「架空国家を作ろう」のwikiです。メンバー申請はLobiまで

詳細情報
種類株式会社
本社所在地イリノイ州 シカゴ
設立1934年7月19日
事業内容民間・軍用機器の製造・販売
宇宙空間用機器の製造・販売
代表者デニース・ミュレンバーグ?(会長兼CEO)

歴史

部門

製品

航空機(民間機)

ボーイング737
737(Boeing 737)はアメリカ合衆国の航空機メーカーボーイング社が製造する小型ジェット旅客機である。マクドネル・ダグラス DC-9/MD-80や、エアバスA320などと同じクラス(客席数100-200席)のジェット旅客機で、1967年の初飛行以来、半世紀にわたり連綿と改良を重ねながら2018年2月までに各種バリエーション累計10,000機以上が製造され、引き続き多数のバックオーダーを抱えて生産続行されている。ジェット旅客機の一シリーズとしては史上最多、商用輸送機の歴史でも屈指のベストセラーかつロングセラーである。

詳細情報
用途旅客機.ビジネスジェット
分類ナローボディ民間旅客機
初飛行1967年4月9日
生産数10,000機(2018年2月)
運用開始1968年2月10日
運用状況運用中
派生型
ボーイング737NGボーイング737-800
ボーイング737-900ER
ボーイング737MAXボーイング737 MAX-8
ボーイング737 MAX-9
ボーイングビジネスジェット
(BBJ:Boeing Business Jet)は、ボーイングの旅客機から派生したビジネスジェットである。BBJという名称は、737シリーズの旅客機をベースにしたビジネスジェットに使われている。BBJは豪華な内装を備えており、通常は25〜50人ほどを収容する。仕様によっては、寝室やシャワールーム、リビング、ダイニング、会議室などを備えることもある。BBJには737MAXや777X、787、747-8をベースにしたモデルもあり、それらはそれぞれBBJ MAX、BBJ 777X、BBJ 787、BBJ 747-8と名付けられている。ボーイングのBBJ部門は旅客機ベースのビジネスジェットを11種類提供している。

詳細情報
用途ビジネスジェット
初飛行1998年9月4日
生産数シリーズ累計237機(2018年末時点)
運用開始1999年
派生型
BBJ MAX
BBJ 777X
BBJ 787
BBJ 747-8
ボーイング747
747(Boeing 747)は、アメリカのボーイング社が開発・製造する大型旅客機のシリーズ。ジャンボジェット(Jumbo Jet)の愛称で知られる。世界初のワイドボディ機であり、大量輸送によってそれまで一般庶民にとって高嶺の花であった航空旅行、特に国外旅行の大衆化を可能にした画期的な機体であった。基本設計から半世紀が経過した現在においてもなお大型民間航空機の一角を占めており、747-400型の後続機として747-8型が生産されている。

詳細情報
用途旅客機
分類ワイルドボディ機
初飛行1969年2月9日
生産数1502機(2014年12月)
生産開始1968年
運用開始1970年1月22日
運用状況運用中
派生型
ボーイング747-8F
ボーイング747-400
ボーイング767
767(Boeing 767)はアメリカ合衆国のボーイング社によって生産されている中型双発旅客機である。
アメリカの主要都市を結ぶ航空路線用として開発された中距離旅客機である。計画中に石油危機などが発生したことから、経済性を重視した旅客機として開発されることになった。結果、ワイドボディ機の標準から外れる比較的細い胴体を有する旅客機として、セミワイドボディ機に分類される。同時期に開発されたボーイング757とともに、グラスコックピットを装備した「ハイテク機」と呼ばれ、自動着陸を含むオートパイロット機能をもつ旅客機である。

詳細情報
用途旅客機
分類セミワイドボディ民間旅客機
初飛行1981年9月26日
生産数1069機(2014年12月)
運用開始1982年9月8日
運用状況運用中
派生型
ボーイング767-300F
ボーイング777
777(Boeing 777)は、アメリカのボーイング社が開発した大型ワイドボディ双発ジェット機。非公式にトリプルセブン(Triple Seven)と呼ばれることもある。1980年代、ボーイングはすでに世界最大の旅客機メーカーとして君臨していたが、一方で猛追するエアバスの脅威にもさらされていた。とりわけリタイヤが進んでいた3発ワイドボディ機ロッキード L-1011 トライスターやマクドネル・ダグラスのDC-10の後継機争いでは、同じくマクドネル・ダグラスのMD-11、エアバスが1982年に構想を発表したTA9(後のA330)、TA11(後のA340)などへの対抗機種を持っていなかった。そこで1986年暮れに、ボーイング社は767-300と747-400の間の座席数の差を埋める機体を作るべく、機体需要の市場調査を開始した。世界中の多くの航空会社に調査を行い、特にその中でもローンチカスタマーのユナイテッド航空や全日本空輸、ブリティッシュ・エアウェイズ、日本航空、キャセイパシフィック航空、アメリカン航空、デルタ航空、カンタス航空には機体の設計についても意見を求めた(ワーキング・トゥゲザー)。そして、1989年12月8日にボーイング社の取締役会の承認を経て正式に新型機「767-X」として航空会社に提案されることが決まった。その計画名の通り、当初ボーイング社はこの旅客機を767の派生型として計画しており、コックピットも従来の767とあまり変わらないものを考えていた。なぜなら、767を計画していた当初から、現在の777とはだいぶ異なるが、3発機として計画は存在していたからだ。しかし767の後に作られた747-400の方がより進んだコックピットを有しており、ボーイング機を多数使用してきたユナイテッド航空や全日本空輸などはこの従来の767と変わり映えのしないコックピットを拒否し、747-400スタイルのコックピットにするよう求めた。そのためにボーイング社は747-400のコックピットレイアウトをベースに、さらに最新技術を盛り込んだコックピットを計画した。また、機体規模についても航空会社などと詳細にすり合わせを行って調整した結果、767の胴体を捨て、標準で横に2通路9席を配置できる、より太い真円断面を用いた大きな胴体を採用することにした。この767-Xに対して、アメリカのユナイテッド航空が1990年10月15日に34機発注し、機体名も「ボーイング777」に変更された。続いて全日本空輸、ブリティッシュ・エアウェイズ日本航空も発注した。なお、世界初のボーイング777型機(B-HNL)は最終的に香港のキャセイパシフィック航空で運行されていたが2018年に現役を引退し航空博物館に寄贈された。

詳細情報
用途旅客機
分類ワイドボディ民間旅客機
初飛行1994年6月12日
生産数1445機(2016年12月現在)
運用開始1995年6月7日
運用状況運用中
派生型
ボーイング777-200LR
ボーイング777-300ER
ボーイング777-F
ボーイング787(ドリームライナー)
787 ドリームライナー(Boeing 787 Dreamliner)は、アメリカ合衆国のボーイング社が開発・製造し767・777の一部を後継する、次世代中型ジェット旅客機。中型機としては長い航続距離が特長で、従来の大型機による長い飛行距離も当派生型の就航で直行が可能とされ、需要がさほど見込めず大型機では採算収支が厳しい長距離航空路線も開設が可能となった。

詳細情報
用途旅客機
分類ワイルドボディ機
初飛行2009年12月15日
生産数800機(2019年2月)
運用状況運用中
派生型
ボーイング787-8
ボーイング787-9
ボーイング787-10
開発中の航空機
名称
ボーイング777-8
ボーイング777-9
ボーイング797

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

国家

政治・外交

省庁

司法

外交

その他

映像・情報

娯楽

スポーツ

文化

架空世界設定

設定一覧

メンバーのみ編集できます