「架空国家を作ろう」のwikiです。メンバー申請はLobiまで

レヴィン教のシンボルマーク
詳細情報
成立年紀元前660年頃
開祖ヴラド・ツェサレーヴィチ
聖典死海文書・外典
信徒数14億6500万人
聖地アララト山
メディナ?
メッカ?
宗派ヴルスト派
スローネ派?
ファルージャ派?
概要
レヴィン教は、アムルースク=オスマン帝国の国教。
絶対唯一神であるレモールを信仰し、神が最後の預言者を通じて人々に下したとされる死海文書・外典の教えを信じ、従う一神教である。

コーン教やキリスト教?の影響を受けた唯一神教で、神への奉仕を重んじ、信徒同士の相互扶助関係や一体感を重んじる点に大きな特色があるとされる。レモールとは、もともとアラビアの多神教の神々の中の一柱であったが、ヴラド・ツェサレーヴィチがメッカを占領した際、カーバ神殿に存在した全ての神々の像を破壊し、多神教を戒め、レモールのみを崇拝するようになった。
宗派は3つあり、大多数を占めるヴルスト派、それに対立するスローネ派?、最小数派であるファルージャ派?が代表的な宗派。

教典

聖典
レヴィン教徒は、死海文書・外典と呼ばれる聖典を、教典としている。
死海文書・外典は、始祖レモール白の使徒を通じ、最後の預言者ヴラドに任命された啓示と位置付けられている。ムハンマドの生前に多くの書記によって記録され、死後にまとめられた現在の形は全てで5章からなる。
死海文書・外典は、レヴィオンであるオスマン家が所持している。

組織

教徒
レヴィン教徒は、全てが平等と文書外典に明記され、全ての教徒が参加する水平の組織で成り立つ。
また、他にはレヴィン教の知識人として、ウラマーが存在する。ウラマーは、死海文書学、ハディース学、レヴィン法学、神学など、レヴィンの教えに関するさまざまな学問を修めた知識人を指す。
ウラマーは社会的職業として、
職業名備考
カーディーレヴィン法学に基づく宗教法廷の裁判官
イマームモスクでの集団礼拝を指導する導師
ムフティー宗教的意見を発する。
これらのウラマー達は他の宗教と違って税金免除などの特権なども持たず、1人の教徒として扱われる。
またモスクを維持するために信者から集められるワクフが実質的にお布施のような物となる。
モスクの管理者であるウラマーは信者からのワクフによる収入で暮らしていることも珍しくない。十分なワクフを集められない小規模組織では普段はほかの職業の就いていて週末のみウラマーとして働くこともある。ウラマーは実際上、他の宗教における聖職者と同様の役割を果たしている。
宗教的最高権威者
レヴィン教には「教皇」は存在しないが、レヴィオンと呼ばれる宗教的指導者、最高権威者が存在する。
現在のレヴィオンは、アムルースク=オスマン帝国の皇帝、すなわちオスマン家の家長である。

歴史

(詳細はレヴィン教の歴史?参照。)
レヴィン教は紀元前560年前頃に身組織が出来たとされる。
前身組織は7人の指導者から成り立ち、その議長が開祖ヴラド・ツェサレーヴィチとされる。
紀元前660年に、ヴラドは聖地エルサレム?にて、始祖レモールの使徒と名乗る、6人の白の使徒から死海文書・外典を授かり、直後に始祖レモールより啓示を受けたとされる。
啓示を受けたヴラドはレヴィン教を開き、メッカの地にて布教を始める。
古代レヴィン教は、前述の6人の白の使徒とヴラドの7人体制で主導されていた。
聖地メッカとカアバ神殿
カアバ神殿とクロックタワー
始祖の使徒とされる白の使徒達の啓示に従ってヴラドは軍事行動を開始。630年頃に預言者ヴラドと6人の白き使徒と教徒を率いてメッカ?を無血開城させて征服し、「黒き月?」を除く359の聖像を全て破壊し、名実共にレヴィン教の聖殿とした。
同時に伝承によるとヴラド自身の手によって「黒き月」は聖別され、カアバの建物の東の角に据え付けられた。このため現在でもカアバの内部は天井を支える柱などを除くと装飾のない空洞になっている。
カアバ神殿の中央礼拝室には始祖レモールを示す巨大な銅像が存在する。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

国家

関連ページ

国家基盤

省庁

司法

外交

金融

産業

貿易

その他

映像・情報

娯楽

スポーツ

文化

架空世界設定

設定一覧

メンバーのみ編集できます