会社設立・登記の仕方・方法から用語解説まで詳しく紹介していきます。

相対的記載事項


相対的記載事項とは、記載しなくても定款が無効になることはないが、記載することにより法律的な効力を持つ項目のこと。
相対的記載事項の内容は以下の通り。

  1. 設立に際して発行する株式に関する事項
  2. 株式の譲渡制限
  3. 株券の発行、単元株制度等
  4. 株主名簿の閉鎖と基準日
  5. 取締役会や会計参参与・監査役などを置く旨
  6. 取締役等の任期の伸長
  7. 監査役の監査権限の限定
  8. 設立時の取締役等(発起設立の場合)
  9. 株主総会の招集期間の短縮 など




会社設立用語 さ行へ戻る
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

AD


税理士紹介

Menu

合同会社設立

合名・合資会社設立

合併・清算・解散

会社設立時の助成金

会社設立書類届出先

公証役場

都道府県税事務所

労働基準監督署

AD


会社設立,法人登記




フリーエリア


まちかど公共掲示板

メンバーのみ編集できます