作成者:ruslan

参考資料:強くなる近道 力学でひもとく格闘技



右ストレートの威力を決定づける要因は、大きく二つに分けられます。
/燭団召案Г濬个掘△修寮いを対象物に伝えるための並進運動
∩歓箸鯏切に活用し、拳に運動を伝えていくための回転運動

並進運動は容易にイメージできると思います。
ラグビーのタックルや相撲の立合いでは、真っ直ぐ勢いよくぶつかりますが、それは対象物に強い衝撃を与えるためです。
ストレートも同様に、鋭く、真っ直ぐな踏み込みによる並進運動が、対戦相手への強い衝撃につながります。

回転運動は、(オーソドックスと仮定して)右半身は左回りに回転、左半身は回転に抗うようにブレーキとして機能させることです。
では、なぜ左半身はブレーキとしなければならないのでしょうか。

仮に右半身と左半身が連動していたとします。
骨盤から上体へ、そして腕へ、と回転が末端部から先端部へと次々と起こり、最終的に腕が前方へ放たれます。この時の体勢はどうなっているでしょうか。
体が左へ左へ押し寄せられ、全身が左方向に流れています。
つまり左半身がブレーキとして機能しないと、体が流れてしまうのです。

逆に言えば左半身をブレーキとすることで、体が流れるのを防ぐことができます。

では体が流れるのを防ぐと、どのようなメリットがあるのでしょうか。
第一に運動の連鎖を確実なものにすること、
第二に筋肉の収縮により強い力を発揮することです。

運動の連鎖とは、骨盤から始まる一連の運動を順次、体の先端部へと取り次いで行き、最終的には拳に集約させることです。
体が流れていると、骨盤→肩→腕という連鎖過程が曖昧になってしまいます。なぜなら左半身が右半身につられて動いてしまうため、最悪の場合、全身が連鎖することもなく一体となって動いてしまうからです。

ですが左半身をブレーキとすることで、右半身の連鎖過程をより鮮明にすることができます。
つまり運動連鎖をより確実にすることで、全身の力を効率よく拳に集約することができるのです。

これを唐竿効果と呼ばれるメカニズムで、「回転にブレーキをかけることで、その先の部位に回転が伝導する」ことを利用しています。
例えば「ビンタ」を想像してください。
相手の頬の表面をバチンと叩くとき、多くの方が無意識で、当たる直前に振りかざした方向からブレーキをかけるように腕を戻しています。
それは末端部の腕でブレーキをかけることで、関節を通じて先端部の手の平へと回転が伝わり、素早くスナップが効いたビンタを放つことができるからです。

筋肉の収縮により、強い力を発揮することを「SSC」(Stretch Shortening Cycle)といいます。
SSCとは、筋肉が外的な要因によって伸ばされると、伸張反射によって無意識に筋肉が収縮しますが、その時に通常時よりも強い力が発揮されるというメカニズムです。

例えばピッチングをするときには、誰しも無意識的に大きく振りかぶります。
それは振りかぶって投球する勢いにより、胸や腕の筋肉(実際には腱も)が大きく引き伸ばされており、SSCを発生させて運動量を増幅させているのです。

ではこれをストレートで考えてみましょう。
左半身が回転に抗っているため、右半身の骨盤が回転すると体幹部が引き伸ばされます。つまりSSCが起こっているのです。
しかし左半身がブレーキと機能していなければ、右半身の回転に迎合してしまい、体幹部が伸ばされず、SSCも起こりません。
これが体幹部だけではなく、全身単位ともなれば、大きく威力に違いが生じてきます。

説明が煩雑になってきたので、ここまでを簡単にまとめると以下のようになります。

回転運動とは「右半身は左回りに回転、左半身は回転に抗うようにブレーキとして機能させる」こと

左半身をブレーキとする理由は「体が流れるのを防ぐ」こと

体が流れるのを防ぐと「運動連鎖」「SSC」という点においてメリットがある

そもそも回転運動の意義が運動連鎖とSSCであり、左半身のブレーキがなければ回転運動の意義をほとんど成し得ないのです。
もちろん、それと同時に右半身を左方向に回転させなければ何も始まりません。



総論の結論として

(多扮親唖鋭く、真っ直ぐ踏み込むこと
回転運動→右半身は左回りに回転、左半身は回転に抗うようにブレーキとして機能させる

という2点を遂行すれば、自ずと右ストレートを適切に放つことができる、ということになります。

このページへのコメント

ありがとうございます!

お時間のある時で構いませんので、よろしくお願いします^^

0
Posted by iggy 2011年04月09日(土) 03:12:26 返信

>iggyさん

リクエスト了解しました!
これを機会に研究するキッカケにもなりますし、近日中に書きたいと思います。

0
Posted by ruslan 2011年04月08日(金) 23:18:43 返信

いつも楽しく拝見しています。

リクエストという形になるかと思いますが、もし可能でしたら、左フック(オーソドックススタイル)についての考察を書いていただくことはできますか。
左フックを打つ際に拳を返す選手(魔裟斗等)と縦拳の状態で打つ選手(自演乙等)がいるのですが、それぞれのメリット・デメリット等をお聞きできれば嬉しいと思っています。
もしよろしければ、よろしくお願いします。

0
Posted by iggy 2011年04月06日(水) 16:12:23 返信

ruslanさん返信ありがとうございます。

>具体的な方法については、もちろん「各論」としてこれから順次追加していきます。

そうでしたか。フライングしてしまいすいません 苦笑
左足と肩甲骨の「止め具」という表現非常に分かりやすいです。
早速これを意識して練習を行いたいと思います。
続編の各論も楽しみにしております。

今後とも宜しくお願い致します。

0
Posted by ペペ 2011年04月01日(金) 22:29:51 返信

左半身のブレーキといっても、無理矢理に左半身の動きを止めてしまうと、大抵は上手くいかないと思います。
あくまで自然に一連の動作を起こさなければ、必ず動きの過程で粗が出てしまうからです。

イメージとしては、ガチガチに固めるというよりは、これ以上動かさないための「止め具」です。
例えば左足を内側に向けた状態で、腰を回転させるとどうなるでしょうか。
おそらく左の内モモが勝手に左腰の動きを止めてくれるはずです。

このように左足を「止め具」と機能させた上で、通常の動きを行えば勝手に腰のブレーキになってくれます。

同様に左の肩甲骨を広げて上体を回転させれば、これも肩甲骨が止め具となってくれます。

基本的にブレーキ方法は、以上の「左足の締め」と「肩甲骨を広げる」だけです。
これに関しても各論において詳細に記していきますので、これからも閲覧して頂ければ嬉しい限りです。

0
Posted by ruslan 2011年04月01日(金) 00:10:56 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!