「架空国家を作ろう」のwikiです。メンバー申請はLobiまで

オスマン帝国 太上皇
在位1992年~2019年
別号太上皇陛下
個人情報
出生1965年7月18日
没年ーー
アルシェード・オスマン
配偶者リリース・レヴィオン
子息スレイマン三世
母親ルイス・レヴィオン
父親コンスタンノス二世
職歴
歴任エディルネ知事
軍歴
軍階級ーー
歴任最高統帥
陸軍中尉(皇太子時代)
その他
称号太上皇陛下
宗教レヴィン教 ヴルスト派
概要
アムルースク=オスマン帝国の第39代皇帝。
当時、若干20歳で皇位に即位した若い皇帝であるため、政務の補佐を大宰相ロンメルに任せていた。
彼自身は父帝コンスタンノスと似て政治への意欲がめっちゃある。また、遠洋海軍の建設を目指して奮闘中。
本名はアルシェード・オスマン=アハミト。

経歴

成人まで

1965年、アムルースク=オスマン帝国の旧欧州総督府が置かれていたソフィアのオスマン家邸にて生まれる。
父であるコンスタンノス二世にとっては初子である。
その為、コンスタンノスは彼を寵愛しまくった。
そんなアハミトを寵愛する中、コンスタンノスは突如としてイスタンブールのトプカプ宮殿から政務所をブルサの「ティニエ城」に移し、アハミトもこれに従って父と共にブルサに引越した。
ブルサでは様々な事を学び、父と少ない時間を共にした。
1985年、オスマン帝国の皇太子として成人した。

成人後、即位まで

1992年1月にコンスタンノス二世が危篤に陥り、アハミト一世は母のルイス・レヴィオンと共にブルサへ急行した。
1992年4月、父帝コンスタンノス二世が崩御。
コンスタンノス二世の遺言に従い、母と共にイスタンブールのトプカプ宮殿へ移る。
また、アハミト一世の後見人として先帝より仕えていた大宰相イノニュが就任。
トプカプ宮殿の本殿にアハミト一世が、旧ハレム御所に皇太后ルイスが、そしてトプカプ宮殿の右殿に大宰相イスメト・イノニュと管領テューダー・パシャ?が入城した。

退位

2019年、5月19日に退位し、皇位を息子のスレイマン三世に譲位して自身は太上皇となった。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

国家

関連ページ

政治・外交

省庁

司法

外交

その他

映像・情報

娯楽

スポーツ

文化

架空世界設定

設定一覧

メンバーのみ編集できます