集計班編
686 名前:きのこ軍 集計班 曹長†[緊急議題>>558] 投稿日:2013/05/26(日) 22:57:34.19 ID:fPhYmPMko [7/8]
「葱の盾」 5/19 16:00 in東京
 
揺れる車内の中で、まるでトラックで輸送されるドナドナの牛のような気分になりながら
私は一人QVCマリンへと向かっていました。
 
東京から千葉へと向かう京葉線の車内は、舞浜へ向かう、幸せそうな笑顔を浮かべる憎たらしい若造どもと、
QVCマリンへ向かう野球好きどもの熱気に溢れかえっていました。
車内にいる彼らは皆一様に希望に満ち溢れた表情をしていました。私を除いては。
 
そもそも、なぜ私がネズミのカチューシャを被ったクソリア充たちの横で、
ひとり暗澹たる思いで海浜幕張まで輸送されなければいけないのでしょうか。
 
それは、チャットでオフ会に関する犯罪予告がされたからに他なりません。
〜・チャットにて〜
「加古川 きっと791さんがネギ振ってると思うからすぐ見つかると思うよ! 2013/05/17 02:05:39 No.45866
魔王791ネギは加古川さんが持ってくるよ、うん 2013/05/18 00:00:38 No.46472」
意訳:オフ会にはネギとレモンでかちこみに行く
 
なぜ人生の先輩たる彼らが率先して球場にネギとレモンを持っていこうとしているのか。何が彼らをそうさせるのか。
そもそもなぜネギを持って行くという結論に達したのか?
か弱い一民衆の前で弱い者いじめのようにネギを振り回して果たして楽しいのか。
そう、これは犯罪以外の何物でもないのです。
 
メンバーがなぜか球場内で一狩りを楽しむ中、ひっそりと私のオフ会が始まろうとしていました…
このレポは、オフ会のいち参加者であるか弱い集計班の、苦悩と絶望、そして絶命までの軌跡である。



〜・チャットにて〜
「加古川 きっと791さんがネギ振ってると思うからすぐ見つかると思うよ! 2013/05/17 02:05:39 No.45866
魔王791ネギは加古川さんが持ってくるよ、うん 2013/05/18 00:00:38 No.46472」

意訳:オフ会にはネギとレモンでかちこみに行く

なぜ人生の先輩たる彼らが率先して球場にネギとレモンを持っていこうとしているのか。何が彼らをそうさせるのか。
そもそもなぜネギを持って行くという結論に達したのか?
か弱い一民衆の前で弱い者いじめのようにネギを振り回して果たして楽しいのか。
そう、これは犯罪以外の何物でもないのです。

メンバーがなぜか球場内で一狩りを楽しむ中、ひっそりと私のオフ会が始まろうとしていました…
このレポは、オフ会のいち参加者であるか弱い集計班の、苦悩と絶望、そして絶命までの軌跡である。


第二章「赤とダイヤモンド(レモン)」2013/5/19 16:50

電車に揺られ、バスに揺られて。
試合開始時間ギリギリになって、ようやく行きたくもない球場に着きました。
私は出不精です。ついでにインドア派です。ついでにコミュ障です。
さらに言うと、ネギとレモンが嫌いです。
前者はともかく、なぜ後者のネギとレモンが待ち構えているとはっきりわかる球場に行かなければいけないんでしょうか。ついでに、私の出迎えにはレモンを持った加古川さんが待っているというじゃありませんか。


絶望という二文字を背中に抱えながら球場の外野方面への階段を上って行くと、広島カープファンの赤いユニフォームに染まった集団の中で一際映えるレモンを持ったおっさんが独り。
初対面ではありますが、過去の写真上げなどでこちらの存在に気がついたのか、ちょい悪イケメンオヤジは
「お〜 シューさんか」
と気さくに挨拶をしてくださいました。
こんにちは加古川さん、レモンをしまってください。


第三章「赤一色に染まった球場」5/19 16:50

加古川さんからチケットをもらい、いざ球場内へ。
QVCマリンという球場は、いつも人が来ないことで有名です。
アクセスのしにくさや、球団自体の人気の無さなど色々な側面がありますが、
総じてビジター(敵側)のレフト外野スタンドはガラガラなのです。
今回、加古川さんにとってもらった席は
そのビジターのスタンド席のカフェテリア形式になっている部分。
   (どうせガラガラなんだろ…野球がよく見えていいわよ)
そう思いながらゲートをくぐって外野スタンドに足を踏み入れると…

赤 赤 赤 赤 赤 赤 赤


見渡す限りアカばっかり。なんと奇妙なことに、いつもガラガラな外野スタンドが赤一色に染まって既に満席になっている。
そればかりではない。
外野スタンドに収まりきらなかった赤の大群が内野席にまで押しかけ、
球場の半分を赤色に染め上げているのである。

(粛清だ…粛清が始まったんだ?)

加古川さん含め、赤色に染まり上がったスタンド。そして私は
赤色球団のファンではないので、自軍チームを応援する白を貴重とした服装。
(殺される…アカに粛清される?)

怒号とも応援ともとれる声援を浴びせながら、彼らはどこから湧いてきたのか
球場内を占拠したのです。(ちなみに、この日の観客数が今年度のQVCマリンの動員トップでした)


第四章「地獄への階段」5/19 17:00
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

フリーエリア

*スキル制 使用スキルチェッカー

スキル制ルール 専用で、自分の使用可能スキルを確認できます。

入力フォームに自分のIDを貼り付けてください。
ページが飛んで使用可能なスキルが表示されます。
java scriptで運用。

ID:


アクセスカウンタ
(マウスを近づけると一週間の推移がわかる)

フリーエリア2

フリーエリア

フリーエリア

メンバーのみ編集できます