黄昏メアレスシリーズに登場する限定精霊である。
 なお他のメアレス勢同様苗字は判明しておらず、二つ名の戦小鳥(ウォーブリンガー)で呼ばれる事もある。
 15歳で身長は155cm、趣味は芝居鑑賞。

人物像・履歴

黄昏メアレス

 メアレスをやっている元気一杯の快活な少女。お人よしで困った人を放っておけない。
 戦闘に関して天性の素質があり、一切深く考えることなく直感のみで巨大なパイルバンカーを自在に操って戦う。
 来ている服は前に通っていた学校の制服で良く破ける。

 黒猫の魔法使いに語った所によると元々は孤児で昼間は学生、夜は工場で働いていた。
 ファッションデザイナーを目指しており、ある時コンテストに応募するも落選してしまう。
 同時期、工場に銃を持った暴漢が押し入るも、ミリィはその素質もあって素人なのに暴漢を取り押さえてる事に成功する。

 一躍街の英雄になるも、同時に新聞等にこれが英雄少女のデザインだと応募作が晒しものになり酷評を受け*1、ファッションデザイナーの夢を挫折。
 戦闘の際に目をつけた人が現れそちらの道に進むことになり、最終的にメアレスとしてロクス・ソルスにやってくる事になる。

 作中ではイベント上級から登場。以後、最終決戦まで皆と戦い抜く事となる。

黄昏メアレス2

 本編にてパイルバンカーが実は2つに分離する機能がある事が発覚。ミリィ本人は普通に忘れていた。
 二つ名のウォーブリンガーの由来は物凄い勢いでまくしたてる事でなく、鳥頭だからではないかと示唆された。
 ロクス・ソルスに来たのはメインの登場人物の中では遅い方。

 外伝にて主役として抜擢。
 かつて諦めた自らのファッションデザイナーになる夢、ドレスメアと対峙する事になる。
 ドレスメアから糾弾され一時落ち込むも仲間から叱責され奮起。門の前でドレスメアと対峙、激戦の末にドレスメアを打ち破る。

 降りしきる夕立の中、ミリィはデザイナーになる夢以外見られる気がしないと倒したドレスメアの前で号泣。
 ドレスメアから新たな夢を見つけてそれを叶えれば良いと諭され、ミリィは新たな夢を見つけると泣きながら誓い、雨がやみミリィの頭上に虹がさしたところで物語は幕を閉じる。

黄昏メアレス3

 リフィル編の絡園探索メンバーとして登場。
 前半最大の山場の偽りの幻影の街にて2で自らの夢との対峙の経験、夢との誓いにより一歩先に進んだ者として母の夢に囚われたコピシュを救う役目を担う。
 コピシュを叱咤し、激突するシーンは作中の見どころの1つとして評価が高い。
 が、コスチュームが乳首を出してるようにしか見えない。

 因みに今回はルリアゲハとコピシュのコーディネートによりコスチュームチェンジを果たした。新たな服は破かない、セーフ!
 

黄昏メアレス4

 序盤はあまり目立つ場面はない。中盤、ラギトと共に孤児院へ向かった際、園人の一人コルティーナと戦闘になる。
 周囲の人間の恐怖によって能力が強化されるコルティーナの周りで、ラギトの戦闘スタイルを間近で見ることで泣き始めてしまった子供達を落ち着かせるなど裏方の活躍をするが、ラギトが倒され、コルティーナがとどめを刺そうとした場面で、ラギトの<夢魔装>状態でも耐えかねた一撃を生身で受け止める恐ろしいことをやってのけた。
 また、終盤<夢を叶える夢>と戦う際、都市中のメアレスがかかっても足止めすらできなかったにも関わらず、高所からのパイルバンカーの一撃で足止めさせるなんてことまでやった。(某掲示板では「実は一番人間辞めてるのラギトじゃなくてミリィだろ」とまで言われた。)

性能

戦の天稟 ウォーブリンガー=ミリィ

 メアレス吉任離潺螢。AS:快調攻撃、SS反動大魔術である。
 トーナメント火推奨段や覇眼戦線イベントトーナメントでキーカードの1枚となったりで非常に活躍した。
 HP管理が少々難しいがトーナメントでは初速が出せるので非常に使いやすく、メアレス勢専用の戦後回復結晶で快調維持の補助も可能。
 メアレス恭催時にLtoLを果たして他のメアレス勢よりもかなり強力な進化をした。
 SS1を2ターンで、SS2を5ターンで使うことが出来、伍式5TSS勢のキーカードの1枚となっている。
 SS2は1050%且反射無視の反動大魔術であり非常に強力。反動大魔術結晶を付ければ更に凶悪な威力となる。
 デメリットとしてスキルを使った後に封印状態となるが、反動蝕スキルと違って封印状態となるのは自分だけなので、ほぼ蝕スキルの上位互換となってしまっている。
 メアレス軍催時にLtoLtoL化。単色優遇の時世に則り、単色覚醒が追加され、全体的に底上げされた。
 八百万4ハヅキの純属性強化を使えば火力を爆発的に上げることが出来、マドロックやエタクロ3イレーナと併用すれば高難度でも快調維持は容易い。特にイレーナと組み合わせた場合は反動魔術がノーリスク化し凶悪化する。
 手持ちが潤っていれば火のエースアタッカーになれる資質を秘めている。

 また、勝利ボイスに「服破けたぁ!服ぅ!」という台詞があり、トーナメント火推奨段位(弐式、伍式が主)で使用しているユーザーは魔道杯期間中、ボイスONでプレイしている場合はよく聞く事となるだろう
 伍式民に召喚されている彼女の服は残っているのだろうか・・・

機哭啾啾 ウォーブリンガー=ミリィ

 メアレス業任離潺螢。AS:複属性エンハンス、SS1:斬撃/SS2多弾魔術のスキル構成。ASとSSがかみ合っており強い。
 10チェインエンハンス且火雷専用エンハンスなので初心者にとっては無用の長物であるが、ある程度手持ちが揃っているユーザーにとってはかなり力となる強精霊である。
 GP版ガトリンと属性・種族が一致しておりチェイン供給の効率が良いのも大きい。
 早速ミリィ艦隊を作るユーザーもおり強大な破壊力を証明して見せた。
 後のイベントの心竜天翔ハード覇級は火推奨クエストであるが、さっそくミリィ複数を並べたデッキが暴虐の限りを尽くし始めた。
 二つ名は四字熟語の鬼哭啾啾*2からか。
 勝利ボイスが何言ってるかわからないと言われたことがあるのはこのバージョン。
 またSS1のボイスが「それゆけ、あたしの全財産!!」であるため、斬撃でチェインを溜めるたびに彼女の懐に甚大なダメージを与えているとネタで言われたこともある。
 メアレス軍催時にLtoL化。元が強すぎたせいか潜在が若干強化の微強化に留まったものの火雷デッキの大黒柱になるのは変わりない。
 2度目のLtoLではASが火雷特化から全複属性対応に変更。融合デッキでも運用可能になったが融合の火雷枠は融合大魔術のルフラトをはじめとして枠争いがやや激しめなのが気になるところ。

〈ドレスメア〉ミリィの夢

 厳密にはミリィ本人ではなくミリィが夢を諦めて生まれたロストメアの擬人化した存在である。
 メアレス兇離蓮璽表薺蕕鬟リアすることによって入手可能。初心者には厳しいかもしれないが中級者なら充分取れる精霊であろう。

 AS:5チェイン回復&エンハンス、SS:攻撃力ステアップ&回復というスキル構成。
 つまりリシアの簡易版とも言える精霊である。当然リシアを持ってないユーザーにとってはかなり有用な精霊である。
 実際に雷推奨クエストのメアレス競蓮璽蒜撞蕕貌れているユーザーも非常に多かった。
 ステアップの手持ちが薄い層には重宝され、雷推奨クエストにてこの精霊は非常に活躍した。
 メアレス軍催時に再進化はなかったものの初心者ならばまだ使える性能となっている。

飛鳥放吟 ウォーブリンガー=ミリィ

 メアレス携如ASはノーチェイン特攻連撃&火光特化エンハンス、SSは20%以下不調大魔術。
 一言でいうならば火光版新人王ミルドレッド。但し、ミルドレッドが暴れ過ぎたせいかAS&SP封印無効はつけられていない。
 主にトーナメントや高難度クエストでの高速周回での活躍が期待される。

戦鳥裂帛 ウォーブリンガー=ミリィ

 メアレス姑如AS:3チェイン連撃&火雷特化エンハンス、SS1:多弾魔術/SS2激化大魔術
 初登場から半年以上経ち忘れかけていたころにやってきたGA2017アルさん型激化大魔術。
 元となったアルさんの評価が微妙なためこちらも残念ながら評価は微妙。ASがGAガトリン・元ロー・献譽奪犬里い覯仗紊任呂覆、火雷特化というのも…。

余談

 旧バージョンは超進化し、新バージョンもかなり強く、ドレスメアも初心者から上級者に至るまで使える精霊であり、イベントでもかなり目立ったので今後の人気投票で大きく票を伸ばすと予想される…と思われたが、なんと2016年12月に行われるグランプリではメアレス勢は除外という憂き目にあった。
 メアレス勢の中でもリフィルと並んで女性部門トップ3の有力候補であったのに残念であると思うユーザーも多い。

 名前のウォーブリンガーの意味は8月のグレートクイズウォーにて来栖が「ああ、あの『さえずり』って意味で名前つけたら*3 戦争モノFPSと勘違いされて逆に話題になった」というセリフが出るまで何の意味があるのか不明な言葉であった。
 ちなみにwarblingは英語でさえずり、歌うというという意味がある。
タグ

どなたでも編集できます