「架空国家を作ろう」のwikiです。メンバー申請はLobiまで

第37代オスマン皇帝
在位1944年〜1992年
別号革命帝
個人情報
出生1930年
没年1992年
配偶者マヒドゥ・レヴィオン
子息アハミト一世
母親キトゥン・ハティエ
父親エルトゥールル二世?
その他
称号革命者
宗教レヴィン教

概要

アムルースク=オスマン帝国第37代皇帝。
オスマン革命を指導した人物の1人で、軍事的にも内政的にも弱体化していた帝国を、近代化させた人物。
アムルースク憲法の公布や、官僚制度の確率、国民の平等権などの様々な改革を実行した。
オスマン家?の中に1人も「コンスタンノス」という人物がいないのにも関わらず、「二世」と名乗っているのは、コンスタンノス自身がローマ皇帝コンスタンティヌス二世を尊敬していたからである。そのため、歴代皇帝としての名前はコンスタンノス
別号は革命帝

生涯

父の死と即位

1930年、第37代オスマン皇帝エルトゥールル?の息子としてドルマバフチェ宮殿で生まれる。
幼少期を帝都イスタンブールで過ごし、青年期はエディルネ?で過ごした。
1944年父エルトゥールルが32歳という若さで急死すると、ドルマバフチェ宮殿で、第38代オスマン皇帝として即位する。14歳という若さで即位した。
父が死んだ1944年代は、オスマン帝国にとって改革が行われていた年であり、父エルトゥールルは、改革のための改革指令?を出していた。コンスタンノスはこれに従って改革を行うことを決めた。

革命と皇帝

第34代アブデュルハミト二世が停止した憲法を復活させ、再制定するのがコンスタンノスの当面の目標となる。
コンスタンノスは、宮廷のウラマー(レヴィン教法学者)であるアムルースク・ファンサ氏に新憲法の制定を依頼し、憲法制定に本格的に乗り出した。
このコンスタンノスが憲法制定に向けて行動を開始した1930年から1953年までの間をオスマン革命と言う。

帝国と革命

憲法制定
革命が始まると、ほどなくして1932年にミドハト憲法に代わる新憲法が完成する。すなわち今に至るアムルースク憲法が制定、公布された。
憲法には国民の平等、議会の設立、官僚による行政支配、最高法規などの近代的なものが組み込まれていて、コンスタンノス二世はこの憲法でオスマン帝国を専制君主制国家から、立憲君主制国家へと変えた。
大宰相ラプトル・パシャと共に革命を指導したコンスタンノスは、国号を変えることを決意。
1941年「憲法と国は一体である」という意味から、
国号を「アムルースク=オスマン帝国」に変更する。
軍制改革
1943年、コンスタンノス二世は軍部の近代化にも着手し、軍部大臣現役武官制や武器や兵器の近代化、指揮系統の統一、国外から知識人、技術者を集めて国内の者達にその技術を根付け、海軍の軍艦や戦車などの近代兵器の技術を貰ったりした。
その結果、帝国軍は近代化に成功し、陸海軍部の暴走を禁ずる「軍事監察官」職の制定、軍部出身の官僚は大宰相にはなれないなどの法律も制定した。
また、各地の総督の軍も中央政府によって吸収され、帝国軍へと組み込まれた。

革命後

コンスタンノスは1953年にあらかたの改革を終えた後の1953年頃きは帝国の政策及び方針を決定した。
大英帝国や、近代化を成功させた大日本帝国アムウェイ連邦などの列強に追いつく為、植民地の確保、石油利権の経営などの政策を採用し、アムルースク=オスマンを多民族世界帝国へと拡大させる基礎を作り上げた。
この革命の功績は、ラプトル・パシャなどの有能な臣下達による功績も大きい。
1955年、革命を終えて数年のコンスタンノスはわずか23歳という若さであった。

コンスタンノスは1960年に皇后マヒドゥ・レヴィオンと結婚し、続く1965年には息子アハミトが生まれ、国内は祝賀ムードとなる。
1970年、コンスタンノスはドルマバフチェ宮殿よりユルドゥズ宮殿に移住し、半隠居生活を開始する。

この頃は盟友であり革命の功労者ラプトル・パシャも政界より引退気味であり、コンスタンノスは大宰相にかの崇高なソコルル・メフメト・パシャの直系子孫であるソコルル・アフメト・パシャ?を任命する。

晩年と崩御

1980年代にはいると、元から少なかったコンスタンノスが公の場に姿を現すことは著しく低下した。
1989年の建国690紀元の式典に出席したのが最後の公に出た公務である。
1992年12月3日にコンスタンノスはユルドゥズ宮殿で倒れ、脳出血を起こした。
3日夜7時には侍従達だけでは看病出来なくなり、イスタンブールのトプカプ宮殿へ移送された。
移送先のトプカプ宮殿で一時的に意識を取り戻すも、コンスタンノスは最期に、「オスマンの血を絶やしてはならぬ」と言い残して崩御した。享年62歳。
崩御の際、忠臣ラプトル・パシャも後を追うように自害し、殉死した。

コンスタンノスの死は帝国各地に多大な影響を与え、後に続くエルヴィン・ロンメルとその兄弟の台頭、コンスタンノスが辛うじて抑えていた反豊後派(当時)の台頭を招くことになる。
コンスタンノスの死より20年後に、第二次世界大戦が勃発する。

人物

  • オスマン皇帝として
コンスタンノス二世は今までの皇帝たちとは違い、「オスマン帝国の絶対的権力者」として国民に畏怖された。
近代化を成功させていく中で、コンスタンノスは質素かつ厳格な生活を生涯貫き、皇帝としての威厳を保持することに務めた。
こうしたことからコンスタンノスは死後、神格化されアンカラにある革命帝廟に祭られている。
  • 大の写真嫌いであったことは有名で、現在残っている唯一の写真は皇后マヒドゥ・レヴィオンやその他の皇族らによる説得の末に撮られたもの。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

国家

関連ページ

政治・外交

省庁

司法

外交

その他

映像・情報

娯楽

スポーツ

文化

架空世界設定

設定一覧

メンバーのみ編集できます