エスペラント語の修正版として開発された人工言語、国際補助語です。

イド語語根辞典

マルセル・ペッシュが1964年8月2日に発表した、イド語によって定義されたイド語語根辞典(Radikaro Idala)が電子書籍(PDF)で公表されています。この辞典の日本語化を試みたいと思います。イド語によって定義されたイド語語根を、翻訳する意味はあるのかと、自問自答しています。が、ともかく、イド語の学習の一助になるかと、思って、この作業に取り組みましょう。自分のモチベーション維持のためでもあります。
原本はリンク集においていますので、興味ある方はたどってください。
あとで、気づいた事実ですが、序文部分を以前にも翻訳していました(資料室)。当時よりも、翻訳が上達しているとは思えません。精進、精進…。

表紙 Radikaro Idala イド語語根辞典

Nova Versiono Segun Dicionario de la 10 000 Radiki di la linguo universala Ido da Marcel Pesch (2. agosto 1964)
マルセル・ペッシュ(1964年8月2日)による普遍言語「イド」の1万語根辞典による新版
Riskribita per "OpenOffice.org Writer" da Jerry Muelver, Nord-Amerikana Ido-Societo, jerrymuelver@idomondo.org
北米イド語協会のジェリー・ミュエルバーがオープン・オフィスの「Writer」を使って入力、
per la skanita* versiono da Adrián Pastrana
(それは)アドリアン・パストラーナがスキャンしたものを用いた
Redaktita e korektigita da Partaka, kun helpo di Hermann Philipps e Jeff Blakeslee
ぺルマン・フィリップスとジェフ・ブレイクスリーの協力のもとパルタカによって編纂選択された
Revizo 1.0 (februaro 2010)
(2010年2月)改定版1.0

Radikaro Idala 語根辞典

DICIONARIO de la 10.000 RADIKI di la linguo universala IDO da Marcel Persiko (Marcel Pesch) ex-membro di la Akademio Editio princeps*1, 2 di agosto 1964
(アカデミー初版の前会員)マルセル・ペッシュによる普遍言語の一万語語根辞書、1964年8月2日
Omna yuri rezervita (All rights reserved). Omna exemplero di ca verko qua ne esos provizita ye mea signaturo reputesos kom kontrafaktura, e la kontrefaktinto persequesos koram la tribunali. (Marcel Pesch)
無断複製禁止。私の署名で提供されていない著作のすべての複写は偽造されたものとみなされ、偽造した者は法廷の下で追及されるだろう。(マルセル・ペッシュ)

序文 PREFACO

Dicar ke interkompreno povas eventar exkluzive segun quante la konversanti - lore aktiva, lore pasiva - atribuas a la vorti quin li uzas senco unika e perfekte definita esas truismo.
相互理解は、多くの対話者が、時には能動的に、時には受動的に、彼らが用いる唯一であり完璧に定義された意味を用いる単語に当てはめることによってのみ、成り立つのであるということは、自明の公理です。
Che la lingui nacionala, interkompreno esas desfacila pro ke, en multa kazi, granda quanto de lia vorti havante plura senci, un ek la konversanti atribuas (pro oblivio di ta plurasenceso, o pro trompo-volo) a ta o ca vorto diskuto - precipua quan lu uzas senco qua ne koincidas kun la senco expektata da la altra persono.
民族諸語において、相互理解は困難です。なぜなら、多くの場合、複数の意味を持つ膨大な量の単語の中で、対話者の一人が(その多義性を見落としたり、悪だくみをする意思を持ったりして)あれやこれの単語に、議論をもたらすからです。主に他人から期待される意味とは一致しない意味を使うのです。
Quale evitar lo? La pensisti maxim eminenta, en omna epoki, respondis, racionale: "per donar, a singla vorto, senco qua esas unika".
どうしたらそれを回避できるでしょうか?それぞれの時代の著名な思想家たちは「一つの単語に一つの意味を与えることだ」と、合理的に答えてきました。
Tala idealo ne esas realigebla che la lingui nacionala (ecepte en la domeno di la cienci, ube la defini di la termini eventas ante lia uzo - defino da la aktiva-uzero dat-unesma) pro ke ta kolekturo de la vorti quan esas la dicionario di ta o ca linguo indikas (por la personi qui uzas ta linguo pasive) omna senci, ulakaze tre interdiferanta, quin atribuas a ta o ca vorto la personi qui uzas olu aktive. Pro lo, la problemo esas nesolvebla (adminime, lu ne esas solvebla sen disipo di tempo, di energio e di pekunio).
そのような理想は民族的諸言語において現実的ではありません(科学の領域は例外。そこでは用語の定義は使用する前に行われています。最初の使用者による定義)。なぜなら、それぞれの言語の辞書である単語のコーパスは(その言語を受動的に使う人のために)すべての意味を示しているいるからです。積極的にそれを使用する人にとって、それぞれの単語は、とても異なるからです。このため、問題は解決されていません。(少なくとも、時間、エネルギー、お金の浪費なくしては解決不可能でしょう)
Kontraste, la idealo esas realigita, fakte, da la linguo universala, supleanta e neutra, t.e. da Ido - nam, che Ido,
対照的に、この理想は、実際のところ、普遍的、代替的、中立的な言語、いわゆるイド語によって、実現されているのです。
1. singla vorto havas senco unika, e ta senco esas definita precize, minucioze, - e
^譴弔涼姥譴詫0譴琉嫐を持ち、その意味は正確に、精細に定義されているのです。
2. la personi qui uzas la linguo aktive agas lo egardante (rigoroze ed exkluzive) la senco quan donis a ta vorto la Akademio di Ido, pleyado di qua la membri esis maxime kompetenta pri linguistiko, pri la cienci (kom exemplo: pri la psikologio linguo-uzala) e pri la diversa faki di la tekniki, e c.
積極的にこの言語を使う人たちは、考慮しつつ、このことを実践しているのです。言語学や科学について(例えば、言語使用の心理学など)や技術的な様々な要素についてなどで有能であった会員たちの集団である、イド語アカデミーが、その単語に(厳格で独占的に)意味を提供しています。
Ma ta realigo implikas ke, ultre lo jus dicita, omna Ido-uzero, irgaloke en mondo, disponas kolekturo de ta defini, defini per Ido ipsa.
しかしその実現は、先ほど言及した以外にも、世界のどこでもいる、全てのイド語使用者が、イド語自体を用いた定義のコンパースを自由に使えることを暗に示しているのです。
– Marcel Pesch
マルセル・ペッシュ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

イド語文法編(4)

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます