「架空国家を作ろう」のwikiです。メンバー申請はLobiまで

オスマン帝国領サウジアラビア
位置
詳細情報
オスマン国
地方アラビア地方?
公用語アラビア語
主都リヤド?
人口27,225,000人
総督サルマン・アブデュル?
概要
オスマン領サウジアラビアは、オスマン国行政区画
ヒジャーズ?を除く全てのアラビア半島を州域とし、面積的にはエジプト副王領オスマン・トリポリタニア?に次ぐ3位。
オスマン国の石油採掘地はほぼここで採掘されている。
国内では「石油の宝庫」と言われるとかいないとか

歴史

オスマン帝国による併合
第二次サウード王国
1774年、サウジアラビアにサウード家によるサウード王国が建国されたでサウジアラビアの歴史は始まった。
しかし、エジプト副王領副王のレヴィオン・パシャ?とムハンマド・アリー率いるオスマン軍によってサウード王国は滅ぼされる。
続く1824年、第二次サウード王国が建国され、サウード家はアラビア半島の支配を巡ってエジプトやオスマン帝国やラシード家のジャバル・シャンマル王国と争い興亡を繰り返した。

しかし1891年、オスマン帝国の支援を受けたジャバル・シャンマル王国によって第二次王国も滅亡。

さらに1892年、オスマン帝国が全アラビア半島を統一する政策を打ち立て、オスマン帝国軍がアラビア半島へ攻め込んだ。

オスマン軍は直ちにリヤド?を陥落させ、イエメン、オマーンなどのアラビア半島を征服した。
第32代皇帝 アブデュルハミト2世
皇帝アブデュルハミト2世は、アラビア征服後に、「オスマン帝国領サウジアラビア」を設置すると宣言。
こうしてオスマン帝国領サウジアラビアが興った。
現在
現在もイスタンブールから派遣される総督によって自治が行われているが、経済や石油の採掘権、様々な権利などはオスマン帝国に譲渡している形となっている。

行政

総督府のある主都、リヤド
最大にして主都であるリヤド?に総督府が置かれている。
現在の総督はサルマン・アブデュル。
長らく自治憲法すらなかった状態であったが、1990年にオスマン帝国憲法とはまた別の半島基本統治法?と呼ばれる特例法が事実上の憲法となっている。
内閣に相当する閣僚評議会や自治議会に相当する自治諮問評議会、そして州ごとに設置される地方議会も設置された。ただし首相格の閣僚評議会議長は総督の兼任。

軍事

軍事組織
国家安全保障執行局隊員
サウジアラビアは、オスマン政府が重要視している石油の宝庫であり、油田を防御するために、20万人を擁するオスマン国軍半島方面軍が駐屯している。しかし、駐屯しているオスマン国軍だけではなく、国家安全保障執行局?という独自の準軍事組織が存在している。国家安全保障執行局は、立場上は警察の上位互換とされるが、装備や兵器類は正規軍とほぼ変わらない。

その他

  • オスマン帝国領の中でも最大である。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

宇宙

宇宙

メンバーのみ編集できます