VIPを中心に行われる、ここだけバイオハザードシリーズのwikiです。本スレに関するデータや関連サイトについてまとめていく予定です。なので、お気軽にご参加下さい!

抗ウイルス剤(ワクチン)

ワクチンの効能についてだが、感染度合いによっては投与しても効果が現れずゾンビ化することはある。
つまり100%効果を期待できるわけではない。
また抗ウイルス剤によって体内に抗体ができる訳ではない。
投与の数年後に噛まれたことで再び感染したケースも確認されている。

ワクチンと一口に言っても、タイプが複数存在する。
事前に投与しておけば感染を防ぐことができる物、一時的に体内のウィルスの活動を抑制する物、感染したウィルスを駆除する物、等である。
中でも某大学で開発された「デイライト」は、抗体のない人間でも即座にT-ウィルスを死滅させ、さらに以降の感染も防ぐことが出来る。
ウィルスに感染した生物に対し投与すれば、その場でウィルスは死滅、感染生物は即死する。
しかしT-ウィルスは変異性が強く、抗体を投与されている人間でも汚染された水を摂取したり、死に瀕した場合などに発症してしまうケースも存在する。

抗体

遺伝子による相性が原因で、T-ウィルスに対する完全な抗体を持った人間が存在する。
各地のバイオハザードを生き抜いた者の中にも該当者はいるようだ。
抗体所持者の存在は、例えどんなに遺伝子研究を進めても性質を改善する事は不可能であることを立証している。
抗体を持つ者はゾンビなどのT-ウィルス生物の攻撃を受けても感染しないとされる。
ただしそういった人間でも濃度の高いT-ウィルスを直接体内に送り込まれると、感染してしまう場合がある。
某製薬会社や各所の研究機関においてワクチンが開発されているという。
とある街の病院では、医師や職員の決死の奮闘の結果、未知のウィルスがいわゆる奇病の原因となっていることを突き止め、中和剤を開発する寸前までになっていたという。
また、上記とは別に某社が作ったワクチンに関するデータを持っている物がいるという話もある

完全適応者

上記の様にウィルス抗体を持った人間は存在する。
そして、さらにT-ウィルスに対して完全に適応する者もまた存在する。
このタイプに分類される場合、脳に障害を及す(知能の低下や自我を損失する)事無く肉体の強化が可能で更に自身の意志で肉体のリミッターを外し、タイラントなどに見られる劇的な形状変化(スーパー化)も可能であるとされる。
ちなみに変態後の姿は、その人間の意志がある程度反映されると言われている。
なお、このような人間の存在こそが、某製薬会社がタイラントを開発するきっかけとなったと考えられる。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

どなたでも編集できます

メンバー募集!