「架空国家を作ろう」のwikiです。メンバー申請はLobiまで

最近の出来事
(詳しいことは愛国誌参照。)
月星章旗?
オスマン家の家紋
詳細情報
緑:本国、薄緑:領土
詳細情報
国の標語永遠と須臾の崇高なる国
国歌偉大なる祖国
公用語なし
公式書などではオスマントルコ語
帝都イスタンブール
最大の都市イスタンブール
人口4億1031万人
憲法オスマン帝国憲法
戦時憲法(戦時のみ適用)
面積5,500,000 km²(推定)
国教レヴィン教
通貨オスマニエ・ペイト
GDP6兆4201億ペイト
政府首脳
皇帝ファイサル1世?
大宰相アズィーム・イウサール
宰府総補佐ヴィルター・リュステム・パシャ
大審院院長サヴィニー・エドヴァルド?
陸軍参謀総長エンヴェル・パシャ
海軍軍令部総長ジェマル・パシャ
空軍司令総長タラート・パシャ?

概要

オスマン国は、中東にある国家。
欧州大陸、アフリカ大陸、ユーラシア大陸と三大陸に跨る広大な領土を持つ国である。その領土の大きさと経済的規模から欧州、中東地域での影響力は絶大であり、列強の一員。
国際連合の常任理事も務める。
オスマン家を皇帝とする立憲君主制国家で、今に至る立憲君主制は1850年に確立された。レヴィン教を国教とする神権国家でもあり、皇帝は同教のレヴィオン(最高権威者)も兼ねる。
1930年から1952年の20年間に起きたオスマン革命を機に、様々な改革と近代化がおこなわれ、大きく国際的地位を高め、経済力や産業も発展した。
バルカン半島や中東の多民族を柔軟自治と呼ばれる独自の統治方法で統治している。

政策

政策一覧
外交協調外交/国際協力
対等な関係
友好国との積極的な連携
国内立憲君主制
国力増強、維持
中央集権
柔軟自治
人種不問の能力主義
軍事東地中海防衛
先制的防衛
海軍増強/陸海空連携
中東の安全保障
宗教レヴィン教の指導
レヴィン教保護
異教徒の保護
レヴィン教・異教徒文化の保護

国名

(詳しくはオスマン帝国の国名を参照。)
かつての通称国名はオスマン帝国
多くは「オスマン・トルコ」や「オスマン朝トルコ」と呼んだ。
オスマン帝国は確かにテュルク系民族であったオスマン一世が建国し、公用語もテュルク系語であるオスマン・トルコ語であるが、この呼び方は間違いである。
支配者層の官僚達には民族や宗教の壁を乗り越えて様々な人種が登用されており、国内では多宗教・多民族が共存していたことから、単純にトルコ人の国家とは規定しがたいことを根拠としている。

歴史

(オスマン国の歴史も参照)
建国者オスマン一世がアナトリアの地に建国した君侯国が始まりとされる。この君侯国はオスマン君侯国と呼ばれ、東ローマ帝国や周辺の侯国と争いながら勢力を拡大させていく。第2代オルハンの時代にはバルカン半島へ勢力を拡大し、第3代ムラト一世や第4代バヤズィト一世による征服事業でさらに拡大するも、東方のティムール朝の襲来とアンカラでの敗戦によって一時的に皇帝が空位になり、分裂する。
空位時代を制した第5代メフメト一世と第6代ムラト二世の時代は失地回復と国力の回復に費やされることになる。
第7代メフメト二世の頃にはクリミア半島にまで進出し、東のカラマン侯国を併合し、1453年には東ローマ帝国をコンスタンティノープルの地で滅ぼして同都市を新たな首都と定めた。
第9代セリム一世の時代にはシリアやパレスチナ、ヒジャーズを併合し、1517年にはマムルーク朝をエジプトで滅ぼして併合した。
第10代スレイマン一世の時代は「壮麗時代」と呼ばれた。この時代はオスマン帝国が西欧諸国に対して圧倒的な力の差を見せ付け、ウィーンを包囲し、プレヴェザで西欧連合艦隊を打ち破るなどの栄光の時代として人々に記録されることになる。
しかし1566年のスレイマンの死後、衰退は緩やかに始まり、大宰相ソコルル・メフメト・パシャの死後、それは確実のものになる。
17世紀はなんとか持ちこたえるも、18世紀に突入するとその維持していた大帝国は崩壊し始める。
しかしレヴィオン・パシャや皇帝マフムト2世の尽力もあり、徐々に復活し、オスマン革命(1930年~1952年)の改革によって完全に息を吹き返し、現在に至る。

政治

オスマン国の政治?も参照。)
政治のトップ大宰相/オスマン皇帝
議会一院制
与党アムルースク愛国党?
概要
アムルースク=オスマン帝国の政治。
立憲君主制であり、政治のトップは大宰相である。また、皇帝も政治に参加するが、基本的には大宰相との協議、さらには議会の承認が必要である。
憲法
通常憲法と戦時憲法の二つに分かれる。

外交関係

国交樹立関係

加盟している国際機関

経済

宗教

国教

レヴィン教参照。)
アムルースク=オスマン帝国は、国教をレヴィン教と定めている。
レヴィン教のレヴィオン(最高権威者)は世俗的君主であるオスマン皇帝が兼任している。(レヴィオン制度)
その為、アムルースクがレヴィン教のいわゆる総本山という形になる。
しかし国内では信仰の自由が認められており、キリスト教のなどの異教徒とレヴィン教徒が共存している。

交通

地理

  • オスマン国の地理?
  • オスマン国の自然?

文化・世界遺産

  • オスマン国の文化?
  • オスマン国の世界遺産群?

その他

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

国家基盤

経済

その他

映像・情報

娯楽

スポーツ

文化

架空世界設定

設定一覧

メンバーのみ編集できます