このwikiはアイドル戦国時代生き抜くアイドルを中心にアイドル関連ことを書いてます

ヲタ芸

正確にはハロー!プロジェクト結成以後、それらのファンの間で広まった言葉で、アイドルファン全般に通用する言葉ではない。

アイドルファンがライブ観覧する際、手拍子や声援だけでは飽きたらず傍目には奇異に映る個性的なパフォーマンスを行なうこと、またはその行為自体を「ヲタ芸」と呼ぶ。少人数で動きをそろえて行なわれることが多い。その行為を行うことを「打つ」と表現し、積極的に行うファンを「ヲタ芸師」と呼ぶ。


わかりやすく盛り上がることができる反面、個性的であるが故に必然的に通常の人の目には奇異に映ることが多く、また他の客の安全を阻害する要因として批難されることも少なくない。特に最近は開演中の迷惑行為として制限されつつあり、むしろ開場前や終演後のコミュニケーションツールの一つとしてコアなファンの間で「打たれる」ことが多い。また近年はライブ会場以外のアイドル系クラブイベントなどでも盛んに行なわれている。

よって他のアイドルシーンへ移りつつある「ヲタ芸」だが、ショッピングセンターなどのオープンイベントの多い他のアイドルシーンでは歓迎されない傾向がある。場合によっては「ハロヲタ≒ヲタ芸をするイタい連中」という見方をされることがある。(演者に注目されることや、目立つことを目的として奇異やっている場合もあり、「キモイ」と呼ばれることは、奇異に映る=目立っているという証拠なので、最大の誉め言葉となる)

一方、閉鎖的な環境の多いアキバ系アイドルやインディーズアイドルシーンでは応援ツールのひとつとして活用されているところもある。特に、知名度の低いアイドルの現場で行うと、そのアイドルが喜んでくれることがある。但し、その喜んでくれる様は、少しでも盛り上がって欲しいと思う切実な願いと、社交辞令の要素を含んでいることが多い(すなわち、ヲタ芸を手放しで歓迎しているとは限らない)ので、現場の空気を良く読んで、TPOを弁えて実践することが望ましい。

オタ芸が禁止された事例

2008年に開催された茅原実里のコンサートツアーでオタ芸による来場者のトラブルが発生した事を受けて、3月の東京追加公演で、「両手を左右に激しく振る、回転する、腕を振り回す、上半身を反らすなどの過激な応援行為の禁止」や、サイリウムの長さ制限など、端的に言えばオタ芸と呼ばれる諸動作を禁止行為とする為のルールが設けられた。また、器物破損や事故の発生時にはイベントの中断や中止が有り得るとも明記している。
榊原ゆいは、以前からオタ芸に対して、自身のライブでの自粛を呼びかけていたが、『DreamParty2008春大阪』でトラブルが発生した事を機に、「オタ芸の禁止、オタ芸師の来場拒否」すると自身のブログで発表した。

技一覧

OAD(オーバー・アクション・ドルフィン)

PPPH

ワンツー手拍子

マワリ

ロマンス

8の字

マトリックス

千手観音

イエローパンチョス

MIX

だーまん

ロミオ

ウルヴァリン

大阪クロール

らいおん。ブレード

でんぱスネーク

コール

コールは様々ある。基本的にメンバーの名前を叫んだりする。また「オーイング」や「L・O・V・E ラブリー○○」「俺の○○」「超絶かわいい〜○○」など言ったりもする。一部のアイドルグループではあるが口上なんかもあったする

ケチャ

低い姿勢を取り腕を手前からステージ上のアイドルの方へ振り上げるオタ芸。愛情表現の一つとされている。曲中の伴奏がブレイクダウンするパートで行われる。ステージに向かって走り、最前列で行う「走り込みケチャ」や「走り込み背面ケチャ」「ハートケチャ」「しきしゃのように左右に手を振るケチャ」などもある。語源は同様の仕草をするインドネシアの祭典からとっている。

サイリウムダンス

主に大閃光などの明るが短時間で光らなくなる使い捨てのサイリウム両手に一本ずつ持って踊るヲタ芸
サイリウムダンスの技はこちら?

Google検索

フリーエリア

アクセスカウンター

Menu

メニユー1

誕生日

&twitter_widget(576089489564561408){light}

Twitter

どなたでも編集できます

メンバー募集!