エスペラント語の修正版として開発された人工言語、国際補助語です。

Kom と quale の比較

kom 〜として(同一のモノとして)例:学者として

quale 〜の様に(似てはいるが同一ではない)例:学者の様に


この違いは日本人には、とても明白なのですが、 ラテン系の言語を使う人達はどちらも同じ単語を使いますので、イド語の中でも頻繁な誤用が多いのです。そこで、その人達の為に、この2語の使い分けを詳しく説明する必要があるのです。
ところで(parenteze)エスペラント語では、どちらも kiel ですので、意味の判別が難しいのではないかと思います。

英語では、ネスカフェの様に、違いが分かりそうな時もありますが、
You behave as an angel. 君は天使として振舞う。->君は天使のように振舞う、の意味になってしまう事も多いですね。
You behave like an angel. 君は天使のように振舞う。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

イド語文法編(4)

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます