「架空国家を作ろう」のwikiです。メンバー申請はLobiまで

詳細情報
設立1928年
ハブ空港(国内)アトランタ国際空港
デトロイト空港
ミネアポリス・セントポール国際空港
ジョン・F・ケネディ国際空港 (ニューヨーク)
ラガーディア空港 (ニューヨーク)
ソルトレイクシティ国際空港
ジェネラル・エドワード・ローレンス・ローガン国際空港(ボストン)
ロサンゼルス国際空港
シアトル・タコマ国際空港
ハブ空港(国外)成田空港
関西空港
保有機材770機
就航地375
本拠地ジョージア州 アトランタ
代表者エド・バスティアン?(CEO)
グレン・ホーエンスタイン?(社長)

歴史

デルタ航空の始まり
1929年にコレット・E・ウールマンらがルイジアナ州モンローで「デルタ・エア・サービス」として旅客サービスを開始し(それまで農薬散布の会社)1941年にアトランタに移転する。社名は、ミシシッピ・デルタにちなんで付けられたものである。現存するアメリカ合衆国の航空会社では最長の歴史を持つ。
急激な拡大路線
1955年には早くも本拠地のアトランタを中心とする乗り継ぎ形態として「ハブ・アンド・スポーク」システムを構築している。 1960年代になるとDC-8をはじめとするジェット機を導入し1970年代までにほぼジェット機に機材を統一した。1953年にシカゴ・アンド・サザン航空と、1972年にノースイースト航空と、1987年にウエスタン航空と合併する。1970年代半ばまでは中米路線はあったものの国内線が主であったが、1978年には規制撤廃に伴い太平洋路線を充実させていった。1987年には初の太平洋路線としてDC-10型機を使用してポートランド国際空港から東京へと就航1991年には破産したパンアメリカン航空から大西洋・ヨーロッパ路線を買収し基本的には国内線及び近距離国際線、そして大西洋路線を重視したネットワークを形成していた。
原油価格の危機
2005年原油価格の高騰に伴う燃料費の増加によって収益が悪化。加えてハリケーン・カトリーナによって同社の地盤であるアメリカ南部が被害を受けたことなどから経営危機に陥り同年9月14日ノースウエスト航空と同時期に連邦倒産法第11章の適用をニューヨークの連邦倒産裁判所に申請して経営破綻した。しかし飛行機の運行自体は継続しながら経営再建を行い、2007年5月1日に正式に連邦倒産法第11章から脱却して経営再建に成功した。これと同時に機体に新塗装が施され新しいロゴマークも発表された。それに先立ってニューヨーク証券取引所への再上場も果たしている。
デルタ航空の誕生
2008年4月14日、全米5位のノースウエスト航空との合併を発表し、同年10月29日、アメリカ合衆国司法省による承認を経て、当時としては世界最大の航空会社「デルタ航空」が誕生。2010年1月31日をもって統合を完了した。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

宇宙

宇宙

メンバーのみ編集できます