ピクシブ百科事典の哀しき悪役の一覧をこちらに移して来た内容です。

<あらすじ>
エドワードは本当は他の機関車のことを後ろから押してあげるのが得意だったのに、補機としての活躍による弊害が発端になって、政府の政策により補機としての活躍を禁じられ、更に、他の機関車達のエドワードに対する怒りが爆発する。そこへ、「エドワードが他の機関車のことを後ろから押してあげるのはソドー島に災いを齎す」と主張する暴走機関車管理局の管理官機関車、ジョーが登場。ジョーに追われる事になったエドワードを救うため、トーマスとパーシーは冒険の旅に出るのだった…。

耳を澄ませてご覧、聞こえるでしょ?あの音が。夢と希望を乗せて彼らは出発します。さあ、乗り遅れないで一緒に出掛けよう、魔法の旅へ。

トーマス「みんな、一緒においでよ!」

ソドー島の機関車達は何時も大忙し。その中でエドワードは後押し機関車として働いていた。しかし、その有り余る大活躍に非難の声が高まり、エドワードは後押し機関車として活動する事を禁じられた。

ヘンリー「規則破りの常習犯は出ていけ!」
ジェームス「規則破りの常習犯は出ていけ!」
ゴードン「規則破りの常習犯はどっかの鉄道へ送られろ!」

本来エドワードを慕う筈のダックが態度を一変させて、責任問題に当たるエドワードを激しく責め立てた。

ダック「お前なんか友達じゃない!エドワードは機関車の敵だ!」
ディーゼル「エドワードは我々にとって大迷惑!」
トップハム・ハット卿「エドワードを憎んでいるな。」

ジョー「後押し機関車による弊害に困っているんだろ。私が問題を解決してやろう。ジョーだ、暴走機関車管理局管理官機関車。」

エドワードに蒸気を吹きかける。

ジョー「一番厄介で迷惑する行為は、後押し機関車!!」

スクリーンにはゴードンを押すエドワードの映像が映し出される。

パーシー「みんなが、エドワードを責め立てるんだよ…。」

この冬。

エドワード「ジョーは僕を機関車の檻に入れるんです!」
ジョー「手を挙げて出てこい!」
エドワード「何!?」

ドン底に落とされたエドワードを救うため、

パーシー「一緒に?」
エドワード「一緒に?」
トーマス「一緒にだ!」

冒険へと旅立つ!

トーマス達をジョーが追跡中。

そして、新しい仲間。

ディック「僕はディックと言うんだ!」
リック「今のはリックですよ。」
レイモンド「それからレイモンドだ!」
ジム「そして、ジムも!」

自分を信じて、

ジョー「見つけたぞ!」

自由を掴み取れ!

トーマス「僕らはどうしても役に立つ機関車になるんだ!」

『トーマスのおくりもの ステーションワンダーランド』

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

メニュー

-
-

メニューサンプル2

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム

どなたでも編集できます