791の人編

113 名前:791 投稿日:2014/04/13(日) 23:48:25.89 ID:ZGOxa6gw
今回のオフ会は【来年度から】ここだけきのこたけのこ大戦【本気だす】の>>95から決まっていました
目的はズバリステーキを食べること。
何故なら、私がステーキを食べたかったからです。
 
言い出したもののなにかと忙しく、参加者に当日の予定のお知らせしたのは前日の夜でした。
主な日程は以下の通り
14:00  集合(秋葉原駅電気街口)
      オクトーバーフェスト
      (ベルサール秋葉原)
14:30  加古川さん到着&合流
      飽きた頃 メイド喫茶
18:15頃 秋葉原→千駄ヶ谷
19:00頃 ステーキ屋
 
時間の割に内容すっかすかですw
まぁ、時間が余りそうだったら適当にファミレスでグダグダすればいいかなと思っていました。


114 名前:791 投稿日:2014/04/13(日) 23:48:42.00 ID:ZGOxa6gw
当日は、あまりお天気に恵まれませんでした。
強風のため電車に遅れが生じ、参謀が予定より遅れて到着するとのことだったので、集合時間は30分遅らせて14時半としましたが、迷子に備えて早めの電車に乗りました。
スレを見ると山本さんは秋葉原に着いている様子。
アトレのスターバックスにいるとの事なので、そこで合流することにしました。
しかし、乗り換えでしか来たことのない駅で私が普通にたどり着けるはずもなく、迷子、迷子…。
あっちいったりこっちいったりで、なんとか山本さんと無事に合流。
のんびりする間もなく、集合時間が近かったので、集合場所である電気街口の改札へ向かいます。
びゅうぷらざの前で少し待つと、加古川さんも合流。
少しわかりづらい場所だったので、集合場所を変え待つと、参謀も合流。
無事みんな揃いました。


115 名前:791 投稿日:2014/04/13(日) 23:50:23.91 ID:ZGOxa6gw
全員揃ったので、秋葉原オクトーバーフェストに行くため、ベルサール秋葉原に向かいます。
地図を見てもなにがなんだかわからず、山本さんの案内のもと向かいました。
会場は、思っていた以上に普通のビルでした。
たくさんのテーブルやイスが並べられていましたが、ビルの中は満席。
空いているのは全て外でした。
仕方がないので、覚悟を決めて風が吹き荒れる外のテーブルへ。
私はお酒に弱いので、テーブルで荷物番をしていることにしました。
荷物が取られることより、荷物が飛ばされることを警戒しました。
しばらく待っていると、みんながビールやソーセージを持って帰還。
ノンアルコールの飲み物もあるかなぁと期待をしていたのですが、残念ながらなかった様子。
とりあえず、私だけなにもないのも寂しいので、近くで売ってたトルコアイスを買いました。
暴風雨のため、おつまみのお皿を押さえながらアイスを食べました。
正直、食事どころじゃなかったけど、アトラクションみたいで楽しかったw
謎の達成感がありました。


116 名前:791 投稿日:2014/04/13(日) 23:52:25.02 ID:ZGOxa6gw
その後は、とりあえず探索へ。
アキバと言えばAKBでしょう!ということで、劇場を見に行くも、残念ながら閉まっていました。
次、どこに行こうか…?と当てもなくさ迷っていると、声を掛けてくる女の子が!
その子は、秋葉原の観光案内なるお仕事をしているとのことでした。
この際だから、頼んでみますかと決めたものの、料金が高い高い…
せっかくの旅だし!とのことで、加古川さん山本さんが料金を持ってくれることとなり、仲間の女の子もう一人と秋葉原観光へ。
 
アキバっぽい所、話のネタになるところをリクエストしたところ
・黒魔術の本が売っているお店(閉まってた…)
・ガチャガチャ屋
・盗撮用のカメラ等が売っている電気屋
・電車のプラモデル屋
・コスプレ用と思われる様々な武器が売られているお店
・おもしろTシャツが売られているお店
等々様々なお店に行きました。
どれも上げると面白そうなのですが、書くほどの内容はなかったですw
そこで、時間が来てしまったために女の子達と記念撮影してお別れしました。


117 名前:791 投稿日:2014/04/13(日) 23:56:06.32 ID:ZGOxa6gw
続いてメイド喫茶に行くことになりました。
山本さんが女の子達に聞いた、 「橙源郷」というお店へ。調べてみると老舗のメイド喫茶のようです。
とりあえず、お店の前に来たもののなんとなーく入りづらい。
みんなでじゃんけんして入ることになりました。
一回目は、訳あって山本さんがうむやむにしました。
二回目、勝ったひとから入ることに決め、いざ勝負。
結果、参謀の一人勝ちだったため、参謀が先頭で入ることになりました。
ただいまって言って入るんだよ等無責任に声を掛ける他3人。
入ってみると、すごく落ち着いた、おしゃれなカフェでした。
警戒していた程「メイド喫茶!」という感じでもなく、値段も良心的でコンセントも使えました。
くつろぐには、ぴったりのカフェでした。
ただ、お客さんはやっぱり変わっている人が多く、隣の席の男性は、ずっとメイドさんの写真のアルバムを整理していたり、反対側の隣の青年は、パソコンをいじっている普通の人だと思ったら、唐突にアルパカのぬいぐるみを並べ始めたり。
極めつけは、 貴族?を意識した服装の人。
自分達よりあとに入って来たのですが、思わず二度見。笑いを堪えるのに必死でしたw


118 名前:791 投稿日:2014/04/13(日) 23:58:59.11 ID:ZGOxa6gw
そのままカフェでのんびりくつろいでいるうちに、時間になったので、ステーキ屋へ。
その頃、案内は完全に山本さんの役目になりました。
押し付けた?いいえ、進んでやってくださったのです。
 
千駄ヶ谷駅から、歩いて歩いてステーキ屋へ。
ちょっとした階段を下りて店内入ると、少し薄暗いものの上品なお店でした。
メニューを見てみんなで相談。
論点はブロックステーキです。
個人的に、5人くらいいれば1kg頼めるかなぁ…と思っていたのですが、今回は4人。
それぞれ頼むのかなぁと思ったら、食べれるだろうということで、なんとブロックステーキを1.5kgを注文 。
一人辺り375g。
さすがに、サーロインは無理だろうとのことで、リブロースを注文しましたが、それだけでなく、セットで サラダ・ガーリックトースト・温野菜付き鋳物取り皿・シャーベット・紅茶。
正直食べれるのか不安になりました。


119 名前:791 投稿日:2014/04/14(月) 00:01:32.83 ID:/0uoUuAM
注文してすぐに、目の前に鉄板が運ばれ、点火!
そして、厨房の方から我らがブロックステーキが登場!
しかし、そのまま目の前の鉄板で焼くのではなく、一旦かまどへ。
そこで店員さんが軽く火を通してくれます。
少し周りが焼けたかなぁというところで、鉄板に乗っけてくれました。
1.5kgのお肉は圧巻です。
これを食べれるんだなぁと思うと幸せな気持ちになりましたv
程よい具合になったら、自分の鉄板へ
一人二切れずつくらいありました。
どっしりした見た目とは裏腹に、思ったよりも柔らかく、お肉!という感じの味。
しつこい感じはなかったので、ぺろっと食べることができ、それぞれ黙々と目の前のお肉にかぶりつきました。
醤油や塩コショウが用意してありましたが、個人的にわさびが欲しかったなぁ。


120 名前:791 投稿日:2014/04/14(月) 00:04:11.11 ID:/0uoUuAM
ステーキを食べ終え、付け合わせのじゃがいもやコーン等も一通り食べ終え、一息つくと何を血迷ったのか山本さんがサーロインステーキを食べることを提案。
400gだけ味見することになりました。
これで1人辺り475gの肉。
一生のうちで、もうこの日以上のお肉を食べる日はないだろうなぁという量を食べました。
サーロインはリブロースより、柔らかく脂も多めで、甘い印象でしたが、最後だったので、結構くどく感じました。
その後運ばれてきた、デザートのゆずシャーベットのさっぱり感に救われました。
お腹いっぱいで、帰るのが億劫になったものの、かなりの満足感でした。
帰りの方向が反対だったので、山本さん、加古川さんとお別れ、乗る電車が違ったので、参謀とお別れをしました。


121 名前:791 投稿日:2014/04/14(月) 00:09:08.37 ID:/0uoUuAM
今回は、比較的年齢が高めのメンバーが参加した為か、大きなハプニングもなく、始終落ち着きがあり、優雅な旅になった印象です。
メンバーや場所によってテンションも内容も色々だなぁと感じました。
不慣れな幹事で色々と迷惑を掛けたものの、個人的にはとても楽しいオフ会でした。
遠方からこの為だけにわざわざ来てくれた参謀、仕事の都合を付けてオフ会に参加してくれた加古川さん、方向音痴な幹事にかわり、案内をしてくれた山本さん、本当に本当にありがとうございました
また美味しいものを食べにいきましょう!
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

フリーエリア

*スキル制 使用スキルチェッカー

スキル制ルール 専用で、自分の使用可能スキルを確認できます。

入力フォームに自分のIDを貼り付けてください。
ページが飛んで使用可能なスキルが表示されます。
java scriptで運用。

ID:


アクセスカウンタ
(マウスを近づけると一週間の推移がわかる)

フリーエリア2

フリーエリア

フリーエリア

メンバーのみ編集できます