セリフ

とある日
──並木芽衣子様
芽衣子お、きたきた♪
とうに見慣れたエアメール。流れるような書体で記される自分の名前に、思わず笑みがこぼれた。
芽衣子(前に私が手紙を出してから、少し間が空いた気がするけど……元気でやってるかな?)
私は、幼い頃から手紙が好きだった。
封を切れば、嬉しい報告、面白おかしい出来事に、優しい気遣い。幸せな温度が、じわりとあふれ出す。
何度やり取りを重ねても、手紙に託した瞬間の輝きに触れるたび、心が躍った。──けれど。
芽衣子……どうしたんだろう。いつもの元気がないような……何か、悩み事でもあるのかな。
直接、そうと書かれていたわけじゃないけれど、何かが心に引っかかった。
手書きの手紙は、ささやかな心の翳りさえも映し出してしまうから。
幼馴染である彼女と初めて心を書き交わしたのは、50個の文字の形だって覚えてないときで。
手のひらをクレヨンで汚し、紙の余白を黒鉛で染め、カラフルなインクが滑らかに心の内を綴ることを覚えた頃。
私たちは、周囲の人々から「まるで姉妹のようだ」と言われることに、すっかり慣れていた。
一緒にいると楽しくて、居心地がいい。私が、一番私らしくいられる場所だった。
きっと……大人になってもずっとこの距離感で付き合っていくんだと、疑いもせずに思っていて。
だから、高校卒業後の進路について、二人で初めて真剣に語り合ったあの日。
彼女の口から出た言葉に、私の世界がひっくり返る心地がした。
幼馴染そっか〜。芽衣子は、地元で就職する予定なんだ。
芽衣子うん!東京で働くのも憧れるけど……やっぱり、地元が好きだから♪
幼馴染芽衣子らしいね。……私さ、卒業したら、留学しようと思ってるんだよね。
芽衣子えっ、留学……!?どこに?何しに?
幼馴染語学の勉強をするために、ヨーロッパの方に、ね。
芽衣子語学の、勉強……。
幼馴染あはは、驚いてる。そうだよね。自分でもビックリしてるもん。
幼馴染でもね、きっかけをくれたのは、芽衣子なんだよ。
芽衣子私?
幼馴染うん。ほら……昔、芽衣子から、オススメの旅行記の本、プレゼントしてもらったでしょ?
芽衣子あ……フィンランドの?
幼馴染そうそう。衝撃的だったなぁ。それまで、海外での暮らしなんて、夢に見たこともなかったから。
幼馴染で、実際に足を運んだり文化に触れたりしてるうちに、昔話とか文学にも、興味が湧いてきちゃってさ〜。
幼馴染翻訳家になりたいなって思ったんだよね。
幼馴染旅行記とは違うけど……私なりに、フィンランドの美しさを、日本に広めたいなって。
幼馴染……なんて、かっこつけすぎ?
芽衣子う……ううん!すっごく素敵だと思う!私、応援するよ!
幼馴染ふふ、ありがと。芽衣子にちゃんと伝えられて、よかった。
芽衣子こちらこそ、ありがとね。でも……そっかぁ。ちゃんと考えてたんだね、将来のこと。
幼馴染いやぁ、そんな大層なものじゃないけどね。ただ、「やりたい」って気持ちが強いだけで。
芽衣子ううん、すごいよ!私なんてまだ、自分が何をしたいのかとか、全然わからないからさ。
幼馴染芽衣子にも、きっと見つかるよ。
芽衣子叶えたい夢……とか、そういうやつ?
幼馴染うん。そしたらさ、この町に、芽衣子の好奇心は収まりきらないかもね。
芽衣子ふふっ、そうかな?それってなんか……ワクワクするね♪
幼馴染でしょ?私は一足先に旅立つだけ。芽衣子も、自分だけの夢を見つけてね。
芽衣子うん……ありがと。離れてても、私たち、ずっと友だちだよね?
幼馴染何言ってんの……当然でしょ!
それから数か月後、彼女は夢に向かって日本を発った。私も、第一志望の地元の会社で働き始めた。
彼女がいない違和感は、日々の忙しさに溶けていく。
そんな折、ときどき届く幼馴染からの手紙は、私にとって、初めて紐解く物語のようで。
まるで宇宙の果てのお話のような、どこか他人行儀な感動があった。
そして……数年が経ち、仕事にも慣れて、たまの休日に、海外旅行へ行くのが息抜きになった。
大人になって、行きたい場所に行けるようになり、毎日がそれなりに楽しい。
もっといろんな場所に行ってみたいと、とめどなく想像も膨らむようになった。
芽衣子(これが、私の「叶えたい夢」……なのかな?よく、わからないな……。)
芽衣子(うーん、やめやめ!週末は、久しぶりに東京観光に行くんだから!めいっぱい楽しむぞー!)
特に目的はなかったけれど、ふと思い立ったので、東京行きを決めた。
たくさんの人が行き交う東京で、私の人生を180度……とまではいかなくても、
ほんのちょっとだけ、前を向く元気をくれるような出逢いを、期待していたのかもしれない。
芽衣子わ、私が……アイドル?
芽衣子最高の景色……私、見てみたい。あなたが、見せてくれるの?
あの人の言葉を聞いて、ずっと霞がかかっていたような視界が、一瞬で開けて、光が差した。
芽衣子(……この目の前の道は、いったい、どこに繋がっているんだろう?)
久しぶりに感じる、私の背中を押す大きな衝動。
この熱いときめきに身を任せて、どこまでも突き進んでいこうと、決めた。
芽衣子(……と、決心したものの……あの子に伝えるのは、まだちょっと恥ずかしいな……)
生まれたての情熱を手のひらにそっと乗せてみる。嬉しいような、くすぐったいような、特別な気持ち。
あの日……私に夢の欠片を見せてくれたとき、あなたもこんな気分だった?
プルルルル……
芽衣子わわっ!電話!?……も、もしもし!?
幼馴染『あ、芽衣子?なんか焦ってるみたいだけど……今、大丈夫?』
芽衣子だ、大丈夫!どうしたの?電話なんて、珍しいよね?
幼馴染『「どうしたの」なんて、それ、私が言いたかったセリフだったんだけどなぁ』
芽衣子え?
幼馴染『手紙。なんか元気ないみたいだったから……でも、平気そうだね?』
芽衣子あ……あ〜!そんなつもりじゃなかったんだけど……心配かけちゃって、ごめんね。
幼馴染『何年、文通してると思ってるの。すぐにわかるよ。……たぶん、もう解決したのかもしれないけどさ』
幼馴染『もし何か、伝えたい話があれば……聞かせてほしいな』
芽衣子……ふふ、さすがだね。じゃあ、聞いてくれる?
芽衣子見つけたんだ、私も……絶対に、叶えたい夢!
芽衣子(……そうだ。今度は、私が電話をかけてみよう。それで……ただ、そっと寄り添ってあげたい。)
芽衣子(あの子が……あのとき、私にそうしてくれたみたいに)
プルルルル……プッ
芽衣子あっ、も、もしもし?私……芽衣子だよ!
今はまだ、お互いに道の途中。いつか……目指す場所に辿り着いたら、たくさん語り合いたいね。
とっても素敵な、旅の物語。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

お仕事

お仕事

イベント

アイロワ#52

リンク

ゲームに有用なリンクは上の各種データ・リンク集にあります

AD

フリーエリア

どなたでも編集できます