黒ウィズダンジョン2は2018年8月31日〜9月28日に開催のイベント。基本システムは前回の黒ウィズダンジョンを踏襲している。

開催前
 黒ウィズゴールデンアワード2018発表のおせ生で発表された。
開催後

イベント内容

  • 本編 (2018年8月31日(金) 16:00 〜 2018年9月28日(金) 15:59)

新要素

良かった点

サブクエが無い

 前回同様、珍しくサブクエストが一切無いので好きなデッキで攻略可能となっている。
 今回も初回クリア報酬に該当するクリスタルは到達ミッションとして受け取り可能。

蘇生を活用できる

 ノーデスのサブクエがなく助っ人もいないため、蘇生を利用して回復反転属性反転を消すデッキを組んだり、長期戦を挑むことも出来る。

報酬が交換式

 前回はptでもらえる報酬(LtoL素材)が固定されておりかつ1体分のみしか入手できなかったが、今回はどの精霊からでも入手でき、さらに100万pt必要ではあるが全員艦隊を組むことができる。

つんつん要素の改善

 前回はキャラ一人あたりつんつんボイスが最大3種類であったが、今回は最大6種類に倍増した。また前回は10層ごとのチェックポイントでしかつんつんできず、道中で全滅・リタイアした場合チェックポイントに戻らないとキャラがいなかったが、今回は道中で全滅・リタイアした場合でもチェックポイントに戻らずともつんつんできる。
 正直もっと力を入れるべき点もあるだろうと言ってはいけない

悪かった点

 基本的に前回とほぼ変わっていない。

推奨属性

 拠点画面ではボスの属性とスキルしか見れないため、道中の敵の属性が分からない。
 サブクエも無いためどの属性で行っていいのか判断しづらい。

助っ人が使えない

 前回同様イベントクエストにしては珍しく助っ人を一切使えない仕様となっている。
 このため、手持ちが少ないと苦戦する階層もある。

難易度

 奥の階層に進むほど難易度が高くなり、前回同様簡単にはクリアできない。
 ダンジョン1と比較すると階層が長い分、面倒さは上がったが210層嘘猫は1の180層カタバよりは簡単だった。

長さ

 10層を一クエストの区切りとしているため、通常のイベントより戦闘回数も必然的に多い。
 今回は210層まであり、前回よりさらに長くなった。
 また、初クリアまで魔力0は付いているが1層でも攻略してしまうと消えてしまうという仕様がある。

報酬

 本イベントは累計ポイントとミッションがセットとなっている。
 累計ポイントミッションで入手出来るチケットと報酬精霊を交換所で交換入手する。
 100万ポイント集めればチケット35枚になり、報酬精霊を全て入手可能。
 報酬精霊は全7種類、各5枚まで入手可能。艦隊化が必要かどうかは別として。
 各精霊の潜在補正は単色800、複属性は200+500とガチャ産と同レベルの潜在で配布にしては良性能だった。

書類と格闘 ウィールライト=レッジ

 火水 AS:連撃 SS:融合大魔術
 戌居さんの火版。

杖界の1位 エターナル・ロア

 火 AS:特効 SS:パネル爆破
 魔道杯キヌの火版。修練レイド覇にて艦隊が使える。

Golden Reward エニィ

 水 AS:回復 SS:弱体大魔術
 3クレティアの劣化版。
 SS2で3クレSS2と同効果値だが継続2Tと1T長い、ただし初回SS2は12Tかかる。AS回復なので使い分けが重要。

あなただけの剣 テオドール・ザザ

 水光 AS:特効 SS:回答削り
 見破りフォゲットの水版、2色特効になっているが。
 見破りデッキにおいて見破りホリーはAS回復、単色、潜在にチェンガ。見破りテオはAS特効、複色、潜在にSP封印無効と使い分けができる。

お菓子強盗逮捕劇 エーファ・ベルツ

 雷火 AS:連撃 SS:精霊強化(状態異常無効)
 魔道杯バロン&ベルナデッタの雷版。

巡る幸い サンセット=リフィル

 雷光 AS:回復 SS:蓄積開放大魔術・聖
 MARELESS競ズバートの雷版。複数使う価値あり。

シロと散歩に レグル・ウォークス

 雷水 AS:連撃 SS:回答時間停止
 配布ほむらの雷版。
タグ

どなたでも編集できます