会社設立・登記の仕方・方法から用語解説まで詳しく紹介していきます。

新会社法とは?

新会社法とは、平成18年5月から新しくスタートした法律です。

それまでは「会社」に関する法律というのは、商法や有限会社法などバラバラで、一つの法律にまとまっていませんでした。

そこで会社に関する法律を一本にまとめて再構築し、あわせて大幅に改正が行われたのが新会社法です。改正ポイントの中でも特に有限会社の制度は廃止され、株式会社に一本化された事は大きなポイントです。

新会社法 主な改正点

有限会社の制度が廃止されたことにより、新しく有限会社を設立することができなくなりました。また、株式会社の制度と有限会社の制度をまとめたことにより、規模が大きくなることを想定した形態の株式会社の設立のみならず、取締役一人のみといった今までの有限会社のような株式会社も作ることができるようになりました。

など。

特に最低資本金制度が撤廃され、資本金を1円から自由に決めて株式会社が設立できるようになった事、株式会社設立の手続が簡単になった事、合同会社という新しい会社形態ができたなど、起業しやすくするための制度が新会社法では多く盛り込まれています。





新会社法とは? | 新会社法 成立の背景 | 新会社法 主な改正点
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

AD


税理士紹介

Menu

合同会社設立

合名・合資会社設立

合併・清算・解散

会社設立時の助成金

会社設立書類届出先

公証役場

都道府県税事務所

労働基準監督署

AD


会社設立,法人登記




フリーエリア


まちかど公共掲示板

メンバーのみ編集できます