二百という歴史を積み重ねたきのたけ。
きのたけの新しい挑戦は続く。月別決定戦の廃止以降、たけのこ軍は 34勝28敗できのこ軍に優勢。
(第二百三十四次終了時)


これまでの戦績は今までの戦績・総評から確認!







第二百一次きのこたけのこ大戦 2014.03.29 22:00


勢いがあまり出ない大戦ながらも、一口に語ることはできない正に“伝説の”一戦だった。

開始早々、>>11にて史上最速の軍神がきのこ軍に誕生。波乱を予感させる開幕となった。
相変わらずのレス戦力差で、大量のたけのこ軍が少数のきのこ軍に立ち向かう展開となっていたが、
>177>>199で相次いでたけのこ軍に軍神が出現。あっという間にたけのこ軍が有利に。
200レスを終えて、43:66という途中結果が大戦のカオスさを如実に表している。

その後もたけのこ軍有利で大戦は500レス目付近へ突入。
「もうダメか」
きのこ軍がいつもの弱音を吐こうとしたその時だった。
>488>>490>>496の軍神召喚を含むあっという間のきのこ軍の31撃破で、戦況は三度逆転。
25:14ときのこ軍がリードし、既に150res以上戦力差を離されているきのこ軍は活気づく。

さすがのたけのこ軍も焦りが見え始める。
しかし、その焦りを歓喜へと変えたのはたけのこ軍軍神だった。
>575で再度の大量撃破で3:9と四度逆転。
その後、きのこ軍二等兵の大量撃破で3:4まで、きのこ軍は追い上げたものの、最後はたけのこ軍の
猛攻の前に沈黙。
結果的にはたけのこ軍の戦い慣れが勝った戦いだった。

結果は0:2
これは今までの名勝負認定を超えた“伝説の勝負”として認定したい。
たった700レス足らずの戦いではあったが、この戦いには正に大戦のおもしろさが凝縮されていた。
4年間を超える大戦の中で、このような戦いに巡り会えたのは奇跡としかいいようがない。
それほどまでに、両軍とも素晴らしい戦いをした。

たけのこ軍勝利

第二百二次きのこたけのこ大戦 2014.04.06 22:41


前回の伝説の大戦から一週間、大波乱となった前回の始まりとは一転、今回の大戦は静かな幕開けとなった。
レス戦力差では相変わらずたけのこ軍が優勢。
戦局が動いたのは300レス以降だった。たけのこ軍が持ち前の精確性重視の撃破で、必殺技を続発させる。
一人のたけのこ軍精鋭は「活躍できてないなー」「何週間ぶりの必殺技」「2連チャンとか何事」との言葉を残しながら、
なんと3連続必殺技合計18撃破できのこ軍を煽りに煽りまくった。

700レス目では、違うルールなら軍神にもなれたたけのこ軍前線兵が10撃破、同じ兵士が790レス目では16撃破するなど、
たけのこ軍は今日も大暴れ。きのこを蹂躙し尽くした。

結果は0:65
いまさらだが、この圧倒的なレス戦力差はもう覆ることはないのだろうか。
かつての大量きのこ軍兵はどこへ消えてしまったのか。

たけのこ軍勝利

第二百三次きのこたけのこ大戦 2014.04.12 22:15


今夜の戦いは 非常に面白い戦いだった。
いつもは人が少なくて撃破も足りなくそして負け…   ごめんなさい ちょっとマイルドに訂正する。
いつもは少人数で善戦するきのこ軍が 大量撃破を大量に持ってくる戦いであった。

特に、ラストのラスト間際、ついでに落ちた瞬間に現れた軍神で たけのこ軍を一気に追い詰めたところは
非常に美しい展開ではなかっただろうか。

今回の戦いはきのこ軍の「夜のきのこ」という栄光を取り戻した よき大戦であろう。

きのこ:たけのこ 31:0
きのこ軍 勝利

第二百四次きのこたけのこ大戦 2014.04.19 22:14


2ch.netを揺るがす一大事に鯖が何度も落ちる中、今日も兵士は気にすることなく戦いを続ける。
今日も互いを貶めあう日々を続ける大戦に、明日はあるのか。

新ルールで大戦に臨んだ両軍だが、“初物に強い”と言われているきのこ軍は、
その前評判通り、序盤に大占領を頻発させて各拠点を積極的に侵攻していく。
拠点がオレオ王国とメイジ武器庫へ積極的に進軍。
たけのこ軍より優位に立つ。

たけのこ軍は苦しい立ち上がりの中、カカオ産地重点侵攻を敢行し、基点をつくろうと躍起になる。
しかし、あるきのこ軍兵が合計33侵略にもわたる、3拠点同時侵略作戦をおこなったことで
たけのこ軍は途中カカオ産地でも苦戦を強いられる。

しかし、序盤がきのこ軍のステージだとしたら、終盤は粘りのたけのこ軍のステージだ。
息を吹き返したかのように大占領を連発。序盤に圧倒的不利だった状況を挽回し、接戦のまま
2スレ目へ突入。

たけのこ軍はカカオ産地を制圧、きのこ軍はオレオ王国を制圧し、残りのメイジ武器庫をかけて
両軍で熱い戦いが繰り広げられたが、僅差できのこ軍がメイジ武器庫を制圧し終戦した。

結果はきのこ軍勝利(オレオ、メイジ制圧)
新ルールながら、終盤までどちらが勝つかわからない緊張感ある戦いが繰り広げられた。

きのこ軍勝利

第二百五次きのこたけのこ大戦 2014.04.26 22:29


大戦は先週の大量撃破(大占領)の撃ち合いからは一転、静かな幕開けで大戦は始まった。

持ち前の正確な射撃精度と統率の取れた攻撃で、たけのこ軍は序盤からきのこ軍との兵力差を
徐々に開きにかかる。
400レスの段階で65:79とその差は14。
絶望するほどの差ではない。あるきのこ軍兵はこうつぶやいた。
「軍神が出りゃいいんだよ…」

その言葉通り、>>488でたけのこ軍に軍神が出現。
100レス進行しただけで44:76と一気に30近い兵力差がつき、無事きのこ軍は絶望した。
その後も、たけのこ軍の絶え間ない大量撃破が続き、きのこ軍に反撃の暇すら与えず圧勝した。

結果は0:47
きのこ軍の連勝は2で止まった。呆気ない。

たけのこ軍勝利 ----

第二百六次きのこたけのこ大戦 GW第一戦 2014.05.03 22:10


今日の戦いは非常にアツい、名大戦といえる大戦ではなかろうか。
また、きのこ軍のレス量がたけのこ軍より多かったという珍しい大戦でもあった。
序盤の流れは非常にゆるやか。1スレ目、>>484にたけのこ軍の爆撃兵の必殺技が出るまで、
両軍ともに拮抗していた。
そんな流れをぶち破ったのはたけのこ軍防衛兵。バリアを1つ、2つ、と貼る。
そのバリアがなければ、1スレ目のラストのきのこ軍の集中必殺攻撃で戦況は変化していただろう。
また、2スレ目にもバリアを貼る。このバリアは、きのこ軍前線兵Lv14の必殺技をガードした重要な杭。
これがなければ、たけのこ軍は窮地に陥っていただろう。
今夜の大戦は、きのこ軍が必殺攻撃の恩恵を受けていないが、それでもかなり喰らい付くという名大戦。
これは秘密だけど、明日、明後日も大戦がある。
勝者たけのこ軍は慢心をせず、敗者きのこ軍は逆襲の刃を磨け。
きのこ:たけのこ 0:33
たけのこ軍勝利

第二百七次きのこたけのこ大戦 GW第二戦 2014.05.04 22:20


今日はGW大戦2戦目、制圧制での戦い。
この戦場の最初は突き刺す熱風が吹きぬけ、戦いが吹き飛ばされるかもしれなかったが、
そんなことはなく穏やかに戦いが進んだ。

序盤はきのこ軍、たけのこ軍ともに互角の戦い。非常に張り詰めた空気。
それが途中から アレになってきて… たけのこ軍の勝利で終わった。
最終状況は、たけのこ軍はカカオ産地とメイジ武器庫を占領して終了なのであるが、
たけのこ軍のオレオの残り侵略度は1。

これを見れば分かるとおり、終盤の戦況はたけのこ軍優勢。
きのこ軍の勝利条件は コンマ00〜33を5回連続で出す コンマ44〜66を21回出す なのに対し、
たけのこ軍の勝利条件は、たけのこ軍がコンマ44〜66か77〜99を2回出せば終わり コンマゾロ目を10回出す
という、なんとも負け犬ムードの漂う感じであった。

明日は、GW最終戦。ルールはきのたけでもっとも知名度がある(筆者談)、階級制。
きのこ軍は、この悔しさをバネに、たけのこ軍は、この勝利で慢心せずに、頑張っていただきたい。

きのこーたけのこ 0-2
たけのこ軍勝利! ----

第二百八次きのこたけのこ大戦 GW最終戦 2014.05.05 22:15


GW大戦三戦目となる最終日は、階級制での戦い。
序盤から両軍入り乱れての激しい戦闘となった。

たけのこ軍は序盤に大尉二名の大量撃破と、持ち前の精度ある通常撃破で優位に立つ。
その後も100レス周期ごとに、決まったように大量撃破をコンスタントに発射。
ありえない精度で攻撃してくるたけのこ軍を前に、さすがのきのこ軍も意気消沈気味であったが、
>755でついにきのこ軍に待望の軍神が出現。

そして
877 名前:きのこ軍 軍神�・ 撃破16[] 投稿日:2014/05/05(月) 22:32:03.77 ID:CKAeqU7R0 [16/19]
インドラの矢

軍神のインドラの矢による32撃破で、40近い兵力差を一気に詰める。盛り上がるきのこ軍。
しかし、きのこ軍の兵力はもう底をつきようとしていた。スレ終了の直前…

941 名前:たけのこ軍 大将Θ 撃破5[sage] 投稿日:2014/05/05(月) 22:34:05.11 ID:HUXYFKE00 [23/25]
神の杖

インドラの矢は神の杖によって打ち砕かれた。きのこ軍に、これ以上闘う戦力は残っていなかったのである。


結果は0:9
GW大戦はこれまで名勝負を繰り広げてきた。今日の戦いはその集大成ともいっていいだろう。
終盤のワクワク感、そしてそれを上回る絶望感。心臓に悪すぎた。

たけのこ軍勝利
GW3戦全勝

第二百九次きのこたけのこ大戦 2014.05.10 22:46


鯖落ちによって一度はVIP開催を見送りになりかけた今次大戦だが、
パー速開催のコンマ数秒前にVIPが復活。きのたけ神はどうやらVIPで大戦しろ
と言っているらしい。
復活大戦が始まった。

きのこ軍は、鯖落ち騒動で戦力が整っていない状態のたけのこ軍陣営に果敢に強襲。
きのこ軍らしからぬ通常撃破と大量撃破の華麗な連携プレイを織り交ぜ、400レスが終わった段階で
常勝たけのこ軍との兵力差を40として、レス戦力差でも優位に立ったまま前半戦を折り返す。

後半戦も順調に撃破を進めるきのこ軍だったが、1スレ終盤からのたけのこ軍の大反抗にあう。
1スレ目を49:9で2スレ目に突入したが、たけのこ軍はなんと2スレ目で大量撃破の弾幕を展開し、
一気に30撃破強する。対して、きのこ軍はといえば2スレ目突入と同時に気が抜けてなかなか撃破できない。
結局最後はきのこ軍が瀕死のたけのこ軍をなんとか数で押し切った形だが、2スレ目だけでたけのこ軍は35撃破
対してきのこ軍は9撃破といった結果だった。
たけのこ軍の粘りときのこ軍のタレが魅せるショーとなった。

結果は14:0
GW3戦全敗の汚名を返上するべく、きのこ軍はいつもの弱小軍とは思えない強者ぷりを見せた。
これは夜のきのこ再来なるか。

きのこ軍勝利

第二百十次きのこたけのこ大戦 2014.05.17 22:00


今日の大戦は、序盤から激しい銃撃戦が繰り広げられた。
両軍に大量発生した援護兵が序盤は必殺技を乱発。
戦闘では、たけのこ軍への嫌がらせのため、きのこ軍の防衛兵が相次いで防衛バリアを発生させる。
しかし、たけのこ軍の援護兵が必殺技を連発させ早々にバリアを解除する。
たけのこ軍の援護兵は、たけのこ軍兵士が多いことを利用して、必殺技を乱発し、
きのこ軍からアドバンテージを奪っていく。

きのこ軍は1スレ終盤で防衛兵18撃破の必殺技で、戦力差を逆転する。
しかし、レス戦力差で圧倒するたけのこ軍は通常撃破の嵐できのこ軍に追いすがる。

2スレ目の500レス近く。
両軍の兵力は19:18と斥候しながら、きのこ軍はなお防衛バリアを展開していた。 焦り、がたけのこ軍にはあったかもしれない。その一瞬の隙を逃さずに付いたのは、
1スレ終盤で必殺技を繰り出した、きのこ軍防衛兵長(Lv.23)だった。
戦いは一瞬で終結したのだった。
結果は17:0
圧倒的レス数を誇りながら、たけのこ軍はきのこ軍を仕留めることが出来なかった。
きのこ軍の少数精鋭が機能した珍しい大戦ともいえる。

きのこ軍勝利

第二百十一次きのこたけのこ大戦 2014.05.24 22:03


たけのこ軍は序盤から拠点A:カカオ産地に積極的に侵攻。
きのこ軍の寄せつく暇を与えず、圧倒的火力でカカオ産地を制圧。

同時に制圧を進めていた拠点B:オレオ王国も侵攻を有利に展開。
最後はたけのこ軍カカオ侵略部隊の大占領でオレオ王国を制圧。
あっという間の幕切れだった。

結果は0:2でたけのこ軍の制圧完勝。
たけのこ軍は完璧な試合運びだった。

たけのこ軍勝利

第二百十二次きのこたけのこ大戦 2014.05.31 22:00


5月の4戦(GW除く)を2勝2敗で終えている両軍は、5月最終戦たる今日の戦いには両軍とも並々ならぬ思いが
あるのは間違いない。
両軍の勝利への気持ちがぶつかりあった、非常に熱い戦いであった。

開始の合図とともに、大量撃破2回で先にきのこ軍が先手を取る。しかし、その後にたけのこ軍の速攻で兵力を五分に戻されてしまう。
そして、300レス目からは両軍ともにノーガードでの殴り合いを開始。類を見ない、激しい撃破の応酬が始まる。
100レス間の7回の撃破行動の内、6回が両軍の大量撃破(内、1回がきのこ軍軍神出現)という、入り乱れた混戦の結果、
400レスを終わった時点で両軍の兵力が半分を切るという非常に勢いのある戦いとなった。

敵に軍神を召喚されたたけのこ軍だが、動じることなく撃破を続けきのこ軍に追いすがり続ける。
一方のきのこ軍では、軍神が(おそらく)バーボン送りにされ音信不通になってしまい動揺が広がる。
「きのこの神の2体目を召喚するしかないのか」
まるでマリー・アントワネットのように、軍神がいなかったら2体目をよべばいいじゃない理論で、きのこ軍は2体目の軍神を召喚。
終盤での突然の登場に、さすがのたけのこ軍も対応しきれずそのまま終戦となった。

結果は27:0
非常に中身の濃い一戦だったことは間違いない。
軍神が勝負を左右する。

きのこ軍勝利

第二百十三次きのこたけのこ大戦 2014.06.07 22:43

今日の戦いは、必殺技が肝となる大戦であった、といえるだろう。
>133でたけのこ軍の工作兵必殺(1撃破)、>>143できのこ軍前線兵必殺(2撃破)はあったものの、 >400までは両軍拮抗した戦いであった。 流れが変化したのは>>481-482。たけのこ軍援護兵が突撃兵を援護し、計10撃破。 >499ではたけのこ軍制圧兵の4撃破。
そこからたけのこ軍は波に乗る。主に一人の制圧兵が。
>599で続く二回目の必殺技…世が世なら32撃破に相当する攻撃を行い、制圧カウンターを2溜める。
そしてトドメの>>785で再び必殺技を発動し、きのこ軍の司令部を制圧。
戦いはたけのこ軍の勝利で終わった。

きのこ:たけのこ 18:64(たけのこ軍 制圧勝利)
たけのこ軍勝利!


第二百十四次きのこたけのこ大戦 2014.06.14 22:00


今夜の戦いは、大多数のたけのこ軍を少数のきのこ軍が迎え撃つといった、
ここ最近テンプレになりつつある展開で幕を開けた。

きのこ軍は序盤から拠点C:メイジ武器庫を捨て、残り2拠点の早期制圧を図る。
たけのこ軍は、各拠点に満遍なく人員を割き、全拠点同時制圧を図る。
持ち前の参加人数を利用して大攻勢をしかけたいたけのこ軍だが、序盤は連携が噛み合わず
何度も大占領を逃してしまう。その間に、着実にきのこ軍が侵略を重ね、
1スレ目終盤までに、100レス以上もレス戦力差を稼いでいるたけのこ軍がきのこ軍から2拠点のリードを許してしまう。

しかし、たけのこ軍の本領がようやく発揮し始める。きのこ軍の補給線が長引いて疲弊している隙をつき
(戦力が少なくなっているともいう)、カカオ平野へ猛攻。1スレ目終了間際に大占領を出し、
2スレ目開始と同時に拠点A:カカオ平野をたけのこ軍が占領する。
ここからはたけのこ軍のペース。えげつない精度で残りの拠点を的確に占領し、きのこ軍の
希望をあっという間に打ち砕いた。

結果は0:2(拠点1, 3)
きのこ軍は序盤こそ少数精鋭でたけのこ軍を脅かしたが、最後まで持たなかった。
黄金のタレである。たけのこ軍のスロースターターぷりもあるのかもしれない。

たけのこ軍勝利

第二百十五次きのこたけのこ大戦 2014.06.21 22:02


たけのこ軍の好調は止まらない。
大戦が始まったと同時に、統率のとれた大集団はきのこ軍を集中砲火。

たけのこ軍のお得芸となりつつある、防衛兵によるバリアが序盤から展開され
きのこ軍は精神的にもたけのこ軍に攻撃される形となった。
600レスを終えた段階で、たけのこ軍は兵力差30、レス戦力差200もの差をきのこ軍から
奪う形となった。
参加人数、コンマゾロ目・必殺技を引く運。
たけのこ軍の勢いはもはや異常な域までに達している。
大戦の怪物を目の当たりにして、きのこ軍は絶望しながら敗北した。

結果は0:59
6月からの紛争を合わせた6戦。全て、たけのこ軍が勝利している。
これらの戦いは勿論たけのこ軍の実力で勝ち取ったものであるが、同時にきのこ軍の苦しみも
付記しなければいけない。

きのこ軍は大差で負ける。最も希望のない負け方で来週へ望みを託す。そしてまた負ける。
きのこ軍は負のスパイラルに陥っている。それは人数差にも勢いに如実に現れている。
たけのこ軍は大戦始まって以来の最盛期を迎えている。
同時に、きのこ軍は大戦始まって以来の先の見えない闇に取り込まれている。
たけのこ軍が勝利の美酒に酔いしれるかげで、きのこ軍は静かに足掻いている。

たけのこ軍勝利

第二百十六次きのこたけのこ大戦 2014.06.28 22:00


今日は6月の決戦。さて、その戦闘内容はというと…?
序盤は攻めまくるたけのこ軍にきのこ軍が必死で喰らい付く。
そんな先の分からない戦いだった。

だが!
>566で軍神が出現した。

その軍神の流れに乗って たけのこ軍はごり押しまくり、よく見る展開で勝利した。
来月は七月。夏の暑い戦いになるが、全員気を引き締めていただきたい。


きのこ:たけのこ=0:54
たけのこ軍勝利

第二百十七次きのこたけのこ大戦 2014.07.05 22:05


今日は新ルールでの大戦。貢献する度合いが高い、王様制というのがコンセプト…だったと思う 多分

さて、内容は…というと…
たけのこ軍が、数の暴力と運で溜めに溜めた貢献度の高い軍できのこ軍をボコボコにする内容。

一矢報いようと、きのこ軍は弱点を突いて反逆の15ダメージを与える!

だが 何をとち狂ったか次の戦いにて宇宙軍で攻めて負けるという謎行動。

最後は、空軍同士のバトルで、丁度残りHP分のダメージを削られきのこ王は地に塗れたのであった。

0:97
たけのこ軍勝利

第二百十八次きのこたけのこ大戦 2014.07.12 22:02



大戦で大型連敗を継続しているきのこ軍は、今日の大戦に全てをかけていた。
兵種制では珍しく、序盤は両軍とも慎重な戦いを選択。
きのこ軍は早い段階から防衛兵による必殺防御バリアを展開するが、たけのこ軍がすぐに破壊して
さらに自軍にもバリアを展開。しかし、直後にきのこ軍も負けじとバリアを破壊。
両軍とも、一進一退の攻防を続ける。

兵力では珍しくきのこ軍がリードしていたが、1スレ600レス付近でのたけのこ軍突撃兵の必殺技により
勝負は振り出しに。
しかし、いい加減連敗による負のスパイラルを抜け出したいきのこ軍の士気の高さには眼を見張るものがあった。

きのこ軍狙撃兵による必殺技連続で、たけのこ軍からリードを奪う。
2スレ目でもきのこ軍の勢いは止まらない。援護兵、防衛兵、狙撃兵。あらゆる兵種の必殺技を駆使して
たけのこ軍を撃破する。たけのこ軍も持ち前の精鋭ぷりで反撃を試みたが、今日ばかりは分が悪かった。

結果は25:0
きのこ軍の連敗がここで、ようやく止まった。
珍しくレス数もたけのこ軍を上回り、まさに軍全体で勝ち取った勝利と言えるだろう。

きのこ軍勝利

第二百十九次きのこたけのこ大戦 2014.07.19 22:07


今日の戦いは、非常に白熱した制圧制の大戦であった。
序盤は、きのこ軍の猛攻。きのこ軍は、メイジ武器庫、カカオ産地の制圧に近づく。
だが、その危機をたけのこ軍のオレオ王国大占領で一気に突破。

そして、どの拠点も取るか取られるかの手に汗握る戦いとなった。


1スレ目、最終局面。
たけのこ軍はオレオ王国を、きのこ軍はカカオ産地を確保。
メイジ武器庫はきのこ軍のリードという状況であった。

だが次スレ、カカオ産地の制圧度はわずかしか残っていない危機的状況。
きのこ軍は、カカオを取られまいと、たけのこ軍はカカオを取ろうと白熱した戦いが始まる。

最後は、きのこ軍の軍神的メイジ武器庫の制圧が鍵となり
きのこ軍はメイジ武器庫を制圧することで、勝利を収めた。

だが、今夜の大戦はどちらの軍が勝ってもおかしくない、刺すか刺されるかという戦い。
そんなきのこたけのこ大戦そのものを表した、名大戦といえるのではないだろうか。

きのこ:たけのこ 2:1
きのこ軍勝利!

第二百二十次きのこたけのこ大戦 2014.07.26 22:13


今日の大戦は七月の決戦、階級制。
今夜の戦いは、実に実に熱い戦いであった。

1スレ目>>39 たけのこ軍の大佐の大量撃破
続けて>>150 きのこ軍の軍曹の大量撃破。
このような大量撃破もありながらも、たけのこ軍は数で押せ押せの状態。

だが、>>1スレ目>>333 きのこ軍に軍神光臨! きのことたけのこのさはなくなった。
それでも、たけのこ軍も負けじと二等兵が二回、准将1回の大量撃破で再び差を広げる。


しかし!!! 
>600で再びきのこ軍は軍神を光臨させる。そして再び、差を戻した。

その後は、両軍の激しい攻撃が続き、とどめはたけのこ軍一等兵の大量撃破で〆られたのであった。


だが、軍神2柱を召喚したきのこ軍、大量撃破を浴びせたたけのこ軍。
どちらも、非常にすばらしい戦いであったといえよう。

たけのこ軍勝利

第二百二十一次きのこたけのこ大戦 2014.08.02 22:26


先週の大戦で勝利したたけのこ軍は勢いを継続。
序盤から必殺技ラッシュできのこ軍をリードする。きのこ軍は数でこそたけのこ軍を上回るが、
イマイチ撃破に繋がらず、序盤は苦労する。

1スレ600レスを超えた辺りから、きのこ軍は大規模反攻作戦を開始。
最大でたけのこ軍から13離されていた兵力差を、1スレ終盤で遂に巻き返して逆転してしまう。
たけのこ軍はきのこ軍如きの反撃を甘く見ていたが、今日のきのこ軍は一味違った。
2スレ目に入っても勢いは衰えずたけのこ軍はきのこ軍の勢いを止めることはできなかった。

結果は26:0
きのこ軍の勢いは最近のたけのこ軍を彷彿とさせた。

きのこ軍勝利

第二百二十二次きのこたけのこ大戦 2014.08.09 22:16

【チョコの上のチョコ】風総評

まことに小さな軍が、開化期を迎えようとしている。

小さなといえば、大戦前のきのこほど小さくて卑猥な軍はなかったであろう。
撃破といえばコンマゾロ目しかなく、人材といえば三百年次のあいだたけのこ軍から兵士を借り入れるほかなかった。
大戦によってきのこ軍は初めて脳筋的な「兵士」というものをもった。

誰もが「兵士」になれた。

不慣れながら「兵士」になったきのこ軍たちは、大戦史上の最初の犠牲者として、その新鮮さと被虐性に昂揚した。
大戦のどういう階級の、どういう兵士でも、根気と考えずに突っ走る頭脳さえあれば、兵士にも、兵士にも、兵士にも、兵士にも、成り得た。

この時代の明るさは、こういう連敗主義(キノコイズム)から来ている。

今から思えば、実に滑稽なことに、更に今も滑稽なことに、クッキーとチョコの他に主要要素のないきのこの山は、
明治製菓の並み居る菓子と同じ軍を持とうとした。 売れるはずがない。

この物語は、その小さくて卑猥な軍が明治(製菓)における最も古い大軍の一つたけのこと対決し、どのように振舞ったかという物語である。
主人公は、あるいはこの時代の小さくて卑猥なきのこということになるかもしれない。

彼らは明治という企業の体質で、前をのみを見つめながら歩く。

上って行くクッキーの上の黒いチョコに、もし一朶の白いチョコが輝いているとすれば、
それのみを食べて、残りを捨てるであろう。

結果は37:0

きのこ軍の奇跡的な勝利に終わった。


フツウの総評;
序盤から台風のような勢いできのこ軍はたけのこ軍をバッタバッタとなぎはらっていく。
夏休みシーズンで戦力も充実しつつあるきのこ軍を前に、たけのこ軍は序盤こそ突破を許すが
すぐに立て直しきのこ軍の進撃を食い止める。

しかし充実した戦力でようやくたけのこ軍と同じくらいの数の戦力を手に入れたきのこ軍の勢いは止まらない。
1スレ中盤には軍神を呼び出し、完全にリードを奪う。
たけのこ軍は今度ばかりはきのこ軍を食い止めることはできなかった。

結果は37:0
夏休みに入ってからたけのこ軍は何度か苦戦を強いられている。次週で決意の逆襲なるか。

きのこ軍勝利

第二百二十三次きのこたけのこ大戦 2014.08.16 22:30


今日の戦いは、制圧制。
たけのこ軍はメイジを攻めに攻め、きのこ軍はカカオ・オレオを攻めた。
互いの大侵略のせめぎあいの中、最終局面でオレオ王国首都が残る。

このつばぜり合いは、きのこ軍がほんとうにひやひやするぐらいの距離で、勝利を収めた。
また、地味に逆転のチャンスとなる制圧地の奪い返しも発生しかけたことも、面白い。

これぞ、制圧制!!!!  たぶん(ジャイロ風)

きのこ軍勝利

第二百二十四次きのこたけのこ大戦 2014.08.23 22:09


8月の夏休みも終りが近い中、今日も大戦は行われた。
夏休みじゃくても普段から暇を持て余すきのこ軍が、数でたけのこ軍を圧倒。
数撃ちゃ当たるワーワー戦術で攻めかかるたけのこ軍を追い返す。

たけのこ軍は序盤に爆撃兵による必殺技を展開。100レスごとに1兵力奪っていく小さな小さな毒が
後々まできのこ軍を苦しめることになる。
たけのこ軍は序盤こそはきのこ軍のリードを許すものの、1スレ後半から巧みな必殺技と統率のとれた撃破で
最大で22開いていた兵力差を一気に0まで戻す。
そして1スレ終了間際の前線兵の必殺技で、たけのこ軍がきのこ軍からリードを奪う展開となる。

たけのこ軍の脅威の攻めに、元来粘りのないきのこ軍は総崩れ。たけのこ軍とあっという間に20兵力差を逆に
つけられてしまう。その後、兵力が残り2になってから最後っ屁みたいな必殺技2発19撃破も行われたが時既に遅し。
なぜそれが最初に出来ないのか。

結果は0:16
たけのこ軍が鮮やかな逆転勝ちを収めた。兵種制が始まって以来の、爆撃兵運用できのこ軍を
死に至らしめたたけのこ軍の作戦勝ちといえる。

たけのこ軍勝利

第二百二十五次きのこたけのこ大戦 2014.08.30 22:00


今日は夏休みの最後の土曜日。大学生とかはまだあるみたいだけど、世間一般的な感じで。
内容は、たけのこ軍が大量の兵士と精密な撃破と軍神で攻めて勝利する内容。

だが、きのこ軍にも軍神は出現していた。
なぜ、こんな差が起きたのか。

多分、数的な…そんな差だと思われる。

まあともかく、たけのこ軍の勝利で戦いは終わった。

夏休みも終わりに近いが、みんなは宿題は終わったかな?
終わっていない人はキリキリ頑張ってね。

きのこ:たけのこ 0:45
たけのこ軍勝利

第二百二十六次きのこたけのこ大戦 2014.09.06 22:02


今日は九月の初戦。ルールは兵種制である。
今回、きのこ軍は勝利を得た。その要因は何か?
それは必殺技である。兵種がそれぞれに所持する必殺技が勝因である。

きのこ軍衛生兵が必殺技を2回ぐらいかます。これでHP10ぶんのアドバンテージを得る。
きのこ軍砲撃兵が必殺技で当たりを引く。これでHPを削る。
きのこ軍前線兵が貯めに貯めたレベルで必殺技。これは普通に痛いダメージ。

だがたけのこ軍も必殺技はそれなりに。
たけのこ軍爆撃兵の必殺技で毒を撒く。この毒、5回ぐらい回されるとすごく痛い。
たけのこ軍突撃兵が必殺技を。ロマンのある必殺技、当たるとけっこう痛い。

今回出番が無かった兵種もあるが、それは次回(結構日数空くけど)の活躍が楽しみである。
ハマればかなり決まる狙撃兵。安心を得る防衛兵。
プレッシャーを与える制圧兵。戦況を元通りにする工作兵。必殺2回をみられる援護兵。
再度言うがこれらの活躍にも期待したい。

きのこ軍勝利

第二百二十七次きのこたけのこ大戦 2014.09.13 22:13


制圧制ルールで始まった今回の大戦だが、序盤からきのこ軍が積極的に侵略を敢行。
大占領、侵略、大占領、侵略。
終わりない大遠征に、占領地の住民はきのこ軍を快く歓待。
たけのこ軍は必死に追いすがる。数が少ないたけのこ軍の中でも、
ID:tpo7pU7n0を始める数名の兵士の活躍で、メイジ武器庫へ強烈な速度で侵略を進め、
飽きてきていたきのこ軍から一時はリードを奪う。
しかし劣勢。そうなると、たけのこ軍精鋭部隊はオレオへ一斉になだれ込み。
謎の大占領率の高さに、楽勝ムードのきのこ軍を震え上がらせた。

しかし、反撃もここまで。たけのこ軍にはいつものパワーが足りなかった。
次から次へとニョキニョキ生えてくるきのこ軍の軍勢に太刀打ち出来無かった。

結果は2:0(制圧数)
人数差からいえば、きのこ軍の圧勝となってもおかしくない大戦だったが、最後の最後で
たけのこ軍の博打のような粘りがたけのこ軍であることを証明した。

さて、今年の9/15は敬老の日で祝日。
ということで、大戦はなんと明日も開催される。
突発的な2連戦。初戦を取った軍だが、果たして明日はどちらが勝利するのか。乞うご期待。

きのこ軍勝利

第二百二十八次きのこたけのこ大戦 2014.09.14 22:18


祝日前の特別大戦となった今回。
前日の大戦で惨敗しているたけのこ軍は、序盤から大人数を率いて積極的な攻撃を敢行。
して、きのこ軍は十分な人数が集められず先制攻撃を許してしまう。
前日とはまるで逆の展開。
しかし、きのこ軍は>>177で軍神を召喚してすぐさま反抗の態勢を整える。

たけのこ軍は攻めの手を緩めない。持ち前の精密射撃で、すさまじい通常撃破の嵐をきのこ軍に浴びせる。
レス戦力差でダブルスコアをつけられつつあるきのこ軍は、防衛する手段を持たない。攻めるしかない。
防御を放棄したきのこ軍は、なんと軍神の大量撃破を皮切りに、決死の大反抗作戦を開始。
100レス間で25撃破し、一気にたけのこ軍からリードを奪う。

1スレ>>900からは両軍入り乱れた大量撃破乱発合戦が発生。
30レスもの間に両軍合わせて5回もの大量撃破が撃たれるなど、戦場はカオスそのもの。
結局、混戦を制したのはきのこ軍。軍神の大量撃破2回がたけのこ軍にとっては大きな痛手となった。

結果は19:0
序盤はたけのこ軍の大軍勢が攻め立てたが、きのこ軍の逆転を機に、後半はきのこ軍の増援が到着。
レス戦力差はリアルタイムで変化していった。
結局昨日、今日ときのこ軍の2連勝に終わった。

きのこ軍勝利

第二百二十九次きのこたけのこ大戦 2014.09.20 22:36


今日の大戦は兵種制。突撃兵が特攻しまくりたけのこ軍を圧倒する展開であった。
ただのそれだけでもかなりの深手を負わされる。

やはり突撃兵はロマン兵種なのだ。
これからまた突撃兵になった君はそのロマンを楽しめる。


でもほかの兵種も楽しめるからね。


きのこ軍勝利

第二百三十次きのこたけのこ大戦 2014.09.27 22:20


今日は九月最後の大戦。きのこ軍、たけのこ軍両軍ともに熱気のこもる決戦。

序盤中盤から大量撃破の嵐。きのこ軍軍神の登場。
勢い高く大戦は混戦と。

途中、きのこ軍がたけのこ軍を30ぐらいの差はつけて離すも
怒涛のたけのこ軍の大量撃破連発で追い詰める。


だがきのこ軍はそれでうろたえなかった。お返しとばかりに大量撃破を2発。
とどめには軍神2柱目を呼び寄せて戦いに勝利したのであった。

九月――――。
たけのこ軍は一回も大戦に勝てず。
きのこ軍は全ての大戦に勝利した。

十月はどうなるのか。きのこ軍の勢いが失われずに、きのこ軍が焼き尽くすのか。
あるいはたけのこ軍がこの屈辱をバネに復活し、たけのこ軍を焼き尽くすのか。

戦いはどうなるかがわからない。それがきのたけの面白さなのだ。

きのこ:たけのこ=31:-11
きのこ軍勝利!

第二百三十一次きのこたけのこ大戦 2014.10.04 22:43


たけのこ軍勝利

第二百三十二次きのこたけのこ大戦 2014.10.11 22:42


きのこ軍勝利

第二百三十三次きのこたけのこ大戦 2014.10.18 22:42


今日の戦いは兵種制。
このルールは様々な兵士の必殺技が売りである。(執筆者談)

さて、今夜の大戦はどうなったのか――。


きのこ軍、たけのこ軍両軍ともに熱い必殺技の撃ちあい。
1スレ目>>300、>>325できのこ軍は爆撃兵の必殺技を撃ち、100レスごとに2ダメージという重い毒を残す。

だがそれにたけのこ軍はひるまない。1スレ目>>511、レベル5の突撃兵の必殺技の15ダメージ。これできのこ軍との差を大きく開く。

きのこ軍の負けが見えたか―そう思われたとき、スレも終わりに近い>>936にて狙撃兵が獅子奮迅の必殺技をたたき出し、15ダメージで差を縮める。


互いがしのぎを削りあい、どちらが勝ってもおかしくない――。
そんな状況を制したのは、たけのこ軍突撃兵長Lv7。
2スレ目>>88で再びの必殺技をぶちかまし、きのこ軍を沈めたのであった―。


きのこ:たけのこ -12:23
たけのこ軍勝利!!

第二百三十四次きのこたけのこ大戦 2014.10.25 22:01


たけのこ軍は今回も序盤から順調に撃破を積み重ねていき、きのこ軍との兵力差を徐々に離していった。
255レス目には軍神を召喚。勝負は序盤にて決したかと思われた。

しかしきのこ軍も500レス目に軍神を召喚。きのこ軍に反撃の気運が高まるが、たけのこ軍は沈着冷静。
622レス目に二柱目の軍神を召喚。勝負の勝敗を完全に決定づけたのであった。

結果は0:51
10月はたけのこ軍の3勝1敗で勝負を終わった。
年末までの残り2ヶ月、果たしてどちらが有終の美を飾ることができるのか。

たけのこ軍勝利

きのたけシリーズ戦役・第一戦(第二百三十五次きのこたけのこ大戦) 2014.11.01 22:01


まず、今月の大戦について話そう。
毎週土曜日に加え、11月2日、11月23日にも大戦が存在する。

そして、もう一つ。
月別勝敗決定戦―という大戦方式が定められている。

これは、今日の大戦を含めた6回の大戦の結果でをもとに、
決戦の11月29日の大戦で、初期兵力が変動するというものだ。
勝利した軍には、アドバンテージが与えられる。

つまり、今月に限っては最終決戦日で勝利することが目標だ。
だが、最後だけ勝てばいい―というものではない。勝利軍にアドバンテージが与えられるため、初期兵力の差が大きくなるからだ。
だが、6回勝って決戦に臨む―というものも、相手の出方で負けることもある。

何はともあれ、今日の大戦。
ルールは兵種制。互いの軍は、拮抗した実力、拮抗した必殺技を撃ち合う。
だが、1スレ目>>794にて砲撃兵長Lv7の必殺技21撃破が炸裂した。

拮抗は崩れ、きのこ軍をたけのこ軍が追い詰め、たけのこ軍は勝利する。

だが、前も言ったようにたけのこ軍はこの勝利で油断をすることは禁物だ。
逆に、きのこ軍はこの敗北で絶望するほどの心配はない―。

きのこ:たけのこ 0:22
たけのこ軍勝利 アドバンテージ3を獲得。

きのたけシリーズ戦役・第二戦(第二百三十六次きのこたけのこ大戦) 2014.11.02 22:04


今宵は制圧制ルール。カカオ産地をきのこ軍たけのこ軍両軍が、
オレオ王国首都をたけのこ軍が、メイジ武器庫をきのこ軍が狙う展開に。

オレオ王国首都は、嵐のようなたけのこ軍の猛攻でたけのこ軍に制圧された。
カカオ産地は、壮絶なるきのこ軍たけのこ軍両軍の争いの果てに、たけのこ軍が制圧。

1スレながらも濃密な、緊張感溢れる闘いであった。
きのこ:たけのこ0:2(A、B制圧)

たけのこ軍勝利!!

アドバンテージ5獲得。

きのたけシリーズ戦役・第三戦(第二百三十七次きのこたけのこ大戦) 2014.11.08 22:41


今日の戦いはたけのこ軍の圧倒的火力による攻撃がめだつ大戦となった。
たけのこ軍は大量に大量撃破を叩き込み、軍神を呼び。

そしてとどめを軍神二柱目で刺す、まさに圧倒的な闘いだった。

だがまだこれはアドバンテージを得た布石に過ぎない。
たけのこ軍は油断はしてはいけないし、きのこ軍はこれで落ち込むことしない。なんかこれ前も言ったけど気にするな

きのこ:たけのこ -12:57
たけのこ軍勝利
アドバンテージ5獲得

きのたけシリーズ戦役・第四戦(第二百三十八次きのこたけのこ大戦) 2014.11.15 22:00


11月に入り、怒涛の勢いで3連勝と波にのるたけのこ軍。第三戦を終え、早々にアドバンテージ13を獲得し、
これで最終戦の初期兵力は113となった。
今日から11月月別王者決定戦の折り返しとなる第四戦。きのこ軍は巻き返すことが出来たのだろうか。

今夜の大戦は、序盤ではきのこ軍が大量リード…しているように見えたが、実はきのこ軍内に
スクリプトの手先が紛れ込んでいたため、スクリプトを排除。
正確な結果ではたけのこ軍が終始大戦をリードしていた。
そのままたけのこ軍が大戦を圧倒。

結果は0:74
一時はスクリプト省きに手間取り集計係が少し混乱したが、大戦の内容自体は終始穏やかな展開(ワンサイドゲーム)だった。
なんというかすごく悲しい。

たけのこ軍勝利
アドバンテージ6獲得

きのたけシリーズ戦役・第五戦(第二百三十九次きのこたけのこ大戦) 2014.11.22 22:03


今夜は制圧制。3地点をいかに制圧するかがキモの戦いである。
きのこ軍はメイジ武器庫に動く。
それは凄まじき勢いで、隼のごとき素早さで制圧するほどに。

だがそこまで。
きのこ軍のコンマ運はそこで尽きる――。
たけのこ軍は着々とがら空きのカカオ産地、オレオ産地に攻め込み、無事制圧する。

一点狙いすぎる偏りの運が、きのこ軍の敗北に繋がったのだ―。

11月はこれまでに5回戦ってきたが、きのこ軍は全敗。
きのこ軍の逆襲は果たして成るか。

きのこ:たけのこ=1:2(A、B制圧)
たけのこ軍勝利

アドバンテージ3獲得。

きのたけシリーズ戦役・第六戦(第二百四十次きのこたけのこ大戦) 2014.11.23 22:09


今夜はスキル制。スキル制は様々なスキルを放つのがキモのルールである。
さて、とんでもなく久々に登場したこのルールの結果は……


両軍、ともに同じような攻撃で撃ちあう状況。
この膠着状態のままでは長引きそうだ―そう判断したきのたけ管理局(KNC)は緑色の爆弾を投下した。

たけのこ軍はその隙を突いて2つ溜まったアグロフォートレスの乗った必殺技をぶちきます。

きのこ軍、あと一歩まで追い詰めたものの、散る結末に――。

きのこ:たけのこ -3:7

たけのこ軍勝利!
アドバンテージ1獲得


さて、この長き十一月のきのたけ大戦は来週の土曜日が決戦である。
きのこ;たけのこ=100:123という23の差のある階級制。

果たしてきのこ軍はその不利を破りきり見事逆転勝利を飾るのか。
それともたけのこ軍がその有利の波に乗って11月の覇者となるのか。

来週の11月決戦に、今から手に汗握る。

きのたけシリーズ戦役・最終戦(第二百四十一次きのこたけのこ大戦) 2014.11.29 22:00


11月に開催されたきのたけシリーズ月別王者決定戦。
この戦いにも、ようやく終止符が打たれる時が来た。
11月に開かれた6戦全勝で最終戦を迎えるたけのこ軍の初期兵力アドバンテージは23。
かたやきのこ軍は全敗で当然アドバンテージは0。

初期兵力100:123はあまりにもかけ離れた差だ。勝負はわかりきっている…誰もがそう思った。

大戦の序盤。兵力差を少しでも埋めるため、きのこ軍は捨て身を覚悟で前進。
軍神を召喚することにも成功し、一時は兵力差を9にまで縮める。

しかし、たけのこ軍はあくまで11月の『絶対的王者』だった。
反撃の機運が高まるきのこ軍をあざ笑うかのように、たけのこ軍も軍神を召喚。
縮まりかけた差を戻すどころか、一気に開きにかかる。
これが11月王者の戦い方だった。

結果は0:40
11月中の結果はなんと全7戦でたけのこ軍が全勝。類を見ない月別王者決定戦となった。
きのこ軍は最後の最後までたけのこに一矢報いることができなかった。
そして、来週から12月。きのたけにとって馴染み深い師走の総決算が始まる…

たけのこ軍勝利

11月王者 たけのこ軍!(全7戦 7勝0敗)
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

フリーエリア

*スキル制 使用スキルチェッカー

スキル制ルール 専用で、自分の使用可能スキルを確認できます。

入力フォームに自分のIDを貼り付けてください。
ページが飛んで使用可能なスキルが表示されます。
java scriptで運用。

ID:


アクセスカウンタ
(マウスを近づけると一週間の推移がわかる)

フリーエリア2

フリーエリア

フリーエリア

メンバーのみ編集できます