Yahoo!ブログ「ピロのブログVer2」と後続の「ピロのブログVer3」で紹介している画像等の撮影場を紹介するページです。撮影場書庫の代替として機能させています。

PC版での閲覧を推奨しています

はじめに

このページでは近鉄橿原線における駅撮り撮影場を紹介しています。
紹介している撮影可能駅は以下の通りです。(2021年8月現在)
ご覧になりたい撮影区間のリンクをクリックすると、このページ内の紹介位置まで移動します。

【大和西大寺-平端】
大和西大寺/平端
【ファミリー公園前-橿原神宮前】
ファミリー公園前/笠縫〜大和八木/橿原神宮前

駅名からアクセスされる場合は下記にある駅名一覧表組み込みのリンクからどうぞ。

近鉄橿原線 駅間撮りに関してはこちら(別リンク)

その他線区・鉄道の撮影場に関してはMenuBar参照(別リンク)

※最新の内容追加(2018年3月):大和八木
近鉄橿原線の駅名一覧です。ご覧になりたい撮影駅のリンクをクリックすると、このページ内の紹介位置まで移動します。
※補足
・表記は駅名(駅番号)
・京都線と橿原線の路線記号は共に[B]であるため、駅番号は京都線京都(B01)から連続する形で付番
・八木西口は旅客営業上だと大和八木と同一扱いだが駅ナンバリングはそれぞれで別個
下り→
尼辻(B27)西ノ京(B28)九条(B29)近鉄郡山(B30)筒井(B31)
結崎(B34)石見(B35)田原本(B36)八木西口(B40)畝傍御陵前(B41)
←上り

★紹介位置での記入例
上り←上り列車を被写体としている場合は"上り"の文字と赤色表示/下り列車を被写体としている場合は"下り"の文字と青色表示
停車中ないし留置中の列車を被写体としている場合は"停車"の文字と橙色表示

撮影場紹介文(数行程度)

★公式側と非公式側
※このページでは特急車を基準とした[公式側・非公式側]の区分を採用
↑大和西大寺↑
公式側
車両
非公式側
↓橿原神宮前↓

【参考】車両側面画像(特急車公式側=奈良線系統一般車非公式側)


近鉄橿原線について

近鉄橿原線は[大和西大寺-橿原神宮前]間を結ぶ全長23.8kmの路線で、奈良盆地中央部を南北に貫く形で敷設されています。全体の駅数は16(大和八木と同駅扱いの八木西口を含めれば17)と少なめですが、起点である大和西大寺では京都&奈良線・平端では天理線・田原本では田原本線・大和八木では大阪線・そして終点橿原神宮前では狭軌線の南大阪&吉野線と接続しており、奈良県内を電車で移動する時には欠かせない重要な路線であるといっても過言ではありません。盆地を走るため沿線風景は平野部ばかりで、車窓から見えるのは主に宅地帯・田畑・観光名所の3つ。営業で同線を往来する車両種は特急型車両・団体専用車にWC無しの通勤型車両が存在しており、線内には完結列車に加えて京都・大阪・天理線との直通列車も多く走っています。

【参考】停車駅・駅間キロ・営業キロ一覧(2018年3月17日ダイヤ変更時点)


【参考】橿原線で活躍する主な車両(2018年3月17日ダイヤ変更時点)


大和西大寺 〜やまとさいだいじ〜
駅番号:B26
近鉄橿原線北側の終着駅で営業全列車が停車、ここで近鉄京都線および奈良線に接続する。普通列車に関しては、線内ピストン運行の列車および橿原線に乗り入れている[大和西大寺-天理]間の天理線直通列車が同駅で折り返し、それ以外はそのまま京都線へ直通運転を実施。一方、その他の急行・特急列車は一部時間帯を除いてほとんどが京都線に乗り入れている。橿原線・京都線・奈良線の営業列車が見られる他、同駅には車庫が併設されており、そこからの入出庫を行う回送列車も見る事ができる。ホームは島式構造の3面5線で、有効長は奈良線の最長両数に合わせて10両。4番線および5番線ホームは同一線を左右で共有する形となっている。駅構内にはエキナカ施設「Time's Place Saidaiji」やコンビニ・パン屋等が存在しており、ここだけでも十分に食料調達が可能だが、駅外でも「ならファミリー」や近商ストアが近くにあってランチやディナーさえも十二分に可能である。動いている・止まっているに関わらず、手軽に豊富な列車を撮影したいならかなりオススメできる駅。

※奈良線側[大阪難波・奈良ホーム端/奈良線列車・奈良方引き上げ線停車列車対象]はこちら(別リンク)

※京都線側[京都方ホーム端/京都線列車対象]はこちら(別リンク)

【参考】構内画像(ホーム端) 

〈1・2番線ホーム〉
上り橿原神宮前方ホーム端より上り列車および下り列車の離合を望遠で撮影。前面・側面が共に順光となるのは午後。レンズは200mm〜230mm程度か。最短2両から最長6両まで収める事が可能。
上り橿原神宮前方ホーム端より上り列車を望遠・縦アングルで撮影。前面・側面が共に順光となるのは午後。←の場合、レンズは320mm〜350mm程度。編成を収めるとなると4両あたりが最適か。
停車橿原神宮前方ホーム端より停車中である京都線直通上り列車および下り列車の並びをコンデジで撮影。前面は終日順光。レンズは撮影位置によって調整だが、←は70mm程度か。大和西大寺は列車の発着本数が多いため、停車中でも列車同士の並びは頻繁に発生する。他社線車両の乗り入れもあるため、列車並びを狙って走行中の列車のみならず停車中の列車を撮るのもアリ。最短2両から最長6両まで収める事が可能。
〈3・4番線ホーム〉
上り橿原神宮前方ホーム端より上り列車および下り列車の離合をコンデジで撮影。前面・側面が共に順光となるのは午後。レンズは100mm〜150mm程度か。最短2両から最長6両まで収める事が可能。
上り橿原神宮前方ホーム端より西大寺車庫から出庫する回送列車を望遠で撮影。前面・側面が共に順光となるのは午後。レンズは250mm〜350mm程度か。6両程度まで収める事が可能。
上り橿原神宮前方ホーム端より5番線に入線する同駅折り返しの天理線直通下り列車をコンデジで撮影。光線状態は、前面が午後・側面が午前順光。レンズは80mm〜100mm程度か。最短2両から最長6両まで収める事が可能。
上り橿原神宮前方ホーム端より4番線に入線する回送列車を望遠で撮影。光線状態は、前面・側面が共に順光となるのは午後。レンズは120mm〜180mm程度か。真正面のみを写すなら2両辺りが限界。
停車ホームより3番線に停車中の京都線直通上り列車と奈良線下り列車の並びをコンデジで撮影。前面は午前順光。レンズは撮影位置によって調整だが、←は広角。大和西大寺は列車の発着本数が多いため、停車中でも列車同士の並びは頻繁に発生する。他社線車両の乗り入れもあるため、列車並びを狙って走行中の列車のみならず停車中の列車を撮るのもアリ。最短2両から最長6両まで収める事が可能。
停車橿原神宮前・奈良方ホーム端より3番線に停車中の京都線直通上り列車と奈良線下り列車の並びを望遠で撮影。前面は午前順光。←のレンズは180mm程度だが、両数によって調整は必要。大和西大寺は列車の発着本数が多いため、停車中でも列車同士の並びは頻繁に発生する。他社線車両の乗り入れもあるため、列車並びを狙って走行中の列車のみならず停車中の列車を撮るのもアリ。10両編成の列車に関してはホーム端まで先頭車が来るため撮影不適。
〈4・5番線ホーム〉
現在準備中ですm(__)m
駅名一覧はこちら(このページの上部へ移動します)


平端 〜ひらはた〜
駅番号:B32
近鉄橿原線における中間拠点駅の一つで特急以外の列車が停車、ここで近鉄天理線に接続する。橿原線側と天理線側でホームが分かれており、橿原線側は2面4線の島式構造のホームを有する。番線付けは天理線側から行われており、橿原線は下り線が[3・4番線]・上り線が[5・6番線]である。橿原線の中間駅としては唯一退避設備を有しており、普通列車は同駅で優等列車の退避を行う事がしばしばである。有効長は橿原線の最長両数に合わせて6両。一部列車は橿原線と天理線を直通しており、天理方面へ発着する列車は天理線側ホームへ乗り入れる。また、天理教の団体等に関連して八木方面から天理駅へ向けて運転される臨時列車は、同駅を経由し少し西大寺寄りに出た所でスイッチバックして天理線へ直通する。駅前は宅地帯といったところで、さほど発達していない。構内には自販機がある程度である。
〈3・4番線ホーム〉
下り大和西大寺方ホーム端より下り列車を望遠で撮影。前面・側面が共に順光となるのは午前。レンズは300〜400mm前後で調整。最短2両から最長6両まで収める事が可能である。
〈5・6番線ホーム〉
上り橿原神宮前方ホーム端より上り列車を望遠で撮影。前面・側面が共に順光となるのは夏場の午後。レンズは320〜360mm前後で調整。最短2両から最長6両まで収める事が可能である。
上り橿原神宮前方ホーム端より天理線上り列車を望遠で撮影。前面・側面が共に順光となるのは夏場の午後。レンズは200mm前後で調整か。編成を収めるとなるば4両辺りが限界。電柱等が多数写り込む。
駅名一覧はこちら(このページの上部へ移動します)

ファミリー公園前 〜ファミリーこうえんまえ〜
駅番号:B33
奈良県大和郡山市の南端にある駅で普通列車のみが停車。ホームは相対式構造の2面2線(=1・2番線)で有効長は4両。駅の直近には、まほろば健康パーク・ スイムピア奈良といった健康スポーツ施設があるが、駅前が発達しているわけではない。とはいえ、駅前からは国道24号線に通じる道路が伸びており、国道沿いは発達している。終日無人の駅であり、乗降者数は少なめ。駅構内に自動販売機やトイレ・ゴミ箱等は存在しない。トイレや自動販売機は構外に存在するが、予め食料調達やトイレを済ませておく方が無難。
〈1番線ホーム〉
下り橿原神宮前方ホーム端より下り列車を望遠で撮影。前面・側面が共に順光となるのは午後。レンズは380mm前後で調整。最短2両から最長6両まで収める事が可能である。
下り大和西大寺方ホーム端より下り列車を望遠で撮影。前面・側面が共に順光となるのは午後。縦アングルの構図で、レンズは320mm前後で調整。最適は4両と思われるが、最短2両から最長6両まで収める事が可能である。
上り橿原神宮前方ホーム端より上り列車を望遠で撮影。前面・側面が共に順光となるのは夏場の朝のみ。側面は午前順光。レンズは300mm前後で調整。最短2両から最長6両まで収める事が可能である。
〈2番線ホーム〉
下り大和西大寺方ホーム端白線内より下り列車を望遠で撮影。前面・側面が共に順光となるのは午後。レンズは50〜80mm程度か。編成を収めるとなると4両あたりで限界。
駅名一覧はこちら(このページの上部へ移動します)


笠縫 〜かさぬい〜
駅番号:B37
奈良県田原本町の南端にある駅で普通列車のみが停車。ホームは相対式構造の2面2線(=1・2番線)で有効長は4両。駅前は宅地帯でさほど発達していないが、同駅から400m程横には国道24号線が通じており、この周辺は多くの店がある。構内には自動販売機がある程度だが、構外での食料調達は可能である。
〈1番線ホーム〉
下り大和西大寺方ホーム端より下り列車をコンデジで撮影。前面・側面が共に順光となるのは午後。レンズは135mm〜180mm程度か。最短2両から最長6両まで収める事が可能。
〈2番線ホーム〉
下り大和西大寺方ホーム端より下り列車をコンデジで撮影。前面・側面が共に順光となるのは午後。レンズは50mm〜80mm程度か。編成を収めるとなれば4両が限界。2番線を通過する列車には注意したい。
駅名一覧はこちら(このページの上部へ移動します)


新ノ口 〜にのくち〜
駅番号:B38
奈良県橿原市新口町にある駅で普通列車のみが停車。ホームは相対式構造の2面2線(=1・2番線)で有効長は4両。八木方面には大阪線に通ずる新ノ口連絡線が分岐しており、この線を通じて一日に何度か京伊特急や団体・回送列車が橿原線と大阪線を往来する。駅前は宅地帯だが、駅近くにはコンビニが・同駅から少し離れたところには国道24号線が通じていて周辺に多くの店がある。構内には自動販売機がある程度だが、構外での食料調達は可能である。
〈1番線ホーム〉
下り大和西大寺方ホーム端側より下り列車を望遠で撮影。正面のみを写した構図で、前面は終日順光。レンズは400mm〜450mm程度か。通過する列車には注意したい。
駅名一覧はこちら(このページの上部へ移動します)


大和八木 〜やまとやぎ〜
駅番号:B39
奈良県橿原市内膳町五丁目にある駅で一部の甲特急を除くほとんど全ての列車が停車。大阪線と橿原線の2路線が乗り入れる。駅は大阪線が高架・橿原線が地上にホームを構える2層造りとなっており、ホームは大阪線側が島式2面4線(下り:主=2,待=1/上り:主=3,待=4)構造・橿原線側が相対式2面2線(下り:5,上り:6)構造。改札は地上にあり、5番線ホームと直結している。有効長は両線営業列車の最大両数に対応しており、大阪線側が10両・橿原線側が6両となっている。駅周辺は発達しており、構内外で十分な食料調達が可能。

※大阪線側はこちら(別リンク)

〈6番線ホーム〉
停車橿原神宮前方ホーム端寄りから停車中の下り列車をコンデジで撮影。前面・側面が共に順光となるのは午後。レンズは広角〜70mm程度か。6両編成の列車は先頭車がホーム端部まで進んで停車するためこのように撮影する事はできない。撮影時は6番線へ到着する列車に注意したい。
上り橿原神宮前方ホーム端より上り列車をコンデジで撮影。前面・側面が共に順光となる事はなく、側面(=非公式側)は午前順光。レンズは350〜450mm程度といったところか。編成を収めるとしたら4両辺りが限界で、それ以上は編成後部に写り込みが多くなる。撮影時は6番線へ進入してくる列車に注意したい。
駅名一覧はこちら(このページの上部へ移動します)


橿原神宮前 〜かしはらじんぐうまえ〜
駅番号:B42
奈良県橿原市にある橿原線の終点駅で全列車が停車・折り返しを行う。名前の通り、橿原神宮の最寄り駅で、同駅では狭軌の独立路線である南大阪・吉野線と接続。橿原線側のホームは島式構造の2面4線(=1〜3番線&8番線)で、乗り場番号が若い1〜3線が橿原線用の広軌・8番線が吉野線に直通する狭軌である。ホームの有効長は6両。1番線と8番線は橿原線列車と吉野線列車の対面乗り換えが可能だが、営業では普段から使用されず団体貸切や臨時の列車がたまに客扱いを行う程度。営業外だと狭軌線車両の試運転待機や留置場所としても使用される。また、8番線の隣には事業車線および広軌&狭軌を備える51番線があり、後者は狭軌線車両が検査等で広軌線に移る際に必要不可欠となる台車振替場の施設が線上に存在している。大阪阿部野橋・吉野方面との接続が確保できかつ橿原神宮の最寄りという事で、駅の敷地や規模は比較的大きめであり、駅構内外は十分に発達。とりわけ中央口駅舎は神明造の木造で特徴的であり、橿原神宮前駅自体は第一回近畿の駅百選に選定されている。構内だけでも売店が様々に存在しており食料調達には困らない。ここでは広軌である橿原線側の1〜3番線ホームおよび狭軌線の8および51番線に発着する列車を対象とした構図を紹介する。なお、2017年4月の行楽輸送時に利用者の便宜を図る形で8番線ホームを一時的に"0番線"と呼称する措置があったが、時期限定の暫定的なものと思われるので0番線表記は避ける事にする。

※南大阪線側はこちら(別リンク)

〈1・8番線ホーム〉
下り大和西大寺方ホーム端より2番線へ進入する下り列車を望遠で撮影。前面は午前順光・側面(=非公式側)は午前順光。レンズは50mm程度で調節といったところ。編成を収めるとなると4両辺りが限界。
停車大和西大寺方ホーム端より2番線に停車中の列車を撮影。前面は終日逆光・側面は午前順光。レンズは50mm程度か。有効長が6両のホームなので6両編成の列車を収めるとなると広角でなければ厳しい。
停車大和西大寺方ホーム端より8・1・2番線に停車中の各列車を広角で撮影。前面は夏場の午後順光。編成を収める事は考慮していない。
上りホーム中程より51番線へ進入する列車を望遠で撮影。前面・側面が共に順光となるのは夏場の午後。レンズは350〜400mm程度といったところか。構内踏切寄りからだと100〜200mm程度で撮影可能。最短2両から最長4両まで収める事が可能。
上りホーム中程より51番線へ進入する列車を望遠で撮影。前面・側面が共に順光となるのは夏場の午後。レンズは50〜80mm程度といったところか。構内踏切寄りからだと100〜150mm程度。最短2両から最長4両まで収める事が可能である。
停車構内踏切側ホーム端より8番線に停車中の吉野線下り列車と51番線にて留置中の車両を望遠で撮影。前面・側面が共に順光となるのは昼過ぎの午後。レンズは標準〜50mm程度。編成を収める事は考慮していない。
停車構内踏切上より8番線に停車中の吉野線下り列車をコンデジで撮影。面縦構図であり、前面が順光となるのは昼過ぎの午後。レンズは80mm程度か。
〈2・3番線ホーム〉
停車大和西大寺方ホーム端より引き込み線で留置中の回送列車を望遠で撮影。前面・側面が共に順光となるのは正午前後。レンズは430mm程度か。編成を収めるとなれば5両あたりが限界。ほとんどの場合、被写体は無蓋電動貨車を含む回送列車である。
下り大和西大寺方ホーム端より1番線に入線してくる下り列車を望遠で撮影。正面を大きく写す構図で、レンズは350mm〜400mm程度。順光時間帯は午後。最大両数が6両であるため編成を写すこと自体は可能であるが、正面のみを収めるとなれば4両あたりが限界か。
停車大和西大寺方ホーム端より2番線および3番線に停車中の列車をコンデジで撮影。面側は終日逆光で、レンズは標準から50mm程度か。有効長が6両のホームなので6両編成の列車だと面を収める事は厳しく、このように写せるのは共に4両編成の時。
停車大和西大寺方ホーム端より1番線に停車中の列車を望遠で撮影。面側は夏場の午後を除き終日逆光で側面は昼から午後にかけて順光。レンズは50mm程度か。有効長が6両のホームなので6両編成の列車を収めるとなると広角でなければ厳しい。
停車構内踏切側ホーム端より1番線に停車中の列車を望遠で撮影。面側は夏場の午後を除き終日逆光で側面は昼から午後にかけて順光。レンズは350mm〜400mm程度か。
〈構内踏切〉
停車橿原神宮前から吉野線方へ延びる広軌留置線に停車中の回送列車を望遠で撮影。縦アングルの構図で正面・側面が共に順光となるのは午後。レンズは400〜450mm程度で調節。留置線1線辺りの収用両数は6両であり、縦で撮影する際は相応の望遠が必要となる。
停車51番線にて待機する狭軌線試運転列車を広角で撮影。場所は1・8番線ホームと東改札口に挟まれた構内踏切上。ここでの撮影対象は狭軌線の車両がメインとなる。近くから正面のみを大きく写す縦アングルの構図であり、前面が順光となるのは昼前後。踏切から台車振替場までは直線形であり、(最短2両から最長4両までの)両数に関係なく正面だけの撮影が可能。
駅名一覧はこちら(このページの上部へ移動します)

Menu

近畿日本鉄道

難波・奈良線

奈良線系統支線

南大阪線

吉野線(準備中)

阪神電気鉄道

本線
なんば線(準備中)
武庫川線(準備中)

Wiki内検索

アクセスカウント


現在の閲覧者数


総アクセス数(2018.04.20〜)

天気・雨量・雲量情報

天気(Flash Playerが必要です)

雨量・雲量

管理人/副管理人のみ編集できます

閉じる
新規書庫開設のお知らせ
2018年06月13日:近鉄田原本線の書庫を開設しました