2017年3月の問題ジャンル選択機能実装により新たに発生した、ニュース問題が苦手なプレイヤーの総称。芸能ガーの延長線とも言える。

概要

 ニュースジャンルの出題内容はアニメゲーム・スポーツ・芸能が入り乱れており、特定の年代の芸能問題も数多く出題される*1。芸能ガーからの脱出を狙ってニュースを選んだものの、結果的に変わらなかったというオチ。
 まあ多少はアニメ問題や時事問題も含まれているので芸能よりはマシなのだが…。
 ジャンル実装直後で正解率80%3色や0%3色など正解率が反映されるまでカオスな状況が続いていた。

 いったんは正解率反映によって収束したが、2017年12月頃に、新ジャンル三種類はすべての問題が完全に単色(正答率が80%以上)になった。
 これにより、今から新ジャンルに挑戦しようとする人にとっては単色でも難問が降りかかることになった。選ばなければいいだけじゃないのだろうか?

 なお、ニュースパネルに限った話ではないが、2019年9月のクイズスタディアム実装前後辺りでクイズの出題テーブルが変わっている。
 変更前はニュースパネルは「100問程度の頻出問とまれに出題されるレア問」という感じだったため、頻出問さえ押さえておけば選択肢を見ただけでだいたい正解できるレベルになれるので、ニュースパネル愛好家は0秒台回答も普通という状態だった。
 ところが、出題テーブル変更後は今までレア問として眠っていたものがおそらく等確率で出題されるようになった。体感的な問題数が激増し回収が追い付かなくなり、ニュースガーも再増加することとなった。

関連項目

タグ

どなたでも編集できます