なし、Episode : “赤の兵(つわもの)”加古川かつめしへ<<前の話 |Episode : “魔術師”791| 次の話>>4-2.魔術師の日常編

4-1:公国の日常編

初公開:2020/10/10






・Keyword

魔術師(まじゅつし):
1 不思議な術を使う者。魔法に携わる人。
2 純粋無垢な人間で策謀家。且つ強欲。













━━
━━━━
━━━━━━━━

きのたけカスケード 〜裁きの霊虎<ゴーストタイガー>〜
Episode. “魔術師”

━━━━━━━━
━━━━
━━















カキシード公国。




“霧の大国”と呼ばれるこの国は、大陸の西部に広大な領土を構える大国である。

世界地図で見れば実に用紙の八割以上を占める中央大陸には、合わせて九つの国家と一つの自治区域がひしめいている。
各々は絶妙に均衡を保ち合っているが、その内同じく大陸西部で公国に隣接しているネギ首長国とミルキー首長国は事実上、公国に従属している。
つまり九大国家のうち、自らを含め三国を手中に収めている公国は軍事力と領土の広さだけで見れば、世界の覇権を握るに十分な力を有している。

事実、過去の世界史を読み解けば、歴史の中で何度か公国は大陸の統一寸前まで達したことがある。
しかし、その度に運命の悪戯か、ひょんなことから公国は大陸制覇という覇道を逃し続けた。
その度に各地で暴動が起き、皮肉にも公国以外の国家が次々と樹立する切欠を与えることになった。

そして、ある時を境にカキシード公国は他国との交易を含む関わりの一切を断ち、歴史の秘匿を始めた。
完全な鎖国である。

その理由は今になっても分からない。
だが、過去の歴史から見て、統一戦争は全て失敗に終わり挙句の果てに自身の領土は縮小し、もしかしたら国としても諸外国と関わることに嫌気がさしたのかもしれない。
次第に国家の首脳陣が額を合わせ話し合う世界会議にも姿を表すことは無くなり、国境の検問は完全に封鎖された。
歴史家からは “実態の見えない霧のような国”だと揶揄された。

今になり幾分か規制は緩和されたが、未だこの国には秘密が多い。
そもそもカキシード公国という大国が創り上げられたのは数百年以上も前の話で、過去の戦乱を経て幾つもの小国を吸収し今の大国を作り上げた。
その創世記からは、『ライス家』という貴族が深く関与している。

当時、地方貴族にすぎなかったライス家の初代当主モチ=ライス伯爵は、自らの資産を叩いて武器を仕入れ、周辺住民を焚き付け地域一帯を瞬時に制圧した。
彼は扇動家として他人の心に火を付けることに長けた人物だった。
そして、その指導力により瞬く間に領土は拡大しカキシード公国の成立と繁栄へ繋がっていったのである。

以来、今に至るまで代々この大国家はライス家が変わらず支配統治を続けている。

なにも特段ライス家の統治力が素晴らしかったからではない。
元々の領土内で大きな反乱も起きず、一貴族が大国を支配している現構造に変革を唱える者がこれまで居なかったのは、偏に“歴史的慣習だから”と納得している国民の温和さや感受性に依るところが大きいのだ。


また、この国を語る上で外せない存在が【魔法使い】である。

ライス家とその関連した一部上流貴族は支配階級として位置し、その彼らを支えているのは多くの魔法使いだ。
地政学上、古来より公国の領土内には魔力の温床地が多く点在した。その温床地で生活を送る人々の多くは知らずのうちに魔法使いとしての素養を持ち、世に排出されてきた。
今日に至るまで、長きに渡りカキシード公国は魔法文明の祖として絶対的地位を築いているのである。

魔法文明に頼るこの国では魔法使いが日常生活のみならず国家単位で重用される。
魔法使いを魔道士として国家資格を与えているのは数多の国家の中でもカキシード公国だけである。
その中でも行政府である王宮付きの魔法使い、いわゆる“宮廷魔道士”の職に付くことは最上級のモデル職種とされ、地方に住む若者の多くは宮廷付きになるために日夜勉学に励んでいる。


公国の首都機能を持つ“公国宮廷”は大陸北西部の港湾付近に位置する大きな商工業都市の中にある。

海に面した港湾都市はどの国境とも面しておらず、戦乱を経ても街自体はのどかな雰囲気を数百年来の間維持し続けている。

昨今のチョコ革命からは遅れ気味で地方の都市としての風情は残り続けているものの、人々もガツガツとしておらず温和で、生活水準も決して低くない。
ある程度行き届いた生活をライス家が与え続けていることも国民に不満の目を向けさせない一つの策でもあった。

のどかな港町の工業地帯から少し足を進めると、すぐに“公国宮廷”へと続く巨大な石畳の階段が姿を表す。
地方から出てきた若者はこの宮廷へと続く石畳の階段を上りきることをいつも夢想する。憧れの宮廷魔道士となることを至上の憧れとしているのだ。

行政機関と中央政府のひしめきあう首府の別称であるこの宮廷はとても広大で、その広さは【会議所】本部に匹敵し、オレオ王国の王宮の広さを遥かに凌ぐ。
初めての来訪者であれば入って一分も経たずに迷ってしまうことだろう。

特に行政府毎に建物の異なる【会議所】と違い、公国宮廷の行政府の建物間は必ず何処かで連結しており、外から見ると巨大な宮殿となっている。
だがその実、絢爛豪華な見た目や中身に反し、実態は蛇のように入り組んだ構造をしていることから毎月必ず宮廷内で遭難者が出る始末だ。
今さら移転もできず、今日も公国宮廷は人々の羨望の的となりながら静かにそびえ立っているのである。


さて、その公国宮廷の中を奥へ奥へと進んでいくと、途端に開けた広大な庭園へ出る。

何千人と人を揃え集会ができるほどの広さを持つ名園には、季節の花々が規則正しく咲き誇り庭園内を綺麗に彩っている。
合間を縫うように敷かれた石畳の遊歩道には何人かの若き魔法使いたちが談笑に花を咲かせながら歩いている。
澄んだ青空からの日光に庭園は光り輝き、そこには生命が芽吹いていた。

791「今日もお日様に当たって花が綺麗だね」

会議所兵士であり公国出身の人間でもあるたけのこ軍兵士 791(なくい)は、庭園に面したガラス張りの建物からそんな外の様子を眺めていた。
紫紺(しこん)色のローブを羽織っている彼女は、目を細めながら自身専用のロッキングチェアを一度揺らす。
すると、あわせてセミロング気味のワンカールした清潔感ある黒髪もふわりと楽しげに揺れた。

791の居る植物園のようなガラスドーム場の造りのこの建物は、【魔術師の間】と呼ばれる立派な執務室である。
一面が全て透過性の高いガラスで覆われており、部屋に入った者は一見すると外にいるのか室内にいるのか混乱するほどの錯覚と開放感を与えている。
室内は下手な図書館のフロアホールよりも広いが、部屋の中心にはちょこんと執務用の机が置かれ、そこに791が座っているのみである。
その背後には観葉植物が幾多も置かれ、がらんとした室内により温かみを与えている。

791「あれ。メロンソーダが無くなっちゃったな」

机の端に置かれていたグラスを手に持つと、先程まで鮮やかな翠の光を放っていた中身はすっからかんになっていた。

「すぐにお代わりを持ってまいりますッ!」

791の声をきくと、部屋の端で控えていたメイド姿の少女がすぐに走ってきた。

791「ああ、ありがとう。でも違うものを貰おうかな?“チョコドリンク”を持ってきてくれる?」

すると、彼女の弟子であるメイドはすぐに顔を曇らせた。

「あいにくと…いまチョコを切らしていまして…」

申し訳無さそうに語る彼女に対し、791は考え込むように暫し無言になったが、すぐに笑顔になった。

791「そうだったねッ!忘れていたよ。でも安心して、“もうすぐ心配なくなるよ”。
それじゃあもう一杯メロンソーダをお願いできるかな?」

791の返事を聞いた彼女はぱあと顔を明るくすると、すぐに踵を返し走り去っていった。

パタパタと走り去る彼女を一瞥し、視線を再び庭園に戻す。
空は快晴で、木漏れ陽の差すお昼時を少し過ぎた頃。


いまこの瞬間、世界は平和だった。



「791様」

彼女の背後で、先程とは違う弟子の囁く声が聴こえてきた。
先の者とは打ってかわり感情を押し殺したような低い声。顔を向けるまでもない。

愛弟子のNo.11(いれぶん)が戻ってきたのだ。

791「ご苦労さま。みんな戻ってきた?」

No.11「はい。すでに会議場に集まっています。いかがしますか?」

彼女は姿勢良く791の前に立った。
薄い緑髪を耳よりもやや高い位置で後ろにまとめあげ、爽やかなハツラツさがある。
表情を消していても分かる端正な顔立ちと宝石のように澄んだ瞳は、見ていると思わず引き込まれそうになるほど綺麗で791はいつもドキドキしてしまう。

791「すぐに行くよ」

肘掛けに手をあて、“よいしょ”と声を出し立ち上がる。

No.11が手を差し伸べようとするが、791は手で制した。
今日はそれ程身体の調子も悪くない。

視線を室内に向けると数百人は雄に入るであろう広い室内には、791とNo.11を除いて、壁沿いに彼女の弟子数人しかいない。

No.11「今日は歩いていくのですか?」

791「転移ポータルまではね。今日は、調子がいいから」

その言葉を聞き、No.11は初めて柔和な笑みを浮かべた。
彼女は791の右腕として申し分ない才女だ。気遣いもでき世話周りも卒なくこなす。
羽織っているベージュ一色のローブが、傍目から見ると整体師風の格好に見えてしまうこともあるのがたまに傷だが、それも個性があっていいだろう。

宮廷会議場までの転移ポータルは部屋の入り口に設置されており、791の居た場所から入り口までは、短距離走が開けそうな程の距離があった。
いつもであれば、椅子に座ったまま魔法で移動してしまうのだが今日は気分がいい。
それに、たまには自分の足で動かないと足のついた身体も損になるというものだ。

「いってらっしゃいませ、791先生ッ!」
「お帰りをお待ちしています、先生ッ!」

791「ありがとう。行ってくるよッ!」

数人の弟子が嬉しそうに頭を下げ見送る姿を見て、思わず791は顔をほころばせた。

教育者としてこの国の育成期間に携わり幾ばくかの時が経つ。
最初は苦労もしたが、今では彼女の下に何十人、何百人という弟子が慕い集まってくれている。
彼らの笑顔を見るだけで幸せだった。儚い生命ながら、ここまで生きてきた甲斐があったというものだ。



数分かけて791とNo.11の二人は雑談も交えながらようやく入り口に到着した。
地に描かれている魔法陣の上に二人は立ち、791は手に持っていた、ネギをかたどった杖をトンと一度叩いた。

すると、二人は瞬時に身体を光の玉に変化させ宮廷内の遥か遠くに位置する会議場へと高速移動を始めた。
宮廷内の移動はこうした転移ポータルが欠かせない。無ければ恐らく誰も辿り着くことは出来ないだろう。

No.11「今日は一段と機嫌が良さそうですね?」

転移ポータルでの移動の最中、791の顔を覗き込んだNo.11は再度顔をほころばせた。

791「ふふ。昔ね、私のお師匠さんが言ってたんだ。

『魔術の血を絶やしてはいけない』って。

まだその継承はできていないけど、私の下にはこんなにも多くの仲間ができたんだなあって。
さっきのことを思い出したら、なんだかジーンときちゃって」

No.11「貴方は素晴らしいお人で、素敵な教育者でもあります。
継承の件はお気になさらず。まだ“彼”がいますので」

791「それに貴方もね、No.11?」

茶目っ気を持って微笑み返すと、ちょうど転移魔法は会議場の入口の前で停止したところだった。

二人の肉体がポータルの上に現れ、何事もなかったように791は議場に向かい歩き始めた。

No.11「ではいってらっしゃいませ、791様」

後ろから声がかけられる。

791「うん。終わったらいつものお茶菓子を用意しておいてね」

そう告げ歩き始めた直後、“あっ、そうだ”と忘れ物を見つけた時のように声を上げた791は勢いよく振り返った。

791「さっきの子に伝えておいてッ。『メロンソーダ、飲めずにごめん』って」

一瞬目を丸くしたNo.11はすぐに優しく微笑み、そして洗練されたメイドのように頭を下げ自らの師を見送った。


4-2.魔術師の日常編へ。
Episode : “魔術師”791へ戻る。

フリーエリア

*軍名生成チェッカー

軍名を決める時にランダムで勝手に決めてくれます。 単語を二つ無作為に組み合わせて表示します。
ボタンを押してください。
java scriptで運用。

フリーエリア2

フリーエリア

*スキル制 使用スキルチェッカー

スキル制ルール 専用で、自分の使用可能スキルを確認できます。

入力フォームに自分のIDを貼り付けてください。
ページが飛んで使用可能なスキルが表示されます。
java scriptで運用。

ID:


アクセスカウンタ
(マウスを近づけると一週間の推移がわかる)

フリーエリア

メンバーのみ編集できます