VIPを中心に行われる、ここだけバイオハザードシリーズのwikiです。本スレに関するデータや関連サイトについてまとめていく予定です。なので、お気軽にご参加下さい!




ゾンビ系統


レオンがトールオークス市で遭遇した一件等では、従来のt-ウィルスによるものではなく、レポティッツァやミサイルの爆発によって散布された青いガス(C-ウィルス)を吸って変貌を遂げたゾンビが確認された。

なお、ジュアヴォとの差異は空気感染という点である。

従来のゾンビ(t-ウィルス保持者)はウィルスによる体組織の破壊で筋力が衰え、運動能力が著しく減少するという弱点があったが、C-ウィルスはむしろ強化作用があり、走る、飛びかかる、金網をよじ登る、武器を使用するといったこれまでにない動きを見せている。

また、C-ウィルスタイプは一定のダメージを受けると体が液体になって溶け消滅する。
しかし、稀に消滅しない特別な個体も存在する。
また、"ゾンビ系"と分類されている派生種や変異体などは、どれも通常のゾンビ以上の耐久性や戦闘能力を持っている。
 
 

ジュアヴォ


東欧の紛争地域にて半年前に確認された、新種のB.O.W.。
人間にC-ウィルスを投与することで生み出される。

名称はセルビア語で「悪魔」を意味し、B.S.A.A.によって名付けられた。

C-ウィルスの影響により、「ガナード」や「マジニ」のように狂暴性が増し、理性のタガが外れているため、かつての同胞でもジュアヴォ化していなければ敵とみなして容赦なく襲いかかる。

しかし、高度な知能や多少の自我は維持されるため、言葉を理解し、話すことも出来る上に複雑な連帯行動や高度な武器も操り、時には戦闘中に敵兵を挑発する等と感情が残っている仕草さえ見られる。

また、戦車や軍用ヘリ、トラックやバイクの運転、爆弾や電子ロックなどの電子機器の操作や鍵の解錠、薬品調合による毒薬生成など専門知識が必要とされる行動も可能のようである。

C-ウィルスを投与される前に受けた命令を忠実に繰り返す傾向があり、その命令が生死に関わるような危険なものであっても、恐れずに遂行する。

後述する変異型を除き、ジュアヴォに変異した人間の身体に特段目立った変質は見られないが、顔面に複眼が現れる。
これにより正体がばれることを防ぐためか、ほとんどのジュアヴォが覆面やガスマスク等の防護マスク、京劇の面などでカモフラージュしている。
しかし、複眼による視力・視野の変化はないようである。

ウィルスの影響で体温が非常に高く、負傷するとウィルスが活性化し、さらに体温が上昇する。

傷を負っても再生する能力があり、部位欠損などの再生が追い付かないほどの深手を負った場合は別の形状に変異する。
ダメージが蓄積するとウィルス活動の激化により体が発火し焼死・灰化に至る。
また、生命の危機を感知すると変異体にはならず、後述のサナギ化を行う個体も存在する。

単に「ジュアヴォ」と言った場合、基本的にはジュアヴォ種で挙げる4種を指すことになるが、これまでに確認された「ガナード」や「マジニ」と違い、各種の武装に大きな違いはない。
 
   
 

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

どなたでも編集できます

メンバー募集!