「架空国家を作ろう」のwikiです。メンバー申請はLobiまで

樺太旅客鉄道 樺東線
大日本帝国
所在地樺太国
起点新大泊駅
終点奥端駅
駅数
電報略号カトセ
開業1906年
所有者樺太旅客鉄道
運営者樺太旅客鉄道(第一種鉄道事業者)
日本貨物鉄道?(第二種鉄道事業者)
路線距離876.5 km(新大泊 -奥端)
35.3 km(栄浜支線)
1.4km(貨物支線)
軌間1,067 mm
線路数複線(大泊港 - 小田寒)
単線(上記以外)
電化方式交流20,000 V・50H(大泊港 -落合駅)
閉塞方式
最高速度120 km/h

樺東線(かとうせん)は、樺太国大泊市の大泊港駅から豊原市敷香市照萌市弁連戸市?を経由して奥端市の奥端駅までを結ぶ樺太旅客鉄道の鉄道路線(幹線)である。
総路線距離は、800kmを超え、国鉄最大の路線となっている。




概要

樺太最古の鉄道開業区間を含んでおり、以来北海道との連絡をおもな目的として樺太における鉄道輸送の基幹を担ってきた
現在は、大泊港駅駅 - 豊原駅 -落合駅間、落合駅 - 敷香駅間、敷香駅 - 照萌駅間、照萌駅 - 奥端駅の各区間でそれぞれ路線の性格が異なっている。
支線(栄浜支線)を含めた総営業キロは800kmを超える。これは日本で最長である。

大泊港駅 - 落合駅間は電化されており、大泊市豊原市の両都市を結ぶ列車は樺太最大の運転本数を有する樺太旅客鉄道の最重要区間である。
また豊原都市圏にあたる大泊駅 - 落合駅間は近距離利用客が多いため、快速を含む普通列車が多く運転され、IC乗車カード「Karaca」の利用エリアとなっている。


路線図

作成中です。

駅一覧

本線

栄浜支線

貨物支線

運行形態

長大路線のため、広域輸送の列車も多い。

広域輸送


特急「とよはら」
特急「宗谷」

地域輸送

貨物輸送

定期貨物列車は、豊原貨物ターミナル駅 - 大泊港駅

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

宇宙

宇宙

メンバーのみ編集できます