Yahoo!ブログ「ピロのブログVer2」と後続の「ピロのブログVer3」で紹介している画像等の撮影場を紹介するページです。撮影場書庫の代替として機能させています。

PC版での閲覧を推奨しています


【はじめに】

このページでは近鉄大阪線における駅間撮り撮影場を紹介しています。
紹介している撮影可能区間は以下の通りです。(2021年8月現在)
ご覧になりたい撮影区間のリンクをクリックするとこのページ内の紹介位置まで移動します。

【大阪上本町-河内国分】
弥刀-久宝寺口/河内山本〜法善寺/安堂-河内国分
【河内国分-榛原】 
大阪教育大前〜二上/近鉄下田〜榛原
【榛原-伊勢中川】 
榛原〜名張/伊賀神戸-青山町/東青山〜大三

各駅間からアクセスされる場合は下記にある一覧表組み込みのリンクからどうぞ。

近鉄大阪線 駅撮りに関してはこちら(別ページへ移動します)

その他線区・鉄道の撮影場に関してはMenuBar参照(別ページへ移動します)

※最新の項目追加(2018年5月):伊賀神戸-青山町/東青山-榊原温泉口
項目内容は随時更新中
現時点においてこのページ内で紹介している各駅間の一覧です。リンク部が存在しているところでご覧になりたい駅間があれば、クリックすると紹介位置まで移動します。
※✖=全区間高架・地下・トンネル/▲=大半区間が高架・地下・トンネル/△=一部区間が高架・地下・トンネル/○=高架・地下・トンネル区間無し
下り↓
【大阪上本町-河内国分】
【河内国分-榛原】
【榛原-伊勢中川】
✖大阪上本町-鶴橋○河内国分-大阪教育大前
✖鶴橋-今里
✖今里-布施
✖布施-俊徳道○二上-近鉄下田
▲俊徳道-長瀬○名張-桔梗が丘
○長瀬-弥刀○桔梗が丘-美旗
○美旗-伊賀神戸
✖久宝寺口-近鉄八尾
▲近鉄八尾-河内山本○青山町-伊賀上津
▲伊賀上津-西青山
▲西青山-東青山
○法善寺-堅下
○堅下-安堂△大三-伊勢石橋
○伊勢石橋-川合高岡
○川合高岡-伊勢中川
↑上り

★紹介位置での記入例

〈線路に対して撮影者が立つ側〉…表記は[公式側]or[非公式側]、これについては下記参照
上り
営業中の上り列車を被写体としている場合は"上り"の文字と「赤色」背景
営業中の下り列車を被写体としている場合は"下り"の文字と「青色」背景

撮影場紹介文(数行程度)

側面
1両単位の列車側面を被写体としている場合は"側面"の文字と「緑色」背景
停車中ないし留置中の列車を被写体としている場合は"停車"の文字と「橙色」背景

撮影場紹介文(数行程度)



★公式側(海側)と非公式側(山側)
↑大阪上本町↑
公式側
車両
非公式側
↓伊勢中川↓

【参考】車両側面画像(特急車公式側=大阪線系統一般車公式側)


【列車撮影に際する参考項目】

正面LED案内表示を写すためのシャッター速度(このページは別ウィンドウで開きます)


「近鉄アプリ」の活用(2019年4月1日現在)

「近鉄アプリ」は、近鉄利用者向けの情報提供アプリケーションソフトです。

(詳しくは以下展開)


【近鉄大阪線について】

近鉄大阪線は[大阪上本町-伊勢中川]間を結ぶ全長108.9kmの路線で、近鉄の1営業路線としては最長の長さを持っています。全体の駅数は48で、大阪府大阪市から三重県松阪市までの長距離を結ぶ路線であるがゆえに沿線風景も東側は都市部と山間部、西側は山間部と平野部といった具合に変化。営業で同線を往来する車両種は、都市間輸送に従事する通勤型車両から中・長距離間輸送に活躍する急行型車両、都市間・観光輸送を担う特急車両に団体輸送に従事する団体専用車が存在し、その数は非常に豊富です。様々な列車を様々な景観の場所で記録可能という点では近鉄随一の路線だといっても過言ではありません。

【参考】停車駅・駅間キロ・営業キロ一覧(2018年3月17日ダイヤ変更時点)


弥刀-久宝寺口
弥刀を出た下り列車は、左右に展開する住宅街を横目に少し走ると高架区間に突入。左手にカーブしながら3階部まで上り詰めると、大阪中央環状線とお互い高架上で立体交差(近鉄線が下側)する。高架下では近畿自動車をオーバークロスしており、これを過ぎると間もなく久宝寺口へ到着。後半は高架区間であるため、撮影できるのはおおよそ弥刀付近の地上区間となる。
〈非公式側(山側)〉
停車
弥刀駅1番線に停車中の下り普通列車を望遠で撮影。場所は弥刀第1号踏切上。車1台が通れる程度の幅を持つ踏切だが、通行は専ら人・自転車・バイクである。縦アングルの構図でレンズは300mm前後か。面のみを撮影する事も可能で、前面・側面が共に順光となるのは午前。前面は終日順光である。但し、晴れの日は面にホーム屋根の影が掛かるので注意。編成は、大阪線[普通]列車の最大両数である6両まで十分に収める事が可能。踏切上という事で、踏切が鳴った時はすぐに外へ出る事。また、車が少ないとはいえ一定の通行量があるので、こちらにも配慮したい。下り線寄りなので非公式側として紹介している。
駅間一覧はこちら(このページの上部へ移動します)


河内山本-高安
河内山本を出た下り列車は、左手にカーブして行く信貴線とは反対に右手へ大きくカーブ。国道5号線にオーバークロスされたあたりで高安北車庫の先端部と合流する。大カーブを曲がり切った後は直線区間に入り、洗車用機械や車庫を備える高安北車庫を右側に見ながら真っすぐ進むと高安に到着する。ここでは大阪線の区間に加えて、高安北車庫周辺も紹介する。

【参考】踏切画像(山本第1号〜第4号/1・2欠) 

〈公式側(海側)〉
下り
河内山本を出てすぐ差し掛かる大カーブを進む下り列車を広角で撮影。場所は山本第4号踏切横。踏切道含む付近は生活道路であり、周辺は自転車・人共通行量が一程度ある。前面は終日順光、側面は午後順光。編成を収めるとなると6両あたりが限界。通行量が多い時は周囲に配慮したい。
上り
高安を出て北車庫横を直線で進む上り列車を望遠で撮影。場所は山本第4号踏切横。踏切道含む付近は生活道路であり、周辺は自転車・人共通行量が一程度ある。前面・側面が共に順光となるのは夏場の夕方のみ。レンズは50〜70mm程度か。編成後部は洗車機に隠れてしまうので、完全に編成を収めると2両が限界。
〈非公式側(山側)〉
下り河内山本を出てすぐ差し掛かる大カーブを進む下り列車を望遠で撮影。場所は山本第3号踏切横。踏切道含む付近は生活道路であり、周辺は自転車・人共通行量が一程度ある。前面は終日順光、側面は公式側が午後・非公式側が午前順光。レンズは200mm前後で、架線柱を編成後部に写すことなく列車を収めるとなると4両が限界。通行量が多い時は周囲に配慮したい。
上り河内山本へ向けて大カーブを進む上り列車を広角で撮影。場所は山本第3号踏切横。踏切道含む付近は生活道路であり、周辺は自転車・人共通行量が一程度ある。前面は終日逆光、側面は公式側が午後・非公式側が午前順光。前頭部を大きく写す構図であり、編成は最短2両から最長10両まで収める事が可能。関係通行量が多い時は周囲に配慮したい。
上り河内山本へ向けて大カーブを進む上り列車を望遠で撮影。場所は山本第3号踏切横。踏切道含む付近は生活道路であり、周辺は自転車・人共通行量が一程度ある。前面は終日逆光、側面は公式側が午後・非公式側が午前順光。レンズは150〜200mm程度で調整。切り位置はその都度変化するが、編成を収めるとなると8両あたりで限界か。通行量が多い時は周囲に配慮したい。
下り河内山本を出てすぐ差し掛かる大カーブを進む下り列車を望遠で撮影。場所は山本第4号踏切横。踏切道含む付近は生活道路であり、周辺は自転車・人共通行量が一程度ある。前面は終日順光、側面は公式側が午後・非公式側が午前順光。レンズは200mm前後で、架線柱を編成後部に写すことなく列車を収めるとなると5両が限界。通行量が多い時は周囲に配慮したい。
下り河内山本を出てすぐ差し掛かる大カーブを進む下り列車を望遠で撮影。場所は山本第4号踏切横。踏切道含む付近は生活道路であり、周辺は自転車・人共通行量が一程度ある。前面は終日順光、側面は公式側が午後・非公式側が午前順光。前頭部を大きく写す縦アングルの構図で、レンズは150〜200mm前後で調整か。通行量が多い時は周囲に配慮したい。
上り高安を出て直線区間を進む上り列車を望遠で撮影。場所は山本第4号踏切横。踏切道含む付近は生活道路であり、周辺は自転車・人共通行量が一程度ある。前面は終日逆光、側面は公式側が午後・非公式側が午前順光となる。レンズは150〜230mm程度で調節か。編成は最短2両から最長10両まで収める事が可能。通行量が多い時はとりわけ車の往来に注意したい。
上り高安を出て直線区間を進む上り列車および高安へ向けて進む下り列車を望遠で撮影。場所は山本第4号踏切横。踏切道含む付近は生活道路であり、周辺は自転車・人共通行量が一程度ある。前面は終日逆光、側面は公式側が午後・非公式側が午前順光となる。始発駅となる事が多い高安付近では一程度の被りがある。レンズは150〜230mm程度で調節か。編成は最短2両から最長10両まで収める事が可能。通行量が多い時はとりわけ車の往来に注意したい。
上り高安を出て直線区間を進む上り列車を望遠で撮影。場所は山本第4号踏切から高安駅方へ少し進んだ道路上で、ちょうど線路と道路が真横で並ぶ地点。生活道路であり、周辺は車・人(特に自転車や近隣の学生)共に一程度の通行量がある。前面は終日逆光、側面は公式側が午後・非公式側が午前順光となる。レンズは100〜150mm程度か。編成を収めるとなると6両あたりが限界。通行量が多い時はとりわけ車の往来に注意したい。
〈高安北車庫周辺(敷地外から)〉
停車高安北車庫内で入替を行う回送列車をコンデジで撮影(河内山本方)。場所は山本第4号踏切上。踏切道含む付近は生活道路であり、周辺は自転車・人共通行量が一程度ある。正面を大きく写す構図で、前面は終日順光。レンズは広角〜標準か。こちら側に列車がやって来るのは北車庫内の入替目的に加えて洗車目的の場合もあり、時折洗車中の列車を撮影する事も可能。入替・洗車いずれにせよ、回送列車が踏切の前で一旦停止するため記録可能な構図である。但し、停止後はすぐに再び動き出すため、警報機が鳴ったら直ちに踏切外に出る事。通行量が多い時はとりわけ車の往来に注意したい。
停車高安北車庫内で入替を行う回送列車を望遠で撮影(高安方)。場所は山本第4号踏切上。踏切道含む付近は生活道路であり、周辺は自転車・人共通行量が一程度ある。正面を大きく写す構図で、前面は終日逆光。レンズは300mm前後か。こちら側に列車がやって来るのは北車庫内の入替目的に加えて洗車目的の場合もあり、時折洗車中の列車を撮影する事も可能。入替・洗車いずれにせよ、回送列車が踏切の前で一旦停止するため記録可能な構図である。但し、停止後はすぐに再び動き出すため、警報機が鳴ったら直ちに踏切外に出る事。通行量が多い時はとりわけ車の往来に注意したい。
停車高安北車庫内で入替を行う回送列車を望遠で撮影(高安方)。場所は山本第4号踏切横。踏切道含む付近は生活道路であり、周辺は自転車・人共通行量が一程度ある。前面・側面が共に順光となる事はなく、前面は終日逆光・側面は午前順光。レンズは50〜80mm程度か。こちら側に列車がやって来るのは北車庫内の入替目的に加えて洗車目的の場合もあり、時折洗車中の列車を撮影する事も可能。通行量が多い時はとりわけ車の往来に注意したい。
停車高安北車庫にて留置中の車両および高安検修センターへ入場中の車両を広角で撮影。場所は高安検修センター横の宅地帯道路。留置車が多めで車両が動いている場面は少なく、見られる車両も新製車両・更新車両・廃車前車両と様々。前面が順光となるのは夏場の夕方のみ。塀の向こう側を覗き見る形となるのでほどほどに。
停車高安検修センターへ入場中の車両および同センター入替車(無籍)をコンデジで撮影。場所は高安検修センター横の宅地帯道路。車両が動いている場面は少なく、見られる車両種も新製車両・更新車両・廃車前車両と様々。前面が順光となるのは夏場の夕方のみで、レンズは100〜200mm程度で調節。塀の向こう側を覗き見る形となるのでほどほどに。
停車高安検修センターへ入場中の車両および同センター入替車(無籍)を望遠で撮影。場所は高安検修センター横の宅地帯道路。車両が動いている場面は少なく、見られる車両種も新製車両・更新車両・廃車前車両と様々。前面が順光となるのは夏場の夕方のみ。レンズは100〜200mm程度で調節。塀の向こう側を覗き見る形となるのでほどほどに。
停車高安検修センターへ入場中の車両を標準で撮影。場所は高安検修センター横の宅地帯道路。車両が動いている場面は少なく、見られる車両種も新製車両・更新車両・廃車前車両と様々。前面・側面が共に順光となるのは夏場の夕方のみ。塀の向こう側を覗き見る形となるのでほどほどに。
停車高安検修センターの入替車(無籍)を望遠で撮影。場所は高安検修センター横の宅地帯道路。車両が動いている場面は少なく、見られる車両種も新製車両・更新車両・廃車前車両と様々。前面が順光となるのは夏場の夕方のみ。正面のみを大きく写しており、レンズは150〜180mm程度か。塀の向こう側を覗き見る形となるのでほどほどに。
駅間一覧はこちら(このページの上部へ移動します)


高安-恩智
高安を出た下り列車は右手に高安南車庫・左手に宅地帯や畑がある中を直線で駆ける。高安南車庫の端あたりで高架区間が始まってそこを登り、外環状線(=国道170号線)を越えるとまもなく恩智に進入する。ここでは大阪線の区間に加えて、高安南車庫周辺も紹介する。
〈公式側(海側)〉
上り高安に停車中の上り回送列車と高安南車庫へ送り込まれる構内移動列車をコンデジで撮影。場所は高安第1号踏切上。車・人共に一程度の通行量がある。前面は終日順光、側面は公式側が午後・非公式側が午前順光となる。レンズは撮影列車によって適宜調整(←は80mm程度か)。ほとんどの場合において編成は収まる。撮影時、通行量が多い時はとりわけ車の往来に・踏切が鳴った時はすぐ外へ出る事に注意したい。
下り高安南車庫の引き上げ線に入線する下り回送列車をコンデジで撮影。場所は高安第2号踏切横の道路上。車・人共に一程度の通行量がある。前面が順光となるのは午後。レンズは500〜550mm程度か。正面のみだが、両数によって停車位置が異なるのでその都度レンズの望遠を調整する必要がある。通行量が多い時はとりわけ車の往来に注意したい。
下り高安を出て直線区間を進む下り列車を望遠で撮影。場所は高安第2号踏切横の道路上。車・人共に一程度の通行量がある。前面・側面が順光となる時間帯は午後。レンズは50〜80mm程度か。編成を収めるとなれば8両あたりが限界か。通行量が多い時はとりわけ車の往来に注意したい。
〈非公式側(山側)〉
下り高安北車庫を出て本線上に入線する下り回送列車を望遠で撮影。場所は高安第1号踏切と高安第2号踏切の間で、畑周りの道路。前面・側面が共に順光となる事はない。光線は前面が午後・側面が午前順光。←のレンズは130mm程度だったと思うが、撮り方次第で望遠具合は調整可。線形からしておそらく最短2両から最長10両まで収める事が可能。
下り高安を出て高架区間までの直線区間を進む下り列車を望遠で撮影。場所は高安第1号踏切と高安第2号踏切の間で、畑周りの道路。前面・側面が共に順光となるのは午前。レンズは70mm〜100mm程度か。編成を収めるとなれば8両あたりが限界と思われる。
上り恩智からの高架区間を出て高安までの直線区間をかける上り列車前頭部を望遠で撮影。場所は高安第1号踏切と高安第2号踏切の間で、畑周りの道路。前面・側面が共に順光となる事はない。光線は前面が終日逆光・側面が午前順光。線路横には柵も無く見通しが良いので、前頭部や側面に主眼を置いた流し撮りも可能。←レンズは80〜100mm程度か。
上り恩智からの高架区間を出て高安までの直線区間をかける上り列車を望遠で撮影。場所は高安第1号踏切と高安第2号踏切の間で、畑周りの道路。前面・側面が共に順光となる事はない。光線は前面が終日逆光・側面が午前順光。レンズは標準から50mm程度。編成を収めるとなれば4連が限界。
〈高安南車庫周辺(敷地外から)〉
高安南車庫にて留置中の車両を望遠で撮影。場所は高安2号踏切から真横に延びる道路上。車庫端と道路はコンクリートの塀とその上の鉄柵で仕切られており、柵の間より撮影。道路上は車・人共に一程度の通行量がある。前面が順光となるのは昼から午後にかけての時間帯。レンズは50mm〜80m程度。日や時間帯によって車両がいる時いない時があり、車端部に顔を出すラインナップも日々変化する。通行量が多い時はとりわけ車の往来に注意したい。
駅間一覧はこちら(このページの上部へ移動します)


恩智を出た下り列車は、宅地帯に囲まれた高架を下って地上区間へ。地上に降りてからもしばらくは左右の宅地帯を横目に直線区間を進むが、法善寺との中間地点に差し掛かった辺りで(上り側から見て)大阪線東側で最初となる開けた畑地帯へ突入。ただ、それも一時的でしばらくすると再び宅地帯へ紛れ込み、そのまま進むと列車は法善寺に到着する。
〈公式側(海側)〉
下り畑地帯の直線区間を進む下り列車を望遠で撮影。場所は恩智6号踏切横。車1台がギリギリ通れるくらいの幅がある踏切で、農作業に従事する車の他、近隣住民による自転車・バイクや踏切の目の前にある学校の生徒がよく通り、時間帯によっては一定の通行量はある。前面・側面が共に順光となるのは秋から冬にかけての午後。レンズは80〜120mmぐらいで調節か。最短2両から最長10両まで収めることが可能。踏切道周辺は道幅が狭くなっているので、通行がある時(特に車が通る時)は配慮したい。
下り畑地帯の直線区間を進む下り列車を望遠で撮影。場所は恩智6号踏切横。車1台がギリギリ通れるくらいの幅がある踏切で、農作業に従事する車の他、近隣住民による自転車・バイクや踏切の目の前にある学校の生徒がよく通り、時間帯によっては一定の通行量はある。前面・側面が共に順光となるのは秋から冬にかけての午後。←は↑よりも線路から離れて撮ったもので、レンズは被写体の両数に合わせて標準〜100mmぐらいで調節か。最短2両から最長10両まで収めることが可能だが、長くなればなるほど後部への写り込みが多くなる。踏切道周辺は道幅が狭くなっているので、通行がある時(特に車が通る時)は配慮したい。
下り畑地帯の直線区間を進む下り列車側面を望遠で撮影。場所は恩智6号踏切近くにある畑へ通じる農道上。側面が順光となるのは午後。レンズは1両辺り50〜70mmあたりで調節か。踏切道周辺は道幅が狭くなっているので、通行がある時(特に車が通る時)は配慮したい。
駅間一覧はこちら(このページの上部へ移動します)


安堂-河内国分
安堂を出た下り列車は上り坂で住宅街を駆ける。まもなくすると右手には関西本線(=大和路線)が目に入るが、それも束の間で再び畑や住宅地に挟まれて見えなくなり、ある程度登りきったところで今度は緩い調子の下り坂となって右手にカーブ。先ほど見えた関西線の複線路をオーバークロスするとまもなく下り坂も一旦終わって大和川橋梁に差し掛かる。大和川を渡り切った列車は直線で再び坂を下り、そのまま河内国分に進入する。
〈公式側(海側)〉
上り大和川橋梁を渡っている最中の上り列車を広角で記録。場所は大和川河川敷で大阪上本町方の橋下付近、自転車やランナー・散歩人向けにある道の傍である。前面・側面が共に順光となるのは夏場の夕方のみ。側面は午後順光である。最短2両から最長10両まで収めることが可能。
下り河内国分へ向けて大和川橋梁を渡る下り列車を望遠で撮影。場所は安堂2号踏切横の道路上。車2台が横に並ぶぐらいの広さが確保されているものの、人・車共に通行量がそこそこある。前面・側面が順光となる時間帯は昼前後(午後)。レンズは撮影する列車の両数や引き具合によって調整する事になる(←は100〜150mm程度か)。最短2両から最長10両まで収めることが可能。通行量が多いので、撮影時はとりわけ車の往来に注意したい。
下り河内国分へ向けて大和川橋梁を渡る下り列車および橋梁を渡って大阪上本町方へ向かう上り列車を望遠で撮影。場所は安堂2号踏切横の道路上。車2台が横に並ぶぐらいの広さが確保されているものの、人・車共に通行量がそこそこある。こちらは↑よりもさらに望遠で撮影したもので、レンズは400mm程度か。編成長のある列車や離合を写す際に使える構図。光線は↑と同様で最短2両から最長10両まで収めることが可能。通行量が多いので、撮影時はとりわけ車の往来に注意したい。
下り河内国分へ向けて大和川橋梁を渡る下り列車を望遠で撮影。場所は安堂2号踏切横の道路上。車2台が横に並ぶぐらいの広さが確保されているものの、人・車共に通行量がそこそこある。こちらは↑↑よりも左側に寄って撮影したもの。光線は同一で、レンズは50mm〜80mm程度。最短2両から最長10両まで収めることが可能。通行量が多いので、撮影時はとりわけ車の往来に注意したい。
上り河内国分を出て大和川橋梁を渡る上り列車を望遠で撮影。場所は安堂2号踏切から延びる道路上で、自動車通行禁止区域周辺。日中の人通りは少ない。前面・側面が共に順光となるのは午後で、前面は夏場のみ。レンズは70mm程度。サイド気味の構図であり、編成を収めるとなると8両辺りが限界。
〈非公式側(山側)〉
下り河内国分へ向けて大和川橋梁を渡る下り列車を望遠で撮影。場所は大和川の河川敷。車通りはほぼないものの、公園があるため人通りはある。前面・側面が共に順光となる時間帯は午前。レンズは50mm〜80mm程度か。横側の位置から編成を収めるとなると8連あたりが限界。撮影時は通行する人に配慮したい。
上り河内国分を出発し大和川橋梁へ向けて坂を登る上り列車を望遠で撮影。場所は安堂2号踏切横の道路上。車2台が横に並ぶぐらいの広さが確保されているものの、人・車共に通行量がそこそこある。前面・側面が共に順光となる時間帯はない。前面は午後・側面は午前順光。レンズは100mm〜150mm程度か。編成を収めるとなると6連あたりが限界。通行量が多いので、撮影時はとりわけ車の往来に注意したい。
駅間一覧はこちら(このページの上部へ移動します)

大阪教育大前-関屋
大阪教育大前を出た列車はそのまま新玉手山トンネルに進入。全長715mあるこのトンネルを抜けると大阪府と奈良県の境目に差し掛かり、列車はここで大阪府から奈良県に入る。トンネルを抜けて小区間の緩やかなカーブを抜けると少し直線区間が続く。県境という事で一部は山間部の色合いが濃いが、一方で最近では新興住宅も増加。トンネルを出た後からの車窓は緑多め住宅点在といった様子である。直線区間を抜けた列車は関屋手前まで急カーブ区間を走行。カーブを抜けるとまもなく関屋に到着する。
〈公式側(海側)〉
下り新玉手山トンネルを抜け直線形で緩い坂を下って来る下り列車を望遠で撮影。場所は大阪教育大前第1号踏切横。非公式側の道路から公式側にある墓地へ通じる道でほとんど通行はない。車の通行は禁止されており、ごくたまに人・自転車・バイクが出入りする程度である。前面・側面が共に順光となるのは午前。レンズは列車の両数・切り位置によって200〜400mm程度で調整か。編成は最短2両から最長10両まで収めることが可能。少し高めの柵があるので、位置によっては無しで撮れるものの踏み台や脚立はあった方が無難である。
下り新玉手山トンネルを抜け直線形で緩い坂を下って緩いカーブを通過中の下り列車を望遠で撮影。場所は大阪教育大前第1号踏切横。非公式側の道路から公式側にある墓地へ通じる道でほとんど通行はない。車の通行は禁止されており、ごくたまに人・自転車・バイクが出入りする程度である。前面・側面が共に順光となるのは午前。レンズは列車の両数・切り位置によって70〜150mm程度で調整か。編成は最短2両から最長10両まで収めることが可能。少し高めの柵があるので、位置によっては無しで撮れるものの踏み台や脚立はあった方が無難である。
下り二つの踏切を通過してなおも緩いカーブを通過中の下り列車をコンデジで撮影。場所は大阪教育大前第3号踏切横。車が2台通れる幅の踏切道を持ち、人・自転車の通行はもちろん車の通行も一程度あり、この区間では通行量が多め。前面・側面が共に順光となるのは午前。レンズは標準〜50mm程度か。遮断棒から離れて撮影する際に編成を収めるとなると、4両辺りが限界。車の通行時には注意したい。
下り新玉手山トンネルを抜け直線区間を進む下り列車を望遠で撮影。場所は大阪教育大前第4号踏切横。車の通行は禁止されており、朝は近くにある学校の通学路としても機能している模様。通るのは専ら人・自転車・バイクである。前面・側面が共に順光となるのは午前。レンズは150〜200mm程度か。線路脇にある緑の具合にもよるが、特に生い茂って無ければ編成は最短2両から最長10両まで収めることが可能。
下り新玉手山トンネルを抜け直線区間を進む下り列車を望遠で撮影。場所は大阪教育大前第4号踏切横。車の通行は禁止されており、朝は近くにある学校の通学路としても機能している模様。通るのは専ら人・自転車・バイクである。前面・側面が共に順光となるのは午前。こちらは↑よりも列車を引き付けた構図で、レンズは80〜130mm程度か。線路脇にある緑の具合にもよるが、特に生い茂って無ければ編成は最短2両から最長10両まで収めることが可能。
下り玉手山トンネルを抜け直線区間を進む下り列車を望遠で撮影。場所は大阪教育大前第4号踏切横。車の通行は禁止されており、朝は近くにある学校の通学路としても機能している模様。通るのは専ら人・自転車・バイクである。前面・側面が共に順光となるのは午前。こちらは↑よりもさらに列車を引き付けた構図で、レンズは50〜100mm程度か。線路脇にある緑の具合にもよるが、特に生い茂って無ければ編成は最短2両から最長10両まで収めることが可能。
上り関屋近くの急カーブを進む上り列車を望遠で撮影。場所は大阪教育大前第4号踏切横。踏切道から少しだけ距離を離している。ここは車の通行が禁止されており、朝は近くにある学校の通学路としても機能している模様。通るのは専ら人・自転車・バイクである。前面・側面が共に順光となるのは午後。レンズは50〜80mm程度か。3両目までは大きく写り込むが、カーブが急であるので4両目は後半部が・それ以上の両数の列車は編成後部車両が写り込まない。一応、編成は最短2両から最長10両まで収めることが可能。
上り関屋近くの急カーブを進む上り列車を望遠で撮影。場所は大阪教育大前第4号踏切横。車の通行は禁止されており、朝は近くにある学校の通学路としても機能している模様。通るのは専ら人・自転車・バイクである。前面・側面が共に順光となる事はない。前面は午後順光。レンズは180〜230mm程度か。カーブが急であるので、左端の電柱を被せずに編成を収めるとなると4両が限界。
上り関屋近くの急カーブを進む上り列車を望遠で撮影。場所は大阪教育大前第4号踏切横。車の通行は禁止されており、朝は近くにある学校の通学路としても機能している模様。通るのは専ら人・自転車・バイクである。前面・側面が共に順光となる事はない。前面は午後順光。こちらは↑よりも写りを広くした構図で、レンズは100〜150mm程度か。カーブが急で左端の電柱が編成に被るが、この場合だと6両は編成に収まる。引き付けても8両あたりが限界。
下り関屋近くの急カーブを進む下り列車を望遠で後打ち撮影。場所は大阪教育大前第4号踏切横。ここは車の通行が禁止されており、朝は近くにある学校の通学路としても機能している模様。通るのは専ら人・自転車・バイクである。前面・側面が共に順光となるのは午後。レンズは50〜80mm程度か。1両目は大きく写り込むが、カーブが急であるので2両目は後半部が・それ以上の両数の列車は編成後部車両が写り込まない。一応、編成は最短2両から最長10両まで収めることが可能。
下り関屋近くの急カーブを進む下り列車を望遠で撮影。場所は大阪教育大前第5号踏切横。車の通行は禁止されており、また踏切道には階段が存在する事から通行するのは専ら人である(たまに持ち上げる形で自転車)。前面・側面が共に順光となる事はない。前面は午前順光。レンズは280〜330mm程度か。カーブが急であるのと縦アングルの構図という事で列車後部は写り込まない。編成を収めきるならばせいぜい2両が限界である。
下り関屋近くの急カーブを進む下り列車を望遠で撮影。場所は大阪教育大前第5号踏切横。車の通行は禁止されており、また踏切道には階段が存在する事から通行するのは専ら人である(たまに持ち上げる形で自転車)。↑とは異なりこちらは横アングルでの撮影。前面・側面が共に順光となる事はない。前面は午前順光。レンズは150〜200mm程度か。横に道路や車が写るが、編成を収めるとすれば6両が限界。
下り関屋近くの急カーブを進む下り列車を望遠で撮影。場所は大阪教育大前第5号踏切横。車の通行は禁止されており、また踏切道には階段が存在する事から通行するのは専ら人である(たまに持ち上げる形で自転車)。前面・側面が共に順光となるのは午前。レンズは40〜80mm程度か。カーブが急であるので、編成後部は写り込まない。一応、編成は最短2両から最長10両まで収めることが可能。
上り関屋を出て急カーブに差し掛かる前の上り列車を望遠で撮影。場所は大阪教育大前第5号踏切横。車の通行は禁止されており、また踏切道には階段が存在する事から通行するのは専ら人である(たまに持ち上げる形で自転車)。正面のみを写す形の構図で、レンズは370〜430mm程度。順光時間帯は午後。一応、編成は最短2両から最長10両まで収めることが可能。
下り関屋を出て急カーブに差し掛かる前の上り列車および関屋駅へ進入する下り列車を望遠で撮影。場所は大阪教育大前第5号踏切横。車の通行は禁止されており、また踏切道には階段が存在する事から通行するのは専ら人である(たまに持ち上げる形で自転車)。こちらは横アングルの構図で、レンズは300mm前後。順光時間帯は午後。一応、編成は最短2両から最長10両まで収めることが可能。
〈非公式側(山側)〉
下り新玉手山トンネルを抜けた直後の下り列車を望遠で撮影。場所は大阪教育大前第1号踏切横。非公式側の道路から公式側にある墓地へ通じる道でほとんど通行はない。車の通行は禁止されており、ごくたまに人・自転車・バイクが出入りする程度である。前面の順光時間帯は午前。ちょうど列車が奈良県と大阪府の県境を通過して緩い坂を下り始める直前の場面を縦アングルで写しており、レンズは撮りたい位置によって400〜600mm程度で調整か。←だとレンズは420mm程度。前面を大きく写す形となるので、編成は最短2両から最長10両まで収めることが可能。
下り新玉手山トンネルを抜けて奈良県に入った下り列車と直線区間を進み終えて大阪府へ向かう上り列車を望遠で撮影。場所は大阪教育大前第1号踏切横。非公式側の道路から公式側にある墓地へ通じる道でほとんど通行はない。車の通行は禁止されており、ごくたまに人・自転車・バイクが出入りする程度である。前面の順光時間帯は午前。上り列車と下り列車の並びを横アングルで写しており、レンズは並びの位置によって250mm〜400mm程度で調節か。新玉手山トンネルを出てから1号踏切まではおおよそ直線形であり、また下り列車に関しては前面を大きく写す形となるので、編成は最短2両から最長10両まで収めることが可能。
上り直線区間を進み終えて大阪府へ進入中&新玉手山トンネルへ向かう上り列車を望遠で後打ち撮影。場所は大阪教育大前第1号踏切横。非公式側の道路から公式側にある墓地へ通じる道でほとんど通行はない。車の通行は禁止されており、ごくたまに人・自転車・バイクが出入りする程度である。後面・側面が共に順光となる事はない。後面は午前順光。レンズは300〜350mm程度で調節か。新玉手山トンネルを出てから1号踏切まではおおよそ直線形であり、編成は最短2両から最長10両まで収めることが可能。
下り新玉手山トンネルを抜けて緩い坂を下って来る下り列車を望遠で撮影。場所は大阪教育大前第1号踏切横。非公式側の道路から公式側にある墓地へ通じる道でほとんど通行はない。車の通行は禁止されており、ごくたまに人・自転車・バイクが出入りする程度である。前面の順光時間帯は午前。レンズは列車によって350〜450mm程度で調整か。前面を大きく写す形となるので、編成は最短2両から最長10両まで収めることが可能。
上り関屋からのカーブ区間を抜けて直線区間を進む上り列車を望遠で撮影。場所は大阪教育大前第1号踏切横。非公式側の道路から公式側にある墓地へ通じる道でほとんど通行はない。車の通行は禁止されており、ごくたまに人・自転車・バイクが出入りする程度である。前面・側面が共に順光となる事はない。前面は午後順光。レンズは200mm前後で調節か。編成は最短2両から最長10両まで収めることが可能。
上り関屋からのカーブ区間を抜けて直線区間を進む上り列車を望遠で撮影。場所は大阪教育大前第1号踏切横。非公式側の道路から公式側にある墓地へ通じる道でほとんど通行はない。車の通行は禁止されており、ごくたまに人・自転車・バイクが出入りする程度である。前面・側面が共に順光となる事はない。前面は午後順光。線形は1号踏切手前でほんの少し公式側にカーブしており、←は↑よりも列車を引き付けた構図である。レンズは100mm前後で調節か。編成は最短2両から最長10両まで収めることが可能。
駅間一覧はこちら(このページの上部へ移動します)


関屋-二上
関屋を出た下り列車は右手へカーブ。その後は左右に進みながら緑多い区域を33.3‰の急勾配を上る。ニュータウンの区域に差し掛かるあたりで勾配区間は終わり、今度は長めのSカーブを行く形で下り坂を進むことになる。坂を下り、閑静な宅地帯や駅前ロータリーが見えて来ると列車は二上に到着する。
〈公式側(海側)〉
下り長めの下り坂をS字カーブで進む下り列車を望遠で撮影。場所は関屋第5号踏切近く、駅前ロータリーの歩道上。通勤・帰宅時間帯はある程度の人通りがあるものの、基本的には人数は少なめ。前面・側面が共に順光となるのは昼前後で、前面は午前順光。レンズは400〜450mm程度か。編成は最短2両から最長10両まで収める事が可能と思われるが、その際のレンズは両数に合わせて調整。
駅間一覧はこちら(このページの上部へ移動します)


近鉄下田-五位堂
近鉄下田を出た下り列車は直後に坂を上ってJR和歌山線をオーバークロス。その後は坂を下る形で大きく左にカーブするが、カーブの途中で左手に五位堂検修車庫が見え始める。右手には新興の住宅街が拡がり、五位堂駅近くになると自動車学校や駅前施設が点在。列車は、検修車庫を横目にほんの少しカーブしつつほとんど直線形で進み五位堂へ到着する。ここでは大阪線の区間に加えて、五位堂検修車庫周辺も紹介する。
〈非公式側(山側)〉
下り五位堂へ向けて進む下り列車と五位堂検修車庫へ入場している列車を望遠で撮影。場所は大阪線横に並行する住宅道路上。前面・側面が共に順光となるのは午前で、レンズは50mm前後。
下り五位堂へ向けて進む下り列車と五位堂検修車庫へ入場している車両を広角で撮影。場所は大阪線横に並行する住宅道路上で、↑よりも線路寄り。前面・側面が共に順光となるのは午前。
〈五位堂検修車庫周辺(敷地外から)〉
停車五位堂検修車庫に入場中の車両を広角で撮影。場所は大阪線横で並走する住宅道路上。前面・側面が共に順光となるのは午前。
停車五位堂検修車庫に入場中の車両前頭部を標準で撮影。場所は大阪線横で並走する住宅道路上。前面・側面が共に順光となる事はない。前面は午後・側面は午前順光。
停車五位堂検修車庫に入場中の車両および大阪線下り列車をコンデジで撮影。場所は五位堂検修車庫敷地横で並走する住宅道路上。前面・側面が共に順光となるのは昼前後。レンズは広角〜標準といったところか。少し高さがある塀の向こう側を覗き見る形となるのでほどほどに…。
停車五位堂検修車庫に入場中の車両を望遠で撮影。場所は五位堂検修車庫敷地横で並走する住宅道路上。前面・側面が共に順光となるのは昼前後。レンズは70〜100mm程度といったところか。少し高さがある塀の向こう側を覗き見る形となるのでほどほどに…。
停車五位堂検修車庫に入場中の車両を望遠で撮影。場所は五位堂検修車庫敷地横で並走する住宅道路上。前面・側面が共に順光となるのは昼前後。レンズは100〜150mm程度で調整か。少し高さがある塀の向こう側を覗き見る形となるのでほどほどに…。
停車五位堂検修車庫手前側で留置されている車両群を望遠で撮影。場所は下田第5号踏切上。[近鉄下田〜五位堂]間にある唯一の踏切で、踏切道は車2台が通れる程の広さ。駅前という事で車通りは多い。面側が順光となるのは午前。レンズは400〜600mm程度で調節か。
駅間一覧はこちら(このページの上部へ移動します)


五位堂-築山
五位堂を出た下り列車は、直線区間で築山まで駆ける。引き込み線がある左手には、165号線が合流して道路沿いに建物が目立つが、右手は少し開けた田園地帯が拡がる。引き込み線が見えなくなり、香芝市から大和高田市へ入ってまもなくすると線路真左に165号線が並走。道路・線路共に直線形だが、築山到着までに一度小さな勾配を上って下る事になり、坂を下り終えると列車は築山に到着する。
〈公式側(海側)〉
側面
五位堂へ向けて小田園地帯を進む上り列車をサイドから望遠で撮影。場所は五位堂第1号踏切と五位堂第2号踏切の間にある農道上。側面が順光となるのは午後。レンズは40〜で対応可能。線路際に雑草が生い茂る時期は撮影不適。
上り
五位堂へ向けて小田園地帯を進む上り列車を望遠で撮影。場所は五位堂第1号踏切と五位堂第2号踏切の間にある農道上。前面・側面が共に順光となるのは午後。レンズは150mm〜200mm程度か。編成を収めるとなれば6両辺りが限界。
下り
五位堂を出て直線区間を進む下り列車を望遠で撮影。場所は五位堂第1号踏切と五位堂第2号踏切の間にある農道上。前面・側面が共に順光となるのは昼前後。こちらは前頭部のみを写したもので、レンズは70mm〜100mm程度。
〈非公式側(山側)〉
下り
五位堂を出て引き込み線を横目に走る下り列車を望遠で撮影。場所は五位堂第2号踏切横。踏切道は狭く、通行は専ら人と自転車である。前面・側面が共に順光となるのは午前で、レンズは120〜230mm程度で調節か。最短2両から最長10両まで収める事が可能である。
上り
五位堂へ向けて小田園地帯の直線区間を進む上り列車を望遠で後追い撮影。場所は五位堂第2号踏切横。踏切道は狭く、通行は専ら人と自転車である。後面・側面が共に順光となるのは午前で、レンズは120〜230mm程度で調節か。最短2両から最長10両まで収める事が可能である。
駅間一覧はこちら(このページの上部へ移動します)


築山-大和高田
165号線横に居を構える築山を出た列車は右手にカーブ。沿線は古墳あり田ありだが、基本的には大和高田の住宅街であり中心地である大和高田までの距離は1.1kmと短めである。カーブした後は少し直線で進み大和高田の直前で大きく左にカーブ。横手から合流して来て隣接するJR和歌山線と共に高田川を渡りきると大和高田に到着する。
〈公式側(海側)〉
上り大和高田を通り高田川も渡ってカーブして来る上り列車を望遠で撮影。場所は築山第6号踏切横。車一台通れるぐらいの広さがある踏切である。住宅街・市街に通ずる道の一つという事で、人・自転車の往来が一定数あるが、時折車も通るので通行時は注意したい。前面・側面が共に順光となる時間帯は夏場の夕方のみ。前面は午後順光。レンズは130mm〜150mm程度か。カーブが急という事もあって、編成を収めるとなると6両あたりが限界。
上り大和高田を出発後、カーブを通過中の上り列車を望遠で撮影。場所は築山第5号踏切横。車一台通れるぐらいの広さがある踏切である。人・自転車の往来が一定数あるが、時折車も通るので通行時は注意したい。前面・側面が共に順光となる時間帯は夏場の夕方のみ。前面は午後順光。レンズは130mm〜150mm程度か。カーブが急という事もあって、編成を収めるとなると4両あたりが限界。
〈非公式側(山側)〉
下り築山を出てカーブ区間を進む下り列車を望遠で撮影。場所は築山第4号踏切横。人や自転車が宅地帯を通り抜ける際に使用するといった具合の踏切で、踏切道に車が通れる幅はない。面を大きく写す縦アングルの構図で、前面・側面が共に順光となるのは午前。レンズは350〜400mm程度で調節。編成を収めるとなると4両が限界。
下り大和高田手前の高田川を渡る下り列車を望遠で撮影。場所は高田川を越える歩道橋上。高田川沿いには桜並木が展開しており、春には列車と桜を絡めた記録が可能。側面(=非公式側)は昼前後に順光か。レンズは50〜80mm程度で調節といったところ。編成を収める事は考慮していない。
駅間一覧はこちら(このページの上部へ移動します)


大和高田-松塚
大和高田市の中心駅の一つである大和高田を出るとまもなく下り坂。そこを下り、高田の市街・住宅街を通り抜けた下り列車はちょっとした田園地帯に突入する。ただそれも束の間。鉄路は葛城川を越えるために上り坂となり、川を渡った後の列車は下り坂で松塚に進入する。
〈公式側(海側)〉
下り
大和高田方からやって来る下り列車をコンデジで撮影。場所は高田6号踏切横。幅狭の道で自動車の往来はほとんどない。前面・側面が順光となるのは午前。レンズは100mm〜135mm程度か。6両が適当だと思われるが、最短2両から最長10両まで収める事が可能である(但し、後部はカーブしているため6両以上は編成が全て写り込むわけではない)。
上り
松塚を通過し葛城川を越えた後に坂を下って来る上り列車をコンデジで撮影。場所は高田第6号踏切横。幅狭の道で自動車の往来はほとんどない。前面・側面が順光となるのは午後。光線は前面が↑と同一、側面が夏場の朝夕を除き午後順光となる。レンズは標準〜50mm程度か。最短2両から最長10両まで収める事が可能だが、線路横の草が刈りこまれていない時は撮影に不向き。
上り
松塚を通過し葛城川を越えた後に坂を下って来る上り列車を望遠で撮影。場所は高田第6号踏切近く。幅狭の道で自動車の往来はほとんどない。←は↑の場所より少し横方向に移動して撮影したもので、光線は↑と同一。レンズは135mm〜180前後で調整か。長編成は後部が写り込まないが、最短2両から最長10両まで収める事が可能。線路横の草が刈りこまれていない時は撮影に不向き。
上り
松塚を通過し葛城川を越えた後に坂を下って来る上り列車を望遠で撮影。場所は高田第6号踏切近く。幅狭の道で自動車の往来はほとんどない。←は↑と同一地点で撮影したもので、光線は↑と同一。レンズは80mm前後で調整か。長編成は後部が写り込まないが、最短2両から最長10両まで収める事が可能。線路横の草が刈りこまれていない時は撮影に不向き。
上り
松塚を通過し葛城川を越えた後に坂を下って来る上り列車を望遠で撮影。場所は高田第6号踏切横。幅狭の道で自動車の往来はほとんどない。縦アングルで前面を強調する形の構図。前面・側面が共に順光となるのは午後である。レンズは350〜400mm程度で適宜調整。編成後部は大きく写らないので、最短2両から最長10両まで写すことが可能である。
上り
松塚を通過し葛城川を越えた後に坂を下って来る上り列車を望遠で撮影。場所は高田第6号踏切横。↑よりも線路よりで撮影している。幅狭の道で自動車の往来はほとんどない。こちらは側面を入れずに前面のみを撮影。光線は午後順光となる。レンズは400〜450mm程度で適宜調整。編成後部は大きく写らないので、最短2両から最長10両まで写すことが可能である。
下り
坂を上って葛城川を越える前の下り列車をコンデジで撮影。場所は高田第7号踏切横。自転車道の踏切で自動車の往来は無い。前面・側面が共に順光となる時間帯は午前。昼過ぎから前面が逆光ぎみとなる。側面は夏場の朝夕を除き日中順光。レンズは50mm〜80mm程度か。最短2両から最長10両まで収める事が可能。
上り
松塚駅を出た直後の上り列車を標準で撮影。場所は葛城川横を走る自転車道上で河川を横切る橋の手前。松塚駅を出た上り列車は葛城川を越えるべく築堤上を上る事になるが、線路横に草が少ない時はこのような構図が可能。春には線路横に菜の花がたくさん咲いている。光線は夏場の夕方を除き、前面・側面共に午後順光。横位置で編成を収めるとなると8両が限界となる。
上り
松塚駅を出た直後の上り列車を撮影。編成両数によっては縦アングルも可能でこちらはやや広角ぎみ。両数は2〜4両が限界か。自転車道に沿って橋を渡ることなくそのまま上り線に近づく形で前進する事も可能だが、整備された道ではなく夏場は草が生い茂っている。冬場は草が少なく撮影もしやすい。
上り
松塚駅を出た直後の上り列車を標準前後で撮影。こちらは↑↑よりも線路近くで撮影したもの。築堤上には柵がなく、線路から取る距離によって様々な構図が創作可能である。場所によっては、築堤上を上るないし橋梁を渡る列車の前頭部に焦点を当てて流し撮り…という事も可能。くれぐれも線路に近づきすぎないように。
下り
葛城川を越え松塚へ向けて築堤を下る下り列車を望遠で撮影。場所は松塚駅上本町方先端直下から延びる農道上。前面・側面が共に順光となるのは午前(夏場の朝方を除く)。レンズは50mm前後で調節。最短2両から最長10両まで収める事が可能だが、望遠だと6・8両辺りが適。
下り
葛城川を越え松塚へ向けて築堤を下る下り列車を広角で撮影。場所は松塚駅上本町方先端直下から延びる農道上。前面・側面が共に順光となるのは午前(夏場の朝方を除く)。最短2両から最長10両まで収める事が可能である。
〈非公式側(山側)〉
上り
葛城川を越えて坂を下って来る上り列車を望遠で撮影。場所は高田5号踏切横。幅狭の道で自動車の往来はほとんどない。前面・側面が共に順光となる時間帯は夏場の夕方のみ。前面は午後順光だが、側面は夏場の朝夕を除き公式側が日中順光となる。レンズは180〜230mm程度か。編成を収めるとなれば6両が限界。
上り
松塚を通過し葛城川を越えた後に坂を下って来る上り列車をコンデジで撮影。場所は高田第6号踏切横。幅狭の道で自動車の往来はほとんどない。前面・側面が共に順光となる時間帯は夏場の夕方のみ。前面は午後順光だが、側面は夏場の朝夕を除き公式側が日中順光となる。レンズは標準〜50mm程度か。編成で収まる両数は2〜4両。それ以上の長編成になると編成全てが写り込ませる事が難しくなり、加えて編成後部に架線柱が被ってしまう。
下り
坂を上って葛城川を越える前の下り列車を撮影。場所は高田第7号踏切横。自転車道の踏切で自動車の往来は無い。前面は午前順光。側面は夏場の朝夕を除き日中逆光。レンズは標準〜50mm程度か。最短2両から最長10両まで収める事が可能。
上り
松塚駅を出た直後の上り列車をコンデジで撮影。場所は高田第7号踏切横。自転車道の踏切で自動車の往来は無い。前面・側面が共に順光となる時間帯は夏場の夕方のみ。前面は午後順光だが、側面は夏場の朝夕を除き公式側が日中順光となる。レンズは130mm〜150mm程度か。撮影位置によっては最短2両から最長10両まで収める事が可能。
上り
松塚駅を出た直後の上り列車を望遠で撮影。場所は高田第7号踏切横。自転車道の踏切で自動車の往来は無い。前面・側面が共に順光となる時間帯は夏場の夕方のみ。前面は午後順光だが、側面は夏場の朝夕を除き公式側が日中順光となる。↑よりも引き付けており、レンズは100mm〜120mm程度か。撮影位置によっては最短2両から最長10両まで収める事が可能。
駅間一覧はこちら(このページの上部へ移動します)


松塚-真菅
松塚を出た列車は、葛城川に引き続き川床の高い曽我川を渡るためにカーブしながら勾配を上る。曽我川を渡りきると橿原市に突入し、同市の宅地帯を左右にカーブしながら坂を下った後は、ほんの少しだけ直進。駅前で左側にカーブすると列車はそのまま真菅に到着する。
〈公式側(海側)〉
下り
葛城川を越え松塚に向けて築堤を下る下り列車を望遠で撮影。列車が走る区間は松塚駅手前、[大和高田-松塚]間である。場所は松塚駅横から延びる道路上。前面・側面が共に順光となるのは午前(夏場の朝方を除く)。レンズは標準〜50mm程度か。最短2両から最長10両まで収める事が可能だが、6・8両辺りが適。
上り
曾我川橋梁を渡り築堤を進んで松塚へ向かう上り列車を望遠で撮影。場所は松塚駅横から延びる道路上。前面・側面が共に順光となるのは午後(夏場の夕方を除く)。レンズは標準〜50mm程度か。編成を写すとなると6両辺りが限界。
上り
曾我川橋梁を渡る上り列車をコンデジで撮影。場所は曾我川橋梁横の土手付近。前面・側面が共に順光となるのは午後(夏場の夕方を除く)。レンズは標準〜50mm程度か。編成を収めるとなると4両辺りが限界。
下り
曾我川橋梁に差し掛かる下り列車を望遠で撮影。場所は曾我川橋梁横の土手付近。前面・側面が共に順光となるのは午前。レンズは50mm前後で調節。編成を収めるとなると3両辺りが限界。
〈非公式側(山側)〉
下り
曾我川橋梁を渡る下り列車を望遠でサイドから撮影。場所は曾我川橋梁を渡るバイパスの橋梁歩道上。側面は夏場の夕方のみ順光。レンズは50〜80mm程度で調節か。編成収めるとなると3両辺りが限界。
下り
曾我川橋梁を渡る下り列車をコンデジで撮影。場所は曾我川橋梁の伊勢中川方端部付近土手上。前面・側面が共に順光となる事はなく、前面は午前順光、側面は終日逆光(夏場の夕方を除く)。レンズは50〜80mm程度で調節か。最短2両から最長10両まで収める事が可能。
上り
曾我川橋梁へ向けて勾配付きのカーブを駆け上がる上り列車をコンデジで撮影。場所は曾我川橋梁の伊勢中川方端部付近土手上。前面・側面が共に順光となる事はなく、前面は午後順光、側面は終日逆光(夏場の夕方を除く)。レンズは50〜80mm程度で調節か。編成後部は写り込まないが、最短2両から最長10両まで収める事が可能。
下り
曽我川を渡り切って下りカーブを進む下り列車を望遠で撮影。場所は松塚第2号踏切と曾我川橋梁の間、線路横にある宅地帯道路上。宅地内という事で閑静な雰囲気がある場所であり、騒がしくする事は厳禁である。前面・側面が共に順光となるのは午前で、レンズは320〜350mm程度で調整か。8両までは写り込むが、後部に電柱を被らせる事なく編成を収めるとなると6両あたりが限界。
下り
曾我川を渡り切って下りカーブを進む下り列車を望遠で撮影。場所は松塚第2号踏切と曾我川橋梁の間、線路横にある宅地帯道路上。宅地内という事で閑静な雰囲気がある場所であり、騒がしくする事は厳禁である。前面・側面が共に順光となるのは午前。前頭部を大きく写す縦アングルの構図で、レンズは350mm〜400mm程度で調整か。
駅間一覧はこちら(このページの上部へ移動します)


真菅-大和八木
真菅を出た下り列車はしばらく宅地帯を直線で駆ける。橿原バイパスをオーバークロスしてからまもなくすると右手にカーブ。そのままカーブが続き、途中で開けた田園地帯に突入するが、そこから高架駅である大和八木へ向けた築堤が始まる。築堤の勾配を上りきったところで飛鳥川を渡り、左手より新ノ口からの連絡線が合流。それと同時に橿原線へ通ずる短絡線が分岐し、そこからすぐに軽い勾配を伴いつつ左手へ大きくカーブ。曲がっている途中で列車は大和八木へ進入する。ここでは橿原線八木西口へ続く短絡線区間も扱う。

※大和八木駅北側で展開する新ノ口連絡線の撮影場に関しては近鉄橿原線 駅間撮りを参照(クリックで当該ページへ移動します)

〈公式側(海側)〉
上り大和八木駅4番線を出て間もない上り列車を広角で撮影。場所は真菅第4号踏切と真菅第5号踏切の間で大阪線と分岐する地点付近。住宅内道路上であり、通行は人・自転車が主。たまに車が通る。前面・側面が共に順光となるのは午後。編成はせいぜい前3両が見える程度である。
〈非公式側(山側)〉
下りカーブ区間を進む下り列車を望遠で撮影。場所は真菅第3号踏切横。前面・側面が共に順光となるのは午前。レンズは180〜250mm程度で調節。編成を収めるとなると8両辺りが限界。
下りカーブ区間を進む下り回送列車を望遠で撮影。場所は真菅第3号踏切横。前面・側面が共に順光となるのは午前。縦アングルの構図でレンズは200mm前後程度で調節といったところか。編成を収めるとなると6両辺りが限界。
サイド
大和八木へ向けての築堤を上る下り列車をサイドから望遠で撮影。場所は真菅第4号踏切と真菅第5号踏切の間、飛鳥川横で延びる自転車道上である。側面が順光となるのは午前(冬場を除く)。1両単位で写すにあたって、レンズは120〜で対応可能か。線路際に雑草が生い茂る時期は撮影不適。
下り飛鳥川手前の築堤を進む下り列車を望遠で撮影。場所は真菅第4号踏切と真菅第5号踏切の間、飛鳥川横で延びる自転車道上である。前面・側面が共に順光となるのは午前。前頭部のみを写す構図でレンズは200mm前後で調節。編成を収める事は考慮していない。
〈西口短絡線〉
下り大阪線から分岐して単線の短絡線を進む下り回送列車を広角で撮影。場所は真菅第4号踏切と真菅第5号踏切の間で大阪線と分岐する地点付近(公式側)。住宅内道路上であり、通行は人・自転車が主。たまに車が通る。扱いとしては大阪線の延長区間にあたるため、八木西口寄りの連絡線に関してはこちらで扱っている(以下同)。前面・側面が共に順光となるのは午後。編成を収めるとなると4両辺りが限界。
下り大阪線から分岐して単線の短絡線を進む下り回送列車を望遠で撮影。場所は真菅第5号踏切横(非公式側)。住宅内道路上であり、通行は人・自転車が主。たまに車が通る。前面・側面が共に順光となるのは昼前後か。レンズは150mm前後で調節。最短2両から最長6両まで収める事が可能。
下り大阪線から分岐して単線の短絡線を進む下り回送列車を広角で撮影。場所は真菅第5号踏切横(公式側)。車一台が通れる程の幅を持つ住宅内の踏切で、通行は人・自転車が主。たまに車が通る。前面・側面が共に順光となるのは昼前後か。編成を収めるとなると5両辺りが限界。
上り橿原線から分岐して単線の短絡線を進む上り回送列車を望遠で撮影。場所は真菅第5号踏切横(非公式側)。車一台が通れる程の幅を持つ住宅内の踏切で、通行は人・自転車が主。たまに車が通る。前面・側面が共に順光となるの午後。単線区間が目立つようにした縦アングルの構図で、レンズは50mm程度。編成を収める事は考慮していない。
上り橿原線から分岐して単線の短絡線を進む上り回送列車を望遠で撮影。場所は真菅第5号踏切横(非公式側)。車一台が通れる程の幅を持つ住宅内の踏切で、通行は人・自転車が主。たまに車が通る。前面・側面が共に順光となるの午後。単線区間が目立つようにした縦アングルの構図で、レンズは200mm程度。編成を収めるとなると2両が限界。
下り大阪線から分岐して単線の短絡線を進む下り回送列車を望遠で撮影。場所は真菅第6号踏切横(非公式側)。車一台が通れる程の幅を持つ住宅内の踏切で、通行は人・自転車が主。恒常的でないとはいえ一程度の車通りがある。非公式側奥側には八木第一号踏切が存在する。レンズは70mm前後で、前面・側面が共に順光となるのは昼前後か。後部に障害物を写すことなく編成を収めるとなると4両辺りが限界。
下り大阪線から分岐して単線の短絡線を進む下り回送列車を望遠で撮影。場所は真菅第6号踏切上。車一台が通れる程の幅を持つ住宅内の踏切で、通行は人・自転車が主。恒常的でないとはいえ一程度の車通りがある。非公式側奥側には八木第一号踏切が存在する。レンズは70mm前後で、前面・側面が共に順光となるのは午後。編成を収めるとなると6両辺りが限界。
下り大阪線から分岐して単線の短絡線を進む下り回送列車を望遠で撮影。場所は真菅第6号踏切と八木第3号踏切の間にある第4種踏切横(公式側)。裏道ないし通り道のような場所にあり、警報機や遮断機はなく線路の上を直接跨ぐことになる。レンズは70mm前後で、前面・側面が共に順光となるのは昼前後か。編成を収めるとなれば2両辺りが限界か
下り橿原線列車との折り合いで信号待ち中の下り回送列車を望遠で撮影。場所は真菅第6号踏切と八木第3号踏切の間にある第4種踏切横(公式側)。裏道ないし通り道のような場所にあり、警報機や遮断機はなく線路の上を直接跨ぐことになる。レンズは70mm前後で、前面・側面が共に順光となるのは夏場の午後。編成を収めるとなれば5両辺りが限界か。
下り橿原線列車との折り合いで信号待ち中の下り回送列車を広角で撮影。場所は↑と同地点。前面・側面が共に順光となるのは夏場の午後。編成を収めるとなれば5両辺りが限界か。
上り橿原線から西口短絡線へ乗り入れる上り回送列車を望遠で撮影。場所は↑と同地点(但し、線路を挟んで非公式側)。前面・側面が共に順光となるのは夏場の午後で、レンズは300mm程度。編成を収めるとなれば3両辺りが限界か。
下り橿原線列車との折り合いで信号待ち中の下り回送列車を標準で撮影。場所は八木第2号踏切横(公式側)。歩行者や自転車による通行を目的とした踏切であり、踏切付近は住宅地から市街地に抜ける道であるため一定の通行量がある。側面が順光となるのは午後。編成を収めるとなれば2両が限界。
下り短絡線から橿原線へ乗り入れる下り回送列車を望遠で後追い撮影。場所は八木第2号踏切上。歩行者や自転車による通行を目的とした踏切であり、踏切付近は住宅地から市街地に抜ける道であるため一定の通行量がある。前面が順光となるのは午後で、レンズは70mm前後か。編成は最短2両から最長6両まで収める事が可能。
下り橿原線列車との折り合いで信号待ち中の下り回送列車を広角で撮影。場所は八木第2号踏切付近の道路上(非公式側/画像に写る踏切が八木第2号)。住宅地から市街地に抜ける道であるため一定の通行量がある。前面・側面が共に順光となる事はなく、前面が順光となるのは昼前後か。後ろを切らすことなく編成を収めるとなれば2両が限界。
下り橿原線列車との折り合いで信号待ち中の下り回送列車前頭部を望遠で撮影。場所は八木第2号踏切付近の道路上(非公式側)。住宅地から市街地に抜ける道であるため一定の通行量がある。前面・側面が共に順光となる事はなく、前面が順光となるのは昼前後か。レンズは標準〜50mm程度で調節。
下り橿原線列車との折り合いで信号待ち中の下り回送列車を広角で撮影。場所は八木第3号踏切横(公式側)。車2台は通れる広さがある踏切で、住宅地から市街地に抜ける道である事から通行量が一定数あり。前面・側面が共に順光となるのは昼前後か。橿原線の列車と並ぶ光景を写したもので、編成を収める事は考慮していない。撮影時はとりわけ自動車の往来に注意したい。
下り橿原線列車との折り合いで信号待ち中の下り回送列車を標準で撮影。場所は八木第3号踏切横(公式側)。車2台は通れる広さがある踏切で、住宅地から市街地に抜ける道である事から通行量が一定数あり。前面・側面が共に順光となるのは昼前後か。最短2両から最長6両まで収める事が可能だが、雑草の生え具合で後ろが写らない時もある。撮影時はとりわけ自動車の往来に注意したい。
下り橿原線列車との折り合いで信号待ち中の下り回送列車を望遠で撮影。場所は八木第3号踏切上(公式寄)。車2台は通れる広さがある踏切で、住宅地から市街地に抜ける道である事から通行量が一定数あり。前面・側面が共に順光となるのは昼前後か。レンズは50〜80mm程度。最短2両から最長6両まで収める事が可能である。踏切が鳴ったら速やかに出る事。撮影時はとりわけ自動車の往来に注意したい。
下り橿原線列車との折り合いで信号待ち中の下り回送列車正面を広角で撮影。場所は八木第3号踏切上。車2台は通れる広さがある踏切で、住宅地から市街地に抜ける道である事から通行量が一定数あり。前面が順光となるのは昼前後か。撮影時はとりわけ自動車の往来に注意すると共にベルが鳴ったら直ぐに踏切外へ出る事。
駅間一覧はこちら(このページの上部へ移動します)


大和八木-耳成
橿原市の中心駅であり高架駅である大和八木を出た下り列車は、まず地上区間へ向かって坂を下り、そこからしばらくはストレート。耳成山が線路に近くなるあたりで緩いカーブが連続し、耳成山公園が横目に見えるあたりで再び直線へ。そのまま真っすぐ進むと耳成に到着する。この区間は基本的に宅地帯を走り抜ける事になる。
〈公式側(海側)〉
下り大和八木を出た直後の下り列車を望遠で撮影。場所は八木第二号踏切横。幅狭の道で自動車の往来は禁止されており、基本的には住宅街へ抜ける人・自転車の往来に限られる。前面・側面が共に順光となるのは午前。レンズは撮影位置によって適宜調節(↑写真は350〜400mm程度)。最短2両から最長10両まで収めることが可能。
下り大和八木を出た直後の下り列車をコンデジで撮影。場所は八木第二号踏切横。光線は↑と同一。こちらは↑よりも少し引き付けて撮影したもので、レンズは200〜250mm程度か。引き付けすぎると踏切の障害物検知装置が写り込む。
下り耳成山公園横のカーブ区間を通過中の下り列車を望遠で縦位置撮影。場所は八木第七号踏切横。車・自転車・人通りが一程度あり、特に往来する車には注意したい。縦位置撮影の場合、前面・側面が共に順光となるのは夏場の早朝のみ。前面および公式側側面が午前順光。レンズは縦位置撮影なら350〜400mm程度、横位置撮影なら200mm前後か。前者において編成を収めるとなれば4両が適当だと思われる。
上り耳成からのストレート区間を通り抜け、耳成山公園付近にあるカーブを通過中の上り列車をコンデジで撮影。場所は八木第七号踏切横。車・自転車・人通りが一程度あり、特に往来する車には注意したい。前面・側面が共に順光となるのは夏場の夕方のみ。前面は午後順光。レンズは300〜350mm程度か。最短2両から最長10両まで収めることが可能。
上り耳成からのストレート区間を通り抜け、耳成山公園付近にあるカーブを通過中の上り列車を広角で撮影。場所は八木第七号踏切横。車・自転車・人通りが一程度あり、特に往来する車には注意したい。前面・側面が共に順光となるのは午後。大阪上本町方前1両を大きく写す形となるが、最短2両から最長10両まで収める事が可能。
下り耳成山公園横のカーブ区間を通過中の下り列車を望遠で撮影。場所は八木第七号踏切横から線路に沿って耳成方に延びる小道上。前面・側面が共に順光となるのは午前。レンズは135〜150mm程度か。長くなるほど編成後部が写り込まなくなるが、最短2両から最長10両まで収めることが可能。非公式側フェンス横の空き地に立つ木は桜で、毎年春になると綺麗な花を咲かせている。
上り耳成からのストレート区間を通過中の上り列車を望遠で縦位置撮影。場所は八木第七号踏切横から線路に沿って耳成方に延びる小道上。ここでは側面を入れずに前面のみを撮影。光線は午後順光となる。レンズは450〜600mm程度で適宜調整。
下り耳成山公園横のカーブ区間を終えて耳成までの直線区間を進む下り列車を望遠で撮影。場所は八木第八号踏切横。前面・側面共に順光となるのは午前。レンズは100〜150mm程度か。編成を収めるとなると8両が限界で10両だと後部車両が写らない。10両の場合、電柱間のフレームは1両目から9両目まででほぼほぼ埋め尽くされてしまう。
〈非公式側(山側)〉
下り坂を下って大和八木から出発してきた下り列車を望遠で撮影。場所は八木第2号踏切横。幅狭の道で自動車の往来は禁止されており、基本的には住宅街へ抜ける人・自転車の往来に限られる。縦アングルの構図であり、前面・側面が共に順光となるのは夏場の朝方のみ。前面は午前順光。レンズは400mm程度。編成を収めるとなると4両あたりが限界か。
上り大和八木へ進入する坂を上る前の上り列車をコンデジで撮影。場所は八木第2号踏切横。幅狭の道で自動車の往来は禁止されており、基本的には住宅街へ抜ける人・自転車の往来に限られる。前面・側面が共に順光となるのは夏場の夕方のみ。前面が午後順光。レンズは撮影位置によって適宜調節(↑写真は350〜400mm程度)。最短2両から最長10両まで収めることが可能。
上り大和八木へ進入する坂を上る前の上り列車をコンデジで撮影。場所は八木第2号踏切横。こちらは↑よりも望遠気味で撮影したもの。レンズは350〜400mm程度か。
下り大和八木からのストレート区間を終えて耳成山近くのカーブ区間に差し掛かる下り列車を望遠で縦位置撮影。場所は八木第5号踏切横。狭めの道だが車・自転車・人通りが少しあり、特に往来する車には注意したい。前面・側面が共に順光となるのは午前。レンズは撮影位置によって適宜調節で、前面・側面を写す際は350〜450mm程度、前面のみを写す際は450mm〜600mm程度となる。最短2両から最長10両まで収める事が可能。
上り耳成山近くにあるカーブ区間を通過中の上り列車を望遠で撮影。場所は八木第5号踏切横。狭めの道だが車・自転車・人通りが少しあり、特に往来する車には注意したい。前面・側面が共に順光となるのは夏場の夕方のみ。前面は午後順光。レンズは両数・撮影位置によって適宜調節で250mm〜350mm程度か。前パンでない6両が適当かと思われるが、引き付け次第では最短2両から最長10両まで収めることが可能。
上り耳成からのストレート区間を通り抜け、耳成山公園付近にあるカーブを通過中の上り列車を望遠で撮影。場所は八木第七号踏切横。車・自転車・人通りが一程度あり、特に往来する車には注意したい。前面・側面が共に順光となるのは夏場の夕方のみ。前面は午後順光。レンズは50mm程度。編成で収まる両数は2〜4両。5・6両になると後ろから1両ないし2両目の車両に架線柱が被り、それ以上の両数だと後部車両は住宅街に隠れる。
上り耳成からの直線区間を進む上り列車をコンデジで撮影。場所は八木第八号踏切付近。前面・側面共に順光となるのは夏場の夕方のみ。レンズは100〜150mm程度で調節か。編成後部に架線柱等を写す事なく編成を収めるとなると6両辺りが限界。
駅間一覧はこちら(このページの上部へ移動します)


耳成-大福
耳成を出た下り列車は引き続き宅地帯を進むことになるが、住宅区域に挟まれる形で左右にぽつぽつと田畑が点在するようになる。[耳成-大福]間は直線で結ばれており、その区間は1.3kmと比較的短距離。発車してまもなくすると列車は大福に到着する。
〈公式側(海側)〉
上り住宅区域の合間で田畑が点在する直線区間を進む上り列車を広角で撮影。場所は耳成第3号踏切と耳成第5号踏切の間、田と住宅に挟まれた(田の)端道上。前面・側面が共に順光となるのは午後。編成を収めるとなると4両が限界。
駅間一覧はこちら(このページの上部へ移動します)


大福-桜井
大福を出た下り列車は変わらず宅地帯を走る事になるが、発車して間もなく右手の光景は一通り見渡す事が可能な田園地帯へ変化。地帯の端には、宅地帯との線引きをするかのようにJR桜井線(万葉まほろば線)が並行する。大阪線はこの田園地帯の途中から築堤を上る勾配に差し掛かり、緩いカーブで右側へ移動していく。169号線をオーバークロスする辺りでは桜井の市街地と宅地帯が混在。特徴的な外観の防音壁付きポニーテラス橋で寺川を渡り、勾配で左手に少しカーブすると桜井に到着する。
〈公式側(海側)〉
上り大福に向かって田園地帯を進む上り列車を広角で撮影。場所は大福2号踏切から桜井線方に少し歩くと突き当たる、桜井線横で伸びる田んぼ道上。前面・側面が共に順光となるのは午前。編成を収めるとなると8両が限界。草が伸びきっている時は撮影不適である。
上り大福に向かって田園地帯を進む上り列車を広角で後追い撮影。場所は大福2号踏切から桜井線方に少し歩くと突き当たる、桜井線横で伸びる田んぼ道上。前面・側面が共に順光となるのは午前。編成を収めるとなると8両が限界。草が伸びきっている時は撮影不適である。
〈非公式側(山側)〉
上り大福に向かって田園地帯を進む上り列車を望遠で撮影。場所は大福2号踏切横。車1台が通れる幅の踏切道を持つが、通行は人や自転車の方が多め。前面・側面が共に順光となる事はない(夏場の夕方を除く?)。前面が午後順光・側面が終日逆光で、レンズは150〜230mm程度で調節か。編成は最短2両から最長10両まで収める事が可能。
駅間一覧はこちら(このページの上部へ移動します)


桜井-大和朝倉
桜井を出た下り列車は右手に大きくカーブしつつ、すぐに桜井線(万葉まほろば線)をオーバークロス。カーブとその後の直線区間で高架から降りると今度は直線長めのS字カーブへ進入。そこを抜けると国道200号線を左手に再び直線区間を進むが、初瀬川が近付くにつれて左手にカーブしながら築堤を上り、国道165号線をオーバークロスするとまもなく大和朝倉に到着する。
〈非公式側(山側)〉
下りS字カーブ区間を進む下り列車を望遠で撮影。場所は桜井第4号踏切横。全体的な通行量は少な目だが、自動車・自転車・人の通行が可能で通行量がある時は注意したい。前面・側面が共に順光となるのは午前で、レンズは350〜400mm程度で調整。S字間の直線が長めであるため、最短2両から最長10両まで収める事が可能である。
駅間一覧はこちら(このページの上部へ移動します)


大和朝倉-長谷寺
曲線形のホームを持つ大和朝倉を出た下り列車は、それに沿う形でそのまま左手へカーブ。少し進み鉄橋を渡りながらさらに右手へカーブすると、朝倉台の宅地帯へと続く高架道路の下を潜る。そこから先は33.3%の急勾配となり、直線・小曲線の線形に加えて区間の短いトンネルが連続する。上っていくに連れて左手に沿う国道165号線が下手に移り、車窓からの景色は左下手の俯瞰・左右の植林杉・右上手の山斜面に変化。長谷寺近辺になると、集落や棚田・畑が下手・線路や杉林が上手という地形になり、そのような雰囲気のまま列車は長谷寺へ到着する。
〈公式側(海側)〉
下り朝倉台の宅地帯へ向かう陸橋の歩道より上り列車を望遠で撮影。前面・側面が共に順光となるのは午前。但し、夏場の夕方のみ非公式側が順光となる。レンズは標準〜70mm程度で調節といったところか。編成を収めるとなると4両辺りが限界。
下りカーブ区間を終え朝倉台への陸橋下を通ってやって来る下り列車を望遠で撮影。場所は朝倉第2号踏切横。踏切道は狭めで、その幅は人ひとりが通れる程度である。前面・側面が順光となるのは午前で、レンズは135〜180mm前後で調節か。編成を収めるとなると6両辺りが限界。
上り朝倉台の宅地帯へ向かう陸橋の歩道より上り列車を広角で撮影。前面は午後順光、側面(=公式側)は午前順光。但し、夏場の夕方のみ非公式側が順光となる。編成を収めるとなると6両辺りが限界。
上り長谷寺からの勾配区間を終えて坂を下って来る上り列車を望遠で撮影。場所は朝倉第2号踏切横。踏切道は狭めで、その幅は人ひとりが通れる程度である。縦アングルの構図で、前面・側面が順光となるのは午後。レンズは350〜450mm程度で調節か。最短2両から最長10両まで収める事が可能である。
下り高架道路を潜り抜け急勾配区間に差し掛かった下り列車を望遠で撮影。場所は朝倉第2号踏切横から宇治山田方へ向かって歩くと突き当たる住宅横道路上。住民道路といった雰囲気で幅は狭め。前面・側面が共に順光となるのは午前。レンズは120〜150mm程度で調整か。最短2両から最長10両まで収める事が可能である。
上り長谷寺からの築堤区間を進む上り列車を広角で撮影。場所は桜井市黒崎、朝倉第4号踏切踏切近くで線路を潜り南側へ出た所。山道の途中といった雰囲気の場所である。前面・側面が共に順光となるのは午後。編成を収めるとなると4両辺りが限界。
下り植林杉に左右を囲まれ長谷寺へ直線で進む下り列車を望遠で撮影。場所は朝倉第6号踏切横。農道というよりかは山道の中の踏切といったところで、人ひとりが通れる幅の踏切道を持つ。前面・側面が共に順光となるのは午前。レンズは100〜180mm程度で調整か。最短2両から最長10両まで収める事が可能だが、7両目以降の編成後部は一部で影落ちが見られる。
下り到着近い長谷寺へ進む下り列車を望遠で後追い撮影。場所は朝倉第6号踏切横。農道というよりかは山道の中の踏切といったところで、人ひとりが通れる幅の踏切道を持つ。こちらの前面・側面が共に順光となるのは午後。レンズは80〜150mm程度で調整か。最短2両から最長10両まで収める事が可能。
下り到着近い長谷寺へ進む下り列車を望遠で撮影。場所は桜井市初瀬、長谷寺駅の近くで線路を潜り南側へ出た所。前面・側面が共に順光となるのは午前。レンズは50〜80mm程度で調整。編成後部は大きく写り込まないが、最短2両から最長10両まで収める事が可能。
上り長谷寺を出た直後の上り列車を望遠で撮影。場所は桜井市初瀬、長谷寺駅の近くで線路を潜り南側へ出た所。前面・側面が共に順光となるのは午後。長谷寺駅や背景の山々と一緒に列車を写した構図で、レンズは50mm前後で調整。編成後部は大きく写り込まないが、最短2両から最長10両まで収める事が可能。
上り長谷寺を出た直後の上り列車を望遠で撮影。場所は桜井市初瀬、長谷寺駅の近くで線路を潜り南側へ出た所。前面・側面が共に順光となるのは午後。こちらは列車を大きく写した構図で、レンズは150〜200mm程度で調整か。編成後部は大きく写り込まないが、最短2両から最長10両まで収める事が可能。
下り到着近い長谷寺へ進む下り列車を望遠で撮影。場所は桜井市初瀬、長谷寺駅の近くで線路を潜り南側へ出た所。前面・側面が共に順光となるのは午後。レンズは100〜150mm程度で調整か。最短2両から最長10両まで収める事が可能。
〈非公式側(山側)〉
下り朝倉台の宅地帯へ向かう陸橋の歩道上より下り列車を望遠で撮影。前面が順光となるのは午前、側面(=非公式側)が順光となるのは夏場の夕方のみである。縦アングルの構図で、レンズは550mm前後で調節といったところ。編成を収めるとなると6両辺りが限界。
下り朝倉台の宅地帯へ向かう陸橋の歩道上より下り列車を広角で撮影。前面が順光となるのは午前、側面(=非公式側)が順光となるのは夏場の夕方のみである。最短2両から最長10両まで収める事が可能。
下り鉄橋を渡りつつカーブしてくる下り列車を望遠で撮影。場所は朝倉第2号踏切横。踏切道は狭めで、その幅は人ひとりが通れる程度である。前面・側面が順光となるのは午前で、レンズは400mm前後で調節。編成を収めるとなると4両辺りで限界。
下り鉄橋を渡りつつカーブしてくる下り列車を望遠で撮影。場所は朝倉第2号踏切横。踏切道は狭めで、その幅は人ひとりが通れる程度である。前面・側面が順光となるのは午前。縦アングルの構図で、こちらもレンズは400mm前後で調節。編成を収めるとなると6両辺りで限界か。
上り朝倉台の宅地帯へ向かう陸橋の歩道上より下り列車を広角で撮影。前面が順光となるのは午後、側面(=非公式側)が順光となるのは夏場の夕方のみである。最短2両から最長10両まで収める事が可能。
上り長谷寺からの築堤を勾配で下る上り列車を望遠で撮影。場所は桜井市黒崎、朝倉第2号踏切横。踏切道は狭めで、その幅は人ひとりが通れる程度である。前面・側面が順光となるのは夏場の午後。レンズは150〜200mm前後で調節といったところ。編成を収めるとなると8両辺りで限界か。
上り長谷寺からの築堤を勾配で下る上り列車を望遠で撮影。場所は桜井市黒崎、朝倉第4号踏切の近く(写り込んでいるのが4号踏切)。前面・側面が共に順光となるのは夏場の夕方のみ。前面は午後順光。レンズは70〜100mm程度で調節か。最短2両から最長10両まで収める事が可能。
下り長谷寺へ向けて築堤の勾配区間を上る下り列車を広角で撮影。場所は朝倉第4号踏切から長谷寺方に少し行った道路上に掛かる橋の近く。さしあたり農道といったところで、途中までは舗装されているものの道幅は狭い。前面・側面が共に順光となるのは夏場の朝方のみか。最短2両から最長10両まで収める事が可能である。
下り長谷寺へ向けて築堤の勾配区間を上る下り列車を望遠で撮影。場所は桜井市黒崎、朝倉第4号踏切から長谷寺方に少し行った道路上に掛かる橋の近くで↑よりも線路寄りに近づいている。前頭部のみを捉える構図で、前面・側面が共に順光となるのは夏場の朝方のみか。レンズは100〜150mm程度で調整。
下り長谷寺へ向けて築堤の勾配区間を上る下り列車を望遠で撮影。場所は桜井市黒崎、朝倉第4号踏切から長谷寺方に少し行った道路上に掛かる橋の近くで↑と同様の場所。前頭部のみを捉える構図で、前面・側面が共に順光となるのは夏場の朝方のみか。レンズは100〜150mm程度で調整。
下り朝倉からの築堤区間を進む下り列車を望遠で撮影。場所は桜井市黒崎、国道165号線沿いの歩道上。前面・側面が共に順光となるのは夏場の夕方のみ。レンズは50〜80mm程度で調節か。編成を収める事は考慮していない。移動時・撮影時共に車の往来には特に気を付けたい。
上り長谷寺からの築堤区間を進む上り列車を望遠で撮影。場所は桜井市黒崎、国道165号線沿いの歩道上。前面・側面が共に順光となるのは夏場の夕方のみ。レンズは70〜120mm程度で調節か。編成を収めるとなると5両あたりで限界。移動時・撮影時共に車の往来には特に気を付けたい。
上り長谷寺からの築堤区間を進む上り列車を標準で撮影。場所は桜井市黒崎、国道165号線沿いの歩道上。前面・側面が共に順光となるのは夏場の夕方のみ。編成を収めるとなると4両あたりで限界。移動時・撮影時共に車の往来には特に気を付けたい。
上り長谷寺からの築堤区間を進む上り列車を望遠で撮影。場所は桜井市出雲、線路近く下側で国道165号線から分岐する小道上。前面・側面が共に順光となる事はない。側面が順光となるのは夏場の夕方のみ。レンズは50〜80mm程度で調節か。編成を収めるとなると5両が限界。
上り長谷寺からの築堤区間を進む上り列車を望遠で撮影。場所は桜井市出雲、線路近く下側で国道165号線から分岐する小道上。↑よりも奥側で撮影。前面・側面が共に順光となる事はない。側面が順光となるのは夏場の夕方のみ。レンズは標準〜50〜80mm程度で調節か。編成を収めるとなると5両が限界。
上り長谷寺からの築堤区間を進む上り列車を望遠で撮影。場所は桜井市出雲の農道界隈、水平線上で線路より少し高めの位置にある場所から。編成全体のサイドを写す構図で、側面が順光となるのは夏場の夕方のみ。レンズは80〜100mm程度で調節か。編成を収めるとなると6両が限界。
下り長谷寺からの築堤区間を進む下り列車を望遠で撮影。場所は桜井市出雲の農道界隈、水平線上で線路より少し高めの位置にある場所から。編成全体のサイドを写す構図で、こちらは左端にトンネルがある山を入れ込んだもの。側面が順光となるのは夏場の夕方のみで、レンズは100〜150mm程度で調節か。6両きっかりを収めるとなると↑でそれ以下を写すとなるとこちら、のような撮り方も可能。
下り長谷寺からの築堤区間を進む下り列車を望遠で撮影。場所は桜井市出雲の農道界隈、水平線上で線路より少し高めの位置にある場所から。サイドの2両程度までを流し撮りで写した構図で、側面が順光となるのは夏場の夕方のみ。レンズは200mm前後で調節か。
下り長谷寺からの築堤区間を進む下り列車を望遠で撮影。場所は桜井市出雲の農道界隈、水平線上で線路より少し高めの位置にある場所から。桜井市黒崎の区域を走る列車を写したものである(写り込んでいるのは第4号踏切)。前面・側面が共に順光となる事はなく、側面が順光となるのは夏場の夕方のみ。レンズは100〜150mm前後で調節か。最短2両から最長10両まで収める事が可能。
下り長谷寺からの築堤区間を進む下り列車を望遠で撮影。場所は桜井市出雲の農道界隈、水平線上で線路より高めの位置にある場所から俯瞰する形で撮影(奥の山まで写り込ませる事が可能)。編成全体のサイドを写す構図で、側面が順光となるのは夏場の夕方のみ。レンズは100〜120mm前後で調節か。編成を収めるとなると6両が限界。他にも少し高めにある場所と同様の撮影が可能である。
上り長谷寺からの築堤区間を進む上り列車を望遠で撮影。場所は桜井市出雲の農道界隈、水平線上で線路より高めの位置にある場所から俯瞰する形で撮影(↑と同じ場所)。サイドを写す構図で、側面が順光となるのは夏場の夕方のみ。レンズは200mm前後で調節か。編成を収めるとなると4両が限界。
上り長谷寺からの築堤区間を進む上り列車を望遠で撮影。場所は桜井市出雲、国道165号線沿いの歩道から。下側からサイドを写す構図で、側面が順光となるのは夏場の夕方のみ。レンズは50〜80mm程度で調節。編成を収めるとなると4両が限界。
上り長谷寺からの築堤区間を進む上り列車を広角で撮影。場所は桜井市出雲、線路横で展開する農道上。前面・側面が共に順光となるのは夏場の夕方のみ。編成を収めるとなると8両辺りが限界か。
下り長谷寺からの築堤区間を進む下り列車を標準で後追い撮影。場所は桜井市出雲、線路横で展開する農道上。前面・側面が共に順光となるのは夏場の夕方のみ。編成を収めるとなると8両辺りが限界か。
上り長谷寺からの築堤区間を進む上り列車を望遠で撮影。場所は桜井市出雲、線路横で展開する農道上。前面・側面が共に順光となるのは夏場の夕方のみ。レンズは100〜150mm前後で調整か。編成を収めるとなると6両辺りが限界だが5両目あたりからは木影が写り込む。
上り長谷寺からの築堤区間を進む上り列車を望遠で後追い撮影。場所は朝倉第6号踏切横。前面・側面が共に順光となる事はなく、前面は午前順光。レンズは100〜250mm程度で適宜調整か。最短2両から最長10両まで収める事が可能。
上り長谷寺を出て間もない上り列車を望遠で撮影。場所は朝倉第6号踏切横。前面・側面が共に順光となるのは夏場の夕方のみだが、木陰が多く全体像が順光となる事は少ない。レンズは150〜200mm程度で調節か。編成を収めるとなると6両辺りが限界。
駅間一覧はこちら(このページの上部へ移動します)


長谷寺-榛原
長谷寺を出た下り列車は直線で勾配を上った後に右手へ大きくカーブ。そこを抜けて直線区間を少し進むと左下手に国道165号線が垣間見えるが、大阪線と国道165号線は谷を挟んで上手・下手で並走する形で走っており、榛原トンネルに入る直前までは道路が見える。[長谷寺-榛原]間は線路の両脇に緑が多い地帯で、駅を出た直後から左右に竹や植林された杉が多数存在。かつて165号線との並走地帯には左右に田畑が存在していたようだが、現在は左側(国道側)の棚田のみとなっている。大阪線は谷のラインに沿う形で若干の直線とカーブを繰り返しながら進み、榛原トンネルへ突入。この近辺は桜井市と宇陀市の境で、左右に小さな集落が見えるが山間の雰囲気は色濃い。しかし、そのような雰囲気はトンネルを抜けると一変。左右には宅地帯の雰囲気が漂うようになり、列車は榛原に到着する。
〈公式側(海側)〉
上り長谷寺へ向けて築堤区間を進む上り列車を広角で撮影。場所は宇陀市榛原柳、線路を潜り南側へ出た所。前面・側面が共に順光となるのは午後(夏場は除く)。編成を収めるとなると3両あたりが限界。
下り榛原へ向けて築堤区間を進む下り列車を広角で撮影。場所は宇陀市榛原柳、線路を潜り南側へ出た所。前面・側面が共に順光となるのは午前。編成を収めるとなると8両あたりが限界か。軍手を持参した方が無難。
下り榛原へ向けて築堤区間を進む下り列車を広角で撮影。場所は宇陀市榛原柳、線路を潜り南側へ出た所。前面・側面が共に順光となるのは午前。編成を収めるとなると3両あたりが限界か。
下り榛原トンネルを抜けて間もない下り列車を望遠で撮影。場所は榛原第5号踏切近くの住宅道路上。前面が順光となるのは午前。レンズは250mm前後で調節か。編成後部は写り込まないが、最短2両から最長10両まで収める事が可能。
下りトンネルを抜けて榛原へ向かう下り列車を望遠で撮影。場所は榛原第5号踏切近くの住宅道路上。前面・側面が共に順光となるのは午前。レンズは50〜100mm程度で調節か。編成後部は写り込まないが、最短2両から最長10両まで収める事が可能。
下りトンネルを抜けて榛原へ向かう下り列車を望遠で撮影。場所は榛原第5号踏切横。前面・側面が共に順光となるのは午前。レンズは100〜170mm程度で調節か。編成後部は写り込まないが、最短2両から最長10両まで収める事が可能。
〈非公式側(山側)〉
下り長谷寺を出た後のカーブ区間を進む下り列車を望遠で撮影。場所は長谷寺1号踏切横。竹林の中にある踏切であり、踏切道は専ら人の通行を目的としていて車の通行は禁止されている。前面・側面が共に順光となるのは午前。レンズは120〜150mm程度か。編成を収めるとなると5両が限界である。この長谷寺1号踏切、アクセスの悪さは数ある近鉄の踏切でも最高クラスに分類されると思われ、訪問に際しては軍手を持参した方が無難。
上り長谷寺1号踏切を通過する上り列車をサイドから広角で撮影。場所は長谷寺1号踏切横。竹林の中にある踏切であり、踏切道は専ら人の通行を目的としていて車の通行は禁止されている。側面が順光となるのは夏場の夕方のみ。この長谷寺1号踏切、アクセスの悪さは数ある近鉄の踏切でも最高クラスに分類されると思われ、訪問に際しては軍手を持参した方が無難。
上り長谷寺からの築堤区間を直線で進む上り列車を望遠で撮影。場所は長谷寺1号踏切横。竹林の中にある踏切であり、踏切道は専ら人の通行を目的としていて車の通行は禁止されている。前面・側面が共に順光となるのは夏場の夕方のみだが、木陰による影落ちが多数見られる。レンズは100〜150mm程度で調節。編成を収めるとなると8両辺りが限界か。この長谷寺1号踏切、アクセスの悪さは数ある近鉄の踏切でも最高クラスに分類されると思われ、訪問に際しては軍手を持参した方が無難。
下り初瀬の築堤区間を直線で進む下り列車を望遠で撮影。場所は奈良交通のバス停「吉隠」と「吉隠柳口」の中間地点辺りで、国道165号線から分岐する舗装された小道上。前面・側面が共に順光となるのは朝方のみか。レンズは標準〜50mm程度。編成を収めるとなれば3両が限界で、それ以降は緑に隠れてしまう。
下り初瀬の築堤区間を進む下り列車を広角で撮影。場所は奈良交通のバス停「吉隠柳口」近く、国道165号線から分岐する舗装された小道上(桜井市寄り)。前面・側面が共に順光となるのは夏場の夕方のみか。前面は午後順光。編成は最短2両から最長10両まで収める事が可能である。
下り初瀬の築堤区間を進む下り列車を望遠で撮影。場所は奈良交通のバス停「吉隠柳口」近く、国道165号線から分岐する舗装された小道上(桜井市と宇陀市の中間辺り)。前面・側面が共に順光となるのは夏場の夕方のみか。前面は午後順光。レンズは50mm前後で調節。架線柱等を後部に被らせる事なく編成を収めるとなると4両辺りが限界。
下り初瀬の築堤区間を進む下り列車および上り列車を望遠で撮影。場所は奈良交通のバス停「吉隠柳口」近く、国道165号線沿いの歩道から。前面・側面が共に順光となるのは夏場の朝方のみか。前面は午前順光。レンズは50mm前後で調節。編成後部は隠れてしまうが、最短2両から最長10両まで収める事が可能。
下り初瀬の築堤区間を進む下り列車を望遠で撮影。場所は奈良交通のバス停「吉隠柳口」近く、国道165号線沿いの歩道から。側面が順光となるのは夏場の早朝・夕方のみか。レンズは50mm前後で調節。編成を収めるとなると4両辺りが限界。
駅間一覧はこちら(このページの上部へ移動します)

榛原-室生口大野
榛原を発車した下り列車は、早速勾配を上り左手に大きくカーブ。再び左側に国道165号線が並走するようになるが、旧伊勢街道に沿っている近鉄線は幾らかの急勾配・カーブを伴って進行。尾根筋の頂上付近で短めのトンネルを通過し、そこから先は一気に下り坂となる。周辺の景色は宅地帯と自然が入り混じった感じで、大阪線および国道165号線沿いに幾らか店舗も存在。ただ、室生口大野に近づくつれて店舗の姿はなくなり、一方の列車はいくつかの連続した直線・カーブ区間を伴って進行。宇陀川の谷が開けてくると、地上からの高さが目立つ神田川橋梁に差し掛かり国道165号線をオーバークロス。その後大きく右手にカーブすると列車は室生口大野に到着する。
〈公式側(海側)〉
上りカーブ区間を通過する上り列車を広角で撮影。場所は榛原第3号踏切横。前面・側面が共に順光となるのは午前。最短2両から最長10両まで収める事が可能。
上り神田川橋梁を渡り終えてカーブを進む上り列車を望遠で撮影。場所は榛原18号踏切横。前面・側面が共に順光となるのは夏場の夕方のみか。前面は午後順光。レンズは280〜350mm程度で調整。最短2両から最長10両まで収める事が可能。
〈非公式側(山側)〉
下りカーブを進む下り列車を望遠で撮影。場所は榛原第3号踏切横(165号線寄り)。前面・側面が共に順光となる事はない。側面は午前順光。レンズは350〜400mm程度。編成を収めるとなると8両辺りが限界か。
上り築堤の直線区間を通過する上り列車を標準で撮影。場所は宇陀市緑川、榛原第11号踏切の近くである。前面・側面が共に順光となるのは午後か。編成を収めるとなると6両辺りが限界。
駅間一覧はこちら(このページの上部へ移動します)


室生口大野-三本松
室生口大野を発車した下り列車は直後に稲荷山トンネルへ進入する。上り勾配のトンネルで尾根を抜けると左手にカーブし、若干の家々に囲まれつつ進行。しばらくすると右下手に国道165号線と宇陀川が合流する。列車は尾根と尾根の間を進むため、窪地に差し掛かると棚田を横目に右手へカーブしながら鉄橋を渡り、通過し終えてカーブ区間も終えると続いて両端が目視できる直線区間へ。上手には畑や民家・下手には民家・国道165号線・宇陀川があり、大阪線はその間を進むことになるが、直線区間を終えてカーブ区間に差し掛かるとそのまま三本松に到着する。
〈公式側(海側)〉
下り稲荷山トンネルを抜けてカーブを進む下り列車を広角で撮影。場所は稲荷山トンネル近くの陸橋。室生口大野1号踏切から初瀬街道側へ上り、室生口大野方に進むと到着する。前面が順光となるのは午前。編成を収める事は考慮していないが、一応、最短2両から最長10両まで収める事は可能。車両の屋根上を記録するにも良い場所である。
上り国道165号および宇田川から離れてカーブする上り列車を望遠で撮影。場所は稲荷山トンネル近くの陸橋。室生口大野1号踏切から初瀬街道側へ上り、室生口大野方に進むと到着する。前面・側面(=非公式側)が順光となるのは午後。縦アングルの構図で、レンズは120〜180mm辺りで調節といったところか。編成を収めるとなると6両辺りが限界。
下り鉄橋を渡り終え直後のカーブを進む下り列車を望遠で撮影。場所は室生口大野第1号踏切横。専ら人の通行を目的とした踏切道を備えるが、人通りは頻繁ではない。前面・側面が共に順光となるのは午前。レンズは編成長に合わせて100〜150mm程度で調節といったところか。最短2両から最長10両まで収める事自体は可能だが、切り位置によって4両目以降は写り込まない。
上り鉄橋を渡り終え尾根と尾根の間を直線で進む上り列車を望遠で撮影。場所は室生口大野第1号踏切横。踏切道は地元の人が使う抜け道上にあるといった感じで、車の通行ができる幅もなく通行は専ら人である。前面・側面が共に順光となるのは午前(昼前後?)。レンズは50〜70mm程度で調節。編成を収めるには適していないが、2両辺りが限界。
上り鉄橋を渡る上り列車を広角で撮影。場所は室生口大野第1号と同第4号の間、国道165号線に沿う歩道上。165号線自体の車通りは多いが歩道上からの撮影なので危険はほとんどない。前面が順光となるのは午後・側面が順光となるのは午前である。編成を収めるとなると6両辺りが適。それ以上は、編成前頭部か後頭部が写り込まない。
下り鉄橋を渡り終え直後のカーブを進む下り列車を望遠で撮影。場所は室生口大野第4号踏切横。専ら人の通行を目的とした踏切道を備えるが、人通りはあまりない。前面・側面が共に順光となるのは午前。レンズは編成長に合わせて50〜90mm程度で調節といったところか。編成を収めるとなると6両辺りが限界。
上り三本松を出てカーブを曲がった後、鉄橋前までの直線区間を進む上り列車を望遠で撮影。場所は室生口大野第4号踏切横。専ら人の通行を目的とした踏切道を備えるが、人通りはあまりない。前面・側面が共に順光となるのは午後(夏場の夕方除く?)。レンズは編成長に合わせて300〜400mm程度で調節といったところ。最短2両から最長10両まで収める事が可能。
下り鉄橋を渡り終え三本松手前までの直線区間を進む下り列車を望遠で撮影。場所は室生口大野第5号踏切横。専ら人の通行を目的とした踏切道を備えるが、人通りはあまりない。前面・側面が共に順光となるのは午前。レンズは編成長に合わせて50〜120mm程度で調節といったところか。こちらは120mm近くで写したもので、編成を収めるとなると8両辺りが限界。
下り鉄橋を渡り終え三本松手前までの直線区間を進む下り列車を望遠で撮影。場所は室生口大野第5号踏切横。専ら人の通行を目的とした踏切道を備えるが、人通りはあまりない。前面・側面が共に順光となるのは午前。レンズは編成長に合わせて50〜120mm程度で調節といったところか。こちらは50mm近くで写したもので、最短2両から最長10両まで収める事が可能。
〈非公式側(山側)〉
上り室生口大野第1号踏切近くの直線区間を通過する上り列車を広角で撮影。場所は室生口大野第1号踏切から伸びる道を上に上がると合流する初瀬街道上。車通りもあるが、道自体は地元の人が使う程度で全体の通行量は少なめ。前面が順光となるのは午後、側面(=非公式側)が順光となるのは夏場の午後である。編成を収めるとなると6両辺りが限界。
下りトンネルを抜け尾根と尾根の間を下り坂の直線で進む下り列車を望遠で撮影。場所は室生口大野第1号踏切から伸びる道を上に上がると合流する初瀬街道上。車通りもあるが、道自体は地元の人が使う程度で全体の通行量は少なめ。前面が順光となるのは午前、側面が順光となるのは午後である。レンズは50mm前後で調節。編成を収めるとなると3両辺りが限界。
上り鉄橋を渡り終え尾根と尾根の間を直線で進む上り列車を望遠で撮影。場所は室生口大野第1号踏切横。踏切道は地元の人が使う抜け道上にあるといった感じで、車の通行ができる幅もなく通行は専ら人である。前面・側面が共に順光となるのは午後。レンズは50〜70mm程度か。編成は最短2両から最長10両まで収める事が可能である。
上り鉄橋を渡る上り列車を望遠で撮影。場所は室生口大野第1号踏切と第4号踏切の間。三本松駅から室生口大野方向へ線路沿いに延びる道を進むと、三本松方鉄橋端部下を潜り、鉄橋および周辺棚田を凹型で回りこみながら室生口大野方端部周辺に到達する。室生口大野方付近には小学校があるので目安にする事が可能。道は地元の人が使う程度で通行量は少なめ。←は凹で言う所の右部上端で撮影したもの。前面・側面が共に順光となるのは午後で、レンズ150〜200mm程度で調整。編成を収めるとなると6両あたりが適していると思われる。地元の方曰く、季節によってはマムシが出るそうなので注意。
上り鉄橋を渡る上り列車を望遠で撮影。場所は室生口大野第1号踏切と第4号踏切の間。三本松駅から室生口大野方向へ線路沿いに延びる道を進むと、三本松方鉄橋端部下を潜り、鉄橋および周辺棚田を凹型で回りこみながら室生口大野方端部周辺に到達する。室生口大野方付近には小学校があるので目安にする事が可能。道は地元の人が使う程度で通行量は少なめ。←は凹で言う所の右部上端で撮影したもの。前面・側面が共に順光となるのは午後。こちらは↑よりも引き付けた構図で、レンズは50mm前後で調整。編成を収めるとなると6両あたりが適していると思われる。地元の方曰く、季節によってはマムシが出るそうなので注意。
上り鉄橋を渡る上り列車を広角で撮影。場所は室生口大野第1号踏切と第4号踏切の間。三本松駅から室生口大野方向へ線路沿いに延びる道を進むと、三本松方鉄橋端部下を潜り、鉄橋および周辺棚田を凹型で回りこみながら室生口大野方端部周辺に到達する。室生口大野方付近には小学校があるので目安にする事が可能。道は地元の人が使う程度で通行量は少なめ。←は凹で言う所の右部上端で撮影したもの。前面・側面が共に順光となるのは午後。こちらは↑↑と同じ位置から広角で撮影したもの。編成を収めるとなると6両あたりが適していると思われる。地元の方曰く、季節によってはマムシが出るそうなので注意。
上り鉄橋を渡る上り列車を望遠で撮影。場所は室生口大野第1号踏切と第4号踏切の間。三本松駅から室生口大野方向へ線路沿いに延びる道を進むと、三本松方鉄橋端部下を潜り、鉄橋および周辺棚田を凹型で回りこみながら室生口大野方端部周辺に到達する。室生口大野方付近には小学校があるので目安にする事が可能。道は地元の人が使う程度で通行量は少なめ。←は凹で言う所の右部上端で撮影したもの。前面・側面が共に順光となるのは午後。こちらは↑より少し高い位置から広角で撮影したもの。編成を収めるとなると6両あたりが適していると思われる。地元の方曰く、季節によってはマムシが出るそうなので注意。
上り鉄橋を渡る上り列車を望遠で撮影。場所は室生口大野第1号踏切と第4号踏切の間。三本松駅から室生口大野方向へ線路沿いに延びる道を進むと、三本松方鉄橋端部下を潜り、鉄橋および周辺棚田を凹型で回りこみながら室生口大野方端部周辺に到達する。室生口大野方付近には小学校があるので目安にする事が可能。道は地元の人が使う程度で通行量は少なめ。←は凹で言う所の右部中間で撮影したもの。前面・側面が共に順光となるのは午後で、レンズは50〜70mm程度で調整。編成を収めるとなると6・8両あたりが適していると思われる。
上り鉄橋を渡る上り列車を望遠で撮影。場所は室生口大野第1号踏切と第4号踏切の間。三本松駅から室生口大野方向へ線路沿いに延びる道を進むと、三本松方鉄橋端部下を潜り、鉄橋および周辺棚田を凹型で回りこみながら室生口大野方端部周辺に到達する。室生口大野方付近には小学校があるので目安にする事が可能。道は地元の人が使う程度で通行量は少なめ。←は凹で言う所の右部中間で撮影したもので、↑よりもさらに望遠をかけている。前面・側面が共に順光となるのは午後。レンズは150〜200mm程度で調節。編成を収めるとなると4・6両あたりが適していると思われる。
上り鉄橋を渡る上り列車を望遠で撮影。場所は室生口大野第1号踏切と第4号踏切の間。三本松駅から室生口大野方向へ線路沿いに延びる道を進むと、三本松方鉄橋端部下を潜り、鉄橋および周辺棚田を凹型で回りこみながら室生口大野方端部周辺に到達する。室生口大野方付近には小学校があるので目安にする事が可能。道は地元の人が使う程度で通行量は少なめ。←は凹で言う所の右部下端で撮影したもので、レンズは標準〜50〜70mm程度で調節。前面・側面が共に順光となるのは午後。レンズは150〜200mm程度で調節。編成を収めるとなると6・8両あたりが適していると思われる。
下り鉄橋を渡る下り列車を望遠で撮影。場所は室生口大野第1号踏切と第4号踏切の間。三本松駅から室生口大野方向へ線路沿いに延びる道を進むと、三本松方鉄橋端部下を潜り、鉄橋および周辺棚田を凹型で回りこみながら室生口大野方端部周辺に到達する。室生口大野方付近には小学校があるので目安にする事が可能。道は地元の人が使う程度で通行量は少なめ。←は凹で言う所の下部右寄りで撮影したもの。前面・側面が共に順光となるのは午後。レンズは50〜70mm程度で調節。編成を収めるとなると4・6両あたりが適していると思われる。
下り鉄橋を渡る下り列車を広角縦アングルで撮影。場所は室生口大野第1号踏切と第4号踏切の間。三本松駅から室生口大野方向へ線路沿いに延びる道を進むと、三本松方鉄橋端部下を潜り、鉄橋および周辺棚田を凹型で回りこみながら室生口大野方端部周辺に到達する。室生口大野方付近には小学校があるので目安にする事が可能。道は地元の人が使う程度で通行量は少なめ。←は凹で言う所の下部右寄りで撮影したもの。前面・側面が共に順光となるのは午後。編成を収めるとなると6・8両あたりが適していると思われる。
上り鉄橋を渡る上り列車を標準で撮影。場所は室生口大野第1号踏切と第4号踏切の間。三本松駅から室生口大野方向へ線路沿いに延びる道を進むと、三本松方鉄橋端部下を潜り、鉄橋および周辺棚田を凹型で回りこみながら室生口大野方端部周辺に到達する。室生口大野方付近には小学校があるので目安にする事が可能。道は地元の人が使う程度で通行量は少なめ。←は凹で言う所の下部右寄りで撮影したもの。前面・側面が共に順光となるのは午後。編成を収めるとなると6・8両あたりが適していると思われる。
下り鉄橋を渡る前に室生口大野方の築堤区間を進む下り列車を望遠で撮影。場所は室生口大野第1号踏切と第4号踏切の間。三本松駅から室生口大野方向へ線路沿いに延びる道を進むと、三本松方鉄橋端部下を潜り、鉄橋および周辺棚田を凹型で回りこみながら室生口大野方端部周辺に到達する。室生口大野方付近には小学校があるので目安にする事が可能。道は地元の人が使う程度で通行量は少なめ。←は凹で言う所の下部中間で撮影したもの。サイドのみを写す事も可能で、←は連結部を高速シャッターで止めている。側面が順光となるのは午後。レンズは写す両数によって調節する事になる(←は120mm程度か)。電柱間で編成サイドを収めるとなると2両が限界。
下り鉄橋を渡る前に室生口大野方の築堤区間を進む下り列車を望遠で撮影。場所は室生口大野第1号踏切と第4号踏切の間。三本松駅から室生口大野方向へ線路沿いに延びる道を進むと、三本松方鉄橋端部下を潜り、鉄橋および周辺棚田を凹型で回りこみながら室生口大野方端部周辺に到達する。室生口大野方付近には小学校があるので目安にする事が可能。道は地元の人が使う程度で通行量は少なめ。←は凹で言う所の下部中間で撮影したもの。サイドのみを写す事も可能で、←は前頭部を低速シャッターで流し撮りしている、側面が順光となるのは午後。レンズは写す部分によって調節する事になる(←は200mm程度)。
下り鉄橋を渡る前に室生口大野方の築堤区間を進む下り列車を広角で撮影。場所は室生口大野第1号踏切と第4号踏切の間で↑と同地点。こちらは広角で編成全体を写したもの。側面が順光となるのは午後で、編成を収めるとなると6両辺りが適していると思われる。
下り鉄橋を渡る下り列車を広角で撮影。場所は室生口大野第1号踏切と第4号踏切の間。三本松駅から室生口大野方向へ線路沿いに延びる道を進むと、三本松方鉄橋端部下を潜り、鉄橋および周辺棚田を凹型で回りこみながら室生口大野方端部周辺に到達する。室生口大野方付近には小学校があるので目安にする事が可能。道は地元の人が使う程度で通行量は少なめ。←は凹で言う所の左部中間で撮影したもの。前面は午前順光・側面が午後順光である。編成を収めるとなると6・8両あたりが適していると思われる。
下り鉄橋を渡る下り列車を望遠で撮影。場所は室生口大野第1号踏切と第4号踏切の間。三本松駅から室生口大野方向へ線路沿いに延びる道を進むと、三本松方鉄橋端部下を潜り、鉄橋および周辺棚田を凹型で回りこみながら室生口大野方端部周辺に到達する。室生口大野方付近には小学校があるので目安にする事が可能。道は地元の人が使う程度で通行量は少なめ。←は凹で言う所の左部側(=鉄橋端部三本松方)で撮影したもの。鉄橋を潜るとまもなく三本松方へ進む道があり、そこから大阪上本町方に鉄橋を見る形で撮影している。前面が順光となるのは午前・側面が順光となるのは午後。レンズは編成長に合わせて50〜80mm程度で調整といったところ。最短2両から最長10両まで収める事が可能。
下り鉄橋を渡り終えて残りの勾配付きカーブ区間を進む下り列車を望遠で撮影。場所は室生口大野第4号踏切横。専ら人の通行を目的とした踏切道を備えるが、人通りはあまりない。前面・側面が共に順光となるのは午前。レンズは370mm前後で調節。編成を収めるとなると8両あたりが限界か。
下り鉄橋を渡り終えて残りの勾配付きカーブ区間を進む下り列車を望遠で撮影。場所は室生口大野第4号踏切横。専ら人の通行を目的とした踏切道を備えるが、人通りはあまりない。前面・側面が共に順光となるのは午前。こちらは↑よりも望遠をかけており、レンズは400mm前後で調節。引き付けないため、編成を収めるとなると6両あたりが適していると思われる。
下り鉄橋を渡り終えて残りの勾配付きカーブ区間を進む下り列車を望遠で撮影。場所は室生口大野第4号踏切横。専ら人の通行を目的とした踏切道を備えるが、人通りはあまりない。前面・側面が共に順光となるのは午前。こちらは縦アングルの構図でレンズは350〜400mm前後で調節。編成を収めるとなると4両が限界。
上り三本松を出てカーブを曲がった後、鉄橋前までの直線区間を進む上り列車を望遠で撮影。場所は室生口大野第4号踏切横。専ら人の通行を目的とした踏切道を備えるが、人通りはあまりない。前面・側面が共に順光となるのは夏場の午後。レンズは150〜200mm前後で調節といったところ。最短2両から最長10両まで収める事が可能。
上り三本松を出てカーブを曲がった後、鉄橋前までの直線区間を進む上り列車を望遠で撮影。場所は室生口大野第4号踏切横。専ら人の通行を目的とした踏切道を備えるが、人通りはあまりない。前面・側面が共に順光となるのは夏場の午後。レンズは120〜180mm前後で調節といったところ。最短2両から最長10両まで収める事が可能。
駅間一覧はこちら(このページの上部へ移動します)


三本松-赤目口
三本松を出た下り列車は、少し進んで左手へのカーブが始まる辺りから下り調子へ。初めは築堤で下に家々、続き周辺が自然豊かな緑と変わり行く景色の中を33.3‰の直線勾配で下りながら県境へ進む。線路近くには国道165号線が走っており、宇陀川も蛇行しながら近くで並行。赤目口に着くまでに計3回の橋を渡る事になる。1回目の橋を渡った直後に列車は奈良県から三重県へ突入。左手へカーブしつつ緑の中を進み、3回目の橋を渡ると一気に視界が開けて線路も平坦上を走る事になる。ここからの線形はほぼ一直線で、初め田園地帯を進んだ後、駅付近の宅地帯を抜けると列車は赤目口へ到着する。
〈公式側(海側)〉
上り上り調子で三本松手前のカーブを進む上り列車を望遠で撮影。場所は三本松第1号踏切横。前面・側面が共に順光となるのは夏場の夕方のみか。前面は午後順光。縦アングルの構図で、レンズは350mm前後で調整。編成を収めるのに適当なのは6両辺りか。緩やかなカーブなので、横アングルなら最短2両から最長10両まで収める事が可能である。
上り赤目口を出て直線区間を進む上り列車を広角で後追い撮影。場所は線路横に沿う道路上で、三本松第8号踏切付近。前面・側面が共に順光となるのは午前。最短2両から最長10両まで収める事が可能である。

〈非公式側(山側)〉
上り三本松へ向けて幾らかの鉄橋を渡りつつ緑の中を進む上り列車を広角で撮影。場所は大阪線の鉄橋と国道165号線が交わる地点。宇陀川の河原付近。前面が順光となるのは午後。側面(非公式側)が共に順光となるのも午後(夏場のみ?)。編成を収める事は考慮していない。
上り直線の田園地帯を抜けて緑が多い区間へ突入する前の上り列車を望遠で撮影。場所は智護神社と隣接する公園兼一時避難用区画。前面・側面が共に順光となるのは夏場の午後のみか。大阪線を若干俯瞰する形のアングルで、レンズは100〜200mm辺りで適宜調節といったところか。電柱等の被りは激しいが、最短2両から最長10両まで収める事が可能である。
下り宇陀川を渡る下り列車を標準で撮影。三本松第5号踏切付近にある宇陀川を越える橋上。前面が順光となるのは午前、側面(=非公式側)が順光となるのは夏場の午後のみか。編成を収めるとなれば4両辺りが限界。
上り三本松へ向けて一直線で田園地帯を進む上り列車を望遠で撮影。場所は、名張市郷土資料館前から前方に延びる坂道上で墓場付近。赤目口駅からは徒歩20〜30分といったところ。撮影場付近の人通りはほとんどない。前面・側面が共に順光となるのは夏場の午後のみか。側面は午後順光。レンズは編成長に合わせて120〜180mm程度で調節。踏切等被せず編成を収めるとなると8両辺りが限界か。
下り赤目口へ向けて一直線で田園地帯を進む下り列車を望遠で撮影。場所は、名張市郷土資料館前から前方に延びる坂道上で墓場付近。赤目口駅からは徒歩20〜30分といったところ。撮影場付近の人通りはほとんどない。前面・側面が共に順光となるのは夏場の午後のみか。側面は午後順光。こちらは縦アングルの構図で、レンズは編成長に合わせて広角〜100mm程度で調節。踏切等被せずに編成を収めるとなると6両辺りが限界。
下り赤目口までの直線区間を進む下り列車をサイドから望遠で撮影。場所は三本松第7号踏切近く。大阪線と並行する農道上。こちら側の側面が順光となるのは夏場の午後のみか。レンズは適当に70mm辺りまでで調節といったところか。サイド記録向きであり、編成を収める事は特に考慮していない。
上り赤目口を出て直線区間を進む上り列車を望遠で撮影。場所は三本松第7号踏切横。前面・側面が共に順光となるのは夏場の午後のみか。レンズは200mm前後で調節といったところ。編成を収めるとなれば8両辺りが限界。
上り三本松へ向けて一直線で田園地帯を進む上り列車を望遠で撮影。場所は、名張市郷土資料館前から前方に延びる坂道上で墓場付近。赤目口駅からは徒歩20〜30分といったところ。撮影場付近の人通りはほとんどない。前面・側面が共に順光となるのは夏場の午後のみか。側面は午後順光。レンズは編成長に合わせて150〜230mm程度で調節といったところ。踏切等被せず編成を綺麗に収めるとなると6両辺りが限界か。
駅間一覧はこちら(このページの上部へ移動します)


赤目口-名張
赤目口を出た後の大阪線はしばらく直線形をとるが、直後は国道567号線を越えるべく一旦勾配となりその後に駆け下る形となる。しばらくは田園地帯が広がり列車からの視界は広いが、右手・左手に宅地帯が形成されている所が多く、両手が田園地帯となっているのは一部分のみである。国道165号線を越える頃になると沿線風景は宅地帯が中心となって線形は左手にカーブ。名張市は三重県中西部の中心地という事もあり、中・大型の店舗も散見される。165号線を越えて続き名張川を越えると列車は間もなく名張に到着する。
〈公式側(海側)〉
下り赤目口を出てすぐ国道567号を越え名張へ向けて直線で進む下り列車を望遠で撮影。場所は、赤目口第1号踏切から伸びる道路上。赤目口駅からは徒歩10〜15分といったところ。撮影場付近は時おり車通りがある。前面・側面が共に順光となるのは午前。レンズは編成長に合わせて標準〜80mm程度で調節といったところか。最短2両から最長10両まで収める事が可能。
駅間一覧はこちら(このページの上部へ移動します)


伊賀神戸-青山町
伊賀神戸を出た下り列車は、並走する伊賀鉄道線と共に左手に曲がりながらまず木津川上流を越える。カーブで鉄橋を渡っている途中で先に橋梁部を終えた伊賀線が左奥へと離れていき、地域道路をオーバークロスすると列車はしばらく緑の中を直進する事になる。一方、草木等によって見えにくいが左手には国道422号線が寄って来ており、しばらくするとこれをオーバークロスする事になる。その直後に左方向への大カーブが始まり、そのまま緑の区間を抜けると左手には青山町車庫が展開。列車は、車庫を横目にそのままカーブを続けて青山町に到着する。
〈公式側(海側)〉
上りカーブで木津川を渡る上り列車を望遠で撮影。場所は伊賀神戸第一号踏切付近の土手。前面が順光となるのは午後で、側面は公式側が午後・非公式側が終日順光である。縦アングルの構図でレンズは320〜400mm程度で調節といったところか。編成を収めるとなると6両が限界。
駅間一覧はこちら(このページの上部へ移動します)


東青山-榊原温泉口
東青山を出た下り列車は、下り勾配で左手へカーブしつつトンネルへ。ここから先しばらくはトンネル区間が多めで、榊原温泉口へ至るまでに2つの長大トンネルを潜り抜けて行く事になる。東青山駅からも見える、最初に入るトンネルは新総谷トンネルで全長353m。それを一旦抜けてまもなく突入する2番目のトンネルは新梶ヶ広トンネルで、こちらの全長は804mである。トンネルを抜けつつS字形で左寄りに在線位置を移した後、今度は一気に直線となる。周辺は農地・宅地帯の雰囲気で、そのまま築堤区間を駆け上がると列車は榊原温泉口へ到着する。
〈非公式側(山側)〉
下り榊原温泉口手前の築堤区間を進む下り列車を望遠で撮影。場所は榊原温泉口駅大阪上本町方ホーム端近くにある潜り抜け道付近。前面が順光となるのは午前。側面は終日逆光か。レンズは編成長に合わせて広角〜50mm程度で調節といったところ。最短2両から最長10両まで収める事が可能である。
駅間一覧はこちら(このページの上部へ移動します)


榊原温泉口-大三
榊原温泉口を出た下り列車は、一旦上り線と離れて単線トンネルである寒谷トンネルに入る。トンネルを抜けて合流すると、谷間を築堤上で直線に進むことになる。左手に木々・右手に田畑の光景を横目に、165号線から伸びるグリーンロードの高架を潜った後は宅地帯が目立つようになり、線路際に寄って来る国道165号線に合わせるように駅近くで少し左手にカーブすると列車は大三に到着する。

【参考】踏切画像(榊原温泉口第2号&第4号/完結) 

〈公式側(海側)〉
下り新寒谷トンネルを抜けて谷間を直線で進む下り列車を望遠で撮影。場所はグリーンロードの高架橋上。一程度の車通りがあり、決して長居するような場所ではない。前面・側面が共に順光となるのは午前。青山高原の風車を入れた縦アングルの構図で、レンズは150〜200mm程度で調節といったところ。空気が澄んだ日は青山高原まではっきりと景色が見える。最短2両から最長10両まで収める事が可能である。道路を通る車には十分に注意したい。
下り新寒谷トンネルを抜けて谷間を直線で進む下り列車を望遠で撮影。場所はグリーンロードの高架橋上。一程度の車通りがあり、決して長居するような場所ではない。線路横には最近になって獣害防止ネットが張られた模様。前面・側面が共に順光となるのは午前。レンズは100〜150mm程度で調節といったところ。最短2両から最長10両まで収める事が可能である。道路を通る車には十分に注意したい
下り新寒谷トンネルを抜けて谷間を直線で進む下り列車を望遠で撮影。場所は榊原温泉口第2号踏切近く。車通りはほとんどなく、公式側の踏切道周りは未舗装である。前面・側面が共に順光となるのは午前。レンズは80〜150mm程度で調節といったところか。編成を収めるとなると6両辺りが限界である。
下り谷間を抜けて大三手前のカーブ進む下り列車を望遠で撮影。場所は榊原温泉口第4号踏切近く。車通りはほとんどなく、周辺は生活道路の雰囲気がある。前面・側面が共に順光となるのは午前。レンズは50〜70mm程度で調節といったところ。最短2両から最長10両まで収める事が可能だが、カーブしているため編成後部は写り込まない。
〈非公式側(山側)〉
下り寒谷トンネルを抜けて谷間を直線で進む下り列車を広角で撮影。場所はグリーンロードの高架橋上。一程度の車通りがあり、決して長居するような場所ではない。前面・側面が共に順光となる事はないと思われる。前面は午前順光。編成を収めるとなると3両辺りが限界。道路を通る車には十分に注意したい。
駅間一覧はこちら(このページの上部へ移動します)

Menu

近畿日本鉄道

難波・奈良線

奈良線系統支線

南大阪線

吉野線(準備中)

阪神電気鉄道

本線
なんば線(準備中)
武庫川線(準備中)

Wiki内検索

アクセスカウント


現在の閲覧者数


総アクセス数(2018.04.20〜)

天気・雨量・雲量情報

天気(Flash Playerが必要です)

雨量・雲量

管理人/副管理人のみ編集できます

閉じる
新規書庫開設のお知らせ
2018年06月13日:近鉄田原本線の書庫を開設しました