」「mas-hino」とはならない。
On nultempe uzez duopla streko (=) rezervenda a la signo di egaleso, nek iterez la streketo ye komenco di la lineo sequanta.
等号記号に予定されている二重ハイフンは決して使ってはいけないし、改行された行のはじめに再び、ハイフンを付けてもダメだ。
Streko (—), plu longa kam streketo, esas, tote kontree, separilo, e la maxim grava.
ダッシュ(―)は、ハイフンよりも長いが、これは全く逆で、分離記号であり、最も重要なものである。
Ol indikas, sive chanjo di parolanto (t. e. separas la dici, respondi, di diversa parolanti), sive chanjo di temo.
これは、話し手の変更(つまり、様々な話し手の話、応答を分離させる)であったり、主題の変更を示す。
Ol seperas do multe plu kam la punto.
これは、終止符よりも、もっと分離させる(ニュアンスが多い)。
Ma en la lasta kazo esas preferinda uzar la alineo, qua indikas plu klare ta separo; ol havas l'avantajo
insertar en la texto « blankaji », vakuaji, qui repozas la okulo e furnisas ad ol halto-punto.
しかし、この場合には、その分離を明確にしめす段落(改行)を使うのがのぞましい。それは『空白』(スペース)を文の中に挿入するという長所がある。目を休ませたり、終止符の役割をするからだ。
Cito-hoketi («»). La cito-hoketi indikas ed inkluzas la paroli o vorti, quin on citas.
引用符 («»)。この引用符は、引用されている発話や単語をしめし、囲むものである。
Li devas turnar sua konkaveso ad interne, t. e. ad la texto inkluzata, same kam la parentezi. Omna altra uzado esas mala, pro ke ol esas konfuziganta.
引用符は括弧と同じように、(囲んでいるテキストに対して)内側に凹面を向くようにする。他の使い方は、混乱させるので、良くない。
Noto-referi. Por indikar la noti (ped-noti), nula moyeno esas tam simpla e komoda kam la numeri : nam li esas la maxim bona e klara signo, e li esas en senlimita provizuro.
注照会。脚注を示すためには、数字より簡易で便利な方法はない。最も優れており明確な記号であり無制限に備えられているからだ。
Se on uzas steleti (*) o kruci (†), quale ula populi, e se on havas multa noti en un sama pagino, on ne plus savas quale helpar su : la procedo, iterar la steleti o la kruci, esas vere « sovaja », t. e. apartenas a la primitiva stando di civilizeso, en qua on ne posedis la cifri e reprezentis la nombri per streki; od on esas obligata rekursar anke ad altra signi, qui havas altra senci od uzi (ex. §, qua signifikas paragrafo).
もしも、ある国の人々のように、アスタリスク(*)や短剣符(†)をつかったり、同じページの中で多くの注をいれたりするならば、もはや、救いようがない。アスタリスクや短剣符を繰り返す手順は、本当に乱暴である。言い換えれば、これは、数字というものを持たず、線を用いて数を表現するような、文明社会の初期の状態に属しているのである。つまり、他の意味をもつ記号や、別の用い方のある記号も借用するのである。(例えば、パラグラフを意味する「§」)
Pluse, on bezonas ofte la steleto e la kruco por altra signifiki : la steleto indikas en linguistiko formo konjektita, ne atestita; en Ido, formo ne oficala, o teknikala; la kruco indikas generale mortinto, o dato di morto, ed en filologio, arkaika formo.
さらに、他の意味のために、アスタリスクや短剣符が必要とされている。アスタリスクは言語学の中で、証明された形ではなく、推量された形を示している。イド語では、非公式的な形態、あるいは技術的な形態をしめす。短剣符は一般的に死者や死亡日時を示し、また、文献学では、古代の形態を示している。
To omna pruvas, ke ol esas nur remediacho, e ke nur la numeri esas uzenda por la noto-referi.
これはヘボな対処法にすぎず、ただ数字だけが注参照にふさわしいと、証明されている。
Klamo-punto (!) uzesas pos klamo o frazo klamanta o klamata.
感嘆符(!)は、叫びや、感嘆文のあとで使われる。
Kelka populi uzas ol pos omna voko od interpelo, mem pos Sioro en komenco di letri, unvorte, pos omna vokativo.
呼びかけや、質問の後に使う人もいる。手紙のはじめの「Sioro」の後にも使っている。言い換えれば、すべての呼格の後に使っている。
Ico esas forsan exajero, nam kande on parolas ad ulu, on ne klamas « Sioro! »
これは、おそらくやり過ぎであろう。誰かに話しかける時は、「Sioro!」とは叫ばないからである。
Question-punto (?) uzesas pos frazo direte questionanta, ne pos subordinala propoziciono questionanta, Ex. : « Qua venas? », ma : « Me questionas, qua venas. »
疑問符(?)は、直接に質問する文(疑問文)の後に使われるが、疑問従属節の後には使わない。(例)「Qua venas?」(誰が来たのか?)だが、「 Me questionas, qua venas.」(私は、誰が来たのかを、質問する)となる。
Pri ca lasta signi, on propozis sequar l'exemplo di la Hispana, t. e. pozar li, renversita, ante la frazo klamanta o questionanta.
これらの二つの記号について、スペイン語の例に従うようにと提案されたことがあった。すなわち、感嘆符、疑問符は感嘆文や疑問文の前で逆さにするというものだ。
La motivo esas : avertar la lektanto pri la karaktero di tala frazo, por ke lu konforme modifikez sua pronunco.
その理由は、それは発音を一致するように修正させるために、そのような文の特徴について読者に注意を促すことである。
Esas vera ke, pro manko di tala averto, on kelkafoye eroras pri la karaktero di la frazo e pronuncas ol male, o mem devas repetar ol kun la justa pronunco.
そのような警告がないために、文の特徴について何回も間違うし、その発音も悪くなる。正しい発音でそれを繰り返さなければならなくなるのだ。
Ta propozo esas do konsiderinda; la unika kontrea argumento esas, ke l'altra uzado esas plu internaciona.
したがって、この提案は考慮すべきである。独特な反対論は、他のやり方が、もっと国際的であるというものである。
Se on adoptus ol, la signi ! e ? divenus duopla ed inkluzanta, same kam la parentezi e cito-hoketi.
もし、この提案を受け入れていたなら「」と「」という記号は、括弧や引用符と同じように、二つで一組で、囲むようになっていたかもしれない。
Ed on vidas ke, pro la sama motivo di klareso, li devas prizentar du formi inversa, quale la question-punti en la Hispana.
明確さという同じ理由のため、それらはスペイン語の疑問符のように、対称的な二つの形態を示すはずである。
Apostrofo (') uzesas por indikar eliziono (V. § 6).
アポストロフィ (') は、発音省略をすめすために使われる(第5巻§6)。
Generala remarko. — On devas ne mis-evaluar l'importo di la puntizado, e desprizar la koncernanta reguli kom superflua o minucioza.
一般的な注意記号。口説く方の重要性をミス評価してはいけないし、関係している規則を、余分で些細なものとして軽視してはならない。
La puntizado esas necesa por la klareso, do por la perfekta e sekura interkomprenado; ol havas signifiko por la pronuncado.
句読法は、明確さのために、すなわち、完全で安全な相互理解のために、必要である。また、発音にとっても意味がある。
La punto reprezentas halto pasable granda; la bi-punto e la punto-komo, halto min granda; la komo, halto plu mikra, ma sentebla.
終止符はかなり大きな休止を表している。コロンとセミコロンは次に大きな休止。コンマはもっと小さい休止だが、際立っている。
Egardar ta signi e facar la korespondanta pauzi, esas l'unesma regulo di la diciono, e la maxim importanta.
これらの記号を考慮し、対応する休止をつくることは、語法の最初の規則であり、最も重要なものである。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

イド語文法編(4)

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます