概要
腹黒ショタに調教(脅迫)レイプされる話。
「お姉ちゃんはペット」続編。単品でもお楽しみ頂けるよう書いたつもりです。
途中に入る父母との会話は省いてもらっても構いません。
必要な設定情報は演者の台詞に入っています。
公開日カテゴリ字数
2018/04/18R18女性向け3554字 4000字以下
演者役柄視聴者役柄関係場所
ショタ 腹黒 飼い主居候 ペット居候とその家の息子他人 家族
音声作品
音声作品

プレイ内容確認

ネタバレOK?



《 SE : 箸を置く音 》

ごちそうさまでした!

え〜
早くないよぉ。
ちゃんと噛んで食べてるもん。

それより〜
ねぇねぇっ、お姉ちゃん!

この後ヒマ?
ヒマだよね?

宿題いっぱい出されちゃったんだぁ。
また勉強教えて?
ね、いいよね?
お姉ちゃん、教えるの上手なんだもん。

決まりっ!

えへへ。
じゃあ僕、先に部屋行ってるから。
準備して待ってる。
お姉ちゃんはゆっくりご飯食べてから来て。
約束だよ。

じゃ、ごちそうさま〜!

《 SE : 階段を駆け上がる音》

(少し間を置いて)

《 SE : 箸を置く音 》



(母)
あら……もういいの?

(父)
すまないね、アイツが急かしちゃったみたいで。

(母)
ほんと。お姉ちゃんお姉ちゃんってすっかりなついちゃって。

(父)
ああ、君が教えてくれるからって、勉強にも随分熱心になって……
本当に良かったよ。君が来てくれて。

(母)
そうね、ご両親の事はとても残念だったけど……

(父)
君の家とは昔からの付き合いだ。
元々私達にとっても、娘みたいに思ってたんだよ。

(母)
ええ。
貴方さえ良かったら、このままずっとうちに居てちょうだい。

(父)
君も私達を本当の家族と思って、頼ってくれたら嬉しいよ。

(母)
お父さん、そろそろ……

(父)
ん? ああ、そうだな。
アイツが待ちくたびれてるか。

(母)
ごめんなさいね。
あの子の面倒みてもらって。
貴方をとても慕ってるの。
もうずっと、ちっちゃい頃から……

(父)
いつもありがとう。
あの子を宜しく頼むよ。



《 SE : ゆっくりと階段を登っていく音、覚束ない足取り 》

《 SE : ドアを開ける音》


お姉ちゃん、おそーい。
待ちくたびれちゃったよぉ。


《 SE : ドアを閉める音》


階段も登れない程良かったの〜?
ろ、お、た、あ。
あはっ。

ねぇ、顔赤いよ?
首も、こんなに汗ばんで……

(首を舐め上げた後、そのまま何度もキス)

まだバレてないかなぁ?
お父さん、お母さんに……

お姉ちゃんのお腹の奥で響いてる……
これ。
このエッチな音……

ふふ。
お腹もしっとり……
汗かいてるね。

我慢してるの?
震えちゃって……
可愛い、お姉ちゃん。

もう立ってるの辛いでしょ。
いいよ。
そこのベッドに寝て。

で……、あーし、開いて見せて。

当たり前じゃーん。
何で?
何で言う事聞かないの?

お姉ちゃんは僕のペットなんだよ。
ペットが飼い主の命令聞かないなんて……
いけない事だよね。

はぁ(溜息)
まだまだ躾が足りないのかなぁ。
それとも……
お仕置きが欲しくてわざとやってたり、とか?

ふふっ。
どっちでもいいよ。
やる事は同じだもん。

ね、腰上げて?
パンツ脱がせてあげる〜。

早く腰上げないと……
パンツの上から電マあてて、びちょびちょにしちゃおっかなぁ。
洗濯物に出せる?
エッチな匂いのびちょびちょパンツ。

(少し間を置いて)

はい、よくできました〜。
んっ……んっ……しょっと……

あはっ。
なーんだ、もうびちょびちょじゃん。

やばいね。
パンツはいてなかったらローター落としそう。
すんごいヌルヌルだもん。

ん〜……

(クンニ)

(以降、クンニしながら合間に台詞)

んっ、んん……凄い。
女の人って、感じるとオマンコこんな匂いするんだ。
お姉ちゃんの匂い……
お姉ちゃんの味……
もっとちょうだい。
だぁい好き。

(しばらくクンニして終了)

今日はね、お姉ちゃんの為に、新しいオモチャ用意したんだぁ。

いつも付けてるローターと似てるんだけど、ちょっと形が違うの。
見て見て。
ちょっと小さくて、平べったいのが、ふたーつ。

ふふっ。
どう使うか、分かる?
さあ、どこにつけるでしょーか?

……ねぇ、今、何想像した?
言ってみてよ。
ほら。
ねぇってばぁ。

もー。
いつまで経っても恥ずかしがり屋さんなんだから。
でも……そういうとこも好きだよ。

(軽くキス)

二つあるから、おっぱいだと思ったんじゃない?
ぶっぶー。はずれ〜。

まあ、そういう使い方もあるみたいだけど。
今日はね……

こうやって……
お姉ちゃんのオマンコ、開いてぇ……
お姉ちゃんが大好きなとこ……

ふっ。
ぷっくり膨らんでるクリちゃん、挟んでぇ……

もう分かるよね?
これから何されるか。

ちゃんと良い子にしてるんだよ。
はい、枕あげるから。
それでも噛んでて。

じゃ、最初は弱から〜……

わっ。
びくん!てなったぁ。
そんなに良いの?
クリちゃん、直接ローターで挟まれるの、そんな凄い?

ふーん。
女の子はほんと、ここが弱いんだぁ。

じゃあ〜……
もしこのまま、ローター……
優しく擦り合わせるみたいにしたら……

あはは。
すごぉい。
面白ーい。

ねぇねぇ、もっとしよ!
今度はちょっと振動強くするよ。
良かったね。
中からも外からも気持ち良くしてもらえて。

もー、暴れちゃダーメ。

(耳元で)

いいの?
お父さんとお母さんにバレても。

(耳責め開始)

(以降、耳にキスや耳舐めしながら合間に台詞)

僕は平気。
怒られたって、ここは僕の家。
僕のお父さんとお母さんだもん。

でもお姉ちゃんは……
ふふっ、どうなるかなぁ?

可哀想だから引き取ってあげた子が、その家の息子に手出してたりしたら……

がっかりされるかな?
軽蔑されちゃうかなぁ?

可哀想なお姉ちゃん。
うちを追い出されたら、どこにも行くとこなんてないのにね。

……関係ないよ。
実際どうかなんて。
大事なのは、他人からどう見えるか。
そうでしょ?

自分の立場が分かったらぁ……

教えてあげたよね。
ごめんなさいの仕方。

ほら、中のローター抜いて。
自分で足持って、開いて……
ぱっくり口開けてるぐちゅぐちゅオマンコ、よく見えるように。

さ、ちゃんと言って?
聞きたいなぁ……
お姉ちゃんの声で。

「おちんちんでお仕置きして下さい」……って。

できるよね。
僕のペットなら。
上手に言えるまでこのままだよ。
ずっと。ずーっと。

挟まれたクリちゃん、ローターでくりくり……
こねこね……
振動上げて……
優しく、ぎゅ〜って……

あはっ、今の反応……イっちゃった?
でもダーメ。
やめてあげない。

イったばっかのクリちゃん、気持ち良いよね。
敏感だよねぇ。
このままずーっとイジメっぱなしでいたら……
ふふ、どうなっちゃうかなぁ。

試してみよっか?
お姉ちゃん。

やめて欲しかったらどうするの?
なんて言えばいい?

分かるでしょ。
僕より大人なお姉ちゃん……

(しばらく耳責め)

(耳責め終了)

ふふっ、よくできましたぁ。

よしよし……
お姉ちゃんは良い子。
良いペットにはご褒美に〜

お姉ちゃんの大好きなおちんちん、入れてあげる。

(挿入)

ん、んん〜っ……はぁ……
今日も熱くて……トロトロ……
このオマンコ、だぁい好き。

ん?
外さないよ。ローター。
僕は「やめてほしかったら」って言っただけ。
やめてあげるなんて約束、してないよねぇ?

お姉ちゃんて、ほんとちょろい。
ふっ、かーわいい。

(ゆっくりとピストン開始)

ねぇ、お姉ちゃん……
今日さぁ、僕が帰って来た時……
男と居たよね。
隣んちの奴。

アイツ……なんかやだ。
最近、お姉ちゃんに馴れ馴れしい。

何話してたの?
アイツと。
ああいうのがタイプなの?
あんな、いかにも大人〜って感じの……
やっぱり年下より……年上の方が……好き?

(ピストン、ペースを上げる)

僕だってっ……
僕だってちゃんと、お姉ちゃんとエッチできるもん!
もう子供じゃない。
僕が一番、お姉ちゃんを気持ち良くするんだ!

(キスしながら)

んっ、んっ……
お姉ちゃん、好き。
好き……大好き。

お姉ちゃんも、僕が好きでしょ?
だってこんなに……
オマンコきゅんきゅんしてる。

(キス終了)

お姉ちゃん、イキそう?
またイっちゃうの?
じゃあ、クリちゃんのローター、一番強くして上げるね。

お姉ちゃんのぷっくり大きくなったクリちゃん。
挟んで、擦って……

んっ、あっ……
きゅ〜ってしてる。
お姉ちゃんの中。
僕のおちんちん、ぎゅうぎゅうって……

イって。
もっとイって。

お姉ちゃんのお腹、優しく押さえつけたまましてあげる。
中にいる僕のおちんちん、もっと感じて。

はぁっ、はぁっ……
いいよ。
イキっぱなしのオマンコ、凄い、いい。
気持ち良い。

……もうっ。
お姉ちゃん、連続でイかせると、すぐ逃げようとする。

ダメ、逃がさない。
助けを呼ぶのも、ダメ。

うちに居たいんでしょ?
うちの子になりたいんでしょ?
お父さんとお母さんに、僕と仲良しだって、思われたいんだよね。

いいよ。
仲良くしてあげる。
僕は飼い主。
お姉ちゃんはペット。

ペットの体は僕のもの。
このオマンコは僕専用。

はぁっ、はぁっ……
僕ももう……いきそうっ。

いくよ。
僕の専用マンコ。
お仕置き精子飲ませるからね。

はぁっ、はぁっ……
お姉ちゃん、お姉ちゃんっ、好きっ。
全部飲んで。
受け止めて。
イっちゃう、お姉ちゃんの中でイっちゃう。
好き、お姉ちゃんっ、大好きっ……!

(射精)

はぁ、はぁ、はぁ……

もっとしっかり躾ないと……
他に目移りしないように。

分かってる?
お姉ちゃんはペットなんだよ。
だからずっと、僕の事待ってなきゃダメなんだから。

僕が大人になるまで、ずっと……

んっ……。
(キス)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます