カクヨムにて連載中のオンライン小説「カルマの塔」の登場人物等のwikiになります。重大なネタバレにならない程度に更新していきます。

七王国(+α)

アルカディア

七王国中堅の国家。王都名はアルカス。
保守的な国家であり王、貴族の力が強く奴隷に対して厳しい制度を持つ。
身分の区分けとして貴族、1級市民(高額納税者)、2級市民(一般国民)、3級市民(外国人等)、解放奴隷、奴隷に分かれる
軍は大きく分けて三軍に分かれており第一軍、第二軍、第三軍に分かれる。
形式上各軍に上下はないとされるが第一軍は高位貴族が集まり、第三軍は王都防衛の任に就くことから
第二軍を下に見るなど各軍それぞれで上下意識を持つ模様。
白を基調とした装備でまとめられ、各軍大将を頂点に軍団長、師団長、百人隊長(筆頭、上級、平)、十人隊長の階級に分かれる。
『剣聖』と呼ばれる将を輩出するなど、主武装として剣を扱うものが多い。
物語開始当初は有望な将もいたが、オストベルグ、ネーデルクスとの戦争で消耗し、中堅世代の層が薄くなっている。
人名等から現実における現在のドイツ周辺がモデルと思われる。

オストベルグ

七王国中堅の国家。
物語開始時に後継者争いがあったが国王のもとに意思統一されている。
黒を基調とした装備でまとめられ、大将軍である『黒金』を頂点として副将、百人隊長等の階級に分かれる。
強靭な体躯を持つ馬の原産地を保有し、馬にまで装甲を纏わせた重装騎兵を用いている。
三大巨星の一人である『黒金』、副将の『黒羊』を除くと中堅世代に有望な将が居らず、若い世代に有望な将が現れ始めた程度。
人名等から現実における現在のオーストリア周辺がモデルと思われる。

ネーデルクス

元超大国。王都名はネーデルダム。
アルカディア以上に保守的な国家で貴族の権力が非常に強い。
王国であるため王はいるが若く、貴族家であるハースブルク家の権力の方が強いと噂される。
各軍の頂点を総称して「三貴士」と呼ばれており、装備の基調は青でまとめられている。
ただし三貴士直下の軍はそれぞれ「赤」「白」「黒」を基調にした装備でまとめられている。
剣を修める者が多いアルカディアに対してネーデルクスでは槍を修めている者が多い。
保守的すぎる国体に危機感を覚えている『青貴士』が改革を実行中。
人名等から現実における現在のオランダ、フランス周辺がモデルと思われる。

ガリアス

現在の超大国。王都名はウルテリオル
先代の王『武王』により領土を広げ今代の王『革新王』により国力を増大させ七王国中では最大規模の版図、国力を保有している。
軍として指揮官級の者上位百名を「百将」と称している。
百将の中でも順位分けがされており、上位の者は「王の右腕」など五体を用いて表現される。
総合力は平均して高いが突出した者は居らず、個人戦闘では最上位の百将数名掛りで巨星一名と渡り合えるかどうか。
兵士の能力は高いので軍同士で戦う戦争であればある程度は押し切れる。
人名、地名等から現実におけるイタリア周辺(というよりも古代ローマ)をモデルにしていると思われる

エスタード

七王国上位の国家。
軍と政が分離しているか国王が『烈日』の軍事行動に関して黙認、追認するような形になっていると思われる。
三大巨星の一人である『烈日』を頂点とし、その子らが将を勤めることが多い。
有望な者に対しては「烈」を含む二つ名が与えられ、より優れている者に対しては「カンペアドール」の性が与えられる。
『烈日』の直系の子の中にはミドルネームに「シド」が含まれているが、基本的に『烈日』の信奉者が付けている。
人名等から現実における現在のスペイン周辺がモデルと思われる

聖ローレンス

七王国中小国家。
国家の規模だけなら上回る国もあるが『英雄王』の武力によって保たれている。
一時期滅亡寸前までいったが『英雄王』の登場により、領土減少以前までの規模まで領土を回復。
以降、国外への侵攻は行われておらず当初の国土を保ち続けている。

サンバルト

七王国下位の国家。
南方に位置する国家でエスタードとガリアスに接している。
国土が守りにくい地形であり奪っても即座に奪われる土地であることから侵攻の優先度が低くなり生き残っている。
【巨星対新星】後の幕間にてアークランドの侵攻を受け滅亡。
滅亡時に王族が軒並み討たれているようだが黒の傭兵団と親交のあった姫が生き残っており再起を図っている。

アークランド

西方の島国。
元々は十二の王がそれぞれ国家を運営していたが『騎士女王』により統一されエスタードに侵攻。
過去にも『騎士王』主導で侵攻した事があるが当時は敗走している。
数名の「カンペアドール」を撃破し、橋頭堡としてサンバルトに逗留中。
日々エスタード、ガリアスを相手に暴れまわっている。
軍としてエスタードを突破しサンバルトを奪い取っているため、国家運営の多くはサンバルトの者に任せていると思われる。

【裏・巨星対新星】にて

人名等から現実における現在のイギリスがモデルと思われる。

ヴァルホール

【進撃のアルカディア】以降に成立した国家

他国家

ルシタニア

ウィリアム・リウィウスの出身地。
争いを好まぬ民族で、多くを望まず小さな幸福を大事とする国民性。
地位による格差が少なく、王ではなく酋長による統治がされている。
剣鍛冶の一族「リウィウス」がいることから武器類の産地でもある。
抜刀術が発達しており、抜刀術を修めた者はミドルネームに「レイ」が付く。

ラトルキア

アルカディア北方の小国
『白熊』が所属していた国家。
『白仮面』であったころに交戦。
『白熊』敗北後アルカディアに降伏する。

ヴィリニュス

アルカディア北方の小国
『古狸』が属していた国家。
トレビュシェットの実験台になって敗北、滅亡。

マーシア

医療大国。
周辺国家と比較して進んだ医療技術を保有している。
解剖学の書籍の発行元。
王会議で『英雄王』に睨まれて気絶した国王。

アクィタニア

ガリアスの属国。
七王国に次ぐ国家規模であり準七王国とも呼ばれる国家の一つ。
国の東方に蛮族がおり、蛮族との戦争が行われている。
王はいるが王本人は戦場に出たがっている。

タイヤル

アルカディア南西の小国
ネーデルクスへの牽制として侵攻してきた『白騎士』に敗れ滅亡。

ジェノヴァ

アルカディア南西の小国
ネーデルクスへの牽制として侵攻してきた『白騎士』に敗れ滅亡。
ベルンバッハ侯爵統治予定地域として挙げられる。

コルシカ

アルカディア南西の小国
『巨人』を擁する小国家。
『白騎士』と『巨人』の一騎打ちで『巨人』が破れ降伏する。

ダーヌビウス

水神の都。
川沿いの都市国家であり天然の要害であり、交通の要衝、四方を七王国に囲まれていることなどから各国手が出し辛い状況下にある国。
【幕間:小国無双】終了時点で付近にある国家としてアルカディア、ネーデルクス、オストベルグ、聖ローレンス、ガリアスが該当する。

【進撃のアルカディア】以降

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます