このwikiは危険人物をみんなに知ってもらうためにジャガ井上が作ったぞ。情報を持っている人はジャンジャカかきたしてくれよな!

「拾い画でも合成画像でもない、この俺だけの赤いセレビィぞ!」


概要

虎貴(@C0UKl)は『自己陶酔ミュウツー』の名で知られる自分大好き感ダダ漏れのTwitterユーザー。
2017年9月6日、彼は購入から16年間守り抜いて来た『ポケットモンスター クリスタルバージョン』のデータ(2年ごとに内蔵電池を通電しながら交換してきたとのこと)と、2001年に実施されたモバイルアダプタGB限定イベントで入手した「ジーエスボール(GSボール)」を使用して、「色違いセレビィ」との遭遇・捕獲を目指すと発表。
(まさに“時を超えた遭遇”である)
試行回数を重ね、同月9日に「色違いセレビィ」捕獲に成功(ポケモンクリスタルのGSボールイベント)したと報告。
“俺の知る限りでは正規プレイでの入手報告は一例もない”と豪語し、それを実際に捕獲したことで自他共に認める「世界に1匹しかいない色違いセレビィをゲットしたポケモントレーナー」となった。
数万人のTwitterユーザーは(色違いセレビィ入手イベント関連は事実確認の術に乏しいこともあり)、そのほとんどが手放しで称賛した。
中には非常に秀逸な祝福の言葉を贈るユーザーや、記念イラストを描きプレゼントするユーザーも見受けられた。
また、まとめブログにとっては格好のネタであり、ぽけりん・はちま起稿・オレ的ゲーム速報@刃など多数のサイトに「世界に1匹しかいない色違いセレビィが捕獲される!」といったタイトルでまとめられた。
しかし、彼自身が証拠としてアップしていたGB画面の写真と動画に決定的な「チート」たる証拠が残っており、早々に改造であること、すべて彼が仕組んだ茶番であることが見抜かれた。
“厳選から僅か数日、偶然にも太陽フレアの影響で”赤いオーロラ”が観測された日に”赤いセレビィ”が現れるとは…!”と発言しているが、無論偶然などでは無い。狙って「奇跡な偶然の一致」を演出していたに過ぎない。
(ちなみに2015年11月に海外のYoutuberがポケモンクリスタルのGSボールイベントにて色違いセレビィ捕獲の様子を“動画に収めており”、そもそも世界初でも何でも無い。尤も、虎貴の色違いセレビィは“世界2匹目”ですら無いが)
やがて有識者からのチート疑惑の指摘が拡散され、虎貴は一転して窮地に立たされる。
元々虎貴に良い印象を持っていなかった者、改造発覚で騙されたことに憤る者、説明を要求する者、各々が件のツイートに雪崩れ込んだのだ。
虎貴は改造指摘に対して“改造疑惑かける人、失礼過ぎィ… この写真の下部を見たまえ。どこに改造機器が刺さってるんです? どう見てもクリスタルのROMだろ!”と煽り気味に応戦、当然炎上は加速する。
その後も擁護ツイートに便乗して潔白を主張するも、新たな墓穴を掘る結果となり、自らの手で改造“疑惑”を“確定”へと進展させる。
以降、都合の悪い質問には徹底的に黙秘で応戦。
やがて虎貴は完全に沈黙する。
そんな中でも極少数の信者(ただしやたら声が大きい)がTwitterや匿名掲示板、各種まとめサイトのコメント欄で「虎貴さんは改造して人を騙すようなことをする人ではない」と追及者に当たり散らし、「改造改造って叩いてる人が悪。虎貴さんが可哀想」と論点をすり替え、人格攻撃を開始。
擁護と言う名の燃料が延々と注がれ続ける、そんな状況が無限ループを始めた。
(いつかどこかで見た光景、何度も何度も見た光景。改造厨の末路は決まってこの展開に至る)
炎上に伴い3日間音信不通となり、失踪したかに思われた虎貴。
しかし、彼の失踪は新たな波乱の幕開けに過ぎなかった……。
詳しくはこれを見てください。

対策

現在失跡中のため、対策はしなくていいです。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる
インターネット危険人物wikiにようこそ!
このwikiでは、危険人物を紹介するぞ!
メンバーになれば自由に危険人物を追加できるぞ!
ただし、荒らしはしちゃダメだぞ。