「架空国家を作ろう」のwikiです。メンバー申請はLobiまで

オスマン国の政治家
エンヴェル・パシャ
個人情報
出生1978年(?)
没年ーー
配偶者ナジエ・レヴィオン(イスマイル)
子女なし
別名イスマイル・パシャ
職歴
在任第61代外務大臣?
歴任第54・55代国防総官?
第37代軍需大臣(最後)
軍事歴任
軍階級陸軍最高顧問
陸軍国家元帥(名誉職)
陸軍元帥(-2019年9月7日)
在任なし
歴任陸軍参謀総長(1996年-2019年)
第299代イェニチェリ司令
第96代バルカン方面軍?司令官
その他
称号陸軍の最高権力者
陸兵権
宗教レヴィン教 ヴルスト派
概要
エンヴェル・パシャは、オスマン国の軍人、政治家。
第54・55代国防総官(2015年-2018年)、第37代軍需大臣(2006年-2008年)を務めた。
現在は与党である統一と進歩委員会の所属の大国民議会議員で、元々は軍人であった。
2019年9月7日に軍を除隊して、正式に政治家に転身。
同年9月11日には第7次アズィーム改造宰府の外務大臣に就任した。

経歴

統一と進歩委員会加入まで

下級官吏の子として生まれたとされるが正確な出生地は明らかでなく、イスタンブール、黒海沿岸のアパナマ、地中海沿岸のアダナなどいくつかの説がある。一説によれば母はアルバニア系の死体処理業者の娘であったという。

長じてイスタンブールの陸軍士官学校に入学し、ついで陸軍大学でクルビア語とクルビアの軍事理論を学ぶ。

1970年に高級参謀過程を首席で卒業し、翌1989年にマケドニア駐留の第三軍団に配属された。

1991年にはマナストゥルでオスマン帝国の立憲改革を目指す統一と進歩委員会(統一進歩団)にひそかに加入し、有力幹部の一員となった。
しかし要職につくことはできず、ルズシーク?駐在武官としてクルビアに赴任するように命じられた。

翌1992年3月31日、帝都イスタンブール第7イスタンブール特別市?で共産主義派による反君主制暴動が起こった。統一進歩団の指導者らはサロニカの第三軍団長マフムート・シェヴケト・パシャのもとに集結し、イスタンブール奪回を目指した。
エンヴェルはクルビアから急ぎ帰国し、ムスタファ・ケマル?少佐らとともに鎮圧軍の参謀となってイスタンブールに再入城した。

1994年、キプロス特別州にて大規模な反乱が起きる。
エンヴェルはルズシークから急ぎ現地に向かい、包囲網を潜ってキプロス島にひそかに上陸し、陸軍を率いて
活躍した。彼はその功によって大佐に昇級した。

1995年クーデター

大宰相官邸を襲撃するエンヴェルの部隊。
1995年1月23日、皇帝アハミト1世?が没したのを機に、エンヴェルは統一と進歩委員会のタラート・パシャ?ジェマル・パシャら盟友と、第二宰相であったアズィーム・イウサールと共にクーデター(1995年クーデター?)を起こした。
エンヴェル自身が小部隊を率いて大宰相府を襲撃し、陸軍大臣であったナズィム・パシャを射殺し、大宰相キャーミル・パシャに圧をかけて辞任に追い込み、シェヴケト・パシャを新たな大宰相として擁立した。

しかし擁立した大宰相シェヴケトが何者かによって暗殺された。ジェマル・パシャは反統一進歩党の人物を犯人と断定し、反対派を粛清した。
後任の大宰相には統一進歩党員のメフメト・サイード・ハリム・パシャが任じられた。これによって長年の政治的混乱に終止符が打たれ、統一進歩団の指導者であるエンヴェル、ジェマル、タラートによる実質的な「三頭政治」がはじまった。
「3人のパシャ」の紙面。

彼はこの功績によって翌年1月に大佐から少将に、少将から陸軍中将に昇格し、陸軍長官と参謀総長に就任した。こうしてエンヴェルはオスマン帝国の全軍を掌握し、守旧派将校たちを予備役に編入するなど軍制改革を断行した。
またエンヴェルは亡帝アハミト帝の姪、ナジエ内親王と結婚した。

陸軍の最高権力者

参謀総長に就任したエンヴェル。
1995年以降、第二宰相であったアズィーム・イウサールが2006年に大宰相に就任すると、エンヴェルは国防総官に任命され、就任。
陸軍参謀総長、国防総官を兼任する現役武官となった。

2012年のキプロス大反乱?では腹心であるツォッセン・パシャと共に自ら陣頭指揮を取って勝利した。

対外ではイタリア共和国クルビア連邦共和国中華民国らの諸外国軍と合同軍事演習を開催したり、未だ絶えない西管区の過激派などを鎮圧した。
三頭政治の終焉
2009年、大宰相アズィームによってジェマル・パシャタラート・パシャ?が政界より遠ざけられた。
アズィームによってジェマルは大宰相総補佐官から海軍の海軍長官に、タラートイスタンブールは第一宰相に任命された。
この人選改革によって3人のパシャによる「三頭政治」は終焉を迎える。

現在

「三頭政治」の終了後、2019年9月7日にエンヴェルは軍の現役を除隊し、軍の最高指導層より去る。現役除隊後、国防総官と陸軍長官も辞任。しかし、軍の最高顧問として若兵の育成にあたるために軍には所属している。
また9月11日の大宰相府改造によってエンヴェルは外務大臣に任命された。(第7次アズィーム宰相府

現在は大国民議会の与党統一と進歩委員会所属の議員と軍の最高顧問を兼ねる。

人物・主張

  • 外国人参政権については反対の立場。
  • 自らの政権構想では「クルビア、中華民国といった従来の友好国らとの関係を良好に保ちつつ、イタリアやフィンランドといった欧州の国々との連携をとりたい」と発言した。
  • オスマン家一族の男子が少ないことに懸念。
  • 上記の問題から生じている皇位継承問題について、女帝や女系皇帝を否定している。
  • オスマン帝国第7代皇帝メフメト二世を尊敬している。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

国家基盤

産業

産業

貿易

その他

映像・情報

世界遺産

スポーツ

架空世界設定

設定一覧

メンバーのみ編集できます