◆MBT.TesLo2がやる夫スレで投下した作品や関連情報について纏めるwikiです。編集はどなたでも自由に行えます。手伝ってください(懇願)


ヤルオ=ブラッドレイ


                   ,,.. ' ´            ` .,
                 .,.´                \
               ./ /7 ̄i=、_             \
                /.  ,イヽ.,'  .l  !`ヽ                 ',
              ./..  l  〉  丶 l  |ヘ.            ',
.               l   ノ ,'      丶i        /      l
.               l   〈  l         |     /;;;;,,,,      l
.               {  ...|             | 、_ィ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;    }
              ',   .l          ,'    ヽ         /
              ..', ノ `ヽ        .,'     }      /
.                 ヽ〉、_l__     .,'人    ノ     /::|
             _,. <::r'´::::::::::::::`ー-、.,'_  ー '   ,. <:::::::ト .,_
.           <::::::::::::;'::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ、┬::r―‐<::::::::::::/::::::::::> .,_
          :::::::::::::::::;':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ |::::|:[===]:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::> .,_
          ::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ -|--―‐::'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          :::::::::::/_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          ::::::::/::::::`ー-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
┏───────────────────┳───────────────────┓
| 登場人物 01 : ヤルオ=ブラッドレイ
┣―――――――――────────――┛
| 今作の主人公。
| 海軍陸戦隊に所属していた元《皇国》海軍大尉。年齢は25才。
| とある一件により、《皇国》軍を放逐に近い形で退役。
| その後、生きる術として独立傭兵を志す。
|
| 走りながら対物狙撃銃を片手撃ちで目標に命中させることができる他、
| 熱単分子刀で装甲車両を次々と斬り捨てられるなど、身体能力は人間離れしている。
| 実は北領では知らぬものが居ないほどの人物。
| 遠隔地でも名前だけなら知られていることがあるが、顔自体はあまり知られていない。
| なお、運が物凄く悪い。
┗───────────────────────────────────────┛

名前 : ヤルオ=ブラッドレイ
年齢 : 25
出身 : かつて“皇国”北領に存在した開拓村

能力 : 筋力 A / 体力 A+ / 俊敏 A  / 知能 C+  / 運勢 F-

特性
主人公     / 最早説明不要の王道的な補正が入る
シスカの虎  / 北領における戦乱で活躍した英雄
            その経歴を明らかにした場合、戦闘や交渉事に有利もしくは不利の補正が入る
            ただし本人としては極力秘匿すべき経歴である
鋼の胃     / 何を食べてもお腹を壊さない
不運な人生 / 人生に何かしらの不運が常に付き纏う
          稀に幸運に出会うこともあるが、後々必ずと言って良いほど揺り戻しが生じる
???     / 詳細不明。他人との交流を深めれば明らかになるかもしれない

スキル
軍人崩れ / 軍人としての知識、経験を保有している
         戦闘や交渉などで知識や経験が活かせそうな場合、高い補正が入る
電子機器音痴 / 電子機器や情報端末の操作が苦手。
            基本的な操作はできるが、ハッキングなどの高度な操作を行うことができない
            克服しようとした場合、かなりの時間を要する
サバイバル能力Lv.A / 劣悪な環境下でも生き残ることができる

所持品
金銭 / 《皇国》が発行する金銭 : 3200円90銭30厘( ※金銭の価値は現代の1000倍相当 )
9mm拳銃(1挺) / 《皇国》軍正式採用の拳銃。退役する際に使い慣れた官給品を購入したもの
14.5mm対物狙撃銃(1挺) / 《皇国》陸軍空挺部隊で用いられる大口径の半自動対物狙撃銃
                        頑丈であるが、相応に重い。母親からの餞別品
熱単分子刀(6振) / 刃の先端が単分子で構成された非常に鋭利な刀剣
               組み込まれた特殊機構によって刀身に超高熱を帯びることができ、
               その気になれば主力戦車の装甲板をチーズのように切り裂くことができる
               父親からの餞別品であり、同時にお揃いの品でもある
旧型《皇国》海軍服 / 一世代前の《皇国》海軍陸戦隊の軍服。退役する際に官給品を購入したもの
私物入り頭陀袋 / 着替えや文庫本などの私物がぎっしりと詰まっている


その他、やる夫の経歴や軍歴についてはこちら

キング=ブラッドレイ


                    ,....-:::::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::-..、
                     ,ィ:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                 /::ヾ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                 |:::::::_\::__::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_;:--、::::::}
                 |::::::|   \〃ーヽ、 :::_:::::_.:::-ヽヽ´   |::::::|
                 |::::::| l  { ト、   〃 ^^ }!  } |!   l l::::::|
                 |::::::| }     丶、 {    | / j   l l::::::|
               /ヽ::::ノ '        \  / /     `\::| _
                 !∧ V ー―-、      \     , ィー― ヽレ', ヽ
              |  ヽ | ミ、丶ャー、ュ、__ _> <>イ三三三ニヽ | / }!
                 ! _} 〉 彡ヘ ` __ノ' < ⌒ ` {三三三三三} (  |
                 ヾ、 (       ´   |   | ヾ=三三三ニソ  〉ノ/
                丶 }   、      } |   | l    ̄ ̄ヾx、 {//
                   \   ヽ     | |   | |      / ヾl /
                     |   }     / ノ   ヽ 、     {   |´
                     |      ,--`=ヽ __∠='--、      !
                  ノ|    //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\\   |
               /<lヽ ヾ/ ´⌒ ー――一 ' ⌒`ヽ〉ノ  ,イ`ヽ.
                |  ヽゝ、\ `    -―――-、    Y //ソ  |
               ノ     >ヽ、_     ー     __/<    |
                /         >‐ 、   r=<         |
              _∧  /\ / ̄| / ∧ } ̄ ̄||⌒! |        ノヽ__
         ∠⌒\ ∨  \/ /   | / / | | ̄ ̄|l  | |       /} /  \

┏───────────────────┳───────────────────┓
| 登場人物 02 : キング=ブラッドレイ
┣―――――――――────────――┛
| やる夫の養父で、《皇国》海軍中将。
| 《皇国》海軍陸戦隊第二海兵遠征軍司令官を務めている。
|
| 北領開拓時代に第一線で活躍した英傑であると共に、現在北領で最も影響力を持つ人物。
| 彼がその気になれば、北領軍は陸海軍を問わず容易に軍閥化するとも言われている。
| なお超が幾つも付く親馬鹿。
| 血の繋がっていないやる夫を溺愛しており、しばしば暴走しかける。
┗───────────────────────────────────────┛

ソーフィヤ=ブラッドレイ


                   _ ノ    .:.:.:l    {   \、. . . :ヾヘ:.:.:.:.:.:.:`ヽ:.:.:.:.:.:/:.: /:./:/:
                  j    j! .:.:八:ヾ:.:.:.:ヾ、、 ヘ. . : : :.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i―-、:. /:.:.:/:/:::
                    〈   .:.}{ .:.:.{  } :ハ: )`ヾヾヾ. .:.:.:.:j!:.:.:.:.:.:. 、Y⌒ヽヽ :.:.::/:/::::::
                  ノ   .:.:.:.:.ヽハ {イ-ーjノ  jソ j:.:.:.:/!|:.:.:.:.:i、:.:!ソこ} } }/:/:::::::::
                γイl| .:.:.:.:.:.:.{i!i!       rュ==ァイ:/ :.:./:.:ンl`ヽ/  ,ノ :.:/:::::::::::
                 ノ小从 .:.:.:.、    イヾソ'′ ’/  /:./:.:.|!:.:l: 人  /:.:./::::::::::::/
                  ハヽソ:.:ハネj}              /イ : /:.:|!:.:.l いソ/:.:./::::::::::::/
                       ( {{  V           /// :.:.|!:.:.:l ,イ彡′ ::::::/
                           /           //イi .:.:.:|!:.:.:.l j/ 'ヘ::::::::::::/
                            /_ .....:.:.:.:..         //:|:.| :.|!:.:.:.:l二二ヘ从ソ
                         `ヾ;  ___ ノ     // |.:| .:|!:.:.:.:.!二二ニヾ、
.       /7                  └彡::::: ´     /′ |:.l :.|!:.:.:.:.l三三ニニ=\
  il.、   / ハ    __                 _ ハ ;;;         イ.:! .:|!:.:.:.:.:!三三三ニニ=
  ij i  /ノ:/__..:.:.:.:.:.::::::ヽ          . . : :/ :∧         //i . : :,.:.:.:.:.:.l三三三ニニ=
.  l_:l_/  /:::::ヾヽ:/:):ノ       /: : /  ://ハ、__ _ ...ィ////. . : , :.:.:.:.:.:i三三三ニニ=
::::::::::::::/  /::::::::ノ/-イ       /: : / /∠二二ヽ////////. . : : .:.:.:.:.:.:∧三三三ニニ=
::::::::: /  :/:´ /  /  ィこ>  / /.:.:.:.:/:γ三ヾ、 ::://///// // .:.:.:.:.:.:/:.∧三三三ニニ=
 ̄l_/  .:j ./  /  / ./  / /.:.:.:.:/ ::{{:::}}: ////// / /:.:.:.:.:.:.:/:./:.∧三三三ニニ=
┏──────────────―─────┳──────────────────┓
| 登場人物 03 : ソーフィヤ=ブラッドレイ
┣―――――――――────―────――┛
| やる夫の養母で、《皇国》陸軍准将。
| 《皇国》陸軍第一空挺師団長を務めている。
|
| 夫であるキング=ブラッドレイと並び、北領開拓時代に第一線で活躍した英傑。
| キングによる北領軍の軍閥化が容易とされる理由でもある。
| なおこちらも超が幾つも付く親馬鹿。
| 血の繋がっていないやる夫を溺愛しており、しばしば暴走しかける。
┗───────────────────────────────────────┛

射命丸 文


                         , ,.、
                       _//ヽ.\
                    ,.r::'"!ヽ,/  \,ト、
                   ,:':::::::;r::\i二二ニソ;::\
                  /:::::/:;::':::'.:::::::::::::::::::::;::::::::`ー;=-‐
                 ヽ::::'::;::':::::::::'.::::::::::::::,'.i:::::::::::.ヽ
                 /::::::;::'::::::::::::::'.;:::::::::,':::ハ::::::::::ト:',
                 //;::':l::::|::::|::::__,ェ、::::|l/_斗:::ヘ:::l
                 //:::::l::::|::::|《'夾リ \l ´  j、::::::ト、_
                  //:::::l::::|::::|ハ`¨´  _ ,' ,イ:}::::ハヽ
               _//':::::小⊥::|:::トヽ_ ` /从|/|/ __
              '´ ,/l:::://Y亠、`ヽ‐ト `下≦ゾミ三ニヌ、_)_
          ,r '⌒` ‐-‐ァ'ヽLコ′  ヽ}\ム_〉丈rミ_=L_尢-っ)
        └ ,r‐   ̄ソ′./ lヘ、、/〉っ \ヽくr-/`ーュ、___'′
           /    イ   /!  l  ソヽ/ ´   ゜`く_;く/ /,、_` ヽ`ー- 、
        /    / ヽ.___ . __ イ´ ヽ`、 丶   '゜\\_' ,    `ヽ 〕
         〈  /               ヽ 、ヽ     ヽ〉 .ヽ〉`ー、_  _ノ
        `' ´                  ', !     イ //     ̄
                          l l     〈 /〈ト、_
                           ノノ      。{ \\/
                         >^‐--‐ '´   〉. `T\
                       /        パ     \
                      /         /t-ヽ。    |
                        >'::⌒ヽ       /:::::::::::\  |
                   /::::::::::::::::::\     /::::::::::::::::::ヽ ∧
┏────────―─────┳─────────────────────―――┓
| 登場人物 04 : 射命丸 文
┣――――――――────――┛
| やる夫が南北連絡船乗り場で出会った少女。
| 文々社所属の雑誌記者。
|
| 若輩ながらいくつもの誌面を手掛けており、特にスカヴェンジャー向けの情報誌面が有名。
| 出会ったやる夫にカラフト事変における英雄爛轡好の虎瓩了僂鮟鼎佑燭發里痢
| 気のせいだと思い直している。
┗───────────────────────────────────────┛

篠ノ之 束


         // o / /: : :|:.|: :| : : : : : : : : \: : :ヽ
       { /イ  /   /: : ': : {∧:.{: : : 、: 、: : : : 、\: : : .
       乂_/    ': : : |: ::/{: :、|T\{ ̄\:、: :.\\:.ム
                 /: :.| : |:,ィ ∨: :| ィ芯芹 |`\__:_\:.
             /イ : | : |: | ,.tォミ:_} ゞ-゚' /: : : :| }: : ;: : : :.
              |:.:.:|': :{泌'      /イ : : /イ: :/: : : : :.
              |:.:∧: : ム  '    ムイ: : : :,: : _: : : :.
              |/  \_ム  -    /,': /:./'´  __>、_:\
              '      |: : :>    / /:.,: :/   ´      ̄`ヽ
                       |:|: : |: : : :`¨} /,':./:イ       ___  }
                       |:|: : |: :/ {ヽ.|{l∨:/イ|  /   ,ィ//ム 、/\'
                       |:|: :.:∨: :{! /イ/:/-、 j /   /// //  ` <_
                   从: :./: /イ 「{: イ /     {// //      `ヽ
                     ∨/ r- ' 〉:ノ {     |/| |/! /´       |
                    ,.  ´ / ̄7||〈: : :〉 \    \_∨
               ,.イ}--- ´ ∨イ|| l}: : ヽ  `  、__,.イ/         /
                  /{/イ          || |: : : : }      /: :,         ∧
                ,{{           、此石       , : /       .イ: : ,
                 {||          マ、        /: /       .ィ: : :!: : |
                人:.             マ、 __,    イ,':,:'     ,:': :|: : :|,: :.|
                \    ̄ ̄ ` ー <}    //     /: :.:.|: : :|: :.:|
┏────────―────┳───―──────────────────―――┓
| 登場人物 05 : ???
┣――――――――───――┛
| やる夫と南北連絡船にて同室となった女性。
|
| 弩級不審者だったやる夫の姿を見て、特に騒ぐでもなく黙って部屋を出て行ってしまった。
┗───────────────────────────────────────┛

攻略ヒント その1



攻略ヒントその2

ハンナ=ユスティーナ=マルセイユ


                      /.:.:|                    /.:.:.:.| 〉
                        i:.:.:.|                 /:.:.:.:.:.i/
                      Ν.:.:.{                 /.:.:.:.:.:/{
                          i |.:.:.:.:.             /.:./i.:./ }
                        ΝИ:.:.:.:     ___     {.:.:{ ノイ /,
                      l i i iハ:.|> ´_    __`_  |.:.:i    イ
                      ´ ̄|从i7斗ァ77 _}  / {////77{.:.:i   /
                     r‐/⌒V///// /三三ヲ/`≪///|.:.:|  i/
                  _}_,i ∨ 二 ̄ __У  /ゝ{__,    ̄从:{ イ{
                / _ --`´ _ ィ´ / /  /  /  ̄ ̄  ∨ ハ
                   / /     ,仏イ / /} /  //  /   /  }/|
            /`く    _ - / / /トx'_i /! //i /i/i /}_ ハ リ
            /:::::::::::::\/   厶イ .ィ个アミx | /   ィ≦斤ァ ∧i∧
          /:::::::::::::::::::::::{      i/ハ{` V少i/     V少'ノ イ__ノ  .
         /::::::::::::::::::::::::::::::〉      ∧{ ∧'''   ,     ''' r千‐}   :.
       /::::::::::::::::::::::::::::::/      /  lイ 込、  、__,  /}| i|   :.
     /:::::::::::::::::::::::::::::/       /  //! i i |>.     イ! :! | i|
   /:::::::::::::::::::::::::::::/       _ハへ/|i i |_ }〕iト- __ハ__川  !       \
.  /:::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`<:: /:::\__} i i l:::〈 /}ハ{   ノ::} リ 八        \
.  〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::: 八i川:::::∨/}__ヽ/::::::i/∨___ヽ     \  \
   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ハ !:::::::ヽ/./:::::::::::/ /ト--ミヽ     \  \
     `-=ニ::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::/i .::::l |:::::::::/:::::::::::::_/ /:::〉:::::::::/} \    \  \
         ̄ ̄` -=ニ二:::::::::::::}::/:::| .::::::| |::彡':::::::::::_「:::/ /:::::::::l::::/:::i   ヽ  \\  \
                  ̄ ̄V::::::i i〈-:| |::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::::::::|           \\
                     {::::::::i i:::0| |:::::::::::::::::::::/ /::::::::::::::i:|::::::∧
┏────────―───―───―───────┳───────────―――┓
| 登場人物 06 : ハンナ=ユスティーナ=マルセイユ
┣――――――――───―――──―───────┛
| 《皇国》海軍大尉。海軍陸戦隊所属。
| やる夫の元副官(当時は少尉)で、彼と共にカラフト事変を戦い抜いた人物。
|
| 元々は空軍の戦闘機パイロット候補生であったが、ある一件によって空軍学校を退学。
| 紆余曲折の末に海軍陸戦隊で燻っていたところを
| やる夫に取り立てられ、反重力飛行ユニットを用いた航空威力偵察で活躍するようになる。
| そして彼との相性が悪くなかったためか、気付けばそのまま副官の位置に収まっていた。
┗───────────────────────────────────────┛
13 名前: ◆MBT.TesLo2[sage] 投稿日:2015/05/15(金) 00:27:05 ID:QNHz1/WA [3/4]
ちなみに歩兵としての能力は、前に述べたように準フローレンシアの猟犬
本家フローレンシアの猟犬ほどマッシヴじゃないので対物狙撃銃に擲弾発射機取り付けて振り回したりはできないが
軽機関銃でピンホールショットしたり、長距離狙撃したり、システマしたりはできる

虎の背中

茂部


                  r‐ 、            , -┐
                  |  \       /   |
                  |      -――-    |
                  | /            ヾ |
                  l/    ー' 〃ー'   `,
                  i     -    -    ',
                   |   ̄ ̄`   ´ ̄ ̄  i
                  i ∪             |__ , -―- 、
                  ヽ    r――┐     / !     __,r‐、
                   ヽ__` ̄ ̄´__/{  |     / ノ 〈
                    |:::::::::::::≡:|||:≡:::::::::| |  \  ,.-ノ /   /
                  γ´::::::::::::::::::::|||:::::::::::::::::` >、   Υノ   /
                   |:::::::::::::::::::::::::|||:::::::::::::::::::::{__ !   !;.-'  /
                   |:::::::::::::::::::::::::|||::::::::::::::::::::::l  \ |   イ
┏─―───―──────┳─────────―――――――――――──――――┓
| 登場人物 07 : 茂部
┣―――──―──────┛
| 《皇国》海軍少尉。海軍陸戦隊所属。
| やる夫の元従兵(当時は上等兵曹)で、彼と共にカラフト事変を戦い抜いた人物。
|
| 正規軍人としては極めて珍しい半ミュータント。
| 成績優秀で気配り上手な好青年だが、半ミュータント故に軍内での扱いは悪かった。
| しかし、その能力を見咎めたやる夫に取り立てられ、その従兵となって以降は
| めきめきと頭角を現し、彼の中隊幕僚、やがては尉官にまで上り詰める。
┗───────────────────────────────────────┛


茂部さんの経歴


アール


          ',>、
.        ',//>
           ',/////>
            ',//////////>                                            -=ニ
         r‐xi//////////////>                                   -=ニニ
         ゝイ////////////////////>                             -=ニニニニ
           ',ニ///////////////////////>                     -=ニニニニニニ
           ',ニ///////////////////////////>                   -=ニニニニニニニニ
           (__)=///////////////////////////////>.         -=ニニニニニニニニニニ
               ',ニニ////////////////////////////////////> ニニニニニニニニニニニニニ
                ',ニニ////////////////////////////////>=ニニニニニニニニニニニニニニ
               Vニ>'"二二二二二ニニニニニニニニニニニニニ>.=ニニニニニニニニニニニニニニニニ
               〉":::::::::::::::/   /    ー''" ̄¨`>''" |ニニニニニニニニニニニニニニニニニ
               《:::::::::::::::::/,,,;;;,イ        __,:::::{、   |ニニニニニニニニニニニニニニニニニ
             `''≪::::::{ ,,,イ' 乂.......::::::::弋 _, \:::ヽ.   ',ニニニニニニニニニニニニニニニニニ
                \:::〉、{', ,,,,,,,,,>''''" ̄`ゝ ----',   ',ニニニニニニニニニニニニニニ=- ''"´
                  \ゝ>、_____ノlニ≫''":. : :/ /. ',   ',ニニニニニニニニニニニ=- ''"´
                   rイヽ {:.:.:.:.:∨{ニ{.:.:.:.:/ /:.:.: ',   ',ニニニニニニニニ=- ''"´
                   ¨ ゞヘ!:. {:.:.:.:',lニ}. / /.:.:.:.:.: ',   ',ニニニ=- ''"´
                       `ヽー:. : :/ />====∨¨ヽ',ニ ''"´
                             ',.:.: / / _,ィニニニニニニニハヾ
                            へニ/=イニニニニニニ≫三三≫x
                           ∧三三三イ三三三三≫三≫x
                           ∧三イ三三三三三≫三三三≫x

┏────‐┳――――――────――――――――───────────────‐┓
| アール
┣――――‐┛
| 白骨遺跡で出会った、無骨な装甲材の被り物をしたハーフミュータント。
| 二メートルを優に超える体躯と、身の丈近い大鉈を振り回せるほどの異常な筋力を持つ。
|
| かつては南領軍の軍人であり、装甲偵察猟兵部隊に属していた。
| しかし、ミュータントとの戦闘中に仲間を庇って負傷。
| その際、傷口から入り込んだミュータントの細胞組織が原因で後天的な突然変異を起こした。
| 変異後も知能が保たれていたことから、ある取引を経て戦死扱いとなり、
| 南領軍のミュータント研究施設に収容。長らく被験者として扱われていた。
| だが後に南領軍の派閥抗争の煽りを受け、研究施設が破壊された際に脱走。
| 以降、白骨遺跡を転々としながら生き延びていた。
|
| 突然変異によって先述の人間離れした膂力や聴覚を獲得するも、
| 声帯が変質して喋れなくなった他、本来の顔付きが判らなくなるほど顔面が変形。
| それを人に見せるのを嫌って、今のような被り物をしている。
┗───────────────────────────────────────┛

┏──―┳────────────────────────────────────────────┓
| 名前 | アール / ???
┣───╋────────────────────────────────────────────┫
|出身地| 南領北部モジ
┣───╋────────────────────────────────────────────┫
|能力値| 筋力 A+ / 体力 A+ / 俊敏 C / 知能 C- / 運勢 D
┣───╋────────────────────────────────────────────┫
| 特性 | ハーフミュータント / 人間の面影と知性を残し、その生活に混じることができるミュータント
|      |                    だが差別的視線で見られることもあり、交渉事で不利に陥る可能性がある
|      ┣────────────────────────────────────────────┫
|      | 発声障碍 / 咽頭ないし声帯の変質により、喋ることができない
|      |          道具による意思表示補助が無ければ、コミュニケーション上の大きな問題が生じる
|      ┣────────────────────────────────────────────┫
|      | 異常聴覚 / ミュータント化の過程で異常に発達した聴覚
|      |          視覚的な制限が科せられた環境下でも聴覚に頼って行動することができる
|      |          しかし反面、聴覚への攻撃に対しては常人よりも影響を受けやすい
┣───╋────────────────────────────────────────────┫
|スキル.| 軍人崩れ / 軍人としての知識、経験を保有している
|      |          戦闘や交渉事などで経歴を活かせそうな場合、高い補正が入る
|      ┣───────────────────────────────────────―────┫
|      | 器用な手先 / 材料があれば簡単な武器や少し凝った罠を作製できる
|      ┣────────────────────────────────────────────┫
|      | サバイバル能力 Lv.B / 大抵の環境において生き残ることができる
|      ┣────────────────────────────────────────────┫
|      | 強化外骨格操縦 Lv.C / 強化外骨格の操縦技能。かなりの熟練者であり、限定的ながら教導も可能
┣───╋────────────────────────────────────────────┫
|装備品| 大鉈(1) / 身の丈ほどもある大きな鉈。廃棄されていた無人機動兵器の近接兵装を仕立て直したもの
|      ┣────────────────────────────────────────────┫
|      | 軽量装甲材の被り物(1) / 顔を隠すために被っている三角形の被り物
|      |                       強化外骨格用の軽量装甲材でできており、重機関銃弾を防ぐことができる
|      ┣────────────────────────────────────────────┫
|      | 腰巻(1) / 布製の腰巻。特殊な効果は無い
|      ┣────────────────────────────────────────────┫
|      | 軍用雑嚢(1) / 古びた南領軍制式採用の軍用雑嚢。少ないながら私物が入っている
┗───┻───────────────────────────────―――――――――────┛

アール氏について

アンデルセン


              乂: : :/: : : : : : : : : : :/: : : :/: : }: }: : :乂
             、_ソ: :/: :/: : :/: : : < :_:_:.イ: : : :j/: : : :_:_: >
            _爻, -、: :/: :,,∠_イ:ヽ: ィ: : : : : : /: : : : : : : : : ',
                 ノi   ji:ハ:.iマ ハ沁、 ̄メ: /: : : :/: :.i : : i : : : :.N
            ⌒ ',   ヾ 乂ツ } //: : :/}: :/: : : !: : : : }
                  `¨i       ∠ __ィf=ミ、jイ: : : /: : : ハ{
       _         ',         マツ メ/: : :/: : :乂
        ////ヾー-- 、   ∧  i ヽ  ′   ∠ -イ人从
      j/// \\.  ヾー〈 ヽ  、 ` ヽ    /-- ´
     _// .i:::i  i\\.  r-、\ \   ̄    イ
   .///  |:::! .|:::| ヽ.ヽ }  \ ヽ ≧=- ≦
  // i::i  |:::|  |:::!  i マ{    ` T~~T ´ ̄_{ー--- ォ                        /Y^i
  .{::{ ,::!   }:::}  j:::j { .}/}ー--<ヌメ. __{   }/}                       Y^Y    / / , -、
  マ {::{  {:::{ /:::/  jj//,   }/}__|ノ  ̄`''<   .|/!、               __ .ノ _ノ   ノ / /  ,
   Y≦三三≧r く 〃/__>- '´   、 _  `Y //, \             } V   }⌒ヾ  ノ /  /~`i
   .レ'TT~~i::::i-<ミx/ /  ー .、 ー- .、 `゙ヽ>-〈//∧   Y        _  ./ i  ′  \/ /  ,
   j ,:::;  j>--- ァ / >、 ヽー 、 \  \_ノ/∧:ハ   /::ム    ,.ィ´   Y.  ',  /´ ̄  ', ´  /
  /{ {:::{,.__ ,,.ィ  {    ヽ.__)  \__) ー'' i//! マハ /::/\≧=≦  ,ィf::::::::'.,   ヽ..__     _/
 ./:::! メ:::::::::::::::::::{   ', 、    _ イ,'!     |//|\ヽ/:::ム \:::::::::::::彡''´  ア \    `ヾ´ ̄
..ノ {:::乂  ` ̄   ヘ   ヽ ア ´ / |/|      .|//|>彡へ:::\ __ ,..ィf:::/   .ハ___ }
{  、::::::..ー- == 彡 \   >- ´   |/|      .|//|  乂:::ヽ\::::::::::::::::>''´   ./::/
:.、  `  ̄ ̄ __ // /´         |/|      .|//|   \::\` ̄ ̄     /::/
 \:::::::::::::::::::;;;:彡 ´ /        |/|      .|//|     \::::ー--==≦彡 ./
   ` ̄ ̄ ーt--=≦,i          :|/|      .|//|      ≧==---=≦彡
        |///|//|           .|/|      .|//|
マーセナリー組合の受付

キアラ=トスカナ


                   /  /i/    /           \i\   \
               /  //     /               \}    丶
                ,  ,〆   /- ./一   .: ー --  _   \    ′
                 /  /〔_   ニ/ ̄: .:;   .::::. .:;|:. ̄|:.─  ミ 、>、  ',
             /√/ /.: /  .:| .:|    :::::: ::|i::.. ト::. ヽ:::. \ ヽ__ハ
              /  // .:: 斗‐=ァ|i‐ト.  ::::::::..::l 斗r|弌¬ト::::.   \|  l
                {/ |′ .:::::.八 / 八:{| .:::::::::.|:| __〉:|  '::: l|::::::. :.   |\|
                }   |  .:::::::| xi孑テ弐八 ::::::::::|:i ァ弐云}::八::::::::::  ′ ′
                /  八 ::::::::::| }...::rうトミ  ::::::::|:| 圻...:::う狄刈:::::::: /   八
           /    ヽ::::::::::|爪 ヒ..i::j.::|   \ ::::ト|  ヒ.i::i...リ }ハi|:::::::/    ′
              ′     :\:::::い r忙ヅ    \|  r忙ヅ   ソ::::/:.     :,     いらっしゃいませ
             ,      :::::::ト:::乂 ..::::::::::..    ,   ..::::::::::.. 厶イ:::::        ,
              |      :::::::| :::介               /!:::/:::::::       |      アウトローへようこそ
              |        :::八::::込      f  ̄ ;      '::j:/::::::::        |
              |       ::::::\i::个:..     乂  ソ     イ::/':::::::::        |
          八       ::\:\:::〈ニ≧       ィ 二〉::::::::            |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / ̄| ニニ/:::/         八
                                /   | 二//            ,
―──────────────┬┬ ┐      | /´             /
llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|| |      |    ...................   /丶
|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||| |      |、 ..:::::::::::::::::::::::/  |
|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||| |      |0〉、:::::::::::::::::rく     乂
┏──────────────────────────────────────――――┓
| そこに鈴を転がすような声で、歓迎の言葉が掛けられる。
|
| 声の聞こえた方を見やれば、受付に置かれていたデスクトップの液晶ディスプレイの陰から
| 笑みを浮かべた小柄な少女が顔を覗かせていた。
┗──────────────────────────────────────――――┛ 
ホテル「アウトロー」の支配人代行

ヴィルヘルミナ


                         〈 / .::_  / .: .:/   ..;:.  .::.   、―=二   ヽ レ'^{
                             ∠二ニ.:  ̄ :/ .: .:;   .::.|::. |::.:.  ヽ:. :.    ̄ ∨  j
                        / /   ::   .:′.::.:.l|   .::.:.|::. ト、::.:..   !:. :..       ′ /!
                          / / .  .::. ; .:| .::| .:l !  .::.:|::.:..  \::  |..::. :..     . V⌒;i
                        ′.′:  .::. |.::/}.:八::| l   .::.:.!、::.斗‐弌:::卞::.:..::   . i: l   i{
                          i :| .:: ::.:..l|;T Π¨Πミ  .::| ヽ.::{   \い::.:.i   : l::. |  ハ
                          l ;{ .::. ::.:..小{__j{_j{_八 ..::.|  ヘ孑七..庁ミ刈  .::. ;:.:..|‐く  .
                          | /| ..::.:; ::.:.|爪 灯..圷ミ 、 .::.|  灯r廴rリ ノ リ ..::. ;|.::.; 丿 ;
                          {′ ..::.;{ ::.:..:{   以:近   \{   └―┴  ′.::.:..:ノ}::厂  |
                          八:.i:〉、.::.乂                /..::.::.:/|::i:/     |
                          ヘ|l :\:トミ       l           ノ イ/::.:..!ノ′.   八
                               八 ::.:.介                  ‐介 .::.:.|.::.:.. :.    ′
     お呼びでありますか?        /  ::.:.l込                イ¨} ..::.:..八::.:.. ::. :..   、
                             /  : ::..V::.〉、       ̄      <!...::/ .::.:./..::.:..::.:..::.:.. ::.   \
                       _乂   八 ::.:.'::.:..:个:...          イ  {..::. ::.:/::.:..::.:..::{::.:..:、::.. トミ  ニ=ー
                   ー=二..:..:/ .: ハ .::.|::.:..::.:__≧  ___  <   儿」 .::.;..::.:..::.:..::八::.:..{\乂_
             ベ¨ ̄ ̄ ニ=-   ー彡/./|::., ::{、::|:{⌒`┴‐-  __   _ 斗‐ }..::.ハ::.:..::.:./  \{  ` ー
           /   \        く  ̄   }八.::い|、}       | /    ,..::.;..::.い::.:./    `   -‐━
               }         \  j ヘ::’ }ノ^ヽ        ∨    V.::.:;{ハi !:/   ,  '~
           〉   {            \__厶:.V^丶 二 ー 、___   イ.::.八 丿 }′ /
        〕 ̄`     {    ̄ ̄   、   }    ヘ:i         ̄∧  l二 イ.::/  `T ¬チ
        {      ゝ ⌒ヽ       \ }    `、      / ヘ__,八 , :/   j   {   , -‐  ~  ̄
       __}    /    }       〉ヘ     \     /   | |  ∨/    {    { 
ホテル「アウトロー」のメイドさん

南領軍

レジアス=ゲイズ(中将)

            l//ト 、////////////////> 、//!
            |//    `  <///>  ´   ∨,{
            l/!                 }/|
          ,-、|彡'                      ∨{- 、
             j, ハ{ミ _      、  _     _  }/!r、}
          { /} l/   `_ヽ、_ _j 〈  _,_イ    l/! } l_
    _,. < ̄∧ヽ{i{     ー゚-'  ,  } ー゚- '    }/!/∧ > 、
- <´     /::::ヽ_lヽ       /  {          //|_/:::::':,  `> 、
          /::::::::l l/∧       ,  l   、      /!/{ l::::::::::::,     ` > 、
      _,/::::::::::| |//! ヽ   __,.{  j   }、_    / l//!.!:::::::::::∨_        `
 __> '´i i i/::::::::::: ! lイ∧ ,xイ///> --<///>、  ///!.|::::::::::::::}i i`<_
´i i i i i i i i,{:::::::::::::::! |//イ///´  ______   ヽ/77/// |:::::::::::::::li i i i i i <__       ┏――――――――――┓
i i i i i i i i il::::::::::::::::{. \///{.、     _ __ _   /////  !::::::::::::::::li i i i i i i i i i`<      |   《皇国》陸軍中将
i i i i i i i i i!:::::::::::::::::l  \///> 、_//\__,/////    |:::::::::::::::::li i i i i i i i i i i i      |   レジアス=ゲイズ
i i i > '´;;;l::::::::::::::::::| <\ \/////////////// />  |::::::::::::::::::|`ヽi_i_i_i_i_i_i i i.     ┗――――――――――┛
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::l   \> \/////////// </  /j:::::::::::::::::::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i_i_i
南部方面軍第三軍団司令官(南領東部)

モウロ(中将)

                ,. : ´: : : : : : :`丶、
            |'´∩ ̄ ̄ ̄`丶: \
.            ノ三三三三≧ュ  \ノ
         ∠f´ ̄ ̄_/_ ‐- ´\ |
.            }r`,   〈 ’} ‐- Y^ヽ
             ′/  、 ` ´     f.〉|
             { _..≧====ァ 、    /{
             ' `_-⌒― "´〃  ┌ 丶
           { `  -         ′ ‐〈
            、ヽ    __     /.: : : :_」≧==ァ‐-. . _
              |`ーr--‐¬冖:´ : _:-‐:xf}}"´: : :/_ -≧=- . 、
        -‐ァ:\:|匚]_: : -‐: ;xf}}"´: : : : : : :└- . :´: : : : : : : : \
      /- ´: _/∠: : : :xf}}"´: : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : :\
     /: : : :∠◯_/:,ィf臓: : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : :     ┏――――――――――┓
.    /:/: :∠/:,ィf臓: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /.: : : : : : : : : : : : : : : :      |   《皇国》陸軍中将
    {/: : : /: ,ィ臓: : : : : : : :「/77: : :/ ̄/: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : :       |     モウロ
    /: : : :,ィ臓: : : : : : : : : : :}'//: : :/_/: : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : :     ┗――――――――――┛
  /: : :,ィ: : : : : : : : : : : : /⌒}.: : :/⌒}: : : : : /.: : : : : : : : : : : : : : : : : : :
南部方面軍第二軍団司令官(南領西部)
フロンティアマフィア

シュターデン(少将)

               __,, ___
             _/: . . . . ,, . . . . . . ヽ
             /: :'':'':‐-: :_: ,;;;''; : . . . . ゝ、
           /.: :,; : : : :'':'';' :`Y,,-、. . .ミ. . . .`)
            !.;.'': : :彡 : : /゙゙゙`´""! . . . 、. .〈
           ノ': : :彡彡ノイ ,.- .、`ト、. . ! . . )
.          {: : ; ;. : : ノ :ノ ,. =、 .,,_,リ从:. .〈
           〉 '/,'´ヽ彡' = 、=・=ーく. kェゞソ
            i: ;;; l. λ|八     ̄    ヽマ"!
            {: '' :ヽゝ、  ヽ       ,.  :. V
          ヽ: : ; ,!ーi  l   /  ̄`イ
           〉: ;ソ : 、  i   i ‐''二¨ ,′ 
              {:从   :. > `       ノ
          /  ≧ ..,,  ヽ      }
          _/       ≧ .` ー、‐''
    --─‐<''<     ,.',. --、ヽ`Yス
          >`'<.. ー   ヽY.|.l.i
    、ヽ.       >`'<,,__,,,ノノ |.l.l、
     ヽヽ          > ー '゙ |.|.l゙l.|゙'' - ,,__,、
    '' ─-ヽ  ..,,_     `ヽヽ,ノAV,l       ヾーヽ-ヽ-、
モウロの部下。参謀長。

アンドリュー・フォーク(中将)

               _,,、、ーiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii;;;,,,,__
              ,,iillllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllliiiiヽ
            ,,illllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|
           ,rilllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,!! -''" ̄ミヽ、
           ,iflllllllllllllr^illllllllllll, - ''";; /_/_〃彡彡ミ
          illllllllllllllllliiーlll,-∠、-'´  ̄ :::::::ヽ.シ彡゙,
          {lllllllllllllllllll!!"         ::::::::::i三彡i
          illllllllllllll"           ::::::::::l;ミ彡l
          'ー┬f            "ゞ:::lミミミl
            iミi           _,,,.-―'iミf⌒i
            〉ハ __   儿、,-'ー'iiユヲ:::ゞヽヲ
            i i  こニヨラ'ァ 「`ヽ ̄  :::l刀ン
            ゙、 l       l  |:::    :::rレ'´
             ヽ        ! :i:、   ::::l:::::i
               ヽ、    r、,, r'    :::i::::::l
                ノ`ヽ 、-ャ_-_ニア'´ ::i'::::::|iiiヽ
              /_ヽ_ ヽ `-r-:::   :ノ ,‐illllllllヽ
            rニ'´´   :::`K´ /   /,、‐il|illllllllllllヽ
            レ'´ 一一-v、 /___,‐'ii、lllllllllll/ ヘllll
       ___f´ー' `''ー-、, j /   〃lllli llllllll|/ ノllllllllllll`iiー -、
  ,,,,;;;;iiiilllllllllllllllllllllll|   =-ァ- ノV jj  〃lllllllヽllllllレ'´lllllllllllllllllllllllllllllll     |ri´lllllllllllllllllllllllllllllllllllll|   ノー'´ ノ 〃  /lllllllllllヽllllllll lllllllllllllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|    }r-'´    ノllllllllllllllヽlllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
南部方面軍第一軍団司令官(南領北部)

やんごとなき御一行

試作最強系スカヴェンジャーネタ より
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12368... 

皇太孫殿下

                                        =ニニニニ=
                __                        /ニニニニニニニ=
           /        ` 、                   〃ニニニニニニニニニヽ
          ,                \                 {ニニニニニニニニニニ!
           /               ,           }ニニニニニニニニニニi
          ,                  ',             |ニニニニニニニィニ}≧ニ|
          ,′                 }              j!iニニニニニハ_{ニ/ i「 {ハ!
         ノ                      /             ハニニニ/}/ ! マ   〉
.         {                   /                   }/\//     - /
       ` 、              /                「ニニニニ≧t_ __/
          ≧=-   ___   イ                   j ____      }
             /::_::_::_::_::_::_::_::::::::ノ',           __  -‐= ̄     ̄   ニ=‐-  __
          /\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::',       r=ニ                    ニ=‐、
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',     |                         !
.           /:::::::::::::}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}     ! }                        |
         /:::::::::::::::; :::::::::::::::::::::::::::::::::::::}    i!  i!               /        |
          ,..:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}    i                 |!        |
.         /:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}    |                          !
        /:::::::::::::::/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}     |   |                       |
┏──────‐┳───────────────────――――――――――――‐┓
| 皇太孫殿下
┣――――――‐┛
| おそらく《皇国》最強であろう爐笋鵑瓦箸覆畍浹薀好ヴェンジャー。
| 《皇国》皇主家皇太孫。つまるところ、皇主陛下の孫にあたる人物。
| 才能は平凡の域を出ないものの、生粋の勉強家、かつ努力家。
| 忠告には真摯に耳を傾け、自身は何ができ、何ができないのかの把握に努める。
| 故に通例通りの軍務においても、単なるお飾りを甘んじてはいなかったとされる。
|
| 《皇国》軍士官学校を卒業後、最近まで通例通りに第一近衛師団で軍務に就いていた。
| しかし士官学校在籍中、級友達との会話で度々触れられていた屍喰らいという存在が
| 少なからず気になっており、そこにシスカにおける活況の噂が齎されたことで一念発起。
| 関係各所を巻き込んだ末、陛下より若いうちに学びなさい、とのお墨付きを得て
|爐笋鵑瓦箸覆畛啅瑤蕕い箸覆辰拭
| なお破天荒ではあるが、常識自体は持ち合わせている。
| やんごとなき故に一般的なそれとは剥離しているが、この遊学にて改められていくだろう。
┗───────────────────────────────────────┛ 
841 名前: ◆MBT.TesLo2[sage] 投稿日:2015/03/20(金) 19:50:12 ID:VqPJl.MM [17/32]
なお殿下は当初シスカに赴かれたいとのことだったが
警備上の問題と本領軍のメンツの両面から東京大遺構に白羽の矢が立った
関東一円の本領軍からすれば寝耳に水である

そして、その裏には持ちうる全てで八方手を尽くしたパッパの姿があったとされる
パッパ有能

845 名前: ◆MBT.TesLo2[sage] 投稿日:2015/03/20(金) 19:54:51 ID:VqPJl.MM [18/32]
さらに余談を語ると、殿下は従軍経験もある
具体的には第一近衛師団が出征した第二次皇連戦争とカラフト事変の両方

ただし前線に居た訳ではなく、後方での慰撫や治安維持などに従事したとされる
御側付きの殿下が前線に赴かれると士気は上がるかもしれないが
それ以上に各所へ負担が掛かる、という進言を受け入れた模様
とはいえ、それでもわざわざ北領まで馳せ参じて慰撫を行った事実は大きく
皇主陛下や第一次皇連戦争で似たようなことしていた皇太子殿下と並んで北領民衆の受けは良い

849 名前: ◆MBT.TesLo2[sage] 投稿日:2015/03/20(金) 19:58:06 ID:VqPJl.MM [19/32]
ああ、そうそう
南領に来ない限りは自由に放蕩させていいですよ(己の主人公は被害半径から逃がしていくスタイル)

三日月 宗近

                             jI斗‐=ニ  ̄ ̄厂
                        jI斗‐=彳i:ィニミ、:i:i:i:i:i:i:i:i≫x
                       /.i:i:i:i:i:i;i;i:i:i:i:i:i:‐-、i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i`ヽ
                       /.i:i:i:i:i:i:/.i:i:i:i:i:_ -‐\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
                     //.i:i:i:i:i//.i:i:i:i/ _ -‐=ニ\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\
                   //.i:i:i:i:i://.i:i/ /.i:i:|:i:i:i:i:i:i:i:\:i:i:i:\:i:i∧\\
                   /.i:i:i:i:i:i//.i〈{/.i:i:i:i:i:,!:i:/`ヽ:i:i:i:i:≫x:i:i∨∧ ヽ}
                    /|:i/.i:i:i:i!/Y!}k;i:i:i:i:i:i:i/:i/   ∨.i:i:i:i:|、:i:i:∨∧
                   |:i!:i:i:i:i:i:{/{}〉{、\:i:i/:i/    i!:i:i:i|:i! ヽ:i:∨∧
                   /!i{:i:i:i:〃ヽ〈!i:∧ ∨:/-‐=  ̄ミi!:i:i:|;'‐、}i:i:i:i!/∧
                  /∧{:i:i:i:|/`ヽ! ∨∧ 抖扞笊董j!、:iィ刋:i:i:i:i}/ }!
                〈/,〈  刈:i乂ー∧ ∨{/ ´ ̄ `     ヾ、 !!:i/ハ   }!
                 ∨∧/ /i:i:i:i:〕ト∧_/:i:!           ∨j/ !:i|}! j!
                 ∨/ /i:i:i:∧i:i:i:ー、 \!           _..ィ   i:i|}:}
                 //|〈i:i:i:/  ∨.i:i∧      _   __´,′ /:i:j/
                 //!i!. \__>==ミ、 \      ̄ __.. /   //
                // !i!i| ̄ 、ヽニニニニ\ ≧s。     / /
                〈〈_/,| !   \\ニニニ`ヽ    ‐ァ=ィ
                __\/ }__    \\ニニニY=/
                 /ニニ/__  ‐-   \\}}、=/ ハト、
              /ニニニニニニ=‐   ‐-\\ハiiiiii){ }
                /ニニニニニニニニニニ=-  ‐-丶彳{ }\
             ′ニニニニニニニニニニニ=- \,! { }ト、
                {ニニニニニニニニニニニニニニ=-、\! /ニ}、
┏──────―┳───────────────────――――――――――――┓
| 三日月 宗近
┣―――――――┛
|爐笋鵑瓦箸覆瓮好ヴェンジャー御一行の一人。
| 幼少の頃より皇太孫殿下に仕えていた御側付きであり、自らも結構な家の出身である。
| 本来であれば殿下の良心回路として機能せねばならない人物なのだが、
| 何処までもマイペースで殿下に並んで放蕩することも珍しくない。
| ただし彼なりの理論があるのか、殿下相手でも締めるところは締めており、
| それが皇主陛下や皇太子殿下から信用に繋がっている模様。
|
| 《皇国》軍士官学校を卒業後は殿下と共に第一近衛師団で軍務に就いていたが、
| この度の殿下の遊学に際して、自らも退役して五級スカヴェンジャーとなった。
| ちなみに《皇国》において数えるほどしか居ない、
| 自動人形用の熱単分子刀を生身で振るう猛者の一人。
┗───────────────────────────────────────┛ 

同田貫 正国


                                    z‐- 、
                                寸ニニニニニニー=}\
                             ‐=ニニニニニニニニニニニ\|\
                            __,,..≧ニニニニニニニニニニニニヽ
                          ≦三ニニニニニニニニニニニニニニニ}_
                            //ニ/ニニ/ニ/ニニニニニニニ\
                           //二//ニ/=//ニ/ニニ/ニiニニニニニく
                          7/ニ//ニ/=//ニ/ニニ/|ニニ!ニニヽニニニ∧
                           〃7ニ/ニニ{ニ{/ニ/ニニ/ |∧i!ニニニ}ニニニニ}
                           |/|!ニ!/!ニ\{//ニ/jI斗‐‐ },ニ/ニ/}トr、ニニ{^
                             i,、|::.\{ヽニ/ィチて¨_刀  }/|_//   ∨={`
                              ヽてヽ{/  乂__/     〉) i i!ト/
                               ト-'/ \      .....    { __ノノ
                               i::/    \       イー<从
                               ヽヽ     \    ,.:′ |!
                                  \ ──‐   __,,イ-‐=ニニヽ_,,... -‐=ニニニ
                             ___r==ニニヽ-‐‐=ニニニ二ニ-‐彡ニヽニニニニニニ
                          /ニ>}〉>=‐ニニニニニ/二 -‐ ¨ニニニ}}ニニニニ__,, -
               ___, -=<⌒ヽ    _,,ム〃'  {_ニニニニニニ{ニ/\ニニニニ=-{ー===≦ニニニ
            r=<  \   ヽ. ∨三ニニ∨//r='ニニニニニニ}ニヽ./jI斗‐=7三∧//ニニニニ
             ,:'   \  ヽ   }  }ニニニニ∨/}ニニニニニニニ〉//ニニ//ニニ∧,/ニニニ、ニニ
        __,,../ー‐'=!  }  ! ム==<ニ=-ァ-‐=}}/:i:{ニ}:i:{ニ}:i:{ニ}:i:{ニ}{__/ニニ/ニ/ニニ∧,/ニニニニ\ニ
     -‐=ニニニ〈〉ニニ!  !  i!_/、_乂_〃ニ/i/ii/ii/ii/ii/ii/ii/ii/ii/ii/ii{_ニニニ/ニニ∧,/{ニニニニニニ\
    {ニ}ニ〈〉ニニニニニ/  i!_ノ   /ニjI斗/∧/ii/ii/ii/ii/ii/ii/ii/ii/ii/ii/∧ニニ{=(_)=}}/=!ニニニ/ニニニ
    ヾゝニ=-‐,≦  ヽ='    /二/=ニ/{、:i:{ニ}:i:{ニ}:i:{ニ}:i:{ニ}:i:{ニ}:i:≦彡〉ニヾ==彡ニ乂ニ/ニニニニ
         _}ト、   ノーァ=彳ヽ/ニニ/、寸ニ三ニ三ニ三ニ三ニ三彡ニニニニニ\.ニ∨∧ニニニニ
        |ニ{ ゙ー   // r=='ニニニ{i:i:≧=‐────────≦}}〉二二ニニニニ\∨∧ニニニニ
┏────―――┳─――─────────────────―――――――――――┓
| 同田貫 正国 
┣―――――――┛
|爐笋鵑瓦箸覆瓮好ヴェンジャー御一行の一人。
| かつては《皇国》皇家最後の砦、近衛府禁衛連隊の強化外骨格警護小隊を率いており。
| 口調こそぶっきらぼうであるが、覚悟と忠誠は三日月のそれに並びうる。
|
| 強化外骨格操縦者としての腕もさることながら、身体そのものも高度に擬体化しており、
| 強化外骨格に乗らなくとも装甲兵器や強化外骨格と正面から渡り合い、
| さらには捻じ伏せてしまうような豪腕の持ち主。
| 彼率いる選抜強化外骨格小隊、通称犹虜佳皚瓩
| 御一行における矛、そして盾として機能するであろう。
| なお人事採用後、よくよく確認すると一枚しか無いことに気付くが
| どうせ一発ネタだし良いか、とそのままゴーサインが降った経緯がある。
┗───────────────────────────────────────┛ 

藤木戸 健二

                           {::::::::::::::::::::::::::::::::/
                           |:::::::::::::::::::::::::::::/  /__
                                |::::::::::::::::::::::,ィ:/(/(/(___,
                               |::::::::::::::::/i:i/i:i:i:i:i:i:i:i:i:≦__
                                八:::::::::(/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i=一
                                 ヽ::〈i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:<
                              ≧i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ミ=‐
                             z彡i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i一
                            /:/:)i:i:iMi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:≦
                      斗―--ミ /:/:/:i{リ  ヽi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ミ=‐
                  /       /:/:/7i:{ 丶、 \(\(ヽ、i:i:i::从:ヽ
          ,,斗‐- ∠二_::ヽ__    /´::::/_ノ从 ktッ、   ィtッ7 ノi:リミ ::: i
        。z≦ ::::::::::::::::::::::: 、`ヽ:::::ヽ:`::,、:' ::::: ´、::∨|`丶、 .:l  _ イ::::: !:::: |::`丶、
     /‐:ァ=ニニ ̄ ̄ ≧x、、:\:.\::∨:::::\:::::,:、Y::::|  .刃`Tメ九 /::::::/:::::::|::::::::::::\
    ./::::::/ ::::::::::::::::::::::::::::::::::: ``ー--〈:::::::::/://!ヘ: ヽ .心 |木又/:::::::/:: /:::::::::::::/  ̄ `丶、
    .!::::: i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/::: / ::::::ヽ::::::::\_|___/:::::::://:::/:〃/:/       ヽ
    、:::::ヽ::: ̄ ̄::T:::::7ー--------イ:::::)/:::::::::::::ト、:::::丶:::::::/::::::::/::::::/:/:::/::ヽ         |
      ̄``ー----ゝ-ゝ-‐―――--ゝ-i ::::::::::::::::: |:::::Tヽ、::::::::::::/::::: /::::::::::::i:::::::i         !
                           |:ヽ::::::::::::: |::::::|>< `>ー:´ ::: / :::::::::::::: l::::::::\        /
                          l ::::::::::::::::::|::::::l  У::::::::::/::::::::::::::::::::: レ::::::::::::ヽ     /
                         ト:::::::::::::::: ヽ::::ヽ;/ ::::: /::::::::::::::::::::::::l:/:::::::::::::::::: \___/
┏──────―┳───────────────────――――――――――――┓
| 藤木戸 健二
┣―――――――┛
|爐笋鵑瓦箸覆瓮好ヴェンジャー御一行の一人。
| かつては御所特別警邏隊公安部に属していた御所特別警視。
| 謀略とは無縁の御所特別警邏隊において、
| 外部からの謀略的行為に対するカウンターアタックを担い続けていた凄腕の一人。
|
| 普通は有り得ない人事であったが、その道の専門家が必要という判断の下、
| 表向きは依願退職扱いで一行に加わることを指示されている。
| ただし彼が持つ権限は縮小どころか拡大されており、あの情報部でさえも逆らえない。
| そんな強大すぎる権限を与えられてなお、顔色一つ変えず任務に臨む彼は実際スゴイ。
┗───────────────────────────────────────┛ 

ピップ=ベルナドット

                 {.寸三三三三三三三三三三三三ニ=->‐ 、
                 {三.寸三三三三三三三三三三三,xイ>''´}/
         ___  -=ニ .{三三\三三 >''”ニニニニニニニニ//三三{
     「三三三三三三r 寸三三ニニニニ三三三三三三 //´三三三.{
     .寸三三三三三∧ 寸三三三三三三三三三ニ//三三三三.{
       寸三三三三{  V 寸三三三三三三三三 .//三三三三ニ{
         寸三三三{\ \ 寸三三三三ニ=‐  ̄.{ {三三三三三 ≧=-┐
         `<三三\}、 .\寸ニ=‐  ̄   _ //三三三三三三 >'”
            ”''<三≧*x、 ゙く≦    ___ /.イ三三三三三>''”
               |: :i”''<三三三三三>''”/三三三ニ=‐''”: :|
               |: :|: : |`ヽ”''<三ニ=‐=ニニ=‐‐‐く/} }: : : : |: |
               |: :V: 代tッ、\: :}////∧: :ト、: : : :\∧: : : :Y:!\
               iハ∨}  r }¨ V}乂///∧:} \:ト、 }: :∨: :八:  ̄\
         _,,x*´     Vヘ. └} ̄ ̄   ̄ V∧ {_ /`゙: : : ≧=-ミ、: : :\
      /===========彡' ∧  }____      V ./\: : :: : :≧=――‐≧ミ:}、
      .{'´       r<_/ ∧ ー--- t=‐'  ,,.イ /  ≧=――r―=≦: : : \\
      .|       /‘:,  `}‐ ‘:, こ ̄ \` く厶イ /     }` ー‐‐, -- 、: :V}
       V    ./   ‘:,  /  `≧==‐≦.\_> /     /    /   }⌒\
       V  ./O    } /   `''´     | ./     /    ./    .{    \
       V./       /              |/ /   /{     ./      }    \
       ./O       V           |./   /  {     {      \     \
       ̄ ̄ ̄\     V            |  /   /!      、      \     \
         V  \    / }ー-  __      \/  ./  |       \___  \     }
          .V    \ / }     `ヽ __ /  }    !   / ̄ ̄ ̄       ‘,    }
┏──────――――┳─────────―──────――――――――――――┓
| ピップ=ベルナドット
┣――――――――――┛
|爐笋鵑瓦箸覆瓮好ヴェンジャー御一行の一人。
| かつては《皇国》陸軍東北軍団第九五独立混成旅団に属していた陸軍少尉。
| 一行の中では最も普通に近く、そしてそれ故に最大の被害を被っている人物。
|
| カラフト事変において当時の第九五独立混成旅団残余最上級将校として
| ブラッドレイ支隊の編成に係わったことが問題視され、戦後に陸軍大尉より降格処分。
| そのあたりの面倒さを嫌い、退役して独立傭兵家業に戻ろうと考えていたが、
| 独立傭兵時代に取得していた三級スカヴェンジャーの資格が災いし、
| 天下り、もとい天上りが決まってしまった模様。
| なお抜擢に際し、より腕の立つ一級や二級を据えるべきと進言したものの、
| いきなり高過ぎる等級の人間を付けるのは毒になる、とのことであえなく棄却。
| さらに殿下自身、軍人としてカラフト事変の概要を把握しており、
| その渦中に居たベルナドットの名前を知っていたことが彼の命運を分けた。
| 諦めろ、殿下からは逃げられない。
┗───────────────────────────────────────┛
834 名前: ◆MBT.TesLo2[sage] 投稿日:2015/03/20(金) 19:40:41 ID:VqPJl.MM [16/32]
なお時期が悪いと石馬にフィッシュされた後に此処へ出荷されていた恐れがあったシスカの虎

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます