コロプラ語とは、説明不十分であったり理解に苦しんでしまうコロプラ独自の用語のこと。
 コロプラ語の元ネタはおそらく某遊○王のコンマイ語からかと思われる。
 元々はウィズだけで使われていた用語であったらしいのだが、近年は白猫などでも使われたりすることがあるらしい。

概要

 元々コロプラ語という単語は2016年代夏頃〜2017年に掲示板上などに書かれ、その後このwikiなどに書かれたのが広まり本格的に使われるようになっていったものと思われる。*1

 なぜ2016年代夏頃にこのような言語が成立したかというと、3周年を迎えた当時、改革として潜在結晶や魔道士の家、ブーストといった新概念が導入されユーザーが少し混乱しかけた時期に2355エヴァショック八百万Z近日中に2人協力が来ると告知されたにも関わらず2019年3月時点で未だ来ない我孫子の2人協力、一見わかりやすそうに見えて全くもってそんなことはなく複雑な黄昏メアレス2レッジのSSといった運営の言葉足らずや怠慢、ましてや日本語ですら無いような事件にキレたユーザーがそういった運営を皮肉するために多用したというのが理由であろう。

 まあ、黎明期は例えば回復量が%ではなく「大幅に」といった言葉だけで説明されており、このコロプラ語という問題が出てきたのは2周年頃にスキルの数値をしっかり書き始めた機能改善による弊害ともいえなくもない。(一部後述)

 似たような言い回しとして頭コロプラかよや頭ugpy、頭チ○毛といった言葉はあったが、そういった言葉ではなくコロプラ語という言葉が最も流行しているか?というのは永遠の謎である。*2

コロプラ語の問題点

 バグなのかバグでないのかわからない、表記が同じなのに効果が違う、優良誤認を疑うような記述などがある。
 また、この結果として新しいスキル実装時に過去の例と照らし合わせてみるのが正しいのか、それとも…という疑心暗鬼を生み、結局ユーザーが正確な情報を入手できない問題(一例としては激化大魔術)、またバグ?が発生してもそれがバグなのかコロプラですら把握できていないようにユーザーからは見える問題などが発生している。
 バグ自体がよくわかってないことと相まってユーザーによるバグ発見が2016年3月頃にあったのに最終的に運営が修正を下したのが2017年8月15日までかかったスキル反射などが有名だろうか。

コロプラ語の例

そもそも意味がわからない

敵全体へ火属性のダメージ(効果値:200)、さらに3ターンの間、火属性のダメージ(効果値:200)
こちらの記述をご覧いただこう。こちらの記述からは敵全体に200%の攻撃を行うと読める。だがこの黒猫のウィズ、しいてはコロプラ語的には誤りである。
 この残滅大魔術は記述されている効果値+100%が正しい効果値であり実際は300%の攻撃が正しい。(ATKを揃えた大魔術の場合300%でないと一緒のダメージが出ない)
 どこにその記述があるか?知らん。俺の管轄外だ。
 ねーよ、そんなもん。
 似たような判例は特効大魔術も同じ裁定となるが、他の攻撃はすべて効果値どうりで攻撃される。
のろい
 のろい自体は該当ページを参照していただくとして、のろいは味方のバフスキルをすべて粉砕するスキルというのが一般的な認知であるしユーザーもそうだと思ってきた。が近年なぜかのろいを受けても効果が続くバフスキルがいくつか実装されている。
 現状見つかっている例外は2つ
  • AS特殊変化やマケーシュラ結晶によるAS変化系
  • 精霊大結晶のデッドエンドブリンガー
 AS特殊変化は2019年3月29まではASにかかるから無効化されることはないという説が一般的であったのだが蓄積解放大魔術・印にて精霊1体ずつにかかっているバフスキルと判明。謎。

説明不足

 こちらは2019年頃から見られるようになった事例。
無属性変化が実装されたときに無属性パネルはどうなるの?や無属性化したときの攻撃属性は?といったことを公式の生放送でしか答えていなかった(おしらせなどには一切無し)という事例である。
 放送見なかった人たちは攻略サイトを見ろというのが公式の見解なのだろうか…。その攻略サイトまともな攻略しないけどな
 もはやここまで来ると言語ですらない

一般的に使われている言葉と使い方が違う

 これはUSGの"タイムアタック"が顕著である。
 タイムアタックというのは
テレビゲームをいかに短時間で攻略するかについて競うやり込み。(ウィキペディアより引用)
 というのが我々一般市民が想像するものであり、基本タイムは短い方が良い
 ここで実際実装されたモノを見てみよう。
 タイムは長い方が良い。問題を誤答したり味方が死ぬとタイムが減る。素早く回答すればするほどタイムがもらえる。敵を同時に倒すとタイムがもらえる。

 これ…タイムアタックじゃなくてスコアアタックじゃ…?。

言葉だけではいまいち分からない

本日夜頃開催
 こちらは該当ページを参照した方が良い。2016年から2017年頃までの間多く取られた手法である。(最近は見かけない。ホワプラ化したのが原因か。)
 言葉だけで言えば近日告知といったものもあるのでそちらも参照されたし。
 似たような言葉に2355事件、ドルキマス2のおせニャんが0時過ぎてから公開された事例などがある。
 このタイプの事例の初となったのはエタクロ2(2015年4月7日〜28日)というのは豆知識。
平均解答が早いほどさらにダメージ(効果値:40)(上限値:160)
 平均解答時間が早いって何だよ…。何秒が早いなんて人によって違うでしょ…。

 3秒台から1秒減るごとに40効果値が増加していき0秒台で上限の160に達するのだがどう理解しろと?
 普通のAS発動時間が4秒台まででありそれより早い3秒台から効果値があがるんだなーって理解できた人はコロプラ語マイスター。

スキル反射を無視し、敵単体へ火・雷属性の2回連続ダメージ(効果値:150)、平均解答時間が早いほどさらに1回連続ダメージ(上限:4段階)
 メアレス2レッジが初出で、以降類似スキルが出なかったスキル。

 上限4段階とあるが初期倍率は含めないため実際は5つの段階がある。また増えるのは多弾魔術の弾数だけでなく、多弾で増えた分の攻撃回数分のダメージも増えるのだがやはりわかりづらい。
 しかも増える効果値は75とかわかるわけないだろ!いいかげんに(ry
まとめるとこうなる。
秒数段階攻撃回数効果値
4秒台以上初期2150
3秒台1段階3225
2秒台2段階4300
1秒台3段階5375
0秒台4段階6450

そもそも文章の書き方が悪い

全問エクセレント3回でクリア
全問エクセレントで3回クリアが正しい。
「火属性の攻撃力をアップ、複属性が光属性だとさらにアップ(30%/60%)、リーダー時さらにアップ(20%)」
火光チェルシーのASなどに見られる記述。「火光の精霊で且つチェルシーをリーダーにしないと80%のエンハがかからない」という解釈もできる。もちろん、チェルシーをリーダーにしていれば火単や光以外の複属性持ちでも50%のエンハは受けられる。
ASだけでなく呪い時さらにステアップSSやカリン&レオナなども似たような事例。
こちらはさらにではなく且つといった言葉を使えばよかったんだろうなーと感じる。

また例えばルーシュは
敵単体へのダメージアップ(効果値:800)、パネルが3色ならさらにアップ(効果値:1000)
とあるがこれだけでは3色時なら1000%で攻撃とも読める。(もちろん1800%で攻撃する)
敵全体を跡形もなく消去るにゃ
誇張が酷すぎる一例。って師匠がやってどうするんですか。特に昔の精霊(2015年3月以前の効果値が明かされる前の精霊)には多い。
表記揺れ
現在は見られなくなった事例ではあるが下記のスキルをご覧いただこう。
天神地祇呼ぶ祭扇(ニティア)
(水属性の味方をかなり回復、パネルの色が増す度さらに回復)
セイクリッドヒール(正月アルティミシア)
(火・雷属性の味方のHPをかなり回復、HP50%以下でさらに回復)
切り盛り優艶(クロマグ3トモエ)
(雷属性の味方のHPをかなり回復)
上記のスキルすべてかなり回復なので効果量は一緒に見えるがニティアだけなぜか回復量は10%で他は9%である。
おそらく理由は実装時期の問題かなにかなようなのだがAS、SSはすべて同じ文言に見えてもスキルが違ければ効果量が違うというのは当時では一種の常識であった。メンタルマスターかな…
この問題のきっかけはおそらくクロマグのダンケル(現在でいう120%の大魔術が普通だった時代に1人150%であった)

説明が現在の環境に追いついていない

<パネル変換>ジャンルパネルをALL属性化
 ALLと書いてあるが全てではない。後から実装された光・闇属性は含まれていないため、実際は3色変換しかできない。光闇実装後もガチャで販売を続けているため、誇大広告、優良誤認の類いである。
 じゃあ全属性パネルは存在しないのかというとそんなことはなくイベントパネルや精霊大結晶パネルなどがそれに該当する。
決して交わらない108の異界
 サービス開始当初からある説明だが、エヴァイベ2ではほぼ異界同士が交わってしまった。*3
 また2015年の正月では和の国と妖精界が交わっている*4
大変驚いております。
 ユーザーも大変驚いております

どなたでも編集できます