JRK樺太旅客鉄道株式会社 http://jr-karafuto.jimdo.com/ の世界設定に関するwikiです。掲載事項には史実でないものが含まれますのでご注意ください。

樺太東線
総延長438.9 km
電化交流20,000V(大泊駅? - 落合駅?)
軌間1,067 mm
接続路線豊水線豊真線川上線真久線
樺太東線(からふととうせん)は、樺太庁大泊市?大泊駅?から樺北市?半田国境駅?(428.6km) までと、落合市?落合駅?から栄浜駅?(10.3km) までの枝線からなる樺太旅客鉄道の鉄道路線。



運行形態


当路線の運行形態は主に5つの区間に分けられる。
大泊駅 - 落合駅間
大泊駅から落合駅までは全線複線で、交流電化されている。普通列車は大泊駅? - 豊原駅 - 落合駅?間を直通列車の他に、区間便が多数設定されている。
また落合空港アクセス列車である空港快速?が大泊駅 - 豊原駅 - 落合駅間で運転されており、ローカル輸送にも広く利用されている。
落合駅 - 真縫駅間
落合駅からは非電化区間になるが、一部区間は複線化されている。
特急スーパーまみやスーパー海豹海豹が合わせて12往復運転されているほか、北サハリン方面直通夜行の「北極星/ПОЛАРИС?オーロラ号?」号も運転されているが、普通列車の本数は少ない。
普通列車の多くは樺太東線知取方面や真久線と直通している。また、1日1往復のみ快速「しらうら」が豊原駅 - 真縫駅間を直通運転している。
真縫駅 - 敷香駅間
特急スーパー海豹海豹が合わせて6往復運転されているほか、北サハリン方面直通夜行の「北極星/ПОЛАРИС?オーロラ号?」号も運転されているが、普通列車の本数は少ない。
普通列車は敷香駅?に近いほど多く運転されている一方、三浦峠を越える真縫駅 - 近幌駅間では快速を含めて3往復しか運転されていない。1日1往復のみ快速「帆寄」が特急スーパーまみやに接続して真縫駅 - 敷香駅間を運転していたが、2015年3月ダイヤ改正で普通列車に格下げされた。
敷香駅 - 半田国境駅間
特急海豹?が1日2往復運転されているほか、夜行の「からふと/サハリン」号も運転されている。
普通列車は特急列車に接続して運転されているが本数は少なく、古屯駅?まで6往復、半田国境駅?までは3往復のみの運転である。
落合駅 - 栄浜駅?
普通列車14往復が運転されている。うち2往復は樺太東線豊原駅(1往復はさらに大泊駅?まで)直通運転している。

歴史


駅一覧


樺太東線


栄浜枝線

‖:複線区間、|:単線区間、∧:複線区間起点、∨:複線区間終点、◇:交換可能駅

このページへのコメント

資源いっぱいの樺太ではなくて資源いっぱいの大陸だよ。

0
Posted by 名無し(ID:7QRoLHZGLA) 2021年05月28日(金) 00:07:50 返信

三ノ沢通過は許されないゾ

4
Posted by 黒坂ねう 2018年08月24日(金) 18:25:41 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

編集にはIDが必要です