「架空国家を作ろう」のwikiです。メンバー申請はLobiまで

ネジャカナ教(豆:Нечаканізм、英:Nejakanism)は、ズバーツァ?グリゴリー・ラスプーチンを開祖とする新興宗教。証明者プラーヴェル(世界を成り立たせるもの)を唯一信仰する一神教である。

シンボル

信仰される地域

基本情報

名前ネジャカナ教
創始者グリゴリー・ラスプーチン
特徴一神教
信仰されている国家ズバーツァ共和国?
聖地なし
人口3460万人

教義

ネジャカナ教の教義は未知の恐怖から脱却する事を目指している。ここでいう未知とは、確かでないものを含める予測不可能かつ原因不明の現象である。ネジャカナ教ではこの未知を法則と表裏法に基づいて解明する事で不安を解くことができるとされている。

世界観

現実世界(物の世界)と精神世界(概念の世界)があり、人間はその両方で生を営むとされている。教義において、有無が最も重要な情報とされ、現実世界と精神世界を交えて大きく四つに分類される。
有=確かに存在していて人間が認識するもの
実=人間の意識に関わらず確かに存在するもの
虚=存在の有無に関わらず人間が認識するもの
無=人間が認識不可能で確かに存在しないもの

例えば、「自分」という存在は現実世界で確かに存在しており、人間は「自分」を認識できるので「有」である。
また、幽霊の存在は現実世界において確かではないが、概念として定義されているので「虚」である。

ネジャカナ教における神

一般的に神とされる世界の創造主たる存在は、ネジャカナ教では「虚」に分類される。絶対的存在を表す神については、ネジャカナ教では世界が成り立つ事を証明する絶対的存在(証明者プラーヴェル)を信仰している。

信仰

「証明者の教え」は「法則」そのものである。ネジャカナ教の信仰は、これらを自らの手によって理解する事である。「与えられる」「信じる」といった直接的な関係を持たないという特徴がある。「虚」とされる証明者以外の絶対的存在を信仰する者はネジャカナ教では「虚信徒」「古信徒」などと呼ばれる。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

国家

関連ページ

国家基盤

省庁

司法

外交

金融

産業

貿易

その他

映像・情報

娯楽

スポーツ

文化

架空世界設定

設定一覧

メンバーのみ編集できます