会社設立・登記の仕方・方法から用語解説まで詳しく紹介していきます。

新会社法 成立の背景

これまで日本の法制には会社法という法律はありませんでした。一般に会社法というと「商法」「有限会社法」「株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律」という3つの法律を指しての呼称にすぎなかったのです。しかもこれら3つの法律は、それぞれ明治32年、昭和13年、昭和49年に施行されたもので、大変古く、適用についてもわかりにくいものでした。そこで、今まで形式だけであった商法から時代にあった法律をという声を受けて、新会社法は誕生したのです。

その中身も現代に適したように変更されています。たとえば、意欲を持った人が次々と起業しなければ新陳代謝も起きず日本経済を活性化させることはできません。そこで株式会社の設立に際して出資すべき額の下限額を撤廃することで、新たに会社を設立しやすくしています。

また、会社の事情に応じた組織体制を選択できるように合同会社LLPといった組織も選択できるようになりました。




新会社法とは? | 新会社法 成立の背景 | 新会社法 主な改正点
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

AD


税理士紹介

Menu

合同会社設立

合名・合資会社設立

合併・清算・解散

会社設立時の助成金

会社設立書類届出先

公証役場

都道府県税事務所

労働基準監督署

AD


会社設立,法人登記




フリーエリア


まちかど公共掲示板

メンバーのみ編集できます