「架空国家を作ろう」のwikiです。メンバー申請はLobiまで

アムルースク=オスマン帝国の政治家?
リュステム・パシャ
アムルースク=オスマン帝国 大宰相総補佐官
個人情報
出生1975年
没年ーー
別名リュステム・ムスタファ・グラツィアーニ
職歴
在任第34代大宰相総補佐官
東方開発担当大臣
歴任トリポリタニア準州?太守
ダンマーム属州?統治官
バルカン大州?総督
アンカラ知事
エルズルム知事
西方総管轄官
軍事歴任
階級海軍?大佐(除隊済)
在任アムルースク=オスマン帝国軍?総司令官代理
歴任イェニチェリ司令官
その他
称号リュステム・ティニエル
宗教レヴィン教 ヴルスト派
概要
ヴィルター・リュステム・パシャはクロアチア人の政治家。
アムルースク=オスマン帝国?の大宰相総補佐官。
名門リュステム家の現当主であり、かの有名で有能なスレイマン一世の治世後期の大宰相を務めたリュステム・パシャの直系子孫である。
渾名(称号)はリュステム・ティニエル、「ティニエル」というのはレヴィン教用語で、「賢者」という意で、和訳すると「賢者のリュステム」という意味になる。

経歴

政治家へ

1975年、名門のリュステム家に生まれる。
1975年頃のリュステム家は男子が生まれず、断絶の危機に瀕していたがヴィルターの出生により、ヴィルターはリュステム家唯一無二の跡継ぎとなる。
1980年代に一度、海軍?に入軍し、大佐にまで昇進するも除隊。
除隊後はリュステム・パシャは1995年に政治家になり、アムルースク愛国党?に入党し、そこで頭角を現す。
さらに2年後の1997年にはアンカラの知事に任命され、着実に政治家としてのキャリアを積んで行った。
2000年9月、リュステム家の子息として帝都イスタンブールへ上京し、アズィーム・イウサールに出会う。
リュステムはアズィームの友人であり、部下でもあるという奇妙な関係が続くことになる。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

国家基盤

産業

産業

貿易

その他

映像・情報

世界遺産

スポーツ

架空世界設定

設定一覧

メンバーのみ編集できます