ImgCell-Automaton。 ここはimgにおけるいわゆる「僕鯖wiki」です。 オランダ&ネバダの座と並行して数多の泥鯖を、そして泥鱒をも記録し続けます。

フリー素材

基本情報

【氏名】ユリアン・フォン・ドムス
【性別】男
【年齢】20代
【出身】ドイツ
【身長】164cm
【体重】56kg
【髪色】黒
【瞳色】黒

【イメージカラー】緑
【好きなもの】ギリシャ神話
【苦手なもの】昆虫

【起源】憧憬
【属性】水
【魔術特性】氷結

イメージ画像

聖杯戦争中の服装


特技・特性

ギリシャ神話

ギリシャ神話についてうるさい。
特に好きなのは天地創造とトロイア戦争。メタモルポセスにも幾つかお気に入りのエピソードがある。
彼にとっての聖典はイリアス・オデュッセイア・ビブリオテーケーの3つ。特にビブリオテーケーは常に持ち歩いているほど。

共振記憶

ユリアンの持つ真の能力。
時系列とか整合性とか考えるのが面倒なため、自身が参加した全ての聖杯戦争の記憶を持つ。
たとえ舞台が異世界でも、遠い過去や未来でも。

礼装

永久氷柱(アエテルヌム・グラキエス)
決して融けない氷を産み出す、水属性の礼装。
氷の応用範囲は広く、攻撃に使ったり動きを封じたり鏡代わりにしたりと便利。
魔術師としての腕前は然程高く無いが、シンプルな氷魔術の応用は、時に実力以上の力を発揮する
ただし脆いので物理的な破壊力は高くない。

鋼鉄の紳士(フェルム・アルマトゥーラ)
大型の特殊なベルト。
スイッチを入れることで瞬時に全身鎧を装着することが出来る。
いわばヒーロー変身ベルトを高性能に魔改造したようなもの。
肝心の鎧そのものには重量軽減と空調機能程度の魔術しか備わっていないため防御効果はほぼ無い。

内気な人形(ウェレクンドゥス・ネウロパストゥム)
ユリアンが使役する使い魔。
適当に調達した人形にコアを入れれば動く。基本的にカメラを持たせて諜報に使う。
コストが安く動作も簡単な分、諜報活動以外には適さず戦闘などもってのほか。勝手に動いてくれるビデオカメラ程度の存在。
名前が長いため、普段は『デーボ』という愛称で呼んでいる。

人物像

ギリシャ神話を読み耽りつつ、適当に魔術の研究をしている青年。
根源に興味が無いわけではないが、それよりギリシャ神話の方が重要。
礼儀作法はある程度身につけているが、好きなものにばかり興味を示し精神的には子供っぽい。


【一人称】俺 【二人称】あなた・キミ 【三人称】彼・彼女・あいつ

コンセプト

シュリーマンくずれの現代人。
とにかくギリシャ神話についてはうるさい。

外見

どこにでもいそうな普通人。
緑色の服を好み、どこか苔がむしたように見える。
聖杯戦争時は黒のフルアーマーを着用するというどこからどう見ても不審者な格好になるが、これは単に趣味。
サーヴァント相手なら鎧とか意味無いだろと知っているので、防御の狙いは皆無。

性格

割となんとなく生きており、身の回りのことに頓着しないだらしない性格。
決して悪い人間ではなく、ややすれば臆病。一般的な常識とマナーはあり、目上の人間や親しくない者にはかなり腰が低い。
夢であるギリシャの大英雄とはかけ離れた人間であることは自覚しており、そんな自分を変えたいと思っている。
なお臆病さは慎重の表れであり、特にホラーが苦手というわけではない。
その場のノリで発言することが多く、女性の評価は芳しくない。

行動規範・行動方針

基本的にサーヴァントに従う。
オノテレイアがパートナーでない場合は聖杯に対する願いもあまり無い。

願望・衝動

ギリシャの英雄と一緒に戦いたい。
あわよくばオノテレイアを現世に留め、共に暮らしたい。

参戦理由

ギリシャ神話とか好きだから。
もしガチャに失敗してギリシャ由来でない鯖を引くとめっちゃ落ち込む。
でも英雄には憧れるので言うことは聞きます。

サーヴァントへの態度

ギリシャ由来ならはしゃぎ回り、最高の礼を尽くす。
ただしサーヴァントが悪人であれば、令呪でのコントロールか自害を命じる。

役どころ

あいつギリシャ神話のことになると早口になるの気持ち悪いよな。
生き残りを考えるため、マスターとしては逃げ腰。
しかし英霊の判断の方が自分より優れていると考えているため、基本は英霊の方針に従う。
聖杯への興味は無く、運良く取ったら根源に到れればいいかな程度。

来歴

魔術師としてはごく平均的。
時計塔に留学し、そのまま就職。教授ではなく、庶務を行っている。
仕事中に聖杯戦争について小耳に挟み、ギリシャ神話の英雄をマジで目に出来るチャンスじゃね!? と焦って参戦を決める。


聖杯戦争のパートナー

オデュッセウス
聖杯戦争でユリアンが召喚したサーヴァントその1。
嘘の吐き方や演技が下手で、戦闘では硬直して動けないなど当時はマスターとして三流であり、オデュッセウスも多少頭を痛めていた。
ユリアンは彼女の最期を看取った際、伝説と相違ない最高の英雄だったと告げた。
この言葉で心の晴れたオデュッセウスは、自分の大ファンであるマスターにもっとカッコイイ所を見せてあげたかったと、少しの悔いを含めた冗談を言い残し、消滅した。

モントリア
聖杯戦争でユリアンが召喚したサーヴァントその2。
ギリシャの英雄でなくてガッカリしたが、馬役としてココナッツをちゃんと叩いたりそれなりに真面目にマスターしていた。
しかしモントリアが一撃で吹き飛ばされ、彼女の治療をしてる内に聖杯戦争は終わってしまった。

ゼノビア
聖杯戦争でユリアンが召喚したサーヴァントその3。
何の間違いか優勝してしまい、初の聖杯ゲットのパートナーとなった。
しかし、嗜虐心を煽られたのか彼女が敗北する世界線を覗き見ることを聖杯に願い、無様な断末魔を見て満足。
ついでに聖杯から結婚指輪をもらったが、渡そうとした女性の悉くに拒否られてしまった。ゼノビアに指輪を渡す気は無いらしい。
戦争が終わって契約は解除されたが、ゼノビアは何故か現界を続けており、ユリアンの家に居座っている。
基本的に世界制覇の計画を練り続ける生活を送っており、要するに穀潰し。

ペンテシレイア
聖杯戦争でユリアンが召喚したサーヴァントその4。
憧れのギリシャの英雄であり、ネームバリューも充分なため興奮気味。
別れの際にはアキレウスより良い男になれと言葉を残される。

アイアス(小)
聖杯戦争でユリアンが召喚したサーヴァントその5。
召喚した途端危険性を察知し、令呪での自害を試みる。
しかし今回の小アイアスには狂化と共に理性蒸発・精神汚染までかかっており、令呪三画でようやく『マスターの意識がある内は霊体化している』という限定的な拘束しか行えなかった。
他のマスターとの協力(?)体制を敷くも、途中で女性を見て興奮した小アイアスが暴れだし、ユリアンの魔力を急激に吸い上げ気絶。
結局後始末はコンラに任せることとなった。
召喚に用いたのは、トロイアで使われた錆びついた短剣。

アキレウス
聖杯戦争でユリアンが召喚したサーヴァントその6。
ヘラクレスに勝るとも劣らぬギリシャ随一の英雄に大興奮。
魔力はなんかハイテンションでなんとかなった。
結局負けてしまったが、敗因は自分の采配が原因であり、何よりトロイア戦争の一端を間近に見れたことに満足している。

オノテレイア
聖杯戦争でユリアンが召喚したサーヴァントその7。以後、ユリアンが召喚するサーヴァントは基本的にオノテレイアに固定されている。
のんびり屋な彼女とは妙にウマが合い(ロバだけど)、聖杯戦争中は彼女の手料理で食卓を囲んでいることが多い。
目下のところ、オノテレイアを現世に留めて共に暮らすのが望み。

対戦相手

守花代和
3回目の聖杯戦争で聖杯を争ったマスター。
某ゲームキャラのコスプレをしていると勘違いしている。
ヘビの匂いがするとしきりに喩えたが、別に彼女の体臭をくんくん嗅いでいたわけではない。

宮本武蔵
3回目の聖杯戦争で戦ったサーヴァント。
あまりの強さに引いていた。しかし、ギリシャ神話以外には疎いため彼の真名までは暴けなかった。
普通なら勝ち目は無い相手。

ウィル
4回目の聖杯戦争での対戦相手。
サーヴァントから下劣扱いされるわマスターからは怯えられるわで良好な関係とは言い難い。
ウィルが怯える姿を見て良心の呵責に苛まれたことも。

スカサハ
4回目の聖杯戦争での対戦相手。
どこかで何気なく呟いた独り言を何故か聞かれた挙句ブチ切れられ第一印象は最悪のモノを持たれていた。
実際に顔を合わせても下劣だの軟派だの罵倒され評価は散々であり、そこまで言わなくても……と少し傷ついていた。
でも求婚はしたし勿論振られた。

コンラ
5回目の聖杯戦争での対戦相手。
制御しきれなかったアイアス(小)を倒してくれたことに非常に感謝している。

同盟相手

フランソワ・ヴィドック
4回目の聖杯戦争での同盟サーヴァント。聖杯戦争時はディテクティブではなくアサシンだった。
ちょっと悪ぶってるけど普通に良い人そうなので、真っ当な英霊として尊敬している。
彼の宝具でスカサハのスリーサイズを暴くように要求し、代金の500ユーロは彼のマスターにしっかり手渡した。

藤堂立夏
3回目の聖杯戦争での同盟相手及び、5回目の聖杯戦争での対戦相手。
一度は求婚してフラれたが、以後年の割にしっかりした女の子として信頼している。
特にアイアス(小)を倒してくれたことには感謝しており、恩人の様にも思っている。

コメント

TRPG用鱒。
参加する度に関係者が増える。

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

【初めて来た人へ】

【その他企画】

【動画】

 

泥ガチャ
(現在カード18種)

Wiki内検索

News

泥HPATK計算機

レア度
クラス
ステータス傾向
筋力
魔力
敏捷
耐久

※小数点以下切り捨て
 HP
初期HP
最大HP

 物理タイプATK
初期ATK
最大ATK

 魔術タイプATK
初期ATK
最大ATK

DL版HPATK計算機
計算式ソース:
https://www9.atwiki.jp/f_go/pages/1341.html
Java Scriptソース:
http://www.hajimeteno.ne.jp/dhtml/dist/js06.html

どなたでも編集できます