「架空国家を作ろう」のwikiです。メンバー申請はLobiまで

※ここに書いてあることはでたらめです


小池 百合子(こいけ ゆりこ、1952年(昭和27年)7月15日 - )は、大豊王国の政治家。希望の党総裁。現・内閣総理大臣(第2代)。
衆議院議員(12期)、環境大臣(3期)、外務大臣(2期)防衛大臣(1期)などを歴任した。

個人情報

小池 百合子
こいけ ゆりこ
国会にて、2019年撮影
生年月日1952年7月15日
出生地大日本帝国摂津国芦屋市?
出身地府内
国籍豊後
出身校府内帝都大学?政治・経済学部卒業
所属政党希望の党
称号環境学士(府内帝都大学?
表彰衆院永年在職表彰
前職フリーアナウンサー

親族

小池 勇次郎?
大池 百合子?(小池恵美子)

経歴

生い立ち

豊後内大臣大池百合子の子として公務先の大日本帝国芦屋市にて生まれる。帰国後直ぐに首相私邸で忙しいにも関わらず母に直接育てられる。府内帝都大学附属幼稚舎?府内帝都大学附属小学校?府内帝都大学附属中学校?を経て、府内帝都大学附属高等学校?を卒業。府帝大附高に在学中は政治経済研究部に所属。その後府内帝都大学?に進学し、首席で卒業した。その後フリーアナウンサーとして王国豊州放送?のニュース1974のキャスターを1年務める。

政界入り

兼ねてより政治家としての未来を嘱望されていた小池は、1975年の母の政界引退発表(撤回したが)時に母より直接出馬を打診され、旧制衆院選に希望の党より出馬し初当選を果たす。1976年に大池内閣が退陣し、大平正芳内閣が発足すると(当時は内閣の長は内大臣)総務政務次官に就任し、田中角栄内閣で環境相として初入閣、そして第10次大池内閣が発足すると防衛相に就任し、在任中の1988年の豊後大改革?で政治関連の刷新が行われる中でも政界にのこり、1989年には党総務会長に就任した。

総裁就任と豊後王国内閣総理大臣へ

1990年に大池首相(第一代内閣総理大臣)が高齢を理由についに政界を引退。後継の希望の党総裁選が行われた。宮澤大蔵相、大平元首相らと争うも党内最大派閥たる大池派→小池派の支持を取りつけ、第九代希望の党総裁に就任。そして第二代内閣総理大臣に就任した。就任後小池首相はすぐに環境問題へと取り組み、増え続けていたCO2排出の削減のための科学開発に力を尽くした。また新希望主義を打ち出し、豊後の最盛期をもたらしている。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

国家基盤

経済

その他

映像・情報

娯楽

スポーツ

文化

架空世界設定

設定一覧

メンバーのみ編集できます