「架空国家を作ろう」のwikiです。

国家情報

国旗?

地図?

国家情報
建国日2019年7月11日
首都リオデジャネイロ
国家元首涼宮ハルヒ
国歌SOS連邦国歌
国標連邦内調和
公用語スペイン語、ポルトガル語
憲法SOS共和国連邦憲法(SOS共和国連邦憲法)
人口2億9167万人
面積1,082万平方キロメートル
GDP2.85兆
軍隊連邦陸軍、海軍、空軍、ハイテク部隊(SOS共和国連邦軍)
通貨エコカ(価値はドルと同等)
宗教SOS教
構成国ブラジル連邦共和国ウルグアイ東方共和国ボリビア多民族国スリナム共和国ギアナ共和国

政治

最大与党SOS団
省庁SOS共和国連邦の省庁

政策

国内
工業生産向上
教育拡充
労働環境改善
スラムの治安向上
現地人公務員の積極的採用
国外
平和外交
積極的貿易

産業

主な産業林業、機械工業、造船業

外交

加盟国際機関南大西洋条約機構(南大西洋条約機構)
同盟国アムルースク=オスマン帝国イスタンブール宣言
カリビアン帝国江加条約
イタリア共和国江伊同盟
友好国中華民国江華相互支援条約

歴史

  • 帝国以前のSOS領
元々はポルトガル、スペインの植民地であったが、1822年イピランガの叫びと呼ばれる独立宣言により、ブラジル帝国として独立した。その他の国も漸次スペインから独立を果たす。
  • 帝国建設
2001年、紆余曲折あって南米に移住したSOS団一行。当時の南米は、1970年代から続くハイパーインフレにより経済が破綻、他国への債務不履行を宣言するなど、不景気のどん底で国家は混乱、ブラジル連邦共和国政府は末期の室町幕府状態になっていた。そんな中涼宮ハルヒは、ブラジルの将来を憂いており、街頭で新たな政治の必要性を説いていた。元々彼女が持つカリスマ性と演説の内容に民衆は次第に賛同。(言うなればヒトラーが美大落第生から一国の指導者になったようなものである。)多くの支持者を得たSOS団一行は、選挙に立候補。その結果、着実に議席を伸ばしていき、2002年にはほぼSOS団の一党独裁状態になった。そして2003年7月、ブラジル連邦共和国憲法の停止を命じて、皇帝に即位。SOS帝国が成立した。
  • 共和国連邦への移行
皇帝に即位し政治を始めた涼宮ハルヒ。しかし、その支配システムは皇帝の親政で、あまりに時代遅れでありそのカリスマ性をもってしても抑えきれないほど民衆の不満は蓄積。そこで皇帝補佐役の古泉一樹が、民衆の不満を抑えるため選挙の再開を提案。選挙が再開され不満も少しは解消されたかのように見えたが、その後はまるでベルリンの壁崩壊からソ連邦解体のように短期間で、さらなる民主化の波が高まり、帝国は崩壊し、結果立憲君主制に移行。現在の政治に至る。

その他

2009年6月30日設立。産業が発展するにつれて増大する労働者の権利を守るために創られた機関。
詳細はページで。

国家概要

2019年7月11日、前身のSOS帝国が立憲君主制に移行し建国される。
元々ブラジル、ウルグアイといった連邦の構成国はコーヒー豆や、鉄鉱石などの自然資源に頼ったモノカルチャー経済だったが、"機関"主導の改革で、工業生産額は以前の4倍になり、国家の財政は大幅に安定した。
なお2019年現在、SOS連邦国家名誉顧問のジョン・スミスの打ち出した第一次経済成長計画により、5年後の工業生産額を1.5倍にすることを目標としている。
なお主要産業は林業と機械工業であり、工業国の中でも珍しく、第一次産業と第二次産業が並立して主要産業である。
また、諸外国には若干劣るものの、十分な戦闘力を保有する軍隊があり、国防、侵攻(ほぼない)には全く問題ない。
2019年8月、南大西洋条約機構(SATO)での総会で、通貨を南米共通のエコカ(ecoca)に変更、さらにベネズエラの油田を使用可能になったため産油量が増大し世界有数の産油国になった。

最近の出来事

世界恐慌で株価が大暴落
国家非常事態宣言発令される

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

宇宙

宇宙

メンバーのみ編集できます