スタイルとスキル

ツキモノはPCの欲求に憑くため、その性質は欲求に深く関係する。
しかしツキモノは人の願いを叶えるものではなく、欲求が必ずしも満たされる形となるとは限らない。

各スタイルの特色

ツキモノのスタイルは便宜上カテゴライズされているが、欲求がどれにも当てはまらない、など
個性的なものが出てきた際にはGMの裁量で代わりのスタイルやスキルが用意されることもある。
  • アタッカー(攻撃型)
非常に攻撃的なツキモノ。
ツキモノによる殴打、擬似武器による切断や刺突、相手への取り込みなどその攻撃方法は様々である。
その攻撃性は敵だけでなく憑いている人間にも向くことがある。
ツキモノの攻撃性を実現するために憑いている人間は無意識下で身体能力を補佐されているのも特性の一つ。
  • ディフェンサー(防御型)
自己防衛、あるいは他者防衛に適性のあるツキモノ。
頑強な特性が共通しており、守り方はツキモノに憑いた人間のコントロール次第となる。
また憑いている人間に干渉することで生命力を向上させる事が多く、ある意味最もツキモノに深く憑かれているとも言える。
  • エンハンサー(支援型)
他者のツキモノと繋がることで強化するツキモノ。
このツキモノは連携を得意とするが、反面連携できる他のツキモノ憑きがいないと弱体化する特性がある。
繋がりによって強くなる特性が憑いている人間に影響するのか、一時的あるいは条件付きでも精神の安定を得るケースもある。
  • トリックスター(撹乱型)
このスタイルのツキモノは形状が不定形であったり、あるいは目に見えないことも多い。
ツキモノを粒子状にして幻覚を見せたり、エンハンサーのようにツキモノ同士の干渉によって動きを封じたり、その働きは多彩である。
不定形であるがゆえに敏捷性に優れ、憑いている人間の存在すらも危ういものにさせかねない。
  • ウォッチャー(感知型)
憑いている人間の感覚とリンクすることで感知能力の底上げをするツキモノ。
戦闘能力こそはないものの、敵の弱点を見抜いたり味方のツキモノを正常化することでエンハンサーとは違った補佐をすることができる。

ツキモノのスタイル・欲求

ツキモノ憑きはツキモノの力により特定のステータスに恩恵を受ける。

スタイルと欲求の関係表

スキル選択

スキルには常時・自動、あるいは特定条件を満たすと発動するパッシブ、任意で発動するアクティブがある。
また、これ以外にもGM采配のPC固有スキルを提案することもある。

共通スキル

アタッカー(攻撃型)

ディフェンサー(防御型)

エンハンサー(支援型)

トリックスター(撹乱型)

ウォッチャー(感知型)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます